「予想」カテゴリーアーカイブ

宝塚記念(2019) 展望


宝塚記念は登録13頭。時期的なこともあるのか、頭数の揃わないことが珍しくないG1だが、今年はその頭数の揃わない年になってしまった。
そうは言っても一昨年の三冠レースを制した3頭にその前年のダービー馬、そして昨年のエリザベス女王杯馬と大阪杯馬が登録してきているので一応はG1の体は整えたか。

人気は一昨年の牡馬三冠をそれぞれ制したアルアイン、レイデオロ、キセキが分け合いそうだが、阪神芝内回り2200mというコースを考えると皐月賞の他に今年の大阪杯も制しているアルアインが適性の面で一歩リードじゃないかと考えている。鞍上北村友一がレイデオロのルメール、キセキの川田よりも一枚落ちるという評価で人気を落とすならオッズ的にも妙味はでてきそうだ。

【ステイゴールド産駒】

宝塚記念といえばステイゴールド産駒、などと言われていた時期があった。2009年のドリームジャーニー、翌年のナカヤマフェスタ、2012年オルフェーヴル、そして2013~14年と連覇したゴールドシップ。

それ以降はまったくステイゴールド産駒は馬券になっていないが、2015年こそゴールドシップ、オーシャンブルーの2頭が出走していたものの、2016年は出走なし、2017年はレインボーラインのみ、2018年はパフォーマプロミスのみと出走自体が少なかった。

今年はエタリオウ、ショウナンバッハ、スティッフェリオと3頭の出走がある。
エタリオウは1勝馬ながら菊花賞を含む重賞2着4回、5着以下はなしという安定した成績でここでもある程度馬券は売れそうだが、これをどう見るか。

ゴールドシップが1番人気で15着に大敗した2015年以降、このレースに縁がなくなっていると考えることもできるし、いや、今までは出走自体が少なかったのだから今年はチャンスと考えるのか。どちらとも取れるだけに悩ましい。
自分は宝塚記念で悲願の初G1制覇というケースも多いレースだけに軽視は禁物だと思っているが。

ただこれまで宝塚記念を勝ったステイゴールド産駒4頭中3頭が母父メジロマックイーンというのも気になるところ。
エタリオウの母父Cactus Ridgeは米国馬だが果たしてどこまで適応できるだろうか。

【ダービー馬】

今年はレイデオロ、マカヒキと2頭のダービー馬が登録。

しかし、ダービー馬で宝塚記念を勝ったのはオルフェーヴル、ディープインパクトといずれも三冠馬。古くはシンザンもそうだ。
三冠馬以外のダービー馬で宝塚記念を勝ったのは1979年のサクラショウリまで遡る。三冠馬のような馬場、コースを問わないタイプじゃないとダービー馬が宝塚記念を勝つのは難しいのかもしれない。

【菊花賞馬】

菊花賞馬で宝塚記念を制したのは三冠馬以外にもゴールドシップ、ヒシミラクル、マヤノトップガン、ビワハヤヒデ、メジロマックイーンとけっこう多い。
京都外回り3000mと阪神内回り2200mではずいぶんイメージも違って求められる適性が違うような気がするのだが、直線の坂を2度走らなくてはならないコースは菊花賞を好走できるようなスタミナが要求されるのかもしれない。

今年はキセキが出走。阪神や中山のように直線急坂のあるコースはあまり得意ではないイメージだが上位人気に支持されそうな気配。果たしてどこまでやることができるだろうか。

【皐月賞馬】

皐月賞を勝ち、宝塚記念を勝ったのは三冠馬以外ではゴールドシップ、テイエムオペラオー、トウショウボーイの3頭だけ。
しかし、三冠馬以外では皐月賞馬の出走自体がそれほど多くはなく、近年では2016年のドゥラメンテ(2着)くらい。 なので皐月賞馬が相性が悪いとも言い切れない。皐月賞がそもそも2000mとしてはスタミナを求められることの多いレースだけに、宝塚記念に相通じる面はあるのではないか。

