ふぉんてん のすべての投稿

小学生の頃、ハイセイコーでもたらされた競馬ブームに乗って競馬を見始めました。観戦歴だけなら40年を超えてます。 馬券を買うようになったのは社会人になってからなので馬券歴としてはホンの四半世紀ほどですがさっぱり上達しません。 そんな私の日常を競馬とともに。。。 シルクHC一口馬主、はじめました。 現在の出資馬はヴェロニカグレース、サトノジュピターの16、ラックビーアレディトゥナイトの16の3頭です。

札幌記念(2018) 予想


 
 
今週は日曜新潟メインのNST賞にプロトコルが出走する。昨年のNST賞以来1年ぶりの出走。長期休養明けでどこまで息ができているか。
昨年の当レース10カ月ぶりという休み明けで5着に好走、一叩きした次が楽しみと思っていたら、そこからまさか一年も休むことになるとは思わなかった。頑張ってほしい。

それはさておき。

真夏のGⅡ・札幌記念の枠順確定。なかなかいいメンバーが揃った。

逃げると目されるマルターズアポジーが最内の1枠1番。緩いペースで逃げるタイプではないし、同じく逃げ馬のマイスタイルも2枠4番と内目の枠に入り、やはり先行するクロコスミアも3枠6番。
大外8枠16番に入ったアイトーンもできれば逃げたいタイプだけに序盤からペースは速くなりそう。
縦長の隊列で上位人気馬がどこで仕掛けてくるかがポイントになりそうだが、直線の短い札幌コースだけに向こう正面から動きはありそうで、最後は消耗戦の我慢比べになりそうな感じがする。

となれば牝馬のモズカッチャンよりは中山で好走のあるミッキースワローを中心に取るのが賢明か。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
一昨年の凱旋門賞以降、勝ち星に見放されているマカヒキも軸には据えがたい。昨年一年間は3~6着と大敗はしていないが既に勝ち切るだけの力がなくなっているイメージが強くなってしまっている。
ローカルGⅡだけに馬券圏内はあるかもしれないが、今はダービー馬の威光で上位人気に支持されるならむしろ嫌いたい存在。

逆に昨年、一昨年の札幌記念で勝ち星を挙げているサクラアンプルールやネオリアリズムが意外に人気にならないようなら上位に取りたいところだ。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ダービー以来のゴーフォザサミットも青葉賞や百日草特別のときのように早め早めの競馬をすれば十分圏内の能力はある。
もちろんモズカッチャン、マカヒキも相手には押さえるが、ハナを取りきればしぶといマルターズアポジー、穴にスズカデヴィアス、ナイトオブナイツも拾って馬券はミッキースワローからの馬連流し。

兄に札幌記念勝ち馬のトーセンジョーダンをもつ種牡馬トーセンホマレボシ産駒、ミッキースワローが札幌記念を叔父甥制覇?を決めるのを楽しみに待ちたい。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

売れ行き好調、、過ぎじゃないか


 
 
いや~、びっくりだ。
8月14日の夕方の段階で満口近しになってたシルクの募集馬。8月16日21時22分現在、1頭を除いてすべて満口になってる。
残口があるのは5頭だけ。

24 マザーロシアの17
37 ブラックエンブレムの17
55 ベッライリスの17
59 テルアケリーの17
64 ティフィンの17

う~ん、自分の選んだベッライリスの17がまだ残口があるのがちょっと複雑w
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ブラックエンブレムの17はきっと牝馬で一口120,000円、募集総額6000万円というのが引っ掛かってるのだろう。
実際兄弟にブライトエンブレムやアストラエンブレムがいるとはいえ、6000万円を回収できる馬かどうか、という視点に立てばなかなか勇気はいるような気がする。

他の4頭は一口36,000円が3頭に一口30,000円が1頭。
マザーロシアこそゴールデンバローズを出してはいるが、テルアケリー、ティフィンの産駒には勝ち星はないし、ベッライリスは初仔。父はそれぞれゴールドアリュール、トーセンホマレボシ、ヘニーヒューズ。
一口としては売れにくい血統というところだろうか。

自分はその中でもベッライリスの17、父ヘニーヒューズを良しとして出資したわけだが(笑)

しかし、これも残り5頭となるとすべて売れてしまうのだろうか。ブライトエンブレムは残り40口を切っているようだし、他の4頭はまだ余裕はありそうだがいずれ完売しそうな気がする。

こんなことを書いている間にも・・・(笑)
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
シルクのような500口のクラブがこんなに売れてしまうのは、もしかしたらDMMの効果じゃないだろうかという気もしなくもない。

DMMの一口1万円からという入りやすさがこれまで一口馬主に興味のなかった人が関心を持つキッカケになったが、1万口だと分配もそれなりでつまらないが他の400口とか500口のクラブならもう少しおもしろそうと考えた人が流れ込んできた、、、
そんなことはないだろうか。

