ふぉんてん のすべての投稿

小学生の頃、ハイセイコーでもたらされた競馬ブームに乗って競馬を見始めました。観戦歴だけなら40年を超えてます。 馬券を買うようになったのは社会人になってからなので馬券歴としてはホンの四半世紀ほどですがさっぱり上達しません。 そんな私の日常を競馬とともに。。。 シルクHC一口馬主、はじめました。 現在の出資馬はヴェロニカグレース、サトノジュピターの16、ラックビーアレディトゥナイトの16の3頭です。

シルク第1回追加募集馬

Tweet
 
 
シルクの第1回追加募集は5頭中2頭(メジロルバートの17、ミステリアスオーラの17)が口数を大幅に超える申し込みがあったらしく満口。

満口にならなかった追加募集馬3頭については今週金曜日12月14日の午前9時30分から受付けを開始するようだ。
残口の少ないのはミオリチャンの17が残り80口以下、エリモアクアポリスの17が150口以下とのこと。
この2頭はすぐに満口になってしまいそう。

今年はもう出資する気はないがどんな馬が残っているのかを見てみると・・・

ラッドルチェンドの17(メス)
父ディープインパクト、母の父デインヒルダンサー、美浦・和田正一郎厩舎所属で一口112,000円(総額5600万円)。いいお値段ですw

母のラッドルチェンドは南関東で1勝、祖母はラヴズオンリーミーでその産駒はリアルスティール、プロディガルサン、ラングレーとオープン馬がズラリ。この値段も仕方がないところだろうか。自分はもう値段だけでパスだがw

現在はノーザンファーム空港で週3回屋内坂路コースでハロン19~17秒のキャンター2本をこなしているという。4月20日生まれ。
 
 
 
【スポンサーリンク】

 
 
 
エリモアクアポリスの17(牡)
父ノヴェリスト、母の父ダンスインザダーク、美浦・田中剛厩舎所属で一口28,000円(総額1400万円)。こちらはお手頃感あるな。

母エリモアクアポリスは中央で2勝、曾祖母ボールドレイディの系統にタイムパラドックス、タイムフライヤー、サクラローレルといったGⅠ馬がおり、他にもカポーティスターやエピセアロームといった重賞勝ち馬の名前もある。

現在はノーザンファーム早来で週3回屋内坂路コースで軽めのキャンター、週1回周回コースで軽めのキャンター2,250mという調整。4月1日生まれ。
 
 

ミオリチャンの17(メス)
父マジェスティックウォリアー、母の父スウェプトオーヴァーボード、美浦・黒岩陽一厩舎所属で一口24,000円(総額1200万円)。今回の追加募集馬の中では一番安い。

母ミオリチャンは中央4勝、STV賞などを勝つなど1200m戦で活躍。曾祖母マガロの仔にダービー馬タヤスツヨシ、北米でオーキッドH(G2)など9勝のクーラウインがいる。

現在は騎乗馴致を終え、ノーザンファーム空港で週3回ハロン20秒のキャンター2本を週3回こなしている。5月5日生まれ。
 
 
 
【スポンサーリンク】

 
 
 
ついでに最初の募集でまだ満口になっていないテアルケリーの17(メス)
父ゴールドアリュール、母の父タピット、栗東・武幸四郎厩舎所属で一口36,000円(総額1800万円)。ダート血統の牝馬でこの価格はどうなの?ということで売れ残ってるのか。案外こういうのが当たりだったりするのも一口の面白さじゃないかと思ったり。知らんけど。

母テルアケリーは北米で2勝、デビュータントSというオールウェザーのGⅠを勝っている。産駒のプリズマティコ(3歳)は現在4戦1勝、シティーオブスター(2歳)は3戦、いずれも芝で使われているが本馬は血統的にダートを主戦場にするんだろう。

現在はノーザンファーム空港で週3回屋内坂路コースでハロン18~20秒のキャンター2本という状況だ。3月9日生まれ。
 
 

