「海外競馬」カテゴリーアーカイブ

リアルスティール、デットーリ騎乗でドバイターフへ


 
リアルスティールのドバイターフ参戦が決まり、鞍上がL.デットーリだという。

時代は変わったものだなあ。

海外のレースで日本馬にデットーリが騎乗するなんて、以前ではちょっと想像もつかなかったぞ。

確かデットーリはジャパンCでファルブラヴに騎乗するために来日した時に、前日のJCダートでイーグルカフェに騎乗して勝ったというのを強烈な印象で覚えているが、日本国外で日本馬に騎乗したことはないんじゃないだろうか。

日本馬が海外遠征した時に騎乗する外国人騎手と言えばモレイラ、ムーア、パートン、ボウマンにちょっと前ならスミヨン辺りのイメージ。

デットーリは別格で海外のレースで日本馬に乗るなんて想像もできなかったが、彼もピークを過ぎて依頼しやすくなったということか。

 
 
 
と、ここまで書いてちょっと調べてみた。
ホントに海外でデットーリが日本馬に乗っていないか?

すると、いた(笑)

パーソナルラッシュがブリーダーズカップ・クラシックに出走した時の鞍上がデットーリだった。

2004年のことだ。3歳時の果敢な挑戦。
パーソナルラッシュは米国産で深見富朗氏の所有で山内厩舎からデビュー。

初戦は2歳の9月、阪神のダート1200mで単勝オッズ1.3倍の1番人気に押されて勝利。
中1週で臨んだ2戦目は芝を使われたがそこでは5着に敗退、5か月休養して再びダートで500万を勝った。
米国産らしくダート路線で活躍してエルムSで重賞初制覇、続く盛岡のダービーグランプリでGⅠ勝ちを決めて、勢いに乗ってBCクラシックに挑戦。
よくデットーリが空いてたなとも思うが、これがデットーリが日本国外のレースで初めて日本調教馬に乗ったレースということになるようだ。

パーソナルラッシュという名前はうっすらと憶えていたし、そういえば何となくブリーダーズカップに挑戦した外国産馬がいたなあという記憶はあったがデットーリが騎乗していたことはまったく覚えていなかった。

今のように海外馬券も売られてなかったし、スポーツ新聞で伝えられてくる情報くらいしかなかったからなあ。。。
 
 
 

今度は日本産の日本調教馬にデットーリが騎乗。

リアルスティール自身、一昨年にはドバイターフを勝っているしそれにデットーリが騎乗してどんなレースを見せてくれるのか。

もちろん馬券も発売されるだろうし、これはなかなか楽しみなニュースだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

ラッキーライラック、凱旋門賞挑戦か

JRA賞の授賞式があると有力馬の今後の路線などがいろいろとコメントされて面白い。

最優秀2歳牝馬のラッキーライラックに今秋の凱旋門賞挑戦というプランがあるという。
いきなりそんな話になっているのかと少々驚いた。
松永幹夫厩舎、鞍上石橋脩で凱旋門賞出走を連想するのはなかなか難しい。(失礼w

しかし生産・ノーザンファーム、馬主・サンデーレーシングと考えれば別に不思議でも何でもない。
むしろそんな馬がなぜ松永幹夫厩舎に入厩して、どういう経緯で石橋脩鞍上となったのかのほうが不思議なくらいだ。
本当は池江厩舎、主戦・川田将雅のほうがしっくりくるぞw(言い過ぎ

凱旋門賞を2年連続2着した父オルフェーヴルのリベンジを斤量面で有利と言われる3歳牝馬で挑戦するとなるとさぞ盛り上がることだろう。

日本の3歳牝馬が凱旋門賞に挑戦するのはハープスター以来か。
凱旋門賞の登録締め切りがGW明けだから、桜花賞に勝ったらそういう話も出てくるでしょうとのことだが、どうせなら桜花賞を勝とうが負けようが挑戦してほしいけどな。

しかし、そうなるとやっぱり凱旋門賞の鞍上は石橋脩ではなくなるんだろうな、サンデーRだし。
まさか今年の初戦から乗り替わりになってしまうだろうか。もう少しバシシューも支援してやってほしいものだぞ。
 
 

他に最優秀3歳牡馬レイデオロが京都記念からドバイシーマクラシックへ、最優秀3歳牝馬ソウルスターリングはヴィクトリアマイルの後、米国遠征という計画があるそうだ。

レイデオロ、ソウルスターリングの2頭を管理する藤沢和厩舎は最近はあまり目立っていないが、タイキシャトルでジャック・ル・マロワ賞を勝つなど日本では海外遠征について先駆者的存在。

ぜひ海外で日本馬の強さをアピールしてほしい。
 
 

ちょっと残念なニュースなのはオジュウチョウサン。

体調を崩して当初予定していた阪神スプリングジャンプは回避、中山グランドジャンプに直行するらしい。
中山大障害は厳しいレースだったから疲れもあるのだろう、万全の状態で戻ってきてほしいものだ。

