「日記」カテゴリーアーカイブ

Sライン

ドイツのサラブレッドの名前は母の頭文字を引き継いで名付けられるという伝統がある。母の頭文字がファミリーネームを表すというのはなんとも粋な感じがして、カッコいいなあと思っているのだが日本に輸入されてもそれを忠実になぞらえている牝系がある。

シュヴァルツゴルト Schwarzgold

1937年ドイツ・シュレンダーハン牧場で生産されたシュヴァルツゴルトはドイツ1000ギニー、ドイツオークス、ドイチェスダービーを圧勝し、通算12戦9勝2着3回という名牝。
引退後はとうぜん繁殖牝馬となるが、13歳で死亡したため2頭の牝馬しか残せなかった。

しかしそのうちの1頭、シュヴァルツブラウロート Schwarzblaurot が繁殖牝馬として成功、その産駒が次々と母として成功した。
今年の桜花賞とオークスを勝ったスターズオンアースの9代母がシュヴァルツブラウロートであり、スターズオンアースの叔母にはソウルスターリングがいるようにその牝系には日本のG1でも多くの結果を残している。


例えばビワハイジも実はこの牝系に属するがその母母がアイルランドに輸出されたため、ビワハイジの母はアグサンという名前でSラインを繋ぐことはなかったが、ビワハイジはブエナビスタ、ジョワドヴィーヴルを出しているし、その近親にはマンハッタンカフェの名前もある。
日本の競馬とも実に相性のいい牝系と言えるだろう。

昨年のNHKマイルCを勝ったシュネルマイスターもこの牝系でSラインを踏襲した名前を付けられているが、その近親にあたるのが今週のローズSに出走する2戦2勝のサリエラ。半兄に朝日杯FS勝ちのサリオス、全姉に府中牝馬Sを勝ち、エリザベス女王杯と有馬記念を2着したサラキアがいる。


もしサリエラがローズSで秋華賞の出走権を取れば、秋華賞でスターズオンアースとサリエラという2頭のSラインを繋ぐ牝馬が日本のG1で激突することになる。特別に血統に詳しいわけではない私でも、なんとも夢のある話だと感じる。

毎年、凱旋門賞に挑戦する日本馬がいることを見ても、今や競馬が国境を越えて交流があるのは当たり前のことではあるが、血統の世界もますます深く絡み合っていくのだろう。

日本でもこのSラインが大きく育っていくのだろうと想像すると本当にワクワクしてくる。

ちなみに、サリエラの1歳上の牡馬がエスコーラ Escola という名前なのはご愛敬ということで。きっとSコーラだったんだろうね、と。これも目下5戦4勝、なかなかコンスタントには使えないようだが、これも重賞戦線で活躍する日がくるのだろう。

今週も3重賞

紫苑ステークス

紫苑ステークスは2000年から行われているから今年でもう23回目か、ずいぶん時間が経過しているなと思ったら、第7回紫苑ステークスとなっていて「???」となった。第〇〇回と数えるのは重賞になってからだということを忘れていた。

そんな23回目の第7回紫苑ステークスが今週土曜日に中山競馬場で行われるが、サークルオブライフなど重賞勝ち馬3頭をはじめ今年もなかなかいいメンバーが揃いそうだ。
オープン特別の頃は本番には繋がらないトライアルだったが、重賞に格上げされてからは本番でも好走する馬が出るようになった。

トライアルでオープン特別から重賞に格上げされたレースというと桜花賞トライアルのチューリップ賞を思い出すのだが、チューリップ賞はオープン特別の頃もベガやアグネスフローラ、シスタートウショウなど本番で好走する馬が多く出ていたが、こちらは本番と同じコースだったことが大きいのだろう。

対して紫苑ステークスは本番が京都2000m(今年は阪神2000mだが)に対して、コースの特徴が全然違う中山、しかも当初は距離も1800mと条件がずいぶん異なっていた。
それが重賞になったことで出走馬のレベルが上がり、秋華賞でも好走する馬が出るようになるのだからレースの格というのは大事だなと思う。同じG3でもG1の前哨戦となるレースと夏のローカル重賞とでは中身がずいぶんと違うのだと改めて気づかされる。

レースの予想をする上ではこういったこともちゃんと頭の片隅に置いておかないといけないなあと今さらながら考えさせられるのだ。

京成杯オータムハンデキャップ

このレースは創設当初は東京競馬場で行われていて京王杯オータムハンデキャップと呼ばれていた。
それがいつの間にか中山で行われることが定着して、なぜか中山競馬場(京成線沿線)で行われるレースなのに京王杯という妙な呼称になっていたのが印象深い。

中山の芝1600mはとにかく内枠の先行馬。特に開幕週の良好な芝なら尚のこと外からの差し・追い込みではよほど能力が抜けてなければ簡単には届かない。
中山のコース実績と先行力があって、尚且つ人気薄で内枠なら穴馬として注目したいところだが、そんな存在は今年はあるだろうか。

