「桜花賞」タグアーカイブ

桜花賞(2017) 予想


穴党を自認しているが、ソウルスターリングには逆らえないかなという気がする。

その強さは今さら説明するまでもない。
あえて死角を挙げるとするならこれまでの4戦でハイペースは経験していないこと。それとて経験していないだけで、これまでのレースぶりを見ていると難なくこなしそう。

出走できるだけで御の字という先行馬が玉砕覚悟の逃げに打って出て、ハイペースになることも珍しくはない桜花賞だが、その経験がないからといって消せるほど信頼のおけない1番人気ではないだろう。

ここはソウルスターリングを中心にして、ただし展開の綾で2着に負ける可能性も拾えるような馬券を組む、そんな戦略が的中にはもっとも近づける手法に思える。

願わくば大本命が2着に取りこぼして3連単が好配当になることを期待する、そんな馬券が正解か。

◎ソウルスターリング
〇アドマイヤミヤビ
▲ミスパンテール
☆カラクレナイ
△ミスエルテ、レーヌミノル
×リスグラシュー
穴アエロリット

◎1頭軸3連単マルチならベストだが買い目が多すぎるし、トリガミの目も幾つもある。
1頭軸相手7頭の3連複なら多少濃淡をつけて元返しを含みつつ、ヒモ荒れを期待することもできるか。

一番いいのはケンか、観戦料で馬連7点をオッズに合わせて濃淡をつけて構えるのが良さそうというのが正直なところ。

予想としてはつまらないところに落ち着いてしまう。
 
 
 

 
 
 
土曜日の中山4Rでグレイスニコが1番人気に応えて快勝!
 
先週のサンクララに続いてスクリーンヒーロー産駒今年3頭目のJRAでの勝ち星。
 
先々週までスクリーンヒーロー産駒のJRA勝利はミスズスター1頭だけだったのでこれは嬉しい。
 
日曜日は中山3Rにキンシノスパークとサンオースティン、福島4Rにウインドオブホープ、福島7Rにスターフラッシュの4頭が出走。
 
前走成績を見るとちょっと厳しいかなあ~という感じだが、勢いに乗って頑張ってほしい。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

桜花賞2017の展望?・・・サイン的なのも


JRAのCMで柳楽優弥が「細長い牛みたいなやつの右に土ってのと、カタカナのヒって字」などと言って馬鹿キャラ全開で頑張ってる桜花賞。(よくこの役を引き受けたな)

たぶんソウルスターリングが1頭抜けた人気で2番人気にアドマイヤミヤビ、離れた3番人気にリスグラシュー、ミスエルテ、カラクレナイあたりという感じか。

穴党としては人気の差ほど能力差があるのか?と考えたくなるが、チューリップ賞のソウルスターリングの走りと2着以下との着差を見ると逆らえないかと思ってしまう。

ただクイーンC勝ちアドマイヤミヤビも終始外を回してきての差し切りは強いものだったし、朝日杯から直行のミスエルテも取りこぼしはその一戦だけ。

この2頭はソウルスターリングとの直接対決は今回が初なので実際にどちらが強いかはまだわからないと思っていたほうが良いような気もする。
他にもアエロリットやカラクレナイ、ライジングリーズンなど初対決はいるし穴をあけるならこういったソウルスターリングと戦っていない馬なのだろう。

さすがにソウルスターリングをハズした馬券ばかりを買うような穴狙いはしにくいが、3着以下に負けることも想定した馬券は押さえておきたい。じゃなきゃ穴党とも言えないし、そういう馬券が買えないならケンするのが正しい穴党のあり方とも思う。

といいつつ、ソウルスターリング中心の馬券を買ってしまいそうだが。。。
 
 
 

 
 
 
単勝1倍台の断然人気馬が負けた桜花賞というとレッツゴードンキが勝った2015年が記憶に新しいが、この時の人気馬ルージュバックは後方からの競馬をするタイプ。
 
抜けた人気馬が追い込み脚質のときは得てして逃げ先行馬が穴をあけるという典型的なパターンだったが、今年のソウルスターリングは好位でレースをするタイプ。
行く馬がいなければ逃げても良さそうなタイプだけに大崩れは考えにくい。
 
ならば狙うのはソウルスターリングと同じように先行するのではなく、直線に賭けて道中死んだふりをしている追い込み馬か。
 
週末は雨予報なので果たして追い込みが効くのかわからないが、カラクレナイやライジングリーズンは外せないと思っている。
 
 
 
まだ水曜日なのでサイン的なことを探してみると・・・
 
翌週、皐月賞の行われる前日に公開となる映画・名探偵コナンのタイトルが「から紅恋歌」となっているので、ヴィクトリアマイル勝ちの時にコイウタが入った2枠にカラクレナイが入ったら、ちょっと買ってみたいなどと思ったりもしているw
 