第1回追加募集となっているということは第2回もあるのかな。確かに昨年度は第2回もあったと思うけど。
しかしもうこれ以上はね。零細一口馬主ではとても手が出せるものではありませんw

今、検討している人の参考にでもなれば・・・
 
 

そうそう、我が出資馬はどうしているかというと2歳のジュピターズライトは先月末に美浦トレセンに帰厩して昨日までで3本の時計。
タイム的にはまだまだじゃね?という感じだが一応28日の中山芝2000mを目標にしているらしい。
とりあえずデビューさせて、それから上手いこと成長してくれればいいね、って感じがするのがなんだかちょっと残念だw

で長女の3歳ヴェロニカグレースは12月6日に帰厩して9日(日)に坂路で時計を1本。あとは今週、来週と追い切って22日の中山・ノエル賞へ。
天栄でおおむねできてるのでトレセンではレースに向けての気合を整えるという感じかと。こちらは期待してます、はい。
 

 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログへ

ロンギ場ってなんだろう


 
 
チャンピオンズカップは悶絶の1着、3着、4着だったw

残り100mあたりでは「よし!そのまま決まるだろ!」と思ったんだが。3角であんな後ろにいたウェスタールンドに間を割られるとは。

ちなみに買った馬券はルヴァンスレーヴ1着固定の1頭軸3連単流し。
相手はサンライズソア、ケイティブレイブ、アンジュデジール、オメガパフュームの4頭で12点。

なかなかいい狙いだったと思うが、残念...
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
今週は阪神ジュベナイルフィリーズ、ウインゼノビアの登場だ。
netkeiba.comの予想オッズだと10番人気で単勝オッズ70倍ほど。そんなに人気ないかね?
ダノンファンタジー、シェーングランツ、クロノジェネシスあたりに差をつけられるのは仕方がないとしても、グレイシアやタニノミッションあたりにそんなに差をつけられるかね?ま、確かに鞍上が乗り替わりで松若というのはちょっと心配ではあるが・・・

抽選待ちのトロシュナともどもがんばってほしいものだ。
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
出資馬のジュピターズライトが11月30日に帰厩して日曜日には時計を出していた。
坂路でいっぱいに終われて 56.9- 40.4- 26.0- 12.9。
こんなもん?今開催中に出走の予定だがどこまで通用するのだろうか。期待半分、不安半分。

もう1頭の2歳出資馬、マイタイムオブデイは引き続きノーザンファームしがらきで調整中。
トレッドミルで軽めの運動。皮膚病とスクミの症状が見られ、硬さも窺えるとのこと。しばらくは内面のケアを重点的にして、その後の乗り運動に備えるようだ。

ヴェロニカグレースは今週中に帰厩させる方向とのこと。22日のノエル賞までもう2週間を切ってるからこれまでどおり天栄で仕上げて、厩舎ではほんの調整程度でレースに臨むといういつものパターン。
今度はきっちり勝ってほしいところだが、どんなメンバーになるだろうか。

1歳馬はヒカルアマランサスの17が周回コースで軽めのキャンターを週に6回こなすという運動。基礎体力強化のステップに進んできたという感じか。先月の更新では馬体重420kgだったのが今月は432kgとなっているから馬体も成長期に入ってきたか。順調に行ってほしい。

もう1頭ベッライリスの17はロンギ場でキャンターを開始。少しずつ少しずつという感じの進捗。馬体重が先月の404kgから390kgへ減っているのは気になるところ。
成長が遅いタイプなのかなという気はするがヘニーヒューズ産駒だしどちらかというと短めの距離に向いた血統に思えるので馬体はもっとガッシリと成長してほしいところだが。
 
 