登録馬の中ではインテンスライトが中山芝「3.2.1.3」と上々の成績。オープン昇級後の2戦は6着5着だが勝ち馬とは共に0.4差。早い時計に対応できるかが微妙だが内からうまく先行できれば3着くらいに潜り込んできそうなタイプじゃないだろうか。

他にはミスニューヨークも中山は「3.0.1.2」と得意にしているが後方からの競馬が多いのが難点。鞍上ミルコだし・・・
こちらは逆に外枠から展開がハマることを祈って紐に加えるパターンか。でも、そこそこ人気しそうだからリスクを考えるとあまり妙味は感じない。

インテンスライトが内枠に入ったら期待を持って買ってみたいが。

セントウルステークス

目下6年連続で1番人気馬が勝っており、その前4年間は2着、更にその前年には3着。1番人気馬が馬券にならなかったのは12年前にまで遡る。1番人気馬は好走必至というレース。
かといって馬券が荒れないかというとそんなこともなく、昨年こそ1,2,4番人気馬で平穏な決着だったがその前年には12番人気馬が2着、その前2年は7番人気が馬券になるなど紐荒れは期待できる。

今年はメイケイエール、ソングラインの2頭が人気になりそうだが1番人気はメイケイエールか。1月に同じコースで行われたシルクロードSを勝っており、その後高松宮記念は0.1差5着。その2戦と同じ55kgでの出走ならここもすんなりクリアして、万全でスプリンターズSに臨みたいところだろう。馬券的にこれに逆らうのは無謀か。

人気薄で馬券に絡むのはどんなタイプだろうか。過去5年4番人気以下で馬券になった馬6頭をながめてみたが共通点らしきものが見つけられない。
強いて挙げるなら前走北九州記念なら馬券圏外、それ以外のレースなら勝っているか負けているなら距離短縮でここに向かっていること。

そんな視点だと上位人気3頭のほかに4頭も該当してしまう。ダディーズビビッド、チェアリングソング、ファストフォース、モントライゼがその4頭だが、こんな絞り方で上手くいくだろうか。

第42回 小倉2歳S(2022)回顧

G1どころか重賞勝ちがG3・中京記念1鞍のグレーターロンドンが種牡馬入りし、しかもその初年度産駒が2歳重賞であんなド派手な勝ち方を見せるなんてなんとも感慨深い。

デビューから7戦6勝、初の重賞挑戦がG1安田記念だったグレーターロンドン。
7戦6勝という字面だけみれば華やかな感じがするが、その戦歴は3歳2月にデビューして3歳時は3戦しただけで1年超の休養に入った。4歳暮れになってようやく順調に使えるようになり連勝で安田記念まで駒を進めたのだから、応援にも熱が入るというもの。

その安田記念の日は以前から妻と有馬温泉に行く予定でいたので、私は前日の土曜日から阪神競馬場に行った。初めての阪神競馬場だったのでよく覚えている。

安田記念は勝てなかったが単勝・馬連流しで応援したグレーターロンドンの仔があんな勝ち方をするとは・・・

反省しきり

その勝ち馬ロンドンプラン、ゲート入り前に蹄鉄の打ち直し、スタートでは大きく出遅れ4角でも最後方、エンジンが掛かったところ直線で一瞬行き場をなくす場面がありながら豪快な差し切り勝ち。モノが違うと言わんばかりのレースぶりだった。

自分の馬券は穴狙い、横山典のアウクソーからワイド流しだったので何にもなかったが、相手に期待していたグレーターロンドンの仔が勝ったとあっていいレースを見せてもらったなあとじんわり感動していた。
が、だんだんと後悔の念が。。。あまり買うことのない単勝を買ってまで応援していた馬の初年度産駒にどうしてもっと期待をしなかったのか、と(笑)
なぜなら自分の馬券の紐には2着のバレリーナも入っていたのだ。軸をロンドンプランにしていたらきっと馬連取れたなあ~と。

まあ、結果が出た後に考えることのあるあるではあるが、競馬って何度も何度もこんな反省を繰り返すんだよなあ。

仕切りなおして秋競馬に

長いと思った夏競馬も終了して今週から関東は中山開催。
オールカマーのある9月25日には出資馬ポーラライツもデビュー予定で、どんなレースをしてくれるだろうか。

今週は秋華賞トライアルもあるし、サマースプリント最終戦にしてスプリンターズSのトライアルとなるセントウルS、そしてサマーマイル最終戦の京成杯オータムハンデ。

特に京成杯AHは人気薄の逃げ馬が内枠に入ってくれれば楽しいのだが、どんなメンバー、枠順になるのか。関屋記念を逃げて2着したシュリと中京記念逃げ切り勝ちのベレヌスなんかが2頭で大逃げしてそのまま行った行ったとかだとおもしろいと思うのだが。
上位人気になりそうなファルコニアとダーリントンホールがそれぞれ中団と好位で互いにけん制しあって仕掛け遅れ、とかないだろうか。
そんな妄想が楽しいのだ・・・

