「事前妄想」カテゴリーアーカイブ

夏競馬、福島中京、穴はどれ?

Tweet

 
帝王賞はレーン騎乗のオメガパフュームが優勝。
JRAの短期免許が切れたと思ったら地方競馬の短期免許を取得して(その手があったかって感じw)、ついでにもう一つG1級レースをさらっていくとかレーンはホントにやるな。
これで4月末からの2カ月で重賞7勝、うちG1級が3勝。きっとまた短期免許で日本に来てくれるだろう。日本競馬、美味しすぎると思ってるはず。
まだ若いし、ミルコが初めて日本に短期免許で来た時以上のインパクトだった。

今年はレーンとかマーフィーとか若手の外国人騎手の活躍が目立つ。あれだけ鮮やかな騎乗を見せられたら、もっともっとその騎乗を見せてほしいし、短期の期間限定免許なんてケチな制度にとらわれないで自由に外国人騎手が乗りに来られるような制度だったらいいのにとも思う。
そうすれば勘違いしたそれほど上手くない外国人騎手も来るようになって、必ずしも外国人だから上手いというわけではないこともわかるだろうし。

ムーア、モレイラ、レーン、マーフィーといった上手い外国人騎手が日本のG1で一度に顔を揃えるようになったら面白いのになあ。

【夏競馬本番】

宝塚記念が終わり、帝王賞も終わった。今年も半分終了。
函館が既に2週を終えているが、今週から福島、中京が開幕していよいよ夏競馬本番。夏競馬の旅打ち、温泉を連想させるちょっとノンビリした雰囲気がけっこう好きだ。
昔、蒼井優、小池徹平、大泉洋、佐藤浩市がやっていた「CLUB KEIBA」というコンセプトのJRA・CMの夏競馬篇はなかなか楽しそうで良かったなあと思うのだ。

ま、それはともかくw

夏競馬開幕の重賞、ラジオNIKKEI賞とCBC賞。

ラジオNIKKEI賞などはラジオたんぱ賞時代に勝ったツインターボのような個性派が勝つレースという印象で、けっこう毎年見るのを楽しみにしているところはある。
あまり「ガッツリ馬券」という気分ではなく、なんとなく楽しみにレースを見るという気分でいられるのもこの時期の重賞のいいところじゃないかと個人的には思ったり。

CBC賞はサマースプリントシリーズ第2戦。なんとなくG2のイメージがあるのだが、確認してみるとG2だったのは1990年から2005年までの16年間だけ。その頃が個人的にはもっとも競馬に熱を入れて取り組んでいた時期、ということだろうか。いや今も一生懸命やってるけど(笑)
G2の頃にはエイシンワシントンやマサラッキ、トロットスター、サニングデールといったG1でも活躍するような勝ち馬も出ていたが、やはりG3となったせいか最近はここの勝ち馬もG1ではちょっと足りない、といった雰囲気はある。なので勝ち馬を予想するならG1では足りなそうなタイプに注目するのがいいだろうか。

両レースともハンデ戦だし、馬券的にも面白いものになってくれるはずという前提で予想はしたいところ。

【ラジオNIKKEI賞】

スクリーンヒーロー産駒のウインゼノビアが出走する。ハンデ53kg。牝馬だから2kgもらいと考えると牡馬の55kgの評価?重賞実績がない割に見込まれたなあという気がするが、決まってしまったものは仕方がない。
おそらく人気は下から数えたほうが早いくらいだろうから、ここはそっと単複を買って応援しようと思う。

穴馬として狙ってみたいのはマイネルサーパス。
2歳時、福島のきんもくせい特別でダノンチェイサーを差し切り勝ち。それ以降は朝日杯FS、プリンシパルS、ダービーを使って10着、9着、11着。今年はプリンシパルSからダービーへの中1週の疲れが残っていないかが心配だが、体調さえ戻っていれば福島の小回りは向いていそうだし、阪神外回り、東京と直線の長いコースで成績を落とした後だけにオッズ的にもおもしろい。
きんもくせい特別で4着に負かしたディキシーナイトが上位人気に支持されるメンバーならハンデ54kgで直線豪快に差し切りという可能性も皆無ではないと思う。

【CBC賞】

人気馬の中ではハンデ51kgの3歳牝馬アウィルアェイが圧倒的に有利な気がする。アレスバローズは当然有力馬の1頭ということになるがハンデ57.5kgは少々見込まれた感がある。

穴でおもしろそうだなと思っているのはグランドボヌール。中京コースは3戦3勝。条件クラスのものだけに重賞に入ってどうかということはあるが、ハンデ54kgはそれなりに評価されたもの。勝ち鞍が3勝クラスまで、オープンでは2桁着順に大敗とはいっても得意コースで一変の可能性は捨てきれない。

