「香港ヴァーズ」タグアーカイブ

ジェネラーレウーノは京成杯に


 
ルーカスがホープフルS出走を表明したかと思ったら、ジェネラーレウーノがどうやら京成杯に回るとか。

ふ~ん。

今年はスクリーンヒーロー産駒の中央重賞勝ちがまだないので2頭出走してくれたら、その分チャンスは広がるかと思っていたが・・・

ここはルーカスに頑張ってもらおう!
2015年のグァンチャーレの重賞制覇から始まった産駒重賞勝ちがわずか2年で途切れてしまうのは少々残念だから、ルーカスにはぜひ重賞勝ちを決めてもらいたい。
そんなことを思っている。
 
 

阪神JFは有力馬の1頭と目されていたベルーガが骨折で回避。
父キンシャサノキセキなので短距離のほうがいいのか、同世代ならクラシックでもやれるのかを判断する一戦と考えていただろうし、この時期に故障で戦線離脱というのは陣営も残念だろう。
どのくらいの休養になるかは現時点では不明のようだが、しっかりと治してファンタジーSで見せた鋭い末脚をまた披露してくれることを期待する。
 
 

そしてサトノアラジンは今週末の香港マイルで引退、種牡馬入りするとか。
先に引退を発表していた同世代のイスラボニータやワンアンドオンリーと同時に種牡馬生活をスタート、競い合うことになる。
同世代には既に種牡馬入りしているモーリスやエイシンヒカリなんかもいて競争はまだ続くのだなあ・・・

個人的に馬券の相性は悪かったサトノアラジンだがw、できれば香港マイルで有終の美を飾ってほしいものだ。
もしかしたら今回も自分が買わなかったら勝てるだろうか(笑)

 
 
 
 

 
 
 
 
週末の香港国際競争の出馬表も確定した。日本馬の馬番とゲート番は次の通り。
 
香港ヴァーズ(12頭立て)
トーセンバジル:馬番8、ゲート番7
キセキ:馬番12、ゲート番3
 
香港スプリント(13頭立て)
レッツゴードンキ:馬番12、ゲート番7
ワンスインナムーン:馬番13、ゲート番2
 
香港マイル(14頭立て)
サトノアラジン:馬番4、ゲート番4
 
香港カップ(12頭立て)
ネオリアリズム:馬番2、ゲート番1
ステファノス:馬番5、ゲート番8
スマートレイアー馬番12、ゲート番9
 
 
 
香港カップはスタートから最初のコーナーまで約170mほどと短いので、先行タイプのネオリアリズムにとって1番ゲートというのはいいんじゃないだろうか。
鞍上モレイラだし、期待したい。
 
またキセキが注目されている香港ヴァーズだが、シャティン競馬場は高低差も小さくパワーよりも切れ味が活きるコース、トーセンバジルも切れのある末脚を武器にできるタイプなので昨年のサトノクラウンのようにあっと言わせる場面もあるんじゃないだろうか。
こちらの鞍上も昨年のサトノクラウンと同じモレイラ、期待大だ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!