夏競馬も最終週

先週の新潟2歳Sはウインオーディンからのワイドと書いていたはずで、そして相手3頭のうちの1頭がちゃんと3着に来てるのに私はどうして馬券をハズしてるのでしょうか。
オッズがつまらないとか思って馬連にしちゃってるんだよなあ。ほんと未熟者だわ。

今週は3重賞

今週は土曜日に1鞍、日曜日に2鞍の平地3重賞。平地重賞だけで3鞍って久しぶりじゃない?と思ってレーシングカレンダーを遡ってみたら、ダービーのあった5月最終週以来だった。そんなに久しぶりだったのか。
というか3重賞ってそんなに多くないのね。もっと多いイメージだった。

で、普通は日曜日の重賞のほうが注目なのだろうが、どちらかと言えば今週は土曜日の札幌2歳Sに注目してしまう。
近年の勝ち馬には皐月賞馬ジオグリフ、白毛のG1馬ソダシがいるし、古いところだとロジユニバースやジャングルポケットといったダービー馬もいる。

札幌2歳Sの1800mという距離は、ここで賞金を加算してゆったりとしたローテーションでクラシックを目指したい素質馬が集まりやすい条件ということだろうか
スクリーンヒーロー産駒のトラストがここを勝った時には、スクリーンヒーロー産駒初のクラシック勝ち馬が誕生するかと期待も膨らんだものだが(笑)

今年の登録馬には、ブラストワンピースの全弟ブラストウェーブ、サトノダイヤモンド初年度産駒にして世代最初に新馬勝ちダイヤモンドハンズ、先々週の北九州記念で単勝万馬券を演じたボンボヤージの全弟アスクメークシェア、これは新馬・小倉2歳S・京王杯2歳Sと3連勝を飾ったファンタジストの全弟でもある。

字面だけでもおもしろそうなメンバーがいるではないか。馬券的に面白いかどうかはさておき、これから重賞戦線で活躍してくれそうな馬がどの程度いるのか、それを想像しながら予想するだけでも楽しそうだ。

サマー2000シリーズの行方は

新潟記念はサマー2000シリーズ最終戦。七夕賞勝ちのエヒトと同2着のヒートオンビートがサマーチャンピオンを目指して参戦してくる。

エヒトは4着でヒートオンビートが2着以下なら、ヒートオンビートは勝ってエヒトが3着以下ならチャンピオンになる可能性が残されている。ハンデ戦だが斤量はともに57kg、七夕賞での3kg差が一気に同斤量になると考えるとヒートオンビートにわずかながら分があるような気もするが1着が最低条件、他にサンレイポケットやイクスプロージョンといった強敵もいて簡単ではない。

ヒートオンビート2着、エヒト5着とかになれば今年のサマー2000は該当馬なしとなってそれもちょっとつまらないだろう。白熱のゴール前が見られることを期待したい。

早熟馬のレースではない

そしてもう一つの小倉2歳S。

なんとなく早熟馬のためのレースというイメージを抱いていたが、過去のレースをよくよく見てみると実はそんなことはなかったw

このレースの勝ち馬でのちのG1馬になっているのは桜花賞馬・レーヌミノル、スプリンターズS勝ち・アストンマーチャン、阪神JF勝ち・タムロチェリーがおり、出走馬にはNHKマイルC勝ち・ラウダシオンや高松宮記念勝ち・モズスーパーフレアがいる。
また昨年の勝ち馬はこの秋のスプリンターズSで期待できそうなナムラクレア。
決して早熟馬たちの短距離戦というわけではなく、将来の短距離重賞路線の中心を担うような馬たちが出走しているのだ。迂闊だったw

今年の出走馬の中にはどんな次世代の短距離路線のエースがいるだろうか。そんな視点を意識しながらレースを楽しみたい。

グリントオブライトの21

父ルーラーシップ、母父ステイゴールド
募集時の測尺は体高150.0cm、胸囲168.5cm、管囲19.0cm、体重377kgと当選した4頭の中では最も小柄な馬体。8月15日の更新では馬体重は384kgとなっていたが、もう少し大きくなってほしい。

今回出資する4頭の中では唯一の関西馬で栗東・牧浦充徳厩舎。なかなか関西圏の競馬場には行けないので、目の前で応援する機会はあるだろうか。
そういえば過去に出資した関西馬は1頭も現地観戦していない気がする(笑)

ポーラライツ帰厩

7月にゲート試験を終え、ノーザンファーム天栄へ放牧に出されていたポーラライツが8月24日帰厩した。

2歳馬の唯一の出資馬。期待せずにはいられない。

順調なら4回中山でのデビューを検討しているということだが、どのレースでおろすのか。
番組表を見ると牝馬限定戦を除く芝の新馬戦は9鞍。1200~2000mまであるがどの距離でおろすだろう?なんとなくだが1200mはないだろうなと思っているが、1600mか1800mか2000mかは全く想像がつかないw

ディープインパクトの肌に新種牡馬サトノクラウンという血統。サトノクラウン産駒は既に4頭が新馬勝ちしているがそれに続けるか。楽しみしかない。