「皐月賞」タグアーカイブ

皐月賞(2017) 回顧

皐月賞は中山競馬場で観戦してきた。


*おなじみ無料給茶コーナー


*いつも思うけどこういう注意書きがあるということは、ここでうがいする人がいるってことなんだよね
中山競馬場が生活空間なの?という人、ちょいちょい見掛けるからな。。。

 
 

皐月賞、予想は清々しいほどの完敗。上位3頭1枚も買ってなかったw

レース直前にはトラストの単勝オッズが140倍まで上がっていたのを確認していたので(最終オッズは153倍)、ワクワクしながらレース見てたが。

序盤は内からマイスタイルが行ってトラストは2番手か、なんて予想をしていたがアダムバローズがハナを取る展開。
想定していた逃げ馬は違ってたけどトラストの2番手は同じだったし、わりと気持ち良さげに走っていたので案外ゴール前まで持つんじゃないかと思ったが、やはりあの早い時計では厳しかったか。
それでも4角では先頭に立ち、一瞬は「おっ!?もしかして」と思わせてくれたので応援隊としてはまずまず満足。

残り200mのあたりでファンディーナが先頭をうかがう場面もありやっぱり強かったか!と思ったがそれも一瞬。

これまでスローの経験しかなかったことが死角だったのか、今年の3歳牝馬は強いと言われていたがやはり牡馬とは力の差があったということなのか。
それとも皐月賞のように底力が問われる展開は、キレ味勝負を得意とする牝馬よりも牡馬に向くということか。

ファンの期待も高かっただけに少し残念な気もする。
このあとファンディーナはオークスに行くのか、ダービーに行くのか。
どちらにしてもスローに流れがちな府中の2400mは皐月賞よりは向くと思う。この一戦だけで評価を大きく下げる必要はないだろう。

勝ったアルアインは毎日杯からの参戦。
前哨戦の弥生賞、スプリングS、若葉S、毎日杯の4鞍の中では、毎日杯を時計面では最も高く評価している向きもあったが、オッズ的には完全に盲点。

もっともその毎日杯で5着惨敗したトラストの単勝に少なからず期待し、本命にスプリングS2着のアウトライアーズを推す予想をしているのだから、時計の早い馬場でこそのアルアインに手が出ないのは当然。

土曜日から芝コースは前週までとはまったく違う早い時計になっていることをわかっていながら、予想の前提を変えられないのは今後の課題と言うか、その頭の硬さをなんとかしろと自分に説教したい。

そんな早い馬場だから2着にペルシアンナイト、3着ダンビュライトが差してきているのも終わってみればとても納得のいくレースではあった。

それにしても池江厩舎のワンツー、やはり厩舎力の高さは侮れないし、そしてやっぱりディープインパクトなのねとつくづく。。。

この皐月賞の結果が果たしてダービーにどうつながるのか。

本当の大目標に向けてますます混沌としてきた感じのする3歳牡馬戦線ではある。
 
 
 

 
 
 
阪神6Rのマイネルパラディ、期待に答えての勝利。もしかしてNHKマイルCに向かえないか?などと思ってしまうが、ちょっと厳しいだろうか。
 
一応、応援馬券と称して1着固定の3連単フォーメーション8点を買ってみたが残念ながら2,3着が裏目。惜しくも万馬券を取り逃がした。
かといって単勝2.1倍を買っても仕方がないし、これはまあ納得。悔しいけどw
 
この日は2レース直前に競馬場について、バラバラと馬券を買っては見たものの皐月賞までまともな的中がなく、中山4Rでトリガミの的中があるのみ。
 
最終で珍しく勝負して大きく取り返せたけど、馬券は厳しい一日だった。
 
今週からは東京・京都開催だし、あまり捻らずにもう少し素直な馬券が買えるように頭を切り替えよう。
捻るなら福島のレースかな。。。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

皐月賞(2017) 予想

土曜日はウインベラシアスが勝ってくれたこと、ウインオスカーがなんとか2着に食い込んでくれたこと以外には良いところがなかった(自分の馬券的に)。

アンタレスSも中山グランドジャンプもう~ん・・・と唸る馬券。

しかし、オジュウチョウサンは強かったなあ。大障害レース3連覇はなかなかの偉業だと思う。
 
 

