「菊花賞」タグアーカイブ

菊花賞(2017) 回顧


 
この日の京都7R・1000万条件の芝1200mで1:12.7、通常の京都競馬場で良なら1:08.00前後が記録されるクラスでこの時計だから如何に馬場が重かったかがわかるというものだ。

こりゃ菊花賞は相当にタフなレースになるなあと思っていたが、想像以上に厳しいレースになった。

走破時計は3:18.9。あれ?菊花賞って3200mだっけ?と思うような時計だ。去年のサトノダイヤモンドの菊花賞より15秒以上も遅い。

最初の1000m、13.2 – 12.6 – 12.0 – 13.1 – 13.2=64.1
中盤の1000m、13.5 – 14.5 – 14.3 – 13.5 – 13.0=68.8
後半の1000m、13.1 – 12.9 – 13.4 – 12.7 – 13.9=66.0

中盤でペースが多少緩んだとはいえ、ラストの1000mで66秒、上がり3Fが40.0。
勝ったキセキこそ上がり最速で39.6の脚を使っているが、他の馬はすべて上がりは40秒台だ。

如何にタフなレースだったかがうかがい知れる。出走各馬の疲労度は相当のものだろう。

このあとは各馬じっくりと休養を取ってもらいたいものだが、キセキはこのあと有馬記念とか行ったりするのだろうか・・・。

このレースで掲示板に乗った各馬をこの後はヨーロッパ仕様にして凱旋門賞に挑戦してはどうだろうか。
しっかり休養して疲れを取ることができればそこそこいい勝負をするように思えるのだが。
 
 
 

 
 
 
自分が本命にしたマイネルヴンシュは道中は中団の後ろ、というか離れた後方2頭の前、一団となった馬群のケツを走っていて流石に位置取りは後ろ過ぎたか。
勝ったキセキの一列後ろの位置取りだったから、それよりも前にいればあるいは勝ち負けまであったんじゃないかという感じさえした。
 
上がり時計を比べるとキセキの39.6には劣ったが、それでも2番目に早い40.0。
タフな馬場が各馬のキレを封じていたから位置取りさえもう少し前にいられればあるいは戴冠さえあったかもしれないと妄想してしまう。
実際には勝ち馬との0.6差は決定的だとは思うが、想像以上には頑張ってくれたんじゃないだろうか。
 
道悪もあっていたのだろう、こういった時計のかかる馬場での長距離戦、消耗戦になるようなときにはこれからも狙っていきたい1頭だ。
2月のダイヤモンドSなんかどうだろうか。。。
 
 
それにしても勝ったキセキ、夏に500万、1000万を連勝して神戸新聞杯を2着しての菊花賞制覇。
滅多にないレベルの道悪で時計上は鋭いキレとは言い難いが、レースを観ていたものは皆もの凄い末脚を見せてもらったと感じただろう。少々古いがマヤノトップガンを彷彿とさせると思ったのは自分だけだろうか。
 
ルーラーシップ産駒初の重賞勝ちがGI。母父ディープインパクトの重賞勝ちも初めてじゃないだろうか?
 
 
ダービー上位馬3頭が出走しない菊花賞だったが、記録にも記憶にも非常に強く残る中身の濃いレースになったと思う。
 
 
重賞に限らず、新馬戦や障害レースなどでも毎週毎週こんなにおもしろいレースを観られるのだから、ホントに競馬って飽きることなく続けられるなあ。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

菊花賞(2017) 予想


 
難解だ。もう覚悟を決めて「ええ~いっ!!」と本命を指名するしかなさそうだ。

素直に決めるならキセキか、ミッキースワローなのだろう。
しかし雨が降り続けている不良馬場でキセキは後方からの脚質で間に合うのか、ミッキースワローは関西への輸送がどうなのか、不安点はある。
 

内枠有利の京都3000mだから内の先行馬を狙いたいと思っていたが、今回は馬場が荒れていつもほど内枠が有利ではなさそうな気もする。

ならば外枠に入ってしまったが先行して確実に上位に加わるダンビュライトに本命を打ちたくなる。

しかしダンビュライトはまだ1勝馬。今まで1勝馬が菊花賞を勝ったことなどあるだろうか。
ちょっと思いつかない。

やはり思い切って内枠の人気薄の先行馬を軸にしてみる。

◎06番マイネルヴンシュ
○02番ウインガナドル
▲05番トリコロールブルー
☆15番ダンビュライト
×12番ミッキースワロー、13番キセキ
△14番ポポカテペトル、16番アルアイン、10番ベストアプローチ

