阪神大賞典とスプリングSの予想

阪神大賞典。

けっこう好きなレースです。ま、長距離レースが好きなんですけどね。
だから春の天皇賞はやっぱり気合の入るレースだし、そのトライアルレースとしても阪神大賞典が一番好きです。

好きだから当たる、というわけでもないのが残念なのですが。

本命はカムフィー。

前々走ステイヤーズSを7番人気で2着。前走のダイヤモンドSは11着と大敗しましたが、これは道悪に持ち味を殺されてのものなので、今回は巻き返しが十分にあるんじゃないかと。

前走で条件が悪くて負けた馬を拾うのが穴馬券を取る秘訣、というわけでこの馬を中心に考えたいと思います。

おそらく最内に入ったカレンミロティックは上がりの瞬発力勝負にならないようなペースを作ってくれるという前提でカムフィーの末脚に賭けたいと思います。

対抗も前走ダイヤモンドSで力を発揮できなかったタンタアレグリアで。
菊花賞4着で長距離適性は見せていますし、上位人気3頭にも距離や休み明けなど不安点はあるのでオッズ的に妙味なある馬を中心に組み立てたいと思います。

馬券は3連複Fで 7-1,4,6-1,2,3,4,5,6,11

カムフィーからタンタアレグリア、カレンミロティック、アドマイヤフライトを中心に3列目は手広く。

6枠の関東馬2頭に期待したいと思います。
 
 

 
 
スプリングSはロードクエストが抜けた人気。
 
確かに前走のレースぶりをみると中山でもこのメンバーなら能力で負けるわけにはいかない、という存在ではありますね。
 
 
しかし、そこから馬券を買うような性格ではないのでw ここは調教の良かったハレルヤボーイに本命を、対抗に前々で押し切るだけの力があると信じるマイネルハニーを中心に考えたいと思います。
 
こちらも馬券は3連複Fで 2,4-2,3,4,10-1,2,3,4,10,11
 
メインまでに資金を増やすことができたら3連単Fの1,2着マルチにしてもいいかな、と思っていますがどうでしょうか。
 
ハレルヤボーイとマイネルハニーの単勝勝負、というのもありかなとは思っていますがロードクエスト強力だしなあ・・・(笑)