ちなみにコイウタがVMを勝ったときは2着にアサヒライジングを連れてきているので、カラクレナイ→ライジングリーズンという馬券を押さえたくなる。
 
さらにちなみにコイウタ-アサヒライジングはクイーンCでもワンツーを決めているので、クイーンC組も3連系馬券では組み入れたいところ。
 
というわけでカラクレナイが2枠に入ったらカラクレナイ-ライジングリーズン-アドマイヤミヤビの3連複は買っておこう。けっこう付くでしょ。
 
 
ただ映画の公開が翌週というのがサインとしては弱い気がするがw
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第76回桜花賞(2016年) 回顧


[桜花賞] ブログ村キーワード

いや~、釈然としない桜花賞でした。

ルメールは完璧にメジャーエンブレムを手のうちに入れているものと思っていましたし、みんなそう考えての圧倒的な一番人気だったと思うのですが。。。

まさかのスローで、しかもスローなのにハナにも行かないレース運び。

瞬発力勝負ではジュエラーやシンハライトには敵わないことは知っていたと思うのですが、それでもあの位置取りになってしまうとはレースというのは難しいものなのですねえ。

レースをしている人たちでも思うようにならないのに、それを当てるゲームに参加している我々はホントに難しいチャレンジを続けているんだなあと。

JRA発表の道中のラップは以下

12.4 – 10.7 – 11.7 – 12.3 – 12.0 – 11.4 – 11.3 – 11.6

3F通過34.8、1000m通過59.1、上り3F34.3。

マイルG1としてはいかに3歳牝馬とはいえスロー。

当然みんな行く馬がいなければメジャーエンブレムが早いペースでレースを引っ張り、好位追走組はなし崩しに脚を使わされて、後方待機のシンハライト、ジュエラーが追い込む展開、そう考えていたでしょうし、オッズもそうなるという予想が大勢を占めていることを示していました。

私もそうなる可能性が極めて高いだろうと思っていました。

ただそれでは配当があまりにもアレなのwで、馬券はジュエラーから入りました。

まさかのスローになってメジャーエンブレムが2~3着に、あわよくば馬券圏外に負けてくれないかと。

2016桜花賞

※少額の観戦料と思って買ったので金額は伏せるw

そうしたホントにまさかのスローでしかもメジャーエンブレムがハナにいかない展開。

馬券は取れましたが、なんだか釈然としないレースを見てしまったという感想を持ちました。

確かにメジャーエンブレムのスタートはそれほど良いものではなかったですが、大きく出遅れたわけでもないのになぜルメールは押してでも行かなかったのか。

すぐにハナに立たなくても途中から押し上げていくことをどうしてしなかったのか。

彼女の持続力を持ってすれば多少強引に動いてもそのままラストまで押し切れるんじゃないか、そう思ったんですが4コーナー手前ではあろうことかシンハライトと同じような位置取り。

あれでは勝てるはずがない。

まったく不思議な桜花賞でした。

穴党としては3連複があんなにつくなんて嬉しいな♪という結果ではあるのですが、それにしてもなんとなくスッキリしない競馬でした。

これが少なくともルメールがハナに立って後続がついてこないのでスローに落とし過ぎてジュエラー、シンハライトに差されて、あろうことか切れに切れたアットザシーサイドにまで差されての結果、というならまだスッキリとするんですが。

はい、競馬オヤジの勝手な言い分です。
 
 

 
 
オークスはジュエラーとシンハライトが人気になるんでしょうか。
 
メジャーエンブレムはオークスに向かうのかな?
 
そして皐月賞のルメールはサトノダイヤモンドでちゃんとしたレースをすることはできるのでしょうか。
 
今日のルメールは自分でもなかなかショックな結果だったんじゃないかなあと。
 
 
しかし。。。
 
複勝率50%超の騎手でもああいうレースをしてしまうのですから。
 
競馬は難しいし、馬主さん、ちょっと下手な騎乗をしたからといって簡単に鞍上を替えるのはやめませんか。
 
サン〇ーRさんとか特に。
 
これ、ルメールだからたぶん乗り替わりとかにはならないだろうと思うけど、日本人騎手だったら一発で乗り替わり案件でしょ。
 
 

メジャーエンブレムに死角はないのか


[桜花賞] ブログ村キーワード

断然人気になると思われるメジャーエンブレムはここまで5戦4勝2着1回。

G1阪神JFを勝ち、今年初戦のクイーンカップは逃げて道中は一度もハロン12秒台に落とすことなく直線では後続を5馬身突き放す強い勝ち方。

相手が弱かったという見方もなきにしもあらずだが、それにしても3歳2月の時点で1:32.5という時計は相当のもの。
翌日のテレビ山梨杯(1000万)が稍重で1:34.5、前週の東京新聞杯が1:34.1だからペースや馬場状態の違いはあるにせよ、素直に評価して良さそう。

新馬戦やアスター賞を見ると逃げにこだわる必要もなさそうだし、先行して自分で動いて押し切るレースで簡単に桜の女王になれそうな気がする。

死角を探すとしたら、、、2着に負けたアルテミスSの時のように大外枠に入って、どの馬も行かずにスローになって仕方がなくハナに行ってしまったようなときか。

登録馬を見ると特に逃げたいという馬もいなさそうなので、そういう可能性も十分にありそう。
メンバーレベルも上がる今回は目標にされるとゴール前で何かに差されるということはあるかもしれない。