あとはやはり中京得意のセイウンコウセイ、トップハンデ58kgは厳しいと考えたくなるがシルクロードSでこの斤量で2着に踏ん張った実績はある。中京なら軽視はできない。

これら3頭を中心に他の上位人気馬をどう絡めるか、そんな馬券になるかなあと考えている。

【今週のスクリーンヒーロー産駒は16頭】

ラジオNIKKEI賞のウインゼノビアの他にも今週はスクリーンヒーロー産駒の出走が多い。その多くは未勝利戦ではあるが、土曜函館TVh杯のマイネルパラディや恵山特別のグランツリヒター、福島・南相馬特別のマイネルザウバアあたりにはがんばってほしいところだ。

他にスクリーンヒーロー産駒ではないが、土曜中京・知多特別のベストアクターもがんばってほしい1頭。ダイナアクトレス一族、ベストロケーションの初仔で5歳になるが途中長い休みを2度挟みまだ7戦しか消化していない。
前走の由比ガ浜特別でははスクリーンヒーロー産駒のレノーアとのワンツー、素材はもともと良いものがあるし、2勝クラスのここはすんなり上がってほしい

今週は応援したい血統がたくさんいるのでちょっと楽しみだ。ただ仕事上の行事があってじっくり競馬を見ることはできなさそうなのが残念だが。

合間合間に競馬をチェックして、馬場状態もしっかり確認しつつ重賞に臨みたいw

ラジオNIKKEI賞とCBC賞は当てたいなあ。。。

にほんブログ村 競馬ブログへ


中央競馬 ブログランキングへ
 

にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

シルクロードS

シルクロードSはどんな感じになるだろうかと調べていてファインニードルが引退していたことに気づいた。
またスプリント路線は中心馬不在ということになるのね。

ファインニードルもそうだがシルクロードSを人気で勝った馬にはロードカナロアやストレイトガールなんかがいて、ここをステップに強いGⅠ馬に出世していく印象もあるレースだけにやはり上位人気馬には注目せざるを得ない。

京都芝1200mの古馬重賞はシルクロードSと京阪杯の2つだが、両方のレースを勝ったことがあるのはロードカナロアとアンバルブライベンの2頭だけ。
シルクロードSではダンスディレクターが連覇したり、セイウンコウセイが2年連続2着したり、京阪杯ではネロが連覇したりしているので京都芝1200巧者というのがけっこういるんじゃないのかと思いたくなるのだが、両レースで活躍する馬は意外と少ない。ハンデ戦と別定戦という違いだろうか。

ただよく見てみるとアンバルブライベンが2014年の京阪杯を勝ち、翌年のシルクロードSも勝った時は2着馬はともにサドンストームだった。
今回人気になりそうな京阪杯勝ち馬ダノンスマッシュがシルクロードSを勝つような流れになると考えるなら、京阪杯2着のナインテイルズも買い目には入れておいた方が良さそうな気になる。

【スポンサーリンク】


先週の京都芝のレースを振り返るとけっこう差し追い込み決着が目に付いていた。もちろんペース次第で逃げ先行馬が残る展開もあったが、どちらかという差してきた馬に有利な馬場になっていたような気がする。
京都芝1200mは内枠、逃げ先行馬有利という傾向の強いコースだが、このレースについては比較的差し追い込みも馬券になることが多い。先週の馬場傾向を考えても逃げよりは中団からの差しを中心に考えたくなるレースではある。

しかし。

これといった逃げ馬がおらず、あまり先行争いが激しくなるようなメンバーではないところが悩ましい。

このメンツならおそらくラブカンプーが逃げるのかなあ~などとは思うがこれに積極的に競り掛けていくという存在はいそうもないのだ。

ただラブカンプーはおそらく1,2番人気、鞍上ミルコ・デムーロということを考えると他のジョッキーもこれを楽々と逃がしてはいけないという意識は持ちそう。
ならばダノンスマッシュやセイウンコウセイなどが早めに追い上げにかかり、結局その後ろから末脚に賭ける馬に有利な流れになる、そんな展開も想像できる。

