「予想」カテゴリーアーカイブ

第65回 スワンS(2022)予想

今年も阪神芝1400mで行われるスワンS。

阪神芝1400mの重賞というと阪神C、阪急杯だが(2・3歳の牝馬限定戦はこの際はスルーw)、なんとなく阪神巧者が近走成績に関係なく好走している印象があるが、そんなことはないか。。。

今回の出走馬で阪神コースでの好走が目立つのは

ホウオウアマゾンが2.4.1.2で着外の2回はG1、

ロータスランドの5.1.0.2も2度の着外はともにG1、

サブライムアンセムの1.2.0.1も着外は桜花賞、

ダイアトニックは2.0.1.0だが3着の1度は2位入線で降着となったもの、

とこの4頭はどうしたって無視できないような気がする。

出馬表を見てみると比較的内枠に先行馬が揃い、差し追い込みタイプは外目の枠に揃った印象。
展開的にはすんなりと隊列が決まりそうな雰囲気がある。
そうなると外枠でこれまで先行する競馬が多かったスカイグルーヴなどはそれなりの票は集めそうだが印は回せない。

やはり阪神実績もあり、この中では能力も上位と評価できそうなホウオウアマゾンは最内枠を上手く活かせれば最有力に思える。ここは軸に信頼したい。

一番競馬をしやすそうに思えるのはロータスランド。京都牝馬S1着、高松宮記念2着が示すように5歳になって短距離により適性が出てきた印象、G2以下なら阪神で連対率100%の実績を考えても重い印を打ちたい。

3番手にはダイアトニック。阪神での3走は新馬戦の1600mと2度の阪急杯。そこで2勝と2位入線なら得意コースであることは明らか。鞍上が継続騎乗の岩田康誠なら内目の4番枠からすんなり好位の内につけて頭まで狙えそうだ。

以下、内から逃げを打てそうなヴァトレニ、実績上位のマテンロウオリオン、同コースのフィリーズレビュー勝ちのサブライムアンセムを押さえにホウオウアマゾンからの流し馬券で。

意外にオッズが割れてるようなのでワイド流しでもいいかと思っている。

第11回 アルテミスS(2022)予想

リバティアイランドが抜けた人気になりそうだ。

デビュー戦の上がり31.4という数字が強烈すぎるためだが、全体時計は1:35.8。それほど飛び抜けた時計というわけではない。
今年、新潟芝1600mで行われた2歳新馬未勝利戦はここまで13レースあるが、9番目のタイムに過ぎない。


それだけの上りが使えるというのは能力の証明だろうが、前半600m通過38.2、1000m通過64.4という新馬戦にしても超スローという前半があればこその上がり時計。

もちろんそんなスローでしっかり折り合い、終い鋭い脚を繰り出せるのだから強いことは間違いないが、断然の一番人気ならばあえて抑えに回して好配当を狙いたくなるのは穴党の性というものだ。

10頭立てと少頭数でもあり、今回もそれほど速いペースになるとは考えにくい。なるべく前目で運べそうなタイプを狙ってみたい。

◎本命は4枠4番ディナトセレーネ
デビュー戦の新潟1400mではスタートが合わず後方からの運びで良く追い上げるも4着。2戦目の中山1600mではすんなりと好位につけて2着には2馬身半差で完勝。中山の不良馬場で1:35.5の時計は今年の中山芝1600mの2歳新馬未勝利9鞍中4番目の時計。
前走同様すんなりと好位で運べればしぶとく脚を伸ばして馬券圏内に残る、そんなシーンは想像できないだろうか。人気もないし馬券妙味で中心視。

〇対抗に8枠9番マラキナイア
昨日引退が発表されたステイフーリッシュの半妹。デビュー戦は中京1600mで離れた3番手から上がり最速で後続に2馬身差。レースセンスの高さを見せた。時計も1:34.7と優秀。勝ち切る可能性も十分に思える。