阪神内回りと中山コースは求められる適性に近いものがあるし、皐月賞馬がこのコースを苦手とするというのは考えにくい。
連覇したゴールドシップや有馬記念を勝ち中山コースを得意としたゴールドアクター(2017年2着)のようなタイプならこのレースの適性は高いのではないか。

中山と阪神内回りのG1を2勝しているアルアインなら十分にやれると思っている。

【牝馬は?】

牝馬の宝塚記念での成績は過去10年で[1.3.4.11]で勝率5.3%、連対率21.1%、複勝率42.1%。10年間で延べ19頭の出走でこの成績は特筆するものでもない。
ただ馬券圏内にきている7頭(ブエナビスタが2度の2着)の戦歴を見ると、そのうち5頭はそれまでにG1で牡馬と戦って掲示板に乗る好走を経験している。

今回の出走馬の中で唯一の牝馬であるリスグラシューは香港ヴァーズ2着、クイーンエリザベス2世C3着と実績は十分、鞍上もD.レーンとノーマークにはできない1頭。

【上位人気を脅かす穴馬は?】

G1実績のあるスワーヴリチャードやマカヒキは今回は伏兵の位置づけになるが、それ以外に大穴と言えるような存在はいないだろうか。

狙うならクリンチャーとノーブルマーズか。

前者は2200mで2.0.0.1。2勝は京都記念とすみれS、着外はセントライト記念。勝った2鞍はそれぞれ10頭立て、7頭立てと少頭数で着外のときは15頭立てのレースだった。
今回は13頭立ての見込みだがこのくらいの頭数ならうまく捌いて圏内に潜り込む可能性はないだろうか。

後者は昨年の3着馬。昨年は12番人気とまったく人気はなかったが今回も2桁人気になりそうなメンバー構成。
2200m戦は[2.1.1.3]だが掲示板を外したのは1度だけ。2200mは得意の距離なのだろう。これだけ人気が無ければ3列目のヒモに加えてもいいかもしれない。

【予想は枠順しだいではあるが】

今のところ本命候補はアルアイン、対抗にキセキ、単穴にリスグラシュー。
以下、エタリオウ、スワーヴリチャード、レイデオロを押さえに、穴の3列目候補にクリンチャー、マカヒキ、ノーブルマーズをどう組み合わせるか、そんな感じの馬券になりそう。

横山典に乗り替わるエタリオウなんかはとても気になるが、メンバーを考えるとやっぱり押さえ以上には取り上げにくい。
2勝目がG1というのは如何にもありそうなタイプではあるのだが・・・


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

今週のWIN5


先週のWIN5は久しぶりに的中者なしでキャリーオーバー。
いつ以来だっけ?と確認したら昨年の有馬記念の日以来で、そんなに久しぶりという感じでもなかったw

このところWIN5の発売金額はだいたい6億円半ばから7億円半ばといったところ。有馬記念の日はさすがにもっと売れていて8億5千万円売れていたが、これが的中者なしで5億99百万円のキャリーオーバーだった。
で、次の12月28日、ホープフルSのあった平日、世間一般的には御用納めの日、WIN5の発売金額は34億99百万円。
年末のお祭りムードも後押ししたかもしれないが、やっぱりキャリーオーバーがあると発売金額はグッと増える。

ちなみにその前のキャリーオーバーは2014年の11月24日、ダノンシャークがマイルチャンピオンシップを勝った日。
その翌日のWIN5(この時は3日間開催)が11億49百万円売れたから、今週も10億から15億円くらいの売り上げになるのだろうか。

先々週も阪急杯でスマートオーディンが勝った時には、これは絶対キャリーオーバーだろと思ったけど1票的中があったし、キャリーオーバーってなかなかないのね。
2014年に払戻金額の上限が2億円から6億円になったのもキャリーオーバーがなかなか発生しなくなった原因なのだろうけど。

