「関屋記念」タグアーカイブ

人気というのはおもしろい

今週の重賞は関屋記念だけかと思っていたがエルムSもあったのか。
しかもエルムSにはヨヨギマックの登録があるじゃないか、除外対象みたいだけどw

 

関屋記念に出走予定のウインガニオン、さすがに今度は1番人気だろうと思っていたがnetkeiba.comの予想オッズだと2番人気。

逃げ馬だからこれまでの3連勝はすべて展開が向いた、と思われてるのだろうか。

展開が向いただけでオープン3連勝で重賞勝ちまではできないと思うけど。それもその3戦が新潟、東京、中京といずれも直線の長い、どちらかというと差し馬有利なコースでのものだけに4連勝も十分にありそうな気がするのだが。
 

そして前走の中京記念で1番人気だったブラックムーンは4番人気。前走も抜けた人気ではなかったが複軸は外さないんじゃないかという雰囲気はあったような気がするけどね。

人気というのはおもしろいなあと。
 

ま、レースを迎えて実際のオッズがどうなるかはわからないが、上位人気もオッズは割れそうなので馬券を検討するのは楽しそうではある。
どの馬からでも入れそうな感じはするし。
 

パッと見はマルターズアポジーがいるし、マイネルハニーもいるし、ウインガニオンもいるし先行勢にはなかなか厳しそうな展開になりそうで、おまけに新潟の外回り、差し追い込みに目が行くのは仕方がないのかなとは思うメンバーだけど。

意外とこんな時に前が楽な流れになってしまうのも展開の難しいところだが、その辺は各馬の鞍上の性格も考えてみたりして予想していきたいところ。
このところ長めの距離で逃げてきたマルターズアポジーがハナを取れずにノリのクラリティスカイあたりがハナ取ったりしたらどうなるだろうかw

楽しみなレースである。
 
 
 
 

 
 
 
 
気になるところではウインオスカーが岩手のクラスターカップに登録があって、JRAの出走予定馬にしっかり入ってるのだが、本当に出走するのだろうか?
 
相手なりにそこそこやれるところはあるのでもしかしたら出走してもそこそこやれるかもしれないが、準オープンの身で交流G2はなかなかハードルが高いと思うが。
 
9月中山のながつきSに向かうという話もあるようだし、いったいどちらなのか。
 
両方使う、という可能性も考えられるが。。。
 
 
 
休養中のトラストは9月3日札幌の丹頂Sで復帰予定らしい。
意外と早く戻ってくるのね。昨年11月から使い詰めだったし、しかも春はG1を3連戦という厳しいローテーションだったのでもっとゆっくりするのかと思っていたが。
 
まさか菊花賞に向かうのだろうか。
 
もしそうなら少々古い話だが3歳春に弥生賞→スプリングS→皐月賞→青葉賞→ダービーと使われ、秋には京都新聞杯→菊花賞と使われたステージチャンプ並みのハードな使われ方なんじゃないかと思うな。
 
ダイナアクトレスの初仔だったのでかなり入れ込んで応援していたのだが、ついにGIには手が届かなかったなあ・・・
 
 
やっぱり、調教師とか馬主って馬の成績には大きな影響を与えるよな、、、トラストにはもっとゆったりと使って大きなところを取ってほしいと思っているが。。。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

関屋記念 回顧

ども、ふぉんてんです。m(__)m

お盆明けの仕事、なかなか疲れました。たった3日間休んだだけなのになんだか凄い長休明けという感じ。

さて、関屋記念回顧。

本命はバッチリでした。
久しぶりに重賞で本命がきっちりと勝ってくれた。なのにヒモが。。。orz

勝ったレッドアリオンはスタートの出はいまいちも、どの馬も行く気がないとみるやほとんど馬なりのまま抑えることなくハナへ。

新潟外回りの直線を考えるとやはり逃げの手に出るのは鞍上にとっても勇気のいることなんでしょうが、それを躊躇わずに行った川須騎手のファインプレーでしょう。

道中のラップは

13.2 – 11.5 – 11.7 – 11.5 – 11.4 – 11.2 – 10.7 – 11.4

最初の1Fが13.2とどの馬も行く気がないのがここによく現れてますねw

中京記念のラップが

12.5 – 11.2 – 11.0 – 11.7 – 11.8 – 11.4 – 11.6 – 12.2

中京のほうが新潟よりもパワーのいる芝というのが定説ですが中京記念よりもテンの3Fで1.7も遅い流れです。

この流れならと2番手追走で先行押し切りを狙ったスマートオリオンでしたが、逆に4F目からは中京記念よりも0.2~0.4早いラップとなりラスト2Fでは10.7-11.4とキレを求められる流れに。