▲単穴に6枠6番アリスヴェリテ
前走のOP野路菊Sは逃げて2着。他に逃げそうな存在もなくハナを切るのはこの馬か。2000mからの距離短縮がどうかだが、それほど早い流れにならないようであれば先行して粘りこむ可能性もあるのではないだろうか。

△に3枠3番リバティアイランド、8枠10番ラヴェルの人気2頭を抑えて馬券は◎からのワイド流しでどうだろう。

サークルオブライフ、ソダシ、リスグラシュー、ラッキーライラックと4頭のG1馬が出ている出世レース。今年は誰が女王候補に名乗りを上げるのか。じっくりとそのレースぶりを見届けたい。

第67回 京成杯オータムハンデキャップ(2022)予想

ベレヌスが1枠1番。これはハナ確定だろう、この並びでは他の先行馬が競り掛けていくこともなさそう。ここ3年は中山の芝1600mらしく先行馬優勢になっているが今年もそんな流れを想像したくなる。

しかし、2018年以前は開幕週にもかかわらず差し追い込みがバンバン決まるレースだった。馬場整備にシャタリングが導入されてから開幕週のほうがクッションが効いていたためと思われる。今年の状態は果たしてどうなのか。


土曜日の芝レースを見る限りやはり逃げ馬は馬券に絡むことが多いように見えたが、差し追い込みもそこそこ馬券になっている。ペース次第というところか。いわゆるフラットな馬場。

そういう状態ならゆったりとしたペースでも馬郡一団からの差し比べの流れにならないか。昔のこのレースのように後方からの馬たちにチャンスが出てくることに期待したい(願望w

ここは穴狙いでルフトシュトロームに注目してみたい。デビューから中山芝1600で3連勝でニュージーランドトロフィーを勝っている。中山芝1600の適性は高いと見ていいだろう。

その後、NHKマイルCを5着してからは7連続2桁着順と不振に陥っているが、前走後に去勢手術をして半年じっくりと調整してきた。狙うならこの去勢明け初戦じゃないだろうか。


中団から後方のレースになるだろうが、差しが効く馬場状態ならNZTで見せたような直線一気の末脚で復活してくれる、そんな妄想をしたくなる。

上位人気のベレヌス、ダーリントンホールへの馬連・ワイドとインテンスライト、タガノディアマンテ、ミスニューヨーク、ルークズネスト、シュリへのワイドで買ってみたいと思う。

第36回 セントウルステークス(2022)予想

前走単勝万馬券の激走を見せたボンボヤージがその時と同じ1枠1番。

良馬場の小倉芝1200mなら2.1.0.0で連対率100%!と言って井崎脩五郎氏が本命に指名して見事的中させたのは強烈なインパクトだったが、果たして2匹目のドジョウはいるか?
これまでの全成績は5.1.0.14で、連対はすべて小倉と京都。直線平坦のコースなので中京はさすがに無理だろうなあ・・・

馬柱を見ていてもこれといった逃げ馬がいない。3番ジャスパープリンスあたりかな?と思ったがダートからの転戦では芝1200のペースを先行できるかというと疑問。
前々走で逃げて3着の2番シャンデリアムーンのハナが順当なところか。


極端なハイペースにはならなさそうだけに瞬発力を問われる展開も考えられるがどんな流れになるだろうか。
案外こういうメンバーになると「え?君が?」というのが逃げを打って、そのまま残ってしまうなどということもあったりするがスプリント重賞でそんなことが起こるだろうか?


やはりここは素直に5番メイケイエールと11番ソングラインの2強のうち、1kg多く背負わされているソングラインよりはメイケイエールのほうが有利と見てこちらを本命に取りたい。
当然相手はソングラインが筆頭ということになるが、2頭の馬連ではまったく妙味はなさそうなので馬券はメイケイエール1着固定の3連単、2着にソングライン、3着に8番モントライゼ、9番ダディーズビビッド、10番チェアリングソング、12番ファストフォースを置いて、2.3着は裏表ありの8点で遊んでみようかと。