ただ馬券的にはオジュウチョウサンがぶっつけでGⅠというほうがおもしろいのかもしれない。
ローテーションが狂ってもまた強さを見せつけるのか、はたまた大番狂わせがあるか。
皐月賞の前にこの春一番楽しみなレースなのでなんとしてもGⅠ5連勝を目指して出走してきてほしいものだ。
 
 
 
 

 
 
 
 
そして昨年の年度代表馬キタサンブラックの交配相手の名前が早くもあがってきた。
 
今年150~200頭ほどの種付けが見込まれるが、その中にはジェンティルドンナの母ドナブリーニが決定済みとのこと。
 
1口2250万円×60口、総額13億5千万円のシンジケートが組まれるだけあって、期待度も高いのか。
 
父ブラックタイド、母父サクラバクシンオーの競走馬がそれほど期待されて種牡馬入りするなど予想もできなかったが、競馬というのはつくづくわからないものだなあと感じるニュース。
 
 
しかし。
 
正直、種付け料500万円は少々高くないか?と思うし、良血だから走ったというより、心臓の強さに支えられて鍛えられて強くなったミホノブルボンとかオグリキャップのようなイメージがあって種牡馬としてはどうなんだろう、自身の良さがうまく産駒に伝わるだろうか、ちょっと疑問だなと感じてもいる。
 
 
まあ競走馬としては人気のあった馬だから最初のうちはそれなりに繁殖牝馬も集まるだろうが、要は社台グループがどこまで本気でこの種牡馬を成功させようと頑張れるかに掛かってるんだろうなと。
 
繋養されているのが社台スタリオンステーションなのが頼みの綱、といったところだと思う。
 
成功してほしいけどね。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ジェネラーレウーノは京成杯に


 
ルーカスがホープフルS出走を表明したかと思ったら、ジェネラーレウーノがどうやら京成杯に回るとか。

ふ~ん。

今年はスクリーンヒーロー産駒の中央重賞勝ちがまだないので2頭出走してくれたら、その分チャンスは広がるかと思っていたが・・・

ここはルーカスに頑張ってもらおう!
2015年のグァンチャーレの重賞制覇から始まった産駒重賞勝ちがわずか2年で途切れてしまうのは少々残念だから、ルーカスにはぜひ重賞勝ちを決めてもらいたい。
そんなことを思っている。
 
 

阪神JFは有力馬の1頭と目されていたベルーガが骨折で回避。
父キンシャサノキセキなので短距離のほうがいいのか、同世代ならクラシックでもやれるのかを判断する一戦と考えていただろうし、この時期に故障で戦線離脱というのは陣営も残念だろう。
どのくらいの休養になるかは現時点では不明のようだが、しっかりと治してファンタジーSで見せた鋭い末脚をまた披露してくれることを期待する。
 
 

そしてサトノアラジンは今週末の香港マイルで引退、種牡馬入りするとか。
先に引退を発表していた同世代のイスラボニータやワンアンドオンリーと同時に種牡馬生活をスタート、競い合うことになる。
同世代には既に種牡馬入りしているモーリスやエイシンヒカリなんかもいて競争はまだ続くのだなあ・・・

個人的に馬券の相性は悪かったサトノアラジンだがw、できれば香港マイルで有終の美を飾ってほしいものだ。
もしかしたら今回も自分が買わなかったら勝てるだろうか(笑)

 
 
 
 

 
 
 
 
週末の香港国際競争の出馬表も確定した。日本馬の馬番とゲート番は次の通り。
 
香港ヴァーズ(12頭立て)
トーセンバジル:馬番8、ゲート番7
キセキ:馬番12、ゲート番3
 
香港スプリント(13頭立て)
レッツゴードンキ:馬番12、ゲート番7
ワンスインナムーン:馬番13、ゲート番2
 
香港マイル(14頭立て)
サトノアラジン:馬番4、ゲート番4
 
香港カップ(12頭立て)
ネオリアリズム:馬番2、ゲート番1
ステファノス:馬番5、ゲート番8
スマートレイアー馬番12、ゲート番9
 
 
 
香港カップはスタートから最初のコーナーまで約170mほどと短いので、先行タイプのネオリアリズムにとって1番ゲートというのはいいんじゃないだろうか。
鞍上モレイラだし、期待したい。
 
またキセキが注目されている香港ヴァーズだが、シャティン競馬場は高低差も小さくパワーよりも切れ味が活きるコース、トーセンバジルも切れのある末脚を武器にできるタイプなので昨年のサトノクラウンのようにあっと言わせる場面もあるんじゃないだろうか。
こちらの鞍上も昨年のサトノクラウンと同じモレイラ、期待大だ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