と書いておいてなんだが、ロンギ場ってなんだ?と思って調べたら丸馬場のことのようで。

↑こんなやつ(へたくそかよwww
グリーンチャンネルの馬産地通信とかで見そうな、鞍付け馴致とか騎乗馴致をやる場所だよね?ここをロンギ場っていうのを初めて認識した。

なんとなく競走馬の育成っていうと外厩の長いコースでじっくり乗り込んで、みたいなイメージを想像しがちだったけど、こういうところでまずは人を背中に乗せること、それから人を乗せて走ることを教えていくっていうところから始めなきゃいけないんだよなと当たり前のことに気づいたのだった。

だからベッライリスの17が今はこのロンギ場でようやく鞍付け馴致を終えて、騎乗馴致を進めてキャンターに入ったところだと。
でそれが済んだらヒカルアマランサスの17みたいにコースに出て体力強化、そして次はスピード強化という部分に入っていくんだなとそんなことに気づいたのだ。

天栄やしがらきのスタッフさん、どうぞこの仔たちをよろしくお願いしますという気持ちにもなるというものだ。

最初のうちはきっと凄く大変なんだろうなあ・・・
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

2018年11月の収支


 
 
11月は28レース購入し的中がわずか4レース。的中率14.3%。そのうえ的中した時の回収率も酷い。的中4レースの内1レースはトリガミ。┐(´д`)┌ヤレヤレ

ま、当たらないのは仕方がない。予想が間違ってたら当たらないのは当然なのだから。

しかし、当たっているのに十分な回収ができていないというのは問題だ。もう少しシビアに期待値を意識した買い方をしないといけない。12月はそれができるだろうか。重要な課題だ。
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
よく競馬場で一緒にレースを見ている馬友は当てたい、そしてできれば万馬券を当てたいという意識が強いのでやたら買い目が多い。馬連で1列目4頭、2列目10頭などというフォーメーション(30点)を買ったりしている。
確かにそんな買い方だと万馬券もよく引っ掛かるのだが、万馬券を取ったのに回収率が350%程度ということも珍しくない。お金の出入りだけを考えると単勝1点勝負のほうが良かったりするのだ。

当然トリガミも多い。なので1日で6~7レース馬券を買って、4~5レース当ててるのになぜか収支はちょっとマイナス、なんて日もあったりする。
いつだったか3連複で55,000円の配当を取ったと喜んでいるので、馬券を見てみると1列目4頭、2~3列目10頭で100点買いだった。回収率550%。
確かに多点買いじゃなければちょっと拾えないような馬券ではあったが。。。

馬券の楽しみ方は人それぞれだと思うし、それで本人が良ければ何も言うことはない。

問題は自分が彼とは全く違うスタイルのはずなのに、一緒に競馬をやっているとそれに少し引っ張られるというか、釣られてしまって期待値を無視してあれもこれもと買ってしまうことがあるのが困る。いや、まったく自分の問題なのだがw
11月はそれがちょっと顕著になってしまった感がある。反省点。

ただ、あまり期待値を意識しすぎるとそもそも買えるレースが極端に少なくなったり、無理に買い目を絞ってまったく的中しなくなったりということもある。

このへんのバランスをとるのが難しいんだよなあ・・・
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
泣いても笑っても2018年の競馬はあと開催日数で9日間。

11月終了時点での年間収支はマイナス122,380円、回収率81.9%。
これを一開催でプラスに持っていくのはかなり難しい状況ではあるが、なんとか少しでもいい流れに持っていって2019年に繋げたいものだなあと。

そのためにも12月最初の重賞はきっちり当ててしっかり回収取りたいなあ。ステイヤーズSかチャレンジカップ、どちらも頭は固そうな雰囲気なのでヒモ荒れしてくれないだろうか。。。
もちろん断然人気馬が圏外に飛んでくれてもいいのだが、それだとグッと当てるのも難しくなりそうだしw

 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

今週の3重賞


 
 
チャンピオンズカップはゴールドドリームが回避になって、ケイティブレイブとルヴァンスレーヴの一騎打ちか、という雰囲気になってきた。

個人的にはルヴァンスレーヴ1強という印象だが。
マイルチャンピオンシップ、ジャパンカップと2週続けて3歳馬が勝っているし、その勢いに乗ってここもルヴァンスレーヴが勝ってしまうような気がする。
オメガパフュームとの3歳ワンツーもあるんじゃないか?