さて皐月賞。

とりあえず信仰上の都合でトラストの単複は買わざるを得ないのでそれ以外を考える。
(しかし単勝万馬券というのはありがたいのか、応援といえど買うのは無謀なのか。ナヤムw)

牝馬ファンディーナの取捨をどうするか、というのが今年のテーマ。

ま、これまでのレースぶりを見たら普通に勝つでしょうという気がするが。
60何年振りかの牝馬の皐月賞馬誕生なるか、という取り上げ方をしたくなるマスコミの気持ちはわからなくもないが、今まで勝負になる牝馬が皐月賞に挑戦してないだけの話。

先行できるし、その上で早い上がりも使えるし、先週のソウルスターリングじゃないけどあまり死角らしい死角は見当たらない。

今まで揉まれる競馬をしてないとか、スローしか経験してないとか言われてるがこういうのは何とか穴を見つけようという見方で、過去3走のレースを見て文句をつけるのはナンセンス。

強いと認めたうえで、そのファンディーナを負けす馬はいないのかと探すのが穴党だろう。

本命◎はアウトライアーズに打つ。

中山[2.1.0.0]、2000mも問題なし、調教絶好、前走スプリングS2着は休み明けでそれでも勝ち馬とは0.1差、当然使った上積みあり。
父ヴィクトワールピサ、その父ネオユニヴァースも皐月賞馬、親子3代の皐月賞馬誕生に期待しよう。

こんなに条件が揃っていても単勝は9番人気。

単勝と馬連流しを買いたい。

相手筆頭〇はこのクラシック戦線で本命とみているスワーヴリチャード。
スタートがイマイチなのでこの2番枠がどうかという気がするが地力で跳ね返すだろう。

3番手▲にファンディーナ。枠順も問題ないし先行できる脚質を考えるとこれ以下の印は打てない。

以下、押さえにカデナ、レイデオロ、サトノアレス、ウインブライト、大穴にトラストw

馬券はアウトライアーズの単勝とアウトライアーズから印への馬連流し。
それとトラスト応援馬券の単複w
(でも、ホントに初めての単勝万馬券をプレゼントしてくれるんじゃないかと期待しているw)
 
 
 

 
 
 
日曜日のトラストを除くスクリーンヒーロー産駒の出走は4頭。
 
中山5Rサリーバットマン、阪神6Rマイネルパラディ、福島1Rロイヤルヒーロー、福島6Rアクトレス。
 
 
中では阪神6Rマイネルパラディが勝負気配か。鞍上を川田にスイッチしてきた。相手関係を見てもここは勝ち切ってほしいと思う。おそらく1番人気だろうし。
 
馬券は買うかはわからないが心の中で本命印を打って応援する。
 
 
人気のなさそうなところで面白そうなのは中山5Rのサリーバットマン。
前走9着大敗で人気はないだろう。一息入れてどこまで復調しているか。初戦を人気薄で勝っているように鉄砲は利くタイプだと思うので人気のなさそうなここで買っておきたい。
 
 
福島のロイヤルヒーロー、アクトレスは厳しいか。
ロイヤルヒーローは初ダートで変わり身を見せてくれること、アクトレスは一気の距離延長がプラスに働くことを期待して応援する。
 
 
 
スクリーンヒーロー産駒以外にもダイナアクトレス牝系の馬も2頭出走。
 
福島4Rにトレモロアーム、阪神5Rにリュウシンベガス。
 
リュウシンベガスは母母ランニングヒロインでスクリーンヒーローの甥という血統。
初出走だがどこまで走れるか。楽しみだ。
 
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

トラスト、復活してほしいなあ

桜花賞、ソウルスターリングが直線で伸びあぐねている姿、こういうことがあるのが競馬なんだよなあ・・・と。
内心、3連単マルチで買っておけばよかったとも思ったが、ケンするのが正解だったなという結果。
(ひねってソウルスターリングをハズした穴馬4頭のワイドボックスを最低単位で買って見てた。モチロン外れw)

一部で話題になっていた単勝3000万円ぶち込んだ人は息してるのだろうか、心配だ。

今週はいよいよ皐月賞。
牝馬ファンディーナが1番人気になりそうな雰囲気もあるが、上位は混戦模様。

我らがトラストはこれまで堅実に掲示板は確保しているものの、今度は相当人気を落としそうなので応援隊としては単勝を買わざるを得ない(もしかしたら単勝万馬券もありそうな雰囲気だしw)。