前か、後ろか。果たしてどちらに有利な流れになるだろうか。どちらに賭けるのが正解なのだろうか。なかなか決めにくいところだ。

【スポンサーリンク】


難しいなあ・・・と思いながら過去5年の結果を眺めていたら気がついた。

5回の内4回は1,2着馬が5番人気以内、そして3着馬は2桁人気馬で決まっている。残りの1回も1,2着馬がそれぞれ3,4番人気で3着馬が7番人気馬。

つまり3連単フォーメーションで1,2着を1~5番人気馬を塗って、3着に2桁人気馬を中心に人気薄をマークすればいいのだ。
さすがに3列目に7番人気以下をすべてマークするというわけにはいかないが、2桁人気馬を中心になんとか5頭に絞れれば買い目100点で400倍超くらいの馬券がハマるかもしれない。

この路線で狙うのがいいだろうか。3連複フォーメーションなら50点で済むし、その方向で検討してみようか。

いや、1,2列目を3頭くらいに絞って3列目に人気薄5頭なら3連単30点だ。これで上手くハマってくれれば・・・

ならば1,2列目にダノンスマッシュ、ラブカンプー、ダイメイプリンセスを塗って、3列目にナインテイルズ、ラインスピリット、ペイシャフェリシタ、ティーハーフ、エスティタートくらいでどうだろうか。

・・・そんなうまくいかないよな。。。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

荒れてほしい愛知杯

土曜日の愛知杯は牝馬限定のハンデ戦、いつものように荒れる前提で考えてみたい。

なにしろ過去5回の結果を振り返ってみても3連系馬券はいずれも万馬券、少なくとも1頭は2桁人気馬が絡む、あるいは上位人気が総崩れというレースになっている。今年だけは例外、なんてことはないだろう。

とは言っても前走大敗からの巻き返しというのは意外に少ない。過去5回で馬券になった15頭の内で前走9着以下に負けていたのが3頭、他の12頭はすべて前走5着以内という成績。
前走が1000万条件なら1着、1600万条件なら1,2着、OPクラスなら5着以内から人気のない馬を探してみたい。

そうすると前走阪神の蛍池特別(1000万)を勝ち上がってきたレイズアベール、京都の1000万の平場を勝ち上がってきたモーヴサファイア、この2頭が浮上する。

この2頭を1列目において、手広く3連複フォーメーションで流すという作戦はどうだろうか。相手が6頭で2、3列目に挙げた2頭を加えて8頭ずつマークすれば3連複の買い目は36点。
このくらいで万馬券が取れるなら上等だろう(万馬券確定の前提w

【スポンサーリンク】


相手に選ぶのはウラヌスチャーム、エテルナミノル、ノームコア、ランドネ、レイホーロマンス、レッドジェノヴァあたりか。ただ前走のエリザベス女王杯以外は大きく崩れていないコルコバードも捨てがたい。
ただ相手7頭となるとさすがに多いのでどれか切りたいところだ。

切るとすれば上位人気3頭のうちのどれか、ということになるだろうが何故か4歳馬が分の悪いレースなのでそれを嫌うとなるとルメール・ノームコアか。さすがにそれは勇気がいるが。鞍上未定のウラヌスチャームが回避してくれれば悩まなくていいのだが、一週前追い切りもしっかりやってるし回避することはなさそう。
ノームコアかウラヌスチャームのどちらかを切るということになりそうだが、どちらを残すかはかなり悩みそうだ。

【スポンサーリンク】


東京の日曜重賞、根岸S。

いまだに根岸Sというとブロードアピールの怒涛の追い込みがどこかで取り上げられるが、確かにあれは凄かった。距離が1200mのときでダートであの位置から届くのかよというレースだったが、今年は前走出負けして万事休すと思われたがやはり驚異の追い込みを見せたコパノキッキングが人気を背負って登場する。
その前までは逃げることの多かった馬だけに今回果たしてどんなレースをするのか注目だが、まさかのブロードアピールの再現があるだろうか(でも今度はちゃんと出るんじゃないか?w)

ちょっと気になる穴馬がいる。
メイショウウタゲ。プリサイスエンド産駒。11番人気でこのレースを制したグロリアスノア、そして堂々1番人気でこのレースを制したカフジテイクと同じ父を持つ。

プリサイスエンド産駒でJRAのレースに出走してくる数がそれほど多くはないことを思うと、その産駒が同じレースで複数勝っているという点がちょっと気になる。
もしかしたら同産駒はこのレースにもの凄く適性が高いんじゃないかと。

もっともメイショウウタゲはカフジテイクよりも1年先輩の今年8歳馬というのが引っ掛かるが・・・

さすがに厳しいだろうか。
人気はおそらくグロリアスノアが勝った時とそれほど違わないくらいの存在だと思うのだが。
穴党としてはちょっとヒモに加えてみたいところだ。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

桜花賞(2018) 枠順確定前の予想、想像?