スマートオリオンはやはり力のいる芝でこそ、なんでしょうね。11着惨敗でした。

1番人気のカフェブリリアントはスタートは今ひとつでしたがすぐに先団の後ろに取り付きます。
しかし終始回りを囲まれてちょっと窮屈な競馬。
直線で前が開いた場面もありましたが回りの馬も止まらず抜け出すことはできませんでした。

自身も33.0の上がりを使っていますがレースの上がりが33.3ではもう少し前にいないと届かない展開。
こちらももう少し力のいる馬場が合っているようです。

3番人気のサトノギャラントはスタートこそ出たものの二の足がつかず最後方からの競馬。直線では外に出したのでは間に合わないと判断したのか内を狙いましたが前が開かず何度も詰まって完全に脚を余していました。

レース直後の私のツイッターのタイムラインが柴山騎手を罵倒する呟きで埋め尽くされました(笑)

2着のマジェスティハーツ。
私はこれが買えずに馬券をハズしたわけですがw、中団からジッと脚を溜めて残り400mくらいからエンジン全開で上がり最速の32.4で追い込んできました。

前走の鳴尾記念でも上がり最速を使っていましたし、昨年の中京記念では3着しながら関屋記念では12着に負けていましたので、この馬もパワータイプで新潟のような早い馬場は向かないんじゃないかと思って嫌ったのですが全然そんなことなかったですね。

私の完敗です。

3着のヤングマンパワーはNHKマイルから18kg馬体を増やしてちょっと太いのかなと思いましたが3~4番手で先行してゴール前は鋭く伸びてきました。
3歳馬の斤量面での有利さをフルに活かしたレース運び。個人的には人気なさすぎじゃないかなと思っていたので、この3着は納得です。

願わくば2着にマジェスティハーツじゃなくてアルバタックスに来てほしかった。
アルバタックスも終いは上がり32.7で来てるんですけどねえ。

そして勝ったレッドアリオン。

ハナを切って3コーナー過ぎからはじわじわとペースを上げて後ろに脚を使わせる逃げ。
残り200mの手前地点では後続に飲み込まれるかに見えましたが、そこから再び突き放すレースで観るものをハラハラさせながらも強い競馬だったと思います。

ラスト2Fめで各馬がどっと脚を使った時に形としてレッドアリオンただ1頭がそれまでのリードを活かして脚を溜められたような感じになりました。

良いレースっぷりだったと思います。

そして兄クラレントに続く同一重賞兄弟制覇。
リディルも谷川岳Sを勝ってますし、エリモピクシー産駒は新潟は走りますね。
サトノルパンが新潟を使ってきたら要チェックです。

そして、本命が勝った嬉しさと、馬券がハズれた哀しさと。

個人的にはなんとも微妙な関屋記念でした。

ただ離れた後方2番手だったゴールドベルが上がり32.8の脚を使って勝ち馬とは0.6差のシンガリ負けだったことは覚えておきたいと思います。
中京とか札幌、函館のオープン特別だったらいい勝負になりそうな気がします。
もう6歳だし、夏競馬も終盤だからそんな番組に使えるチャンスがあるかはわからないけど。。。

[関屋記念] ブログ村キーワード

関屋記念 予想

おはようございます。
お盆中は自宅に引きこもり気味のふぉんてんです。
来週は少し涼しくならないかなあ・・・

さて、関屋記念。
今年は13頭立てと少々寂しい頭数になりました。
逃げ馬もいなく先行馬もスマートオリオンとレッドアリオンの2頭ぐらいしかいなくスローに流れそう。

先行してしぶとく伸びるタイプか中団から一気に弾ける末脚を持つタイプを中心視するのが良さそうだと考えます。

本命はレッドアリオン。
過去、外枠の成績が良いこのレースの特徴からも大外枠は幸いしたと思いますし、昨年の勝ち馬クラレントの下という点からもこのレースには向いているはず。
中京記念で掲示板に乗らなかったというのも関屋記念には好走条件とも言えますし、馬券圏内には確実に入ってくるのではないでしょうか。