ただ、応援馬券以外の予想はかなり難解になりそう。

今年の牡馬クラシックはダービーまではスワーヴリチャードで行こうと思っていたが、想定外の強力な牝馬の参戦で一気に難しくなってしまった。

上位人気になりそうな馬たちとそれ以外の馬たちとの能力差も、現状ではそれほど大きく開いている感じはしないし、展開ひとつで結果は変わってきそう。

枠順、各馬の並び順が大きく結果を左右するレースになると思う。
 
 
 

 
 
 
枠順確定前の段階では、
 
◎スワーヴリチャード
◯ファンディーナ
▲カデナ
☆トラスト
 
で、△にたくさんの馬たちという感じで考えているが、レイデオロ、ウインブライト、サトノアレス、アウトライアーズ、アダムバローズetcと切れない馬がたくさんいて相当取捨に悩むことになりそう。
 
結局、連系馬券は断念して印上位の単勝を買う、なんてことになりそうな気もしている。
こういうときこそ万馬券を期待して3連複、3連単を買いたいが。。。
 
 
決まってるのはトラストの単勝は買う、ということぐらい。
 
でも、もしかしたら単勝万馬券ゲット!ということもあるかもしれないし楽しみではあるw
 
願わくばトラストには逃げの手を打って、キャプテントゥーレのような逃げ切りを決めてほしいものだが。
 
 
そういえばトラストを管理する中村調教師が今まで散々「折り合い、折り合い」言ってたくせに「最近は変に折り合いがついて走る気がない」などと抜かしてやがる。
 
自分の馬の個性を見る目の無さを棚に上げて、結果が出ないのは馬のせいにしてるんだから手に負えない。
 
来年の2月を待たずにとっとと勇退して、転厩してもらえないものだろうか。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

第76回皐月賞(2016年) 予想

[皐月賞] ブログ村キーワード

桜花賞と同じく3強の構図となっている皐月賞。

単純にその3強で決まらないのが競馬、というのは桜花賞で十分に学んだのでw 3強の内の2頭は馬券になるとしても3着内に1頭は他の馬が来るはず、というスタンスで馬券を考えたいと思います。

中山の2000mですしね、そうそう力通りには決まらないでしょう(笑)

リスペクトアースが逃げ宣言。最内に入ったドレッドノータスも積極的なレースをしそうな感じ。

先行2頭を見ながら人気薄の気楽さであわよくばとジョルジュサンク、ミライヘノツバサも前に行ってどこまで残せるかという競馬をしそう。

有力どころでは外目の枠に入ったもののエアスピネルも弥生賞の序盤の引っ掛かり具合を見ると無理に抑えずに先団に取り付く競馬をしそう。

ならば極端なスローにはならないか。

外からスムーズにレースをできそうなリオンディーズ本命で。

対抗には中山の2戦で評価を下げたロードクエストを抜粋。

3番手にはマカヒキとサトノダイヤモンド。

以下、3着候補としてアドマイヤダイオウ、ミライヘノツバサ、ナムラシングン、エアスピネル、そして馬名に地殻変動の意味を持つ7番枠に入ったウムブルフ。

馬券は3連単で

14.16→3.11.14.16→3.4.6.7.9.11.14.15.16

これで42点。トリガミになりそうな目が2点ありそうだけど仕方がないかw
 
 

 
 
これまでのレースぶりを見るとサトノダイヤモンドは相当の器という印象を受けるんだけど、これまで戦ってきた相手のレベルと少頭数のレースしかしていないというのがどうしても引っ掛かります。
 
ローテーションも如何にもダービーに照準を合わせた感じがしますし。
 
ちょうど天皇賞秋をジャパンカップへの叩き台にしているように、皐月賞をダービーの叩き台にしてるんじゃないかという印象。
 
なので2.3着につける馬券で。
 
マカヒキについてはルメールがサトノダイヤモンドを選んで、川田に手が移ったということを頼りに評価を下げました。
 
 
正直、これまでの各馬のレースを見ると人気3頭は抜けてる気はしますね。
 
 
でも阪神外回りのような能力がそのまま反映されやすそうなコースでも桜花賞のように意外な結果になるのが競馬。
 
ましてや中山でのレース。
 
 
意外な結果に期待します。金額は控えめにしますけどねw
 
 