弱小出資者としては・・・あまり一口がブームになるのも、なかなか辛いものがあるなあ、などと思ってしまう。

ま、自分もブームに乗ってる新参者なのかもしれないが。。。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

シルク募集馬、残りは11頭


 
 
昨日一日でシルクの募集馬がどのくらい満口になっただろうと確認したら・・・

もう残口があるのはわずか11頭。
募集馬は全部で65頭。第一次募集で満口になったのが37頭。だから残っていたのは27頭。
つまり昨日一日で17頭がさらに満口に。

一口馬主バブルと言う感じさえするが、いつまでこのブームは続くんだろうか。

昨日自分が申し込んだヒカルアマランサスの17は既に満口になっていたが、ベッライリスの17はまだ募集中。

気になっているサンドミエシュの17は満口近し。う~ん・・・誘惑されるw
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
参考までにまだ残口のある募集馬をリストすると、

募集馬 募集状況
16 アコースティックスの17 満口近し
20 シェアザストーリーの 満口近し
24 マザーロシアの17 募集中
34 エクセレンスⅡの17 満口近し
37 ブラックエンブレムの17 満口近し
43 サンドミエシュの17 満口近し
53 シーズインクルーデッドの17 満口近し
55 ベッライリスの17 募集中
58 レイズアンドコールの17 満口近し
59 テルアケリーの17 募集中
64 ティフィンの「17 募集中

残りの11頭中7頭が満口近し。

自分が初めてヴェロニカグレースに出資したのは募集開始されてから年も明けた3月だった。
あの時はまだもう少しゆっくりと検討する選択肢が多く残っていた気がするのだが。
その当時に比べると売れ行きはずいぶんと良くなっているんじゃないだろうか。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
やっぱり今年はアーモンドアイの活躍が大きいのだろうか。

他の一口クラブも同じような状況なのだろうか。これから今年の募集が行われる同じノーザンファーム系のキャロットクラブはどのくらい売れるんだろうか。

以前の競馬ブームとはちょっと違った形で競馬ブームが起きているように思える。

ま、競馬が注目されるのは楽しいことだが。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

シルクの今年の出資馬が決まった


 
 
今日はシルク第一次募集終了後のインターネット募集開始日。
電話などによる一般募集は明日からなので既存会員が一日だけ早く申し込みできる。

というわけで午前10時、さっそくシルクのサイトにアクセス、が案の定アクセス集中でなかなか募集ページが表示されずw

それでも15分程度でアクセスできて、事前に考えていた2頭をポチる。

最終的にサンドミエシュ、ヒカルアマランサス、ベッライリスの3頭に絞っていたが、予算の都合上サンドミエシュは見送り、ヒカルアマランサスとベッライリスの2頭に申し込みを完了。

これで2017年産も牡牝各1頭に出資、最初に出資したヴェロニカグレースから3世代で都合5頭への出資となる。

いや、一口ってほんとにハマるんだなw
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
願わくば、、、
今回の第一次募集で申し込みをしたウインフロレゾンやレスペランス、はたまた今日残念ながら見送ったサンドミエシュよりもヒカルアマランサスやベッライリスのほうが走ってくれることを祈る。

ジュピターズライトに申し込みをした時も最初はキーオブライフの16に申し込んで抽選でハズれて、一般募集で残口のあったサトノジュピターの16=ジュピターズライトに申し込み、さらに少し時間をおいてまだ残口のあったラックビーアレディトゥナイトの16=マイタイムオブデイに申し込んだのだった。

2016年産の自分が選んだ3頭はまだデビューしていないが、はたしてジュピターズライトやマイタイムオブデイはヴィクトリーキー(=キーオブライフの16)よりも走ってくれるだろうか。

ちなみにジュピターズライト、マイタイムオブデイはまだノーザンファーム早来にいるが、ヴィクトリーキーはすでにゲート試験に合格していったん放牧に出ているようだ。

できればシルクのどの馬も勝ち上がってくれるとみんなハッピーだが、そう簡単にはいかないのが競馬だし。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ヴェロニカグレースは先週入厩して、日曜日には時計を出していた。

美浦・南Wで調教師が乗り強めに追われて52.4-38.1-12.6の時計。2歳未勝利のマロリンを2.8秒追走して併入。

帰厩後の最初の時計としては前走時よりもしっかりと時計が出ているように思う。天栄で十分に乗り込まれていた感じがよく出ている。

来週の五頭連峰特別まで今週、来週と追われてすぐに態勢は整うという雰囲気。

新潟外回りの長い直線でどんなレースをしてくれるだろうか。勝ってくれると嬉しいのだが・・・
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

キャロットクラブの募集馬リストを見ていた


 
 
キャロットクラブの今年の募集予定馬一覧をぼんやりと眺めていた。

母馬の名前を見てるだけでもさすがのラインナップ、これも抽選でなかなか思ったのには出資できないんだろうなあ、などと考えていたら目に付いたのがジャッキーテーストの2017。