外国馬のパヴェルの実力がどのくらいなのかというのが気になるところ。ハナから飛ばすような逃げ馬だったら要注意かと思っていたが、勝ったStephen Foster Handcap(GⅠ)もアクセラレートの2着になったPacific Classic(GⅠ)もレースぶりを見ると先行馬を見る位置からの競馬。
今年のチャンピオンズカップはあまりペースが早くなるようなメンバーでもないし、日本特有の瞬発力比べになったら出番はないか。鞍上のM.グティエレス騎手も日本での騎乗をしたことはないし、ここは軽視でいいように思う。

ルヴァンスレーヴを頭としたら相手はどれか。
有力どころはいずれも中団あたり、もしくはノンコノユメやサンライズノヴァのように追い込み一手というタイプなのでその中でも好位につけそうなケイティブレイブはやはり無視できないだろう。

それでも穴っぽいところを狙うならそれよりも前で運んで粘り込めそうなタイプ。
アンジュデジールかヒラボクラターシュあたりだろうか。もちろんサンライズソアも押さえは必要だろう。それなりに人気しそうで妙味はなさそうだが。。。
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
チャレンジカップは注目はレイエンダか。強い3歳世代だしw
天皇賞秋の馬場入りで大暴れして放馬・除外となったダンビュライトも気になるが。

登録メンバーには何が何でもハナのマルターズアポジーがいて、他にもサイモンラムセス、ロードヴァンドールも逃げたいクチ、マウントゴールドも前2走は逃げて重賞3着、OP特別勝ちの良績。
開幕週でもあるし勢いペースは上がりそうなメンツだ。

ますますレイエンダの差しが光りそうな感じだがw、連勝中のエアウィンザーもここに来て良血開花という感じで見逃せない。
もっともこの2頭で決まるようなら馬券的にはまったく面白くないがw

狙ってみたいのはステイフーリッシュ、トリコロールブルーのステイゴールド産駒2頭か。(マウントゴールドもステイゴールド産駒だが展開的に厳しいように思う。)
阪神内回りだし、忘れたころにこのコース得意の種牡馬が存在感を示してくれないだろうか。
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
ステイヤーズSは大好きなレース。長丁場のレースは単純に見られる時間が長いことも嬉しいが、道中の騎手の駆け引きを見るのも楽しみ。それだけに凡戦を見せつけられると腹立たしいこともあるわけだがw

今年はアルバートの4連覇がかかる。

過去JRAで同一重賞を4連覇した馬などいるだろうか。
自分の知る限りではコウエイトライが阪神JSを4勝しているが、これは3連覇した翌年に負け、その翌年に勝ったという記録(これはこれで凄いと思うがw)
アルバートがこれを達成すればおそらく史上初だろう。

長距離重賞だからこそ達成されそうな記録ではあるが、こんなチャンスはなかなかないことだから是非とも見せてほしいとは思う。
函館記念の鬼エリモハリアーも4連覇に挑んた年は4着に終わっているし、達成できれば偉大な記録と言っていいだろう。

ただ他にも注目している馬はいて、、、リッジマンが気になる。

門別ダート1000mをデビュー勝ちしたスウェプトオーヴァーボード産駒がステイヤーズSに出走するなんて。それもそこそこ人気しそうだしw
スウェプトオーヴァーボード産駒といえばレッドファルクスやパドトロワといった短距離馬を出す種牡馬というイメージ。
最近はオメガパフュームのようにダート中距離で活躍している産駒もいるが、芝の長距離戦、それも3600mのステイヤーズSというのがイメージとは真逆な感じで実に面白い。

