セントライト記念、ローズS(2016) 回顧

セントライト記念

ペースはもう少し早くなるかと思ったもののそれほどでもなく平均ペースだったか。

ディーマジェスティは序盤はゆっくりと後方に構えるレース。

そうそう満点のレースなんかできないだろと馬券から切った戸崎ゼーヴィントは4番手の外。
この位置なら最後は止まるんじゃないかと思ったんだけどなあ。少々能力を過小評価していたようです。

ディーマジェスティはペースが上がってきた残り800mからジワジワと位置取りを上げて4コーナーでは大外を捲って直線入り口では先頭に取り付く運び。

ゴールでの着差はクビだったけど、強かったんじゃないかな。

蛯名騎手もこのメンバー相手にこの運びで負けてるようでは菊花賞などとは言っていられないといった騎乗。

お見事でしたね。

自分の馬券はゼーヴィントを切ったのでディーマジェスティ1着固定の馬単流しでしたが1着→3,4,5,6,7,12着という結果。

ま、見ててふ~ん・・・と。

それにしても戸崎騎手、ホントに手がつけられないレベルになってるな。
 
 

 
 
ローズS
 
こちらの断然人気シンハライトもハナ差ながらもしっかり勝ち切る見事なレース。
 
ジュエラーがまさかの5~6番手で先行集団の中。
正直なところこの時点でアレ?こりゃハズしたっぽいぞと思いましたが、予想以上に直線では伸びませんでした。
まさか二桁着順で負けるとは想像できなかった。
 
シンハライトは道悪も何するものぞと中団後方から直線だけで豪快な差し切り。
 
これで道悪もマイナスにはならないことが分かったので本番でも断然人気でしょう。ジュエラーの負け方は本番ではかなり人気を下げそうな負け方。
 
メジャーエンブレムが秋華賞を回避して年内休養とのことなので、これは1強の秋華賞になりそう。
 
問題は京都の内回りなので枠順がどうなるか。内で揉まれてうまく外に出せずに取りこぼすなんてこともありそうだけど。。。
 
でもローズSのレースぶりを見るとそんなの関係なく差し切りそうな気もするが。
 
 
しかし、2着クロコスミアにはちょっと驚いた。
 
不調から抜け出せない岩田なので重賞ではいらないだろうとハナから眼中になかった。あまり安易に絞っちゃいけないなあ。。。
 
 
 
3歳G1のトライアルは残すところ神戸新聞杯。サトノダイヤモンドがどんなレースを見せてくれるかが注目だけど、相手はなかなか難しそうなメンバー。
 
エアスピネルが2番人気になるのかな?
 
昨日、グリーンチャンネル「秋のG1・十番勝負」で取り上げられてたナムラシングンがどんなレースをするかにも注目しておかないと。
 
 
でも、その前に馬券も当てたいぞ。。。