こんな印で◎○▲-◎○▲☆×△の馬連フォーメーションを。
万が一大荒れに荒れて、印上位の3頭で決まってしまった時のために◎○▲の3連複と◎→○→▲の3連単も100円だけ買ってみる。

 
 
 

 
 
 
昨日はスクリーンヒーロー産駒はそこそこ人気の馬もいたがさっぱりの成績。
 
今日は東京8Rのゴールドサーベラスと東京11Rのヨヨギマックの2頭が出走するがどうだろう。
ゴールドサーベラスは少し可能性もあるだろうか。
 
ひっそりと応援する。
 
 
さて、、、投票に行ってこよう。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

菊花賞 枠順確定


 
菊花賞 枠順

1枠01番 ブレスジャーニー  柴田善臣
1枠02番 ウインガナドル  津村明秀
2枠03番 スティッフェリオ  松若風馬
2枠04番 クリンチャー  藤岡佑介
3枠05番 トリコロールブルー 戸崎圭太
3枠06番 マイネルヴンシュ  柴田大知
4枠07番 アダムバローズ  池添謙一
4枠08番 サトノアーサー  川田将雅
5枠09番 クリノヤマトノオー 幸英明
5枠10番 ベストアプローチ  岩田康誠
6枠11番 サトノクロニクル  福永祐一
6枠12番 ミッキースワロー  横山典弘
7枠13番 キセキ  M.デムーロ
7枠14番 ポポカテペトル  和田竜二
7枠15番 ダンビュライト  武豊
8枠16番 アルアイン  C.ルメール
8枠17番 プラチナヴォイス  田辺裕信
8枠18番 マイスタイル  四位洋文

マイスタイルの鞍上は四位だったのか。
収得賞金900万円の抽選組はスティッフェリオが1/6を突破。

この並びだとウインガナドルが行くんだろうなあ。それともアダムバローズが行くだろうか。マイスタイルは大外で四位なら控えそうな気がする。枠なりに乗る人だし。

この並びなら思い切ってマイネルヴンシュから買ってみようか。単勝40倍くらいは付くでしょ。
 
 
 

 
 
 
人気はキセキ、アルアイン、ミッキースワロー、ダンビュライトといったところが中心。
 
が、いずれも外目の枠でデムーロ、ルメール、武豊、横山典がそれぞれどんな位置取り、仕掛けをしていくか。
長距離戦だけに鞍上の手腕は相当に問われる。
 
京都の長距離は横山典がやたらと上手いからミッキースワローは要注意と思っているが、ルメールにしても武豊にしても言わずと知れた腕達者。
それに加えて賞金の高いところはやたらと頑張るデムーロがいて、4人の駆け引きもおもしろそうだ。
 
道悪になりそうだし、その辺も考えると予想はなかなか難しそうだが楽しそうだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

菊花賞って


 
トライアルレースを楽勝したダービー馬が不在の菊花賞。

レイデオロは藤澤和雄厩舎なので菊に向かわずJCというのはさもありなん、とは思う。
もし皐月賞も勝っていたら菊花賞に向かったのだろうか。

天皇賞春や菊花賞といったGIに限らず、ダイヤモンドSやステイヤーズSといった3000m超の長距離レースを愛好する者としては菊花賞の凋落は悲しいことだ。

スピード重視一辺倒ではレースを観ていても飽きてしまうだろうと思うが、そんなことはないのだろうか?
競馬だって興行の一種なんだから観客を飽きさせないという意味でも長距離レースでのしのぎを削る争いも見せてほしいものだ。

だいたい凱旋門賞制覇が日本競馬界の悲願などと言っているのに、関係者がこんな長距離レース軽視をしていたらいつまで経ってもそんなもの実現できっこないんじゃなかろうかと素人は思ってしまうのだが。
 

ま、それはさておき。

ダービー馬不在となれば皐月賞馬が人気となるのだろうか。鞍上ルメールだし。松山はなんとか他の馬でアルアインに一矢報いてほしいが騎乗馬はないのだろうか。

神戸新聞杯でレイデオロの2着したキセキ、セントライト記念勝ちのミッキースワローもそれほど人気では差がなさそうだ。

約1年ぶりのブレスジャーニー、古馬を相手に新潟記念で0.1差の好走を見せた逃げ馬ウインガナドル、1000万を勝ってここに臨むクリノヤマトノオー、トリコロールブルー、ポポカテペトル、マイネルヴンシュはどの程度通用するのだろうか。