もっともリッジマンは準オープン昇級以降は好走しているのが斤量52kgの時だけなのでハンデキャップホースという雰囲気もあり、56kgを背負う今回はあまり人気するようなら嫌ってこそ妙味という感じもするが。。。

人気薄で一発ありそうなのはララエクラテールか。
格上挑戦だがこれまで29戦して実に10戦が2600m戦。こんなに2600mを使われているのも珍しいような気もするがその成績が[2.2.3.3]。3000m超のレースは初めてだが豊富な2600m戦での経験を活かして一気の重賞獲りなんてあったらおもしろくないだろうか。

 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

シルク出資馬近況


 
 
久しぶりにシルクの出資馬の近況なんぞ。

ヴェロニカグレースはNF天栄で調整中、次走は12月22日の中山・ノエル賞。
中山大障害の日だし、トラストが障害でいいレースを見せてくれてたからこれは両レースが楽しみだ、などと思っていたらトラストは年内休養だとか。
楽しみが半分にw

ま、でもヴェロニカグレースの前走は得意とは思えない東京でまずまずのレースをしてくれたし、コーナー4つの中山芝1800mならかなり期待できるんじゃないだろうか。牝馬限定戦だし。
週に3回坂路でやっていてそのうち2回はラスト13秒台で上がっているというし調子も良さそう。暮れにもう一つ勝ってくれたら嬉しい限り。

ジュピターズライトもNF天栄で調整中だが、30日に美浦に帰厩する予定とのこと。
12月の中山開催でデビューの予定でいるようだ。
ちょっと前まで調教中に苦しがるところを見せるとコメントされていたので、まだまだデビューは遠いのかと思っていたのだが。
その状態でデビューに向かうというのは、あまり先まで期待もできないので取り合えず出資者の手前デビューだけはさせてしまおう、というところなのだろうか。微妙だ。

マイタイムオブデイはNFしがらきにいる。
ゲート試験合格後、少しすくむようなところを見せていたとのこと。今は無理をしないで成長を促した方が良いという判断で、しがらきで状態が上向いてくるのを待つようだ。
デビューは来年の1回か2回の京都あたりか。

ヒカルアマランサスの17とベッライリスの17はともにNF早来。
うっかりしている間に馬名募集は終わってしまったし、今はどんな名前になるのかな~とボンヤリ待っている感じ。

ヒカルアマランサスはすでに騎乗馴致を始めて1カ月ほどが経っているはず。ベッライリスも鞍付けが終わって騎乗馴致を始めている頃だろうか。
ともにまだ馬体重が410~420kgほどのはずだから、まだまだこれから馬体の成長を見守っていくという段階か。
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
アーモンドアイがジャパンカップまで勝ち、シルクの募集馬が年間でGⅠを4勝もしてしまうなんて5年くらい前には想像もつかなかった。

他にも重賞はセダブリランテス、プリモシーン、ブラストワンピース、ヒーズインラブ、ストロングタイタンが勝っているし、馬主リーディングでもサンデーレーシングに次ぐ2位で107勝を挙げている。

ちょうどキャロットが2000年代前半以降、ノーザンファームの生産馬を中心に扱うようになってから劇的に成績を挙げたのと同じような歩み。
やっぱりノーザンファームって凄いな。この一強状態は競馬界にとってはあまり喜ばしいことではないとは思うけれど。
 

アーモンドアイは確か一口60,000円、募集総額3000万円。
それが牝馬3冠のみならずジャパンカップまで制するのだからわからないものだ。

ちなみにアーモンドアイと同じ世代のシルク募集馬で一番高かったのはピボットポイントで一口240,000円、募集総額1億2000万円。
次いで高いのがオブセッション、ルーカス、ブレイニーランの3頭でいずれも一口200,000円、募集総額は1億円だ。

