「根岸ステークス」タグアーカイブ

府中ダート1400mは逃げ馬


ジャパンカップ以来の東京開催。

たった2開催、間が空いただけなのに久しぶりな感じがいつもする一年の最初の東京開催。
やっぱり自分にとっては東京競馬場がホーム。中山はやっぱりちょっとアウェイ感(笑)

恒例により幕開けは根岸ステークス、ダート1400mのGIII。

それほど人気が被る雰囲気はないけど、上位人気はカフジテイク、ベストウォーリア、ベストマッチョの3頭か。

ベストウォーリアとベストマッチョの馬主である馬場幸夫さんはダートでの活躍馬が目立つ。
アジアエクスプレス、モーニン、そして今回出走の2頭。
ピンクに白の鋸歯形の勝負服はダート路線ではすっかりおなじみ。
芝での活躍馬ですぐに思い浮かぶのはバンドワゴンくらいでご本人もダート戦が好きなんだろうか。

もしここでベストマッチョも好走したらフェブラリーSには3頭出しもありそうな感じさえする。
個人馬主でGI3頭出しとなるとそう多くはないよね。金子さんとか近藤さんあたりはやってそうだけど。

今回は馬主に脚光が当たりそうな、そんなGIII・根岸ステークス。

 
 
 

 
 
 
登録メンバーを見るとモンドクラッセが単騎逃げか。
前走チャンピオンズCも逃げて10着大敗なので、直線長い東京だし無理に競りかける馬もいなさそうで、それほどペースは上がりそうもない。
 
となればダート戦でもあるし、ここは素直に前に行く馬を重視で良さそう。
 
1番人気になりそうなカフジテイクは後ろからのレースだろうし、有力どころが後方の仕掛けを待っている間に人気薄の先行馬が穴を開けるパターンに期待したい。
 
人気のなさそうな先行馬で期待できそうなのはブルミラコロ、ラストダンサーあたりか。
 
 
短距離だし、このクラスになってくると逃げ切りというのは考えにくいものだけど、府中のダート1400mは意外に逃げ馬が馬券になる確率が高い。
 
全然人気もなさそうだしモンドクラッセの逃げ残りまで考えておいたほうが良いかもしれない、などと今は思っているけど能力的には厳しいだろうか。
根岸ステークスに限ると過去10年で逃げ馬は2着が1頭だけだが、逃げ馬有利というコースの特徴は無視しないほうがいいと思う。
 
前走10着大敗とはいっても0.6差だし、2Fの距離短縮で楽に先手を取れればしぶとく逃げ残りというのはありそうな気がするんだけどな。
 
展開派だからこそ買える馬券、そんなのを決めてみたいもの。逃げ先行馬に有利な展開になりやすそうな枠順になりますように(笑)
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第30回根岸ステークス 予想


[根岸ステークス] ブログ村キーワード

シゲルカガの単騎逃げになるとしてもそれに続くのはどのへんになるのかが微妙な感じの並びですね。

タガノトネールやタールタンも先行タイプですが外からシゲルカガが内に切れ込んでくるとちょっと抑える感じになりそうですし、外枠に入ったモーニンのほうが2番手辺りにつけそうな感じがします。

シゲルカガ、モーニンが前に行ってその後ろにタガノトネール、タールタン、プロトコルが3番手集団、中団から後方はバラけて縦長の展開、そんなイメージ。

あまりペースは早くならずに後方一気よりも中団から差せそうなタイプを本命にしたいところです。

スクリーンヒーロー教なので本命はプロトコルですがw、狙っておもしろそうなのはアドマイヤサガスやサクラエース、レッドファルクスと思っています(ナンダソレwww

予想の印は

◎プロトコル
◯アンズチャン
▲タガノトネール
△レッドファルクス、アドマイヤサガス、サクラエール
☆モーニン
×マルカフリート
穴レーザーバレット

こんな印を打ってプロトコルの単勝と◎プロトコルから印への馬連流しを買うことになるのかなあ。

△の3頭から◎◯▲☆への馬連・3連複も馬券的には面白いかなと。そんな予想です。

 
 
