「香港カップ」タグアーカイブ

香港国際競争(2017) 回顧


 
香港国際競争は各レース1000円ずつ、黙ってみてるのもつまらないから一応参加はしてみるというノリで買った。
香港ヴァーズと香港カップは的中したものの4レーストータルでマイナス1140円。

香港ヴァーズはトーセンバジルから、香港スプリントはラッキーバブルズから、香港マイルはヘレンパラゴンから、香港カップはタイムワープから買ったのだが回収率をあまり考えてなかったので2勝2敗でマイナスという情けない結果にw

香港マイルの2着馬ウエスタンエクスプレスが拾えていれば大勝利だったのになあ。
レースを観ているときは2着馬が13番だと思って取った!と思ったのだが、よく見ると12番。これはさすがに手が出ないよなあ~と納得はしたがちょっと悔しかった。

香港スプリントはラッキーバブルズとミスタースタニングのどちらから入るかで迷ってラッキーを選んで失敗。
ミスタースタニングからディービーピンの馬連でもそんなにつくのかとちょっと後悔。

ま、でもミスタースタニングは1番人気だったから自分にその選択はなかっただろうな。

今年は4競走で昨年よりも売上が10億円ほど減ったそうだが、1日にGⅠ4つというお祭りで馬券が買えるというのはちょっと嬉しいし、来年も日本馬は積極的に遠征してほしいものだ。

香港ヴァーズのハイランドリールは強かったし、その馬券をもって引退レース飾れて良かったなあと喜べるというのはなかなかプライスレスな楽しさだったと思う。配当は安かったけどw

次に海外競馬の馬券を買えるのは3月のドバイになるだろうか。
日本の競馬とは情報量が全然違うのでなかなかガッツリ馬券を買うという感じにはならないが、少額でちょっと遊ぶ分には海外競馬も楽しいのでもっと日本馬が外国のレースに参戦してほしいなあと思う。

 
 
 
 

 
 
 
 
今年の競馬も残すところあと2週、朝日杯FSと有馬記念でラストを迎える、、、
と思ったけどそのあとにホープフルSがあるんだっけ。有馬記念の日にやればいいのになあ。
どうせ競馬場には行けないし・・・
 
 
ま、それはともかく残り3つのGⅠ。願わくば連勝といきたいものだが果たして。
 
朝日杯FSは阪神JF同様比較的堅そうな気がするがどうだろうか。
タワーオブロンドンかダノンプレミアムか。
 
どちらかを軸に相手を数頭に絞って狙いたい。意外に人気は割れそうな気配もあって人気馬どうしの組み合わせでもそこそこのオッズになりそうだし、むやみと手を広げなければそれなりの回収は確保できるんじゃないかと漠然と思っているが。
 
 
穴党がそんなことやると痛い目見るというのもパターンなのだが・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ジェネラーレウーノは京成杯に


 
ルーカスがホープフルS出走を表明したかと思ったら、ジェネラーレウーノがどうやら京成杯に回るとか。

ふ~ん。

今年はスクリーンヒーロー産駒の中央重賞勝ちがまだないので2頭出走してくれたら、その分チャンスは広がるかと思っていたが・・・

ここはルーカスに頑張ってもらおう!
2015年のグァンチャーレの重賞制覇から始まった産駒重賞勝ちがわずか2年で途切れてしまうのは少々残念だから、ルーカスにはぜひ重賞勝ちを決めてもらいたい。
そんなことを思っている。
 
 

阪神JFは有力馬の1頭と目されていたベルーガが骨折で回避。
父キンシャサノキセキなので短距離のほうがいいのか、同世代ならクラシックでもやれるのかを判断する一戦と考えていただろうし、この時期に故障で戦線離脱というのは陣営も残念だろう。
どのくらいの休養になるかは現時点では不明のようだが、しっかりと治してファンタジーSで見せた鋭い末脚をまた披露してくれることを期待する。
 
 

そしてサトノアラジンは今週末の香港マイルで引退、種牡馬入りするとか。
先に引退を発表していた同世代のイスラボニータやワンアンドオンリーと同時に種牡馬生活をスタート、競い合うことになる。
同世代には既に種牡馬入りしているモーリスやエイシンヒカリなんかもいて競争はまだ続くのだなあ・・・

個人的に馬券の相性は悪かったサトノアラジンだがw、できれば香港マイルで有終の美を飾ってほしいものだ。
もしかしたら今回も自分が買わなかったら勝てるだろうか(笑)

 
 
 
 

 
 
 
 
週末の香港国際競争の出馬表も確定した。日本馬の馬番とゲート番は次の通り。
 
香港ヴァーズ(12頭立て)
トーセンバジル:馬番8、ゲート番7
キセキ:馬番12、ゲート番3
 
香港スプリント(13頭立て)
レッツゴードンキ:馬番12、ゲート番7
ワンスインナムーン:馬番13、ゲート番2
 
香港マイル(14頭立て)
サトノアラジン:馬番4、ゲート番4
 
香港カップ(12頭立て)
ネオリアリズム:馬番2、ゲート番1
ステファノス:馬番5、ゲート番8
スマートレイアー馬番12、ゲート番9
 
 
 
香港カップはスタートから最初のコーナーまで約170mほどと短いので、先行タイプのネオリアリズムにとって1番ゲートというのはいいんじゃないだろうか。
鞍上モレイラだし、期待したい。
 
またキセキが注目されている香港ヴァーズだが、シャティン競馬場は高低差も小さくパワーよりも切れ味が活きるコース、トーセンバジルも切れのある末脚を武器にできるタイプなので昨年のサトノクラウンのようにあっと言わせる場面もあるんじゃないだろうか。
こちらの鞍上も昨年のサトノクラウンと同じモレイラ、期待大だ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ありがとう、モーリス!

香港カップ、感動しました。

モーリスが先頭でゴールを駆け抜けた時にはテレビの前で思わず拍手。

目頭が熱くなりました。
ラストラン、無事に完走してくれて、そして強い、ホントに強い勝ち方で俺が王者だと言わんばかりのパフォーマンス。

これで引退だと思うとちょっと寂しいし、残念な気もするけど次の大事な仕事があるからね。

強いまま引退というのも美学、かな。

香港カップ

スタートで後手を踏んで、そう言えば転厩してから最初の数レースはスタートが悪くて位置取り後ろになってたなあ、と思い出しました。

しかし、今回のこのメンバーでこの位置取りで大丈夫なんだろうかと直線までハラハラして見ていましたが。。。

さすがのムーア、慌てず騒がず内をロスなく進めて、直線も外に出さず前が開くのを確信しているかのようなコース取り。

ステファノスの内にスペースができるとそこから一瞬で突き抜ける鋭い脚。

もう北島康介じゃないけど「何も言えねえ」(古いw

そうだ、モーリスはこんなにも強かったんだと、ちょっとでも「大丈夫か?」などと思った自分が浅はかだったなと。
もっとちゃんと信じてろよと。

そりゃ目頭も熱くなりますって。

良いもの見せてもらった。本当に感謝、感謝です。

モーリスはこのあと種牡馬入り。

繋養されるのはどこなんでしょうか?やっぱり社台スタリオンステーションでしょうかね。

見学ができるようになったら会いに行きたいなあ。その時を楽しみにしていよう。

そして産駒がデビューするのを心待ちにしていよう。

スクリーンヒーローの立派な後継馬の誕生だし、ついにグラスワンダー系の確立が始まるのだ。。。(妄想全開中w
 
 
 

 
 
 
香港カップの他にも香港ヴァーズでサトノクラウンが快勝。
 
これはさすがマジックマン・モレイラという騎乗でゴール前できっちりと差し切り。
思わず唸らされる騎乗だったと思います。
 
一団で進んだ馬群の中ほどの後ろ、やはり内をロスなく進んで向こう正面3角手前からじわっと前との差を詰め、直線では突き放そうとするハイランドリールをただ1頭追いかける体勢。
 
ゴール前で半馬身近く交わすレース。後続は6馬身離されてますから2頭の力は桁違いだったのではないかと。
 
サトノクラウンのゴール前でハイランドリールを追い詰める姿は、ちょっとステイゴールドの香港ヴァーズを思い出させる走りでした。
 
香港ヴァーズ

 
 
堀厩舎にとってはこれで勢いがついたのも良かったのかな。
香港国際競走の4つのレースで2つ勝ってしまった堀宣行調教師。世界的にも相当のアピールになったんじゃないですかね。
 
 
スプリントとマイルでは日本馬は勝てず、香港勢の強さを見せつけられる結果。
やはり短距離での香港馬の強さは注目すべきものがあります。
 
それを思うと香港スプリントを連覇したロードカナロアって凄かったなあと改めて思う。
 
 
香港スプリント

 
 
香港マイル

 
 
いずれも世界のトップジョッキーが集まる面白いレースを堪能させていただきました。
 
いや~良い日曜日だったなあ・・・
 
 
モーリス、ありがとう!!!
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

2歳GIとか香港国際競走とか

チャンピオンズカップが☆→◯→×で決まったことが象徴しているように、まったくダメダメな馬券に終止していた先週。
今週は無理やりな穴狙いを避けて、落ち着いて検討しようと反省している ふぉんてん ですm(__)m
はい、先週はかなりヤラれました。。。

それにしてもサウンドトゥルーの末脚は鮮やかでしたねえ。実に大野騎手らしい腹をくくった騎乗。お見事です。

今週は阪神ジュベナイルフィリーズ。

ファンタジーS勝ちのミスエルテは朝日杯に向かうということですが、デイリー杯2歳S勝ちジューヌエコール、アルテミスS勝ちリスグラシュー、小倉2歳S勝ちレーヌミノル、新潟2歳Sヴゼットジョリーと4頭の重賞勝ち馬が登録、他にも5頭のオープン勝ち馬がいてなかなかハイレベルな一戦になりそう。

人気はどの馬になるんでしょうか。
3戦3勝のジューヌエコールか、2戦2勝のヴゼットジョリー、ソウルスターリングか、新馬戦こそクビ差で勝ちを逃したもののその後未勝利→重賞と連勝しているリスグラシューか。

まだ脚質も定まらない2歳戦だけに展開を予想するのは難しいがここまで1200~1400mを逃げて勝ち上がってきている馬も複数いるし、重賞勝ち馬のうち3頭は先行タイプのようなのでペースはそこそこ流れそうな雰囲気。

一瞬のキレよりも速い脚を持続して使えるタイプに展開は向きそうな感じがする。

じゃ、どれがそういうタイプなんだ、というのはまだ全然わからないんだけど(^_^;)

出走馬が確定したらじっくり各馬の前走はチェックしておかないとなあ。
 
 
 

 
 
 
そして日曜日には香港国際競争。
 
香港ヴァーズ、スプリント、マイル、カップと4R。
 
香港ヴァーズは阪神10Rに、香港スプリントは阪神JFに時間的にぶつかるけどこれはVTRで放送するのかな?
 
 
何と言っても注目は香港カップ。
なんと日本馬が5頭も出走、エイシンヒカリとモーリスは果たしてどちらが強いのか。
 
天皇賞秋ではエイシンヒカリがイギリス帰りからのぶっつけだったこともあり大敗しているけど、今度は同じステップを踏んでの対戦となるわけで本当に強いのはどちらなのか、興味は尽きない。
 
 
ステファノス、ラブリーデイ、クイーンズリングも当然狙ってるだろうし、デザインズオンロームやミリタリーアタック、ガンピットなどの香港勢も今年は日本馬に負けないと気合も入ってるだろうし、、、
 
 
もちろん自分はモーリスを全力で応援するわけだけど、2000mはやっぱりマイルよりは適正が落ちるような気がするので不安はある。
 
 
ただただ願うのは、最後のレースだししっかりと力を出し切って、無事にレースを終えて日本に帰ってきてほしい。
 
それで勝てたら最高だし、勝てなかったとしても次の大事な仕事が待ってるからね。
 
とにかく無事に。それを祈ります。
 
 
 
ところで。。。
 
今週の特別登録をチェックしてたら、土曜中山のラピスラズリSにミュゼエイリアンの登録があったんだけど、ホントに出走するのだろうか。
 
1200mのスピード勝負が向いているような印象はまったくないんだけど・・・
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村