チューリップ賞も勝ち時計は1:32.8と優秀なもので上位組を甘く見てはいけないと思うし、フィリーズレビュー組のアットザシーサイドなんかも相手関係を見て確実に権利を取りに行った感じはあるので、メジャーエンブレムが単勝1倍台に支持されるくらい人気が被るようなら馬券的には2~3着に負けた時を想定したほうが面白いとは思う。
 
 

 
 
人気薄の馬がイチかバチかの逃げに出て、ハイペースとなってメジャーエンブレムが坂で止まるという展開を想定したい意見もあり最初は私もそう思っていましたが、メジャーエンブレムにとってはそれはむしろレースをしやすくするんじゃないかと今は思っています。
 
3枠6番という好枠とスピードの違いでクイーンカップは逃げましたが、決して逃げにこだわるタイプではないというのはアスター賞を見れば明らか。
 
行ってくれる馬がいればルメールとしてはむしろ好都合でしょう。
クイーンカップを速いペースで逃げ、持続力で楽々押し切ったことを考えると、逃げ馬を目標にジワジワ脚を伸ばすほうがレースをしやすいのではないかと。
 
 
穴党としてはメジャーエンブレムが外枠になって、コースロスがありながら外から先頭に立ち最後に内から脚を伸ばしてくる馬に差される、というのが馬券的には嬉しいんですけどねえ(笑)
 
 
いずれにしても枠順と馬場状態をみてからになりますが。。。
 
 

桜花賞 回顧


ども、土曜日の夜に突然喘息の発作に襲われてかなり焦ってたふぉんてんです。

以前からちょっと油断すると咳喘息の症状が止まらないことが多かったのですがとうとう気管支喘息に持病が進んでしまいました┐(´д`)┌ヤレヤレ
しばらくは布団に横になるのも辛く座ったままでゼェゼェしてたのですが紅茶を飲んだり、過呼吸の時にするように紙袋を口に当てて鼻でゆっくり呼吸するようにしてたら発作も軽くなったのですが一時はどうなることかと・・・

日曜日の朝にはずいぶん楽になって一日競馬も楽しめたんですけどね。
おかげで桜花賞でガッツリやられましたが(-_-;)

さて、そんな桜花賞の回顧です。

皆さんご承知の通り歴史的なスローペース。
岩田騎手の好判断でレッツゴードンキは楽々逃げ切りでした。1勝馬とはいえ元々重賞でも馬券圏内を外さない実力馬。
あれだけスローで引っ掛かることもなく気分良く逃げられては後続は為す術もなしという感じでしたね。
G1レースのレベルとしてはまったく評価はされないと思いますが、これも競馬。
あのスローを掛かることなく折り合って直線では大きく突き放したのですからレッツゴードンキの強さに異を唱えることはありません。
ただオークスに繋がるかというと疑問は感じる桜花賞となったように思います。

私の馬券はルージュバックからヒモ荒れを狙った馬券だったので見せ場なく撃沈。今回は仕方がないですね。納得の負けです(笑)

レースを見ていてテンの3ハロンで画面に「37.1」と表示された時にはなんじゃそりゃと思いましたがそもそもどうしてこんなにもスローになってしまったんでしょう。

典型的な逃げ馬がいなかったこと、前走1200mからの参戦がいなかったことからスローの流れだろうなとは予想していましたがこれほどのスローになるとは思いませんでした。
好発を決めて他に先手を主張する馬がいないと見るやすぐにハナに行った岩田騎手の判断はやはり流石だと言わざるを得ませんが、それだけであんなに展開がハマるというわけでもありません。

リプレイを見ると、ドンキのハナで隊列が決まり2番手以降のゴチャついた集団の先頭には人気薄の馬たちが少しでも着順を上に持ってこようとガッチリ抑えて壁に。
ルージュバックは集団の後方、その前にココロノアイやクイーンズリングといった有力馬。
あのペースですから間を突いて抜け出すスペースもなく、外を回すにはロスが大き過ぎる。
後方集団は動くに動けない隊列になっています。

これでココロノアイがアルテミスSの時のようにもう少し前の動きやすい位置取りだったら展開はまたずいぶんと違っていたような気がします。

阪神競馬場が馬場改修してからの桜花賞はわりと7枠8枠が好成績を残していたようですが今回はこの枠順が位置取りを大きく左右してこのような結果に繋がったと考えて良さそう。
ルージュバックはせっかく真ん中より内目の枠に入っていたのだからきさらぎ賞の時のように好位でレースをしていたら良かったのに、とも思いますが。
このへんは戸崎騎手と岩田騎手の大一番での思い切りの良さとか決断力とかそういった違いなのかもしれません。

レースが終わった後で戸崎の単勝1倍台は信用するな、というマイルールを思い出しました。
過去に何度も痛い目を見てるんですよねえ(笑)

オークスでも桜花賞上位馬は好成績、という過去の傾向は今回は忘れておこうとは思っています。
やっぱり枠順(各馬の並び順)は大切だなあとつくづく感じた桜花賞でした。

[桜花賞] ブログ村キーワード