高松宮記念もだけど、ゴールドアクター復帰に期待する週末

[高松宮記念] ブログ村キーワード

今週の土曜日、東京競馬場で花見をしながら中山の日経賞を楽しもうと思っているのですが、府中の桜は果たして見頃程度にまで開いてくれるのでしょうか。

お隣の調布市に住んでいますが、私の家の周囲の桜はまだ咲きそうもないのですが・・・
 

3日連続開催、皆さんの成果は如何だったでしょうか。私は土曜日の浮いた分を月曜日に倍返しで持って行かれました。まだまだ未熟だなあと痛感。

重賞は2勝2敗でしたが、その他のレースがサッパリ。

時間があって一日競馬を見ていると買わなくていいレースまで手を出して、痛い目を見るというのを何度やればいいのかと。

今週末はここをしっかり反省して、花見酒に溺れることなく勝負したいと思います。

勝負、というほどの金額を賭けることはそんなにありませんが。

今週の注目はやはりG1・高松宮記念。

外国馬エアロヴェロシティが疝痛のため、またダンスディレクターが歩様に乱れがあったため大事を取って回避となりました。

そのため除外対象はサドンストームとワキノブレイブの2頭。

出走可能な登録馬をみるとと逃げてこそという馬が3頭。

ハクサンムーン、ミッキーアイル、ローレルベローチェの先行争いはなかなか激しいものになりそうな気がします。

どんな枠順になりますか。

G1らしい厳しいレースが展開されるのを楽しみにしています。
 
 

 
 
そして今週のお楽しみは冒頭にも記しましたが日経賞。
 
昨年の有馬記念馬ゴールドアクターが始動です。
 
モーリスと並ぶスクリーンヒーロー産駒のエース。
 
昨年は菊花賞から復帰した1000万特別を皮切りに準オープン、G2、そして有馬記念と4連勝でグランプリホースの座を獲得。
 
 
スクリーンヒーロー産駒の成長力をまざまざと魅せつけてくれました。
 
課題は58kgとなる斤量でしょうが、ハンデ戦のオクトーバーS(1600万)で57.5kgをこなしていますしレースの上手な馬なので問題はないと思います。
 
菊花賞2着、有馬記念2着のサウンズオブアース、有馬記念4着のエリザベス女王杯馬マリアライトが強力なライバルになりそうですが、きっと期待に応えてくれると思います。
 
 
先週の阪神大賞典ではトーホウジャッカルが2番人気ながら7着に敗退。
 
やはりあのスーパーレコードで駆けた菊花賞の疲れが残っているのでしょうか。
 
サウンズオブアースもその菊花賞で0.1差2着と好走し、その後も期待されてはいるもののもう一つ勝ち切れていません。
 
ゴールドアクターは菊花賞ではトーホウジャッカルに0.7秒と大きく差をつけられましたが、逆にその差が大きかったこととたっぷり8ヶ月半の休養を取ったことが今に活きているように思えます。
 
陣営はアルゼンチン共和国杯を勝ったあとも無理はさせずにジャパンカップを回避して、早々に有馬記念に照準を合わせました。
 
父スクリーンヒーローと同じローテーションでの親子制覇が期待されたりしましたが、それよりも馬の状態を第一に考えた使い方がゴールドアクターの成長に繋がっているのではないでしょうか。
 
 
日経賞はその先の天皇賞を見据えた仕上げだとは思いますが、無理をさせない厩舎が使ってくるここでは決して無様な競馬はしないでしょうし、できれば連勝を続けて本番を迎えてほしいもの。
 
春の天皇賞でグランプリホースとして堂々と菊花賞馬キタサンブラックや阪神大賞典勝ちのシュヴァルグランを迎え撃ってくれると信じています。