凱旋門賞ウイーク


 
凱旋門賞ウィークである。
グリーンチャンネルも凱旋門賞実況中継が終わるまではノースクランブル放送だ。これを機会にずっとノースクランブルにしてくれればいいのに。
 

今、見直しても2012年ソレミアの凱旋門賞は惜しかった。オルフェーヴル、勝ったと思ったけどなあ。

1999年のエルコンドルパサー2着の時も興奮した。スタートからずっとハナを取ってそのまま押し切るかに見えた最後の最後にモンジューに差されたのだっけ。3着以下の後続を5~6馬身千切っていたのに。

当時は今のように頻繁に海外競馬がリアルタイムで中継されることなんてなかったから、レース終了後も興奮冷めやらず日曜日深夜なのに遅くまで寝られなくて困った。
テレビで海外の競馬を見られるのなんてNHK-BSの世界の競馬くらいしかなかったし、ネットもようやく普及し始めたくらい。
NHK-BSの世界の競馬もいつもは録画されたレースを紹介する番組だったが、この時は生中継されて、あの頃は合田さんも若かったっけ。英語勉強しなきゃって思ったなあw

 

今は馬券も発売されるし、昔とはちょっと違った見方をしてしまうけどやはり日本馬にもいつかは栄冠を掴んでほしいとは思う。

その時に自分が日本馬の馬券を持っているかどうかは自信がないが(笑)

 
 
 

 
 
 
そして深く心に刻まれたのはディープインパクトが参戦した2006年。
 
絶対勝つと思ってみていた。
 
それが勝ち馬の3歳馬レイルリンクに交わされ、さらには6歳牝馬のプライドにも差されての3着(後に禁止薬物検出で失格)。
世界の壁の厚さを思い知らされたし、ディープが挑戦しても勝てないならもう20年くらいは勝てないんじゃないかと絶望的な気持ちになったものだ。
 
(第1回ジャパンカップが開催されたときと同じような絶望感だったなw
この時は日本と世界のレベルの違いを思い知らされた。
去年から行われたコリア・カップで日本では必ずしもトップとは言えない馬に大差勝ちされた韓国の競馬ファンが今はそんな気分なのでは。)
 
 

 
 
今年は日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが挑戦。
 
3歳牝馬のエネイブルが注目を集めそうだが他にも昨年2着のハイランドリールや英インターナショナルS勝ちのユリシーズ、愛セントレジャーを圧勝したオーダーオブセントジョージなどもいる。
 
それでも日本ではサトノダイヤモンドが1番人気か2番人気にはなるのだろう。
馬券的には地元フランス馬を中心にヨーロッパの馬を中心に買いたくなる状況で、サトノダイヤモンドもサトノノブレスも頑張れと思いつつ、4頭出しになりそうなA.オブライエン厩舎の馬を中心に買ってしまいそうな気がするw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

クイーンエリザベス2世カップ(2017)

今週は天皇書春だあ~!と思ってたが香港のクイーンエリザベス2世カップの馬券も発売されるのだね。
昨日気がついた。。。もともと発売は予定されてたんだっけか?

出走馬は8頭。大阪杯をGIに格上げした効果があってか日本からの参加が1頭という寂しい頭数にw

その日本代表はネオリアリズム。国内でもGI未勝利なのに海外で通用するのか、などとシンプルに考えてしまいそうだが、昨年の札幌記念ではモーリスに勝っているのだからなめてかかると痛い目を見るかもしれない。

だが、香港でのオッズはどうかわからないが日本では人気になってしまいそうな気もする。
堀厩舎だし、鞍上モレイラだし。

昨年暮れの香港マイルではムーア騎乗で9着と冴えない成績だったが、帰国初戦の前走中山記念では鮮やかに先行差し切り。
ロゴタイプ、ヴィブロス、リアルスティールを従えてのGII勝利だけに、やっぱり人気になりそうだよなあ。
 

海外馬券は過剰人気しがちな日本馬を嫌って買うのが妙味、と思っているが今回はどうだろうか。
 
 
 

 
 
 
波乱があるとすれば実績はあるが近走不振のデザインズオンロームやブレイジングスピードといった2年前3年前の同レース勝ち馬かな、と思っているが。
 
ただ外国馬の人気がどういう感じになるのかがあまり想像できない。
レーティングが反映されるのか、近走成績が評価されるのか。
 
8頭立てで好配当を狙うなら3連複・3連単か。当たる気がしないが。
でも、ワーザーとネオリアリズムの馬連とか全然つかなさそうだしな。
 
 
1列目にワーザー、ネオリアリズムを置いて、2列目3列目に2頭にプラスしてデザインズオンローム、ブレイジングスピード、シークレットウェポンを置いたフォーメーションというところか。
3連複9点、3連単24点。このくらいなら少し遊んでみてもいいかもしれないが、ガミの買い目もありそうで切ないw
ブレイジングスピードを1列目にしてワーザーを2列目3列目に下げるほうが面白いかもしれない。
 
 
天皇賞が終わったあとにオッズを眺めながらノンビリ買うかどうかも含めて検討するか。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!