 
桜花賞だ。
今年の桜は早くも見ごろを過ぎてしまったが、桜花賞を戴冠し咲き誇るのは果たしてどの馬か。

人気のラッキーライラック、石橋脩騎手が騎乗しているのでなんとなく関東馬のようなイメージを持ってしまっていたがその管理は松永幹夫厩舎だ。
断然人気の関東馬だとメジャーエンブレムやルージュバックを思い出してしまって嫌いたくなるが、ラッキーライラックは関西馬なので変に嫌わないほうが良いのだろう。
願わくばあまり内目の枠には入らないでほしいものだ。

異例のシンザン記念から直行というローテーションで臨むアーモンドアイが2番人気と思われる。
牡馬を相手に鮮やかに差し切り勝ちを決めてきたことが評価されてのもの。実際あのレースではこの馬想像以上に強いなと思ったものだ。

しかし、疑うならこちらの方のような気がする。
というのも、ルージュバックによく似たパターンのような気がするからだ。
関東馬、牡馬混合のきさらぎ賞を勝って桜花賞直行。違うのは今年は更に上を行く実績馬がいることと鞍上が戸崎ではなくルメールだというところ(この鞍上の違いがそうとう大きとは思うが、今年は特に。

実際アーモンドアイが勝ったシンザン記念の相手はツヅミモン、カシアス、ファストアプローチ、カフジバンガード。
それほど強力だったわけじゃない。
ルージュバックのきさらぎ賞の時も相手はポルトドートウィユ、アッシュゴールドといったところだった。

なんか似てないか?

嫌うならアーモンドアイのほうだろう。
強いのは認めてもこの時期の繊細な牝馬、関東から関西への輸送はやはりハンデキャップになるのではないか。
そういえば昔々、大好きだったダイナアクトレスも関西ではサッパリだった。

アーモンドアイの取り扱いも△くらいの評価にとどめる。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
穴党の自分ではあるが、今年の桜花賞は素直にラッキーライラックから入ると思う。

アーモンドアイの評価を下げて、マウレア、リリーノーブルをメインにあとはハーレムラインを押さえるくらい。
一応アーモンドアイも相手には入れるがこちらはあくまで押さえ。

枠順によっては多少の印の上げ下げはあるだろうが、あくまで中心はラッキーライラックで仕方がないと考えている。

断然の人気馬から入るからにはあまり手は広げられない。相手4頭の馬連で観戦しようと思っている。

昔、ビートブラックで穴馬券を取らせてくれた石橋脩に初の牝馬クラシックの栄冠をつかんでほしい。応援している。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ダービー卿チャレンジTの検討


 
マルターズアポジーが出走するとなるとダービー卿チャレンジトロフィーは緩いペースにはならないだろう。
ミュゼエイリアンも先行したいクチ、マイネルアウラートも然り。人気の一角レッドアンシェルも前付けするだろうか。先行馬には厳しいペースになりそうだ。

一方、人気のグレーターロンドンは今度はおそらく後方からのレース。マイル戦だがけっこう縦長の展開になりそう。あまり後方に構えると届かない可能性もある。
位置取りとしては中団やや後ろあたりが理想か。

となるとゴールドサーベラスには難しい展開になるだろうか。きっと最後方に近い位置取りになると思うし。
そしてミュゼエイリアンは前過ぎる気がするし。

グレーターロンドンも応援している馬だから頑張ってほしいが、ゴールドサーベラスやミュゼエイリアンにも頑張ってほしいのだ。

できればこの3頭でワンツースリーとか決めてくれると僥倖なのだが。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ま、中山のマイルだし枠順が決まらないことには何とも言えないが、今回人気を落としそうなところでキャンベルジュニアなんかはおもしろいんじゃないだろうか。

昨年の2着馬。

昨年は準オープンの幕張Sを勝ち再昇級しての一戦。(今年のゴールドサーベラスと同じローテだ!)
その後の3戦で二桁着順を続けてさすがにここは人気を落とすだろう。しかしこの3戦は得意とは言えない1400mという距離。今度は得意のマイル戦だし、ここまで人気を落としているのなら狙ってみてもいいのではないか。

鞍上・石橋脩も今年はラッキーライラックで既に重賞勝ちも決めているし、リーディングでも現在14位。一昨年までは年間40勝前後にとどまっていたが昨年からグッと成績を上げてきている。堀調教師が辛抱して使ってきたおかげだろうか。

人気的にも妙味は十分ありそうだし、今のところはゴールドサーベラス、グレーターロンドン、ミュゼエイリアンとの4頭ボックス馬券でもいいんじゃないだろうかと思っている。

願わくば大外なんかには入らないでほしいものだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!