そういう意味では今週は貴重なチャンスかも。でも、そう簡単には当たらないんだけどw

というわけでまだ枠順はもちろん出走馬も確定していないが、早々に今週のWIN5の予想をしてみよう。
WIN5を買うときは少なくとも1レース、できれば2レースは1頭に絞って少ない買い目で楽しむのが基本スタンスなので、今回もそのパターンで。

【阪神10R:甲南ステークス】

ダート2000m。根幹距離のレースなのにJRAでは意外と鞍数の少ない条件。というか阪神競馬場にしかダート2000mってなかったはず。。。

JRAのダートってローカルだと1700mばかりだし、中央場所も1200,1400,1800が中心。東京競馬場なんて1300,1400か2100だもんな。非根幹距離ばかりw
競馬場のサイズとか形状とかの問題なんだろうけど、もう少し根幹距離1600,2000のレース増やした方が良くないだろうか?

閑話休題

ここはジョーダンキングが人気になりそう。初戦の芝以外では地方転出時も含めてダートでオール連対。昇級初戦だがここも確実に上位に入ってきそう。ただ2着も多く取りこぼしは如何にもありそうなのでここはこれ1頭に絞るのは難しい。

狙いたいのはタガノグルナ。おそらく逃げを主張するのはこの1頭だけというメンバー。4走前に同コースで1000万条件を逃げ切り勝ちしているし、昇級してからの3戦はいい具合に負けている。人気を落とした逃げ馬は狙い頃だろう。

ジョーダンキング、タガノグルナの2頭で。

【中山10R:東風ステークス】

ここはスクリーンヒーロー産駒の2頭、ゴールドサーベラスとミュゼエイリアンがいる。
ミュゼエイリアンは昨年の覇者、ゴールドサーベラスもオープン昇級後の成績は悪いが中山マイルは得意のコース、オープン特別のここなら能力的に遜色はないと考えている。

人気どころのカツジ、アストラエンブレムは前走成績のパッとしないメンバーがそろったここでは外しにくいが、アストラエンブレムはもう2年以上勝ち星がないのであえて切るという手もありか。

ゴールドサーベラス、ミュゼエイリアン、カツジの3頭

【中京11R:金鯱賞】

ここは4連勝中のエアウインザー。
普通に馬連や3連複の馬券を買うなら軸は人気もいい感じで落としそうなペルシアンナイトにしたいところだが、単勝となると自信の本命とはしにくい。
エアウインザーは鉄砲成績も[2.0.1.0]と不安はないし、良血馬の本格化を信用したい。

WIN5残りの2鞍が絞りにくいレースでもあることだし、このレースを1点に絞る。
エアウインザーの1頭で。

【阪神11R:フィリーズレビュー】

ここからの3歳牝馬戦2鞍が難しい。全然当たる気がしないが、買わなきゃ絶対当たらない。買わなきゃ絶対に負けないとも言えるがw

本命に推したいのはメイショウケイメイ。唯一の3勝馬だが妙に人気が無さそう。前走紅梅Sで負かしたレッドアネモス、プールヴィルのほうが人気になりそうなのは前々走の阪神JF11着という成績ゆえか、それとも鞍上フルキチのためか。
阪神JFは18番枠から終始大外を回して伸びあぐねたもの。距離も1F長かったかもしれない。
1400mに短縮となるのはプラスだろうし、それで前走負かした2頭よりも人気が無いのであればここは絶好の狙い目だろう。

アウィルアウェイもテンの3Fが38.0秒というドスローの前走京王杯2歳Sを引っ掛かりどおしでハナ差2着というのは能力を感じる。スムーズに運べばここで楽勝しても不思議はない。

もう1頭、キュールエサクラも有望。前走は先行集団をじっくり見ながら中団後方の外。折り合いピタリで直線は追うところなく抜け出してきた。大人びた走りはセンスの良さと能力の高さを感じさせる。他頭数になってうまく前を捌けるかという課題はあるが、まだそれほど人気にもならなさそうだし先物買いで狙ってみたい。