ピボットポイントはこれまで8戦して1勝、3歳8月にようやく未勝利を脱出した。その後休養し次走は12月8日の中京で復帰する予定。

オブセッションは新馬、シクラメン賞と連勝するもののその後弥生賞、青葉賞の2戦を着外に敗れ、故障のすえ引退。

ルーカスは新馬勝ちのあと東スポ杯をワグネリアンの2着するものの、ホープフルS,スプリングS、NHKマイルCと着外に沈み、その後長い休養に入っている。現在はNF早来で調整しており、かなり調子も戻してきているようだがまだ次走の予定は立っていない。

ブレイニーランは6戦目、7月の未勝利戦で初勝利、昇級後2戦しているがともに4着。デビュー以来掲示板を外しておらず堅実に走るが勝ち身の遅さが気にかかる。

ちなみに私の初めての出資馬ヴェロニカグレースもアーモンドアイと同期だが、一口価格は30,000円、募集総額1500万円。
それでも2勝してくれているし、今年はなんだかんだ6戦してくれて1勝を挙げているし、12月にもう1戦してくれる予定だから、まあまずまずがんばってくれているほうなのだろう。
 
 

このように一口は必ずしも高い馬に出資すれば活躍するというわけでもないところが面白い。
それでもシルクのこの世代は募集馬74頭全頭がデビューを果たし、半分以上の43頭が勝ち上がっている。かつての自分の経験を思うと優秀な数字に思える。

実は昔々、まだ20代の頃、キャロットクラブで一口をさらに友人数人で共同出資したことがある。
その当時のキャロットはまだノーザンファームのバックアップはなく、今のような活躍馬はいなかった。ちょっと名前の知れている馬というとポジーがいたくらいの時代。
一口50,000円を友人5人で1万円ずつ出して出資をしたのだが、結局その馬はデビューすることもなく終わってしまった。
今はもうどんな血統の馬だったかさえ思い出せないw

そんなことがあったので、一口に興味はあっても自分で出資するということにまでにはなかなか至らないでいたのだが・・・

そういえば自分が一口を始めるきっかけになった2017年の大阪城S・勝ち馬もシルクのアストラエンブレムだったっけ。

ま、きっかけになったのは13番人気で2着に突っ込んでくれたミルファームのトルークマクトのおかげなのだが(笑)
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
昨日、シルクから追加募集のお知らせが来ていた。

今年はもう出資する気はまったくないが、どんな馬がいるのかな?と覗いてみた。

目玉は父ディープインパクトのラッドルチェンドの17か。母父デインヒルダンサー、祖母ラヴズオンリーミーでその産駒にはリアルスティールやプロディガルサン、ラングレーといった名前がある。なるほど。
しかし一口112,000円。ちょっと高くないか?

他には
父ノヴェリストのエリモアクアポリスの17、母父ダンスインザダーク。一口28,000円。

父マジェスティックウォリアーのミオリチャンの17、母父スウェプトオーヴァーボード。一口24,000円。

父オルフェーヴルのメジロルバートの17、母父メジロライアン。一口56,000円。

父パイロのミステリアスオーラの17、母父シンボリクリスエス。一口32,000円。

この中だと人気になりそうなのはメジロルバートだろうか。
父オルフェーヴルに祖母メジロラモーヌ。メジロルバートの後継牝馬メジロツボネがグローリヴェイズを出しているし、母系には他にフィールドルージュやコウソクストレートの名前がある。
当たりはずれは大きいタイプの種牡馬だが父オルフェーヴルというのも今はまだ魅力だろう。

自分が(この中から)出資するならミステリアスオーラだろうか。シンボリクリスエスの肌にパイロならダートの短距離で堅実に走ってくれそうなイメージ。

しかし、アーモンドアイがジャパンカップ勝ったこのタイミングで追加募集のお知らせとはシルクも商売上手だな~と(いや、元々の予定だったんだろうけどね)
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!