個人的には中山の2500mで古馬を下してきたマイネルヴンシュを応援したいところだ。柴田大知、涙のクラシック初制覇!とはならないものだろうか。
 
 
 

 
 
 
もしかしたら秋華賞がオークスで先着した3頭の決着になったように、菊花賞もダービー先着馬3頭で決まるのかもしれない。こういう流れは軽視しないほうが良いような気がする。
そうするとマイスタイル、アルアイン、ダンビュライトの3頭か。
菊花賞は枠ゲーだし、この3頭が内枠に集まったら展開的にはありそうな気もする。
 
 
 
ただ、菊花賞は春の実績馬よりもステイヤーらしい夏の上がり馬を狙いたい。オッズ的にもこちらのほうが好配当になりやすいし、穴馬を見つける喜びも大きい。
 
古くはメジロマックイーン、ちょっと前だとデルタブルース、最近だと3着だったけどゴールドアクター。ま、ゴールドアクターは成績を見て、とかじゃなくて血統で盲目的に応援してたんだけどw
 
ディープインパクトやオルフェーヴルのような絶対的な信頼に足る存在がなければ、こういう穴馬を見つけてそこから穴馬券を狙いたいのが自分にとっての菊花賞というレース。
 
 
そういう視点に立てば、今年はキセキは人気だから別枠としてwマイネルヴンシュかポポカテペトルか。
 
1000万勝ちの距離を見るとマイネルヴンシュ、時計内容を見るとポポカテペトル。
鞍上を(冷静に)考えると・・・ポポカテペトルだろうか。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

菊花賞(2016) 予想

おはようございます。

昨日の富士ステークス、ミュゼエイリアン、行けなかったのか行かなかったのか。
ふ~ん、と早々に諦めて見てました ┐(´д`)┌ヤレヤレ

さて菊花賞です。

◎シュペルミエール
〇ミライヘノツバサ
▲ディーマジェスティ
☆マウントロブソン
△その他大勢

こんな感じで考えてます。

シュぺルミエールは調教も抜群でしたし、ここまでのローテーションも如何にも菊を見据えたという感じで好感が持てます。枠も良いところに入りました。

そして大穴抜擢のミライヘノツバサ。

この枠ならおそらく逃げるんじゃないかな。3000mですし何が何でも逃げたいというタイプもいないですし、スローになるのは間違いないでしょう。

ならば逃げてどこまで粘れるか、父ドリームジャーニーに流れるメジロマックイーンの血に期待したいと思います。
鞍上の藤岡佑介騎手が落馬負傷のため弟の藤岡康太騎手に乗り替わりとなりましたが、兄弟でのスイッチなら問題ないでしょう。

そして3番手にディーマジェスティ。これは説明の必要もないでしょう、ダービー馬のいないここではやはり皐月賞馬は軽視できません。

そして☆にマウントロブソン。

昨年の菊花賞馬キタサンブラックと同じスプリングS勝ち馬。
大外というのはちょっと辛いですがここまで人気を落とすなら狙ってみたいところです。

馬券は3連複フォーメーションで
4,5-4,5,6,18-1,3,4,6,10,13,16,17 で。

2強では決まらないほうに賭けます。
 
 

 
 
昨日、ダイナアクトレス牝系のデルマオギンが京都の8レースに出走していました。
 
当然チェックしてて、単複を買って応援しようと思ってたのですが、バタバタしてるうちに買いそこなってしまい。。。
 
そんな時に限って勝つんですよねぇ~。
 
単勝5070円、複勝1350円、取り逃がしました。痛い(ToT)
 
 
今日は新潟1Rに人気薄のスクリーンヒーロー産駒が2頭。
 
11番サンラスベガス、13番ローズジャイプール。
 
朝の段階では7番人気と9番人気、今日は忘れないように既に単複購入済みです。
 
 
 
でも、こういう時って人気通りの走りというのがお約束、なんでしょうね(笑)
 
ちなみに京都3Rにはカロスが出走。
 
こちらは出走馬が比較的軽いメンバーとあって上位人気。単勝で応援です。
 
頑張れ、スクリーンヒーロー産駒!