父スクリーンヒーロー、母父カーネギー。

ふむ、モーリスと同じパターンじゃないか。

で、詳しく見てみると、

ジャッキーテーストの2017

モーリス

*画像はJBIS Searchの架空血統表から。画像をクリックするとJBISのサイトに飛びます。

母の血統がジャッキーテーストの2017はアイルランド産でその母はフランス産というヨーロッパ牝系。
一方、モーリスはオールドファンが涙して喜ぶメジロボサツへと遡るバリバリの日本の古い牝系だ。

スクリーンヒーロー産駒は、今のところ母父が日本ではあまり活躍馬のいない地味な血統のほうが目立っている印象。
なにしろモーリス以外のスクリーンヒーロー産駒の重賞勝ち馬は、ゴールドアクターの母父がキョウワアリシバ、グァンチャーレはディアブロ、ミュゼエイリアンはエルコンドルパサー、トラストはエイシンサンディ、ジェネラーレウーノはロックオブジブラルタルだ。
(というかこれまで相手の繁殖牝馬がそういうタイプばかりだったわけだがw)

カーネギー産駒というと菊花賞でデルタブルースの2着したホオキパウェーブくらいしか思いつかないし、日本ではあまり活躍馬を出すことはなかった。まさにスクリーンヒーローが出す活躍馬の母父としてはうってつけの存在と言っていい(意味不明w

そしてジャッキーテーストの2017とモーリスはともに母父カーネギーで、母母がヨーロッパ牝系か日本古来の牝系かという違い。はたしてこの差がどんなふうに産駒の特徴に違いを現すのか、興味津々だ。

出資するクラブを増やすつもりはないが、思わずキャロットクラブの今年のカタログを取り寄せたくなる。取り寄せないけど・・・。

今年キャロットの募集予定馬は86頭のようだがスクリーンヒーロー産駒はこの1頭だけだ。募集価格はどのくらいなのだろうか。場合によっては出資を考えなくもないぞ。

いやいや、そんなに出資馬を増やす余裕はない。ここはじっと我慢、我慢。。。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
キャロット、シルク以外のクラブでは今年の募集馬ではどんなスクリーンヒーロー産駒がいるだろうかと気になって探してみた。

◎ウインレーシング
グレートキャティの17(母父サクラユタカオー)
コウエイソフィアの17(母父フォーティナイナー)
コスモクリスタルの17(母父マイネルラヴ)満口
フリーヴァケイションの17(母父フライソーフリー)

◎ユニオンオーナーズ
ビューティーコンテストの17(母父Singspiel)

◎ラフィアンターフマン
マイネアルナイルの17(母父ロージズインメイ)
マイネエレーナの17(母父ロージズインメイ)
マイネショコラーデの17(母父ロージズインメイ)
マイネヒメルの17(母父ロージズインメイ)
マイネボヌールの17(母父ロージズインメイ)
マイネアクティースの17(母父タマモクロス)
マイネエスポワールの17(母父アグネスデジタル)
マイネソーサリスの17(母父ブライアンズタイム)
マイネソルシエールの17(母父ロージズインメイ)
コスモバルバラの17(母父ロージズインメイ)

◎ニューワールドレーシング
リリアンタイム2017(母父ブライアンズタイム)

◎社台サラブレッド
ウイングドウィールの17(母父シンボリクリスエス)満口
ウォートルベリーの17(母父Starborough)
アイアムルビーの17(母父Saint Liam)

すべてのクラブを見たわけではないがざっとこんなところか。。。

ラフィアンがスクリーンヒーロー産駒やけに多い

昔、岡田総帥はBS11の競馬中継でスクリーンヒーロー産駒は筋肉が重くて、軽さや繊細な運動神経はない、とか言ってたんだけどなw
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
モーリスが最初にGⅠを勝ったのが2015年。ゴールドアクターもこの年の有馬記念を勝利。

なのでスクリーンヒーローの種付け料もあがり、相手の繁殖牝馬のレベルがグッと上がったのは2016年から。
それまでは種付け料もそれほど高くなかったし、正直なところ繁殖牝馬の質はそれほど高いものではなかった。

今年2歳の2017年産の産駒からは繁殖の質も上がってきたし、これ以降の産駒の活躍がスクリーンヒーローの種牡馬としての本当の価値を決めてくるという気はする。

モーリス、ゴールドアクター以降、GⅠレベルで活躍している産駒が見当たらず、今年になってようやくジェネラーレウーノが皐月賞で3着した程度。

そのせいか一時よりもスクリーンヒーロー産駒への期待感が落ち着いている感じはする。だからこそ逆に今がスクリーンヒーロー産駒に一口で出資するいいチャンスなのかも、などと妄想してしまったりもするのだが。

う~ん、だったらシルクでサダムグランジュテの17に抽優馬で申込みしておけばよかったか。抽優馬の申込み口数が77しかなかったから確実に取れてたんだよな。。。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!