シルクロードステークスは内枠重視で。
 
◎ダンスディレクター
◯サトノルパン
▲リトルゲルダ
△ローレルベローチェ、アースソニック
☆ビッグアーサー、ネロ
 
☆の2頭はあくまで抑えの評価で、本線は◎から◯▲△への馬連、◯▲△のワイドボックスも少し買ってみようかなとそんな感じで考えています。
 
基本は差し馬中心で。
 
 
明日は1レースに間に合うように東京競馬場にいく予定です。
 
 
アクトレス牝系は中京1R5番ブロンテ、中京2R10番ニシノディアマンが、スクリーンヒーロー産駒は中京4R6番シゲルウシュウ、京都7R5番ウインオスカーが出走するのでそれらの応援も。
 
どの馬も人気はなさそうなので万が一勝ったりしたら単勝は美味しいことになりますがはたしてどうなるでしょうかw
 
 

馬券は宗教だと思います


[根岸ステークス] ブログ村キーワード

根岸ステークス。

プロトコル、どのくらいのオッズになるでしょうか。netkeiba.comの予想オッズでは現在10倍程度の4番人気。だいたいそのくらいで落ち着くのかなあ。

1番人気はモーニンになりそうな気配ですが、3着に負けた前走の武蔵野Sを見る限り2着したタガノトネールのほうが力は一枚上のような気がするのは私だけでしょうか。

まあ武蔵野Sは豪快に差し切ったノンコノユメが抜けて強いだけで、他は先行馬に有利な展開だったとも言えますし、それを考えれば前にいたタガノトネールのほうが楽にレースを進められたとも考えられますからね。

でも、ゴール前では差を広げられていたことを考えるとタガノトネールを上位に取らざるを得ないし、距離が1F短縮でどこまでという気がするので、オッズを考えると尚のことモーニンよりもタガノトネールに重い印を打たざるを得ないと思います。

そしてモーニンに前々走で0.4差負けているプロトコルは現時点での能力評価としてはその下ということにするのが当然なのですが、私はやっぱり本命を打つわけです。

もうね、スクリーンヒーロー教です(笑)

馬友が昨年暮れに言ってました。

「ゴールドシップを買う人はゴルシ教だから、もう買うのは当然だし仕方がないよね。それだけの愛されるべき馬だと思うし。」と。

馬券は宗教だ、と。(そんな馬友の根岸S本命はアンズチャンのようです。アンズ教みたいです)

ある意味、真実のような気もします。

馬主でもないただの競馬ファンが、ある1頭の馬をずっと応援するというのはそういうことなんだろうな、と。

そして私は哀しいかなある1頭というのが種牡馬になってしまったわけで。

もともとはその祖母のダイナアクトレスに始まったわけですが。

産駒を応援してしまうのは仕方のないことなのです。合理的な判断よりも心情的な判断のほうが優先されてしまうのです。

ダイナアクトレス教から分派してスクリーンヒーロー教にたどり着いていると。

でも、そうやって信仰していると救われることもあるわけです。

昨年のモーリスやゴールドアクターもそうですし、古いところだとアクトレスの初仔ステージチャンプの弥生賞3着や菊花賞2着、天皇賞春2着で大きな慈悲をいただきました。
(勝ったレースじゃないところがまたステージチャンプの可愛いところなのです。)

だからやっぱり根岸Sの本命はプロトコルです。問題は馬券の買い方だけです、はい。

 
 
そもそも何故ダイナアクトレスなのか。
 
若い競馬ファンにはその馬ナニ?という感じでしょうけれど、私がまだ社会人になりたての頃、牡馬を相手に活躍をしていて宿敵ニッポーテイオーとよく勝ち負けしていたのです。
 
3歳時にはメジロラモーヌという三冠牝馬がいて、それにはなかなか勝てなかったのですが古馬になって牡馬を相手に善戦。
 
安田記念馬ニッポーテイオーを相手にマイル戦線でよく勝ち負けしていました。
 
一番印象深いのは1987年ジャパンカップ。
 

 
 