皐月賞回顧

ども、皐月賞デーに開門ダッシュで脚を引っ掛けられて転倒し、肋骨を骨折したふぉんてんです。
あんまり痛みが治まらないのでさっき医者に行ってレントゲン撮ったらポッキリといってました。ヒビくらいは入ってるなと思ったら完全に骨折。
どうりで痛みが治まらないはずだ(笑)

皐月賞、ドゥラメンテの直線の脚は凄かったですね。
4コーナーのデムーロの騎乗も強引すぎるとは思いますし当然の騎乗停止ですが(むしろ実効4日間は軽いと思う)、あそこで前に詰まることなくスピードに乗せていったからこそあんなに鋭い差し切りが決まったとも言えるんでしょうね。

これはリアルスティールが勝ち切るかなという体勢になった次の瞬間並ぶ間もなく交わしてましたからね。
あとからリプレイで見るとドゥラメンテが後方からどんどん差を詰めてきているのがわかりますが、現場で見ていた時は一瞬何が飛んできたのかわかりませんでした(笑)

自分の馬券はミュゼエイリアンから買ったので見る陰もなく玉砕しましたが、レースが終わった時の「イイもん見たなあ」という満足感はなかなかでした。
サトノ→リアル→ミュゼ、ドゥラ、キタサン、ダノン2騎、スピリッツミノルという3連単も持ってたので1列目にドゥラメンテを入れられていればなあという思いはありますが(笑)

期待したミュゼエイリアンは7着。
中団に構えてそのまま中団で流れ込む競馬。7着でもタイムは1:59:0ですからよく頑張ったのかなと思います。
賞金的にはダービーも出走可能だと思うのでまた応援馬券は買っちゃうんだろうなあ。。。勝負になるとはちょっと思えないけれど(^^;

横山典騎手のクラリティスカイがハナを取ったときは「あぁ、やっぱりノリならそうくるかw」と思った競馬ファンは全国に10万人くらいはいたと思いますが私もその一人。
外枠だし好位追走で外々を回されるくらいならスタート良ければハナを取りに行こうと最初から考えてたんでしょう。彼らしい騎乗だなと思いますし、この好メンバーを相手に上位馬には離されたものの掲示板を確保したのですから上々の結果だったと思います。

意外だったのはむしろキタサンが2番手につけたこと。スタート後は1コーナー手前までキタサンがハナを取るかという勢いでした。
先手を主張したノリ騎手にハナは譲ったものの2番手で後続を引っ張るようなレースをして直線坂下では止まるかという手応えから差してきたブライトエンブレムを差し返して3着ですからやはり前走まで無敗できたのは伊達ではありません。
私のイメージではもう少し後ろの位置取りから終いの脚を活かす競馬をすると思ってたんですけどね。全然見方が違ってました(笑)

人気のサトノはワンテンポ遅れたスタート。
ルメールは馬の力を信じて後方待機。4コーナー手前から外を回して追い上げに入りましたが、内先行に有利な馬場状態を克服して突き抜けるほど力が抜けていたわけではなく6着に沈みました。
着差はけっこうあって惨敗とも言っていい負け方でしたがあの馬場であの競馬をすれば当然と思える結果。
ただ後方から大外を回しての結果ですからダービーで軽視するのは禁物と覚えておきたいと思います。

今回のドゥラメンテの勝ち時計は1:58:2ですから馬場状態が良かったとはいえ相当にレベルの高い皐月賞だったと思います。
こわいのは激走の後の反動ですね。

過去、1分58秒台で皐月賞を勝った馬は4頭いますがロゴタイプ、アンライバルド、ダイワメジャー、ノーリーズンとその後しばらく低迷した馬が多いのが気になります。
ただロゴタイプ、アンライバルド、ダイワメジャーはスプリングSから、ノーリーズンは若葉Sから皐月賞というローテーションでしたが、ドゥラメンテは共同通信杯からの直行と余裕のあるものだったので大丈夫かなと期待していますが。

[皐月賞] ブログ村キーワード