メイショウケイメイ、アウィルアウェイ、キュールエサクラの3頭。

【中山11R:アネモネステークス】

1勝馬が集まる超難解な一戦w
スクリーンヒーロー産駒オトナノジジョウもここに出走しそうだが、どの程度やれるだろうか。人気上位馬は差しタイプのようなのでハナを取ってあれよあれよの逃げ切り勝ち、なんて行くと嬉しいのだが。

同じ中山芝1600で勝ち上がってきたのがオトナノジジョウ、ユナカイト、ルガールカルム、レッドアステルの4頭。この中からピックアップしたい。
当然オトナノジジョウは入れるとしてw。
ルガールカルムの新馬勝ちとユナカイトの未勝利勝ちはどちらも同じようなレース運び。道中後方から3~4角で外を回して直線で突き抜ける、中山マイルでこの勝ち方は強い馬のそれ。どちらも鞍上がルメールというのもなるほどなと。
アーモンドアイの妹ユナカイトはPOG馬でもあるので応援したい気持ちもあるが、ここはデビュー戦のレースぶりでルガールカルムに軍配。鞍上が前走と同じ三浦皇成というのもプラスだろう。(ユナカイトはルメールから津村に乗り替わり)

オトナノジジョウ、ルガールカルムの2頭。
 
 

以上、2頭→3頭→1頭→3頭→2頭で36点。
これでなんとか当たってくれないだろうか。まあ、当たったところで配当金4億円などというのは臨むべくもないチョイスだが。

それでもスクリーンヒーロー産駒が活躍してくれたらけっこういい配当になるんじゃない?(笑)
 


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

まだ寒いけど番組上は春競馬


2月に入ってバタバタとしている間にもう3週間が過ぎてしまった。
この間、インフルエンザに罹ってしまったりしてただでさえタイトな仕事がより厳しい状況になったりしているうちにフェブラリーSも終わってしまった。

一応フェブラリーSの馬券は3連単をフォーメーションでパラパラと買っていたのだが、結果はハズレ。
ゴールドドリームを1着に置いた馬券だったので、1,2着が逆なら持っていたのだが。
ま、こんなもんだよね┐(´д`)┌ヤレヤレ

今週からは中山、阪神に替わって、気温はまだ冬のそれだが開催は春競馬へと移ってくる。競馬をやっているといつも思うことだが本当に季節の移り変わりが早い。

【中山記念】

出走頭数は例年の中山記念同様11頭と少なめだが、メンバーはなかなか豪華。

ディアドラ、ステルヴィオ、エポカドーロ、スワーヴリチャード、ラッキーライラックと5頭のGⅠ馬に中山得意のウインブライト。
馬券対象には考えずらいが個人的にはトルークマクトも好きな1頭だし、前走は後方からの競馬でまったくらしさがなかったマルターズアポジーも意欲の連闘策。地方所属ながらジャパンカップで7着と踏ん張ったハッピーグリンも時計の掛かる中山なら侮れない。

軸はGⅠ馬5頭か中山マイスターのいずれかから選ぶにしても、ヒモには人気薄もしっかり押さえておきたくなる好メンバーだろう。
 

自分が軸と考えるのは5番ディアドラ。
この実績で斤量54kgというのはインパクトが大きい。エポカドーロ、ウインブライトが57kg、スワーヴリチャードが58kgということを考えると如何に牝馬とはいえ有利に映る。
問題は先行争いがあまり激しくはならなさそうなメンバー、おそらくは中団から後方に構えることになるだろう展開で、どこまで押し上げてくることができるかの1点じゃないだろうか。
連軸、複軸で考えたい。

2番手は皐月賞馬エポカドーロ。このメンツならある程度前での競馬になりそう。能力を考えれば状態さえ普通にあれば当然馬券圏内。

3番手に53kgで乗れるラッキーライラック。こちらも状態さえ戻っていればこの斤量なら頭まであっても不思議じゃない。
この枠順なら先行馬群で運べそうだし、鞍上も石橋脩に戻って本来の姿を見せてくれるんじゃないか。期待したい。

以下、当然ウインブライトは外せないし、今度は逃げるだろうマルターズアポジー、ステルヴィオ、マイネルサージュ、スワーヴリチャードまで馬券は検討したい。
それとトルークマクトの応援の複勝w

【阪急杯】

阪急杯は中山記念とは対照的にフルゲートの18頭立て。

ここは某競馬サイトのPOGで指名していたエントシャイデンの一気の重賞制覇に期待したい。
3走前の1000万条件の平場戦。8頭立て7番人気で驚きの差し切り勝ち。このときは展開がハマったかとも思ったがその後2戦の連勝を見てもこれは素質馬が完全に本格化したとみていいように思う。
既に重賞で実績のあるメンバーが揃うここなら、まださほど人気にはならないだろう。大外枠というのも軽視されそうな要因だし、しかし中団あたりからの追い込みなら逆に内に閉じ込められるようなこともなくスムーズに運べそう。確実に終いは切れる脚を繰り出せるようになっているし、ここは一発で決めてほしいところだ。

馬券は当然単勝から入るが人気次第では手広く馬連3連複も検討したい。

相手は前走同じコースの阪神C勝ちダイアナヘイロー、同2着ミスターメロディを筆頭にレッツゴードンキ、タイムトリップ、スターオブペルシャ、ダイメイフジ、ロジクライといったところが中心か。

【トラスト】

今週のスクリーンヒーロー産駒は土曜日が8頭、日曜日が10頭。

けっこう楽しみな馬も揃っているのだが、やっぱり一番の注目は土曜の春麗ジャンプステークスに出走するトラストだろう。

障害入りして2戦、いずれも予想外に強い勝ち方をしてきた。一息入れて3カ月ぶりの実戦だが同時に管理する中村調教師のラストウイークでもある。
当然ここも必勝のつもりでの出走だろう。
この後どの厩舎に移るのかは知らないが、ここを勝って春の大一番を目指す流れ。

ここを楽勝して、願わくばオジュウチョウサンの出走する中山グランドジャンプでいいレースを見せてほしいところだ。大いに期待している。

馬券的にはあまり面白くはないかもしれないが、今週一番関心の高いレースだ。

トラスト以外のスクリーンヒーロー産駒では土曜中山2Rのゴールデンウェル。
おそらくは上位人気に支持されるだろう。そしてそこで同じく上位人気になりそうなヤークトボマー。こちらは曾祖母がダイナアクトレス。
スクリーンヒーローの仔とスクリーンヒーローのいとこの仔、人間流にいえば「はとこ」?、それとも「またいとこ」というのだろうか。

スクリーンヒーローが未勝利、500万条件を勝った中山ダート1800mで対戦、しかもともに上位人気というのがダイナアクトレス一族、スクリーンヒーロー産駒推しとしては熱い一戦だ。

土曜日の午前中、用事があるのでライブでは見られないと思うがこっそり2頭の馬連ワイド各1点を忍ばせて、あとで楽しみにリプレイを見たいと思っている。
 
 


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

今週の重賞


東京新聞杯

東京新聞杯出走予定馬の馬柱をしげしげと眺めているのだが。

荒れることの多いレースではあるが今年も如何にもあれそうなメンツ。
なにしろ前走好走馬は2頭だけ。それも1頭は準オープン勝ちでもう1頭はオープン特別2着。それ以外はすべて掲示板を外している。前走重賞好走というのが1頭もいない。
前走着順は気にしないで内容や現在の状態、枠順から考えられる展開による有利不利を重視したほうが良さそうな感じがする。

JRAのサイトに載ってる今週の注目レースのデータ分析を頼りにするということはほとんどないが、そのデータを今年の出走馬に当てはめてみると残るのはテトラドラクマ、リライアブルエース、レッドオルガ、ロードクエストの4頭。
この4頭だとどれもこれも人気がない。netkeiba.comの予想オッズだと順に8番、11番、6番、10番人気だ。これは馬連ボックスくらい100円ずつ買っておいてもいいかもしれない。

過去5年の結果を見ると3番人気か5番人気から馬連買っておけば当たりそうな気がする。そんな傾向は気づいたとたんに機能しなくなるのが常だが、3番人気、5番人気の2頭からデータで残った4頭に馬連で流す、というのでもいいかもしれない。

あるいはその6頭の馬連・3連複ボックスというのもありだろうか。(3番人気5番人気の馬連ではガミるかもしれないが)

きさらぎ賞

きさらぎ賞はとにかく上がり3Fで上位の脚を使える馬から買えばいい。過去5年、1~3着馬はすべて上がり1~3位の馬で占められている。

京都外回り1800mの3歳戦、キャリア2~4戦くらいの若駒の一戦なので各馬折り合い合戦という感じの上りだけの勝負というレースになりやすいのだろう。

単純に前走の上がりタイムの早い順に並べると、
1位ダノンチェイサー、2位アガラス、3位ランスオブプラーナ、4位エングレーバー、5位メイショウテンゲン。

ただしランスオブプラーナの前走上がりタイムは出走馬中5位と高い評価はできない。

※前走上がりタイム順位

これを参考に印を打つと

◎ダノンチェイサー
〇アガラス
▲エングレーバー
△メイショウテンゲン、タガノディアマンテ、ヴァンドギャルド

という順番になる。

あとはこの印でオッズがどのくらいつくか、買えるオッズの券種があるかといったところだ。

菜七子、GⅠ騎乗

根岸Sを勝ったコパノキッキングは藤田菜七子鞍上でフェブラリーSに向かうというニュースがやたらと盛り上がってはいるが。

私の友人曰く
「根岸Sの前にカペラSでコパノキッキングの脚質に幅を広げてあげることのできた柴田大知もいると思うんだがなあ・・・」と。
彼はマイネル軍団と柴田大知を応援しているので、昨年からの柴田大知の成績不振をとても嘆いている。

しかし、菜七子がGⅠに乗るとなるとどうしたって話題になるし、コパさんも競馬が盛り上がるためにどうするのがいいか、って考えてる結果だから仕方がないよね。
大知のキャリアならもっと勝ってないと当然注目もされないし。個人的には自分も大知にはがんばってほしいと思ってるのだが。。。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

愛知杯、シルクロードS、根岸S(2019)予想

愛知杯

◎レイズアベール
〇ノームコア
▲レイホーロマンス
☆レッドジェノヴァ
△コルコバード、ランドネ、ウラヌスチャーム、エテルナミノル

◎から〇▲☆△への3連複1頭軸流しで。

シルクロードS

◎ダノンスマッシュ
〇ナインテイルズ
▲ダイメイプリンセス
☆ラブカンプー
△ラインスピリット、セイウンコウセイ、アンヴァル

◎から〇▲☆△への馬連流し。

根岸S

◎クインズサターン
〇サンライズノヴァ
▲ユラノト
☆メイショウウタゲ
△サトノファンタシー、モーニン、コパノキッキング

◎〇→◎〇▲☆→◎〇▲☆△の3連単フォーメーション。

こんな感じかなあ・・・

根岸Sは大外に入ってしまったマテラスカイの取捨にまだ悩んでいる。
ここでは印を打っていないが楽に逃げる形にもなることも考えられる。差し追い込みが圧倒的に強い根岸Sでどこまで粘れるのかという疑問はあるが、あっさり逃げ切りというのも考えられるし、それだけのポテンシャルは持っている馬だとも思う。
ただ今度はコパノキッキングがまともにスタートを切ったら番手からのレースという可能性も考えられる枠の並びだし、ある程度人気になるなら切るのはマテラスカイだろうという判断をしてるのだが。
いや逆にコパノキッキングを切るほうが正解かもしれない?

馬券を買う直前まで悩み続けそうだ。。。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!