その年の秋には京王杯オータムハンデレコード勝ちし、続く毎日王冠も勝利。
しかし天皇賞秋で8着に負けていたので、これは距離が持たないのかなと思っていたのですが、ジャパンカップの直線大外から追い込み3着。日本馬最先着です。
 
外を追い上げてきた時の赤いメンコ、惚れました。
 
それ以来、出走すると必ず応援していましたし引退後の産駒たちもずっと応援しています。
 
ね、もう完全に宗教w
 
でも、だからこそ、競馬はオモシロイとこの歳になって本当にそう思います。
 
 
だから若い競馬ファンの人たちにも長く続けてほしいなと思います。長く続ければ続けるほどオモシロさが増してくるから。
 
 

プロトコル、根岸ステークスに登録


[根岸ステークス] ブログ村キーワード

今週の根岸ステークスには地方馬2頭を含む登録22頭。

フルゲート16頭なので6頭が除外。プロトコルの登録があるので果たして出走できるのだろうかと心配しましたが賞金順ではなんとか出走できそうですね。

netkeiba.comによる予想オッズでは前走・武蔵野S3着のモーニンが1番人気、同2着のタガノトネールが2番人気、ジャニュアリーS(OP)6着のアンズチャンが3番人気となっています。(1/26 11:00現在)

プロトコルは5番人気。前々走・秋嶺S(1600万)でモーニンの2着しているのですが0.4秒差とけっこう突き放されていたのでこの人気の差も仕方のないところでしょうか。

人気のモーニン、タガノトネールが好位で先行するのでペースはそこそこ早い流れになりそうなメンバーだなと思います。

前走・中山1200mではさすがに届かなかったアンズチャンも東京の1400mなら豪快な追い込みを見せてくれそうなのも楽しみです。

前々走の銀嶺Sの追い込みは凄かったですからね。
まるで2000年・根岸Sのブロードアピールみたいな怒涛の追い込み。

怒涛の追い込みと言えば古豪マルカフリートの前々走・霜月Sも後方一気で鮮やか追い込み。
明けて10歳となっていることもあってあまり人気にはならなさそうですが、先行馬がやり合ってハイペースになれば台頭してくることも十分にありそう。

強力な先行馬2頭と切れ味鋭い追い込み馬2頭。
その中でプロトコルは逃げ差し自在の脚質を活かしてどんな競馬を見せてれくれるでしょうか。

今回初めての重賞挑戦となりますがスクリーンヒーロー産駒ダート路線の大将として頑張ってほしいものです。ワクワクが止まりませんw

 
 
先週のAJCCは軸馬の1頭ショウナンバッハが華麗に3着w
やっぱり追い込みでは3着が精一杯だったでしょうか。3連複を考えていたら取れたかも?とも思いますが仕方がありません。
 
東海Sは予想を挙げられませんでしたが勝ったアスカノロマンからの馬連流しで的中できました。
配当的には単勝1点にしておけばよかったという結果でしたがw
 
 
今年の第1回開催を終了して累計の回収率は67.5%。前週の52.3%よりは改善しましたがまだまだです。
 
今週末からはホームの東京競馬場になりますのでしっかり成績を上げられるようにしたいものです。
 
日曜日、東京競馬場、行ってこようかなあ。。。
 
 

根岸ステークスにロゴタイプ?


ども、ふぉんてんです。久しぶりに昼間の更新。

今週から東京開催、楽しみに待ってたホームグラウンドです。
中山までは1時間半くらい掛かりますが府中なら25分ほど。やはりこの差は大きいです。
毎週競馬場に行ってしまいそう(笑)

その東京開催第1週、日曜日は競馬場参戦の予定ですがメインは根岸ステークス。

何が出てくるのかなあと登録を見たらなんと46頭。多過ぎだよw
とりあえず収得賞金順に並べてみると

グレープブランデー、シルクフォーチュン、ロゴタイプ、アドマイヤロイヤル、マルカフリート、ゴールスキー、ワイドバッハ、キョウワダッフィー、ブライトライン、サトノタイガー