チューリップ賞 予想

今日は朝からちょっと外出していたので見てなかったのですが藤田菜七子騎手はJRAデビューは2着だったとか。

持ってるなあ。

さて、それはさておきw

桜花賞トライアル・チューリップ賞。

人気どころのジュエラー、レッドアヴァンセ、シンハライトは差し追い込みなので前に行けそうな馬を中心に据えたいメンバー構成。

となると狙いたいのは3番ヴィブロスでしょうか。
クィーンズベストを前において2番手で進められそうですし、それほどペースが上がるとも思えないので展開的にも恵まれそう。

相手にはジュエラー、レッドアヴァンセ、シンハライト、ウインファビラス、デンコーアンジュの上位人気馬5頭でいいかな~と。

そんな感じで見守りたいと思っています。

 
 
チューリップ賞はミルコの武豊騎手に並ぶ重賞6連勝がかかってるとか。
 
朝日杯でG1コンプリートを空気を読まずに阻まれたと笑っていた武豊騎手がここで空気を読まずにミルコの記録を阻む、というシナリオもありかなあと思ったりします。
 
でもそれは今日はミルコに勝たせておいて、明日の弥生賞で新記録を阻止するということに燃えていたりするかも、なんてあれこれ考えるのも楽しいw
 
 
 
今年は去年にもまして騎手が注目される一年になりそうだなあ。