先行して押し切る強い競馬を期待したいと思います。

対抗には新潟では馬券圏内を外していないカフェブリリアント、単穴にアルバタックス、特注にサトノギャラント。
以下3連複の3列目にヤングマンパワー、エキストラエンド、シャイニープリンス、エールブリーズ。

馬券はレッドアリオンからカフェ、アルバ、サトノへの馬連3点。
3連複で1列目レッド、2列目カフェ、アルバ、サトノ、3列目に2列目の3頭+ヤング、エキストラ、シャイニー、エールという布陣で臨みたいと思います。

たまには当たらないかなあ(笑)

[関屋記念] ブログ村キーワード

関屋記念についてアレコレ考えてみる

日本全国お盆休みに入ってきたようですが如何お過ごしでしょうか。
ども、ふぉんてんです。m(__)m

今年はお盆に関係なく夏休みを取ってしまったのでカレンダー通りの出勤体勢です。ふむ。
通勤電車が空いてるから快適♪

先週の小倉記念、レパードSともに見事に惨敗でした。

小倉記念はウインプリメーラから、レパードSはカラパナビーチからの流し馬券でした。
小倉記念は1,2着馬共に抜け、レパードSは軸馬5着とテンでお話になりませんでした。

新潟最終の3連複が当たってくれたので何とか少し取り戻しましたが、他は馬券的にはサッパリな日曜日でした。

新潟最終
↑これ

今週こそは何とか・・・と思いますが果たして。

今週は新潟で関屋記念と札幌でエルムS。

関屋記念では中京記念で久しぶりに万馬券を提供してくれたスマートオリオンとアルマディヴァンの登録があるので、この2頭はお礼に無条件で買わなくてはいけないかな、と。
でも、今度はそんな美味しい配当にはならないだろうなあと。

いやそもそも今度はハンデ戦じゃないし馬場も全然違うのでその2頭では決まらないだろうと思ってるんですけど。

過去2年の関屋記念は2着馬が後にG1を勝ってる(一昨年ジャスタウェイ、昨年ダノンシャーク)ので今年も秋にG1を勝ちそうな馬を2着に狙うのが良さそうな気がしますが、そんなのわかるはずもないし。

それがわかるくらいならもう少し馬券取れてるだろ。

あとやたらと7枠8枠が連絡みしてるのもポイント。
昨年から10年ほど枠連の出目を遡ると4-7,1-8,2-7,7-8,5-8,6-7,8-8,3-7,6-7,6-8と必ず7枠か8枠が馬券になってる。

新潟の外回り1600mってそんなに外枠が有利でしたっけ?

直線の長い外回りとはいえ3~4コーナーは小回りの競馬場と言っていいタイトなコーナーなので内に包まれるよりも外目からスムーズに運べる方が力を発揮しやすい、というところでしょうか。

niigata-corse

ただ今年の馬場はあまり後ろからだと届かない、という声もあるようなのでできれば中団より前で運べて終いしっかり伸びてくるタイプを狙うのがいいのでしょうか。

元々時計がやたらと早いコースではあるので前に行く馬もそんなにバッタリとは止まらなくて後ろからではバケモノみたいな脚を使わないと届かないのでしょうね。

とそんなことを考えると中京記念で先行して押し切ったスマートオリオンはいいのかなとも思います。
ただし早い時計に対応できるかという懸念はありますが。

早い時計への対応、という点を考えると京都のマイルで好走しているレッドアリオンや同じ新潟の谷川岳Sを上がり31.9で勝っているサトノギャラントなんかがいいんじゃないでしょうか。

中山・中京・阪神で好走しているタイプよりも東京・京都・新潟で好走しているタイプ、というのが狙い目かな、と。

[関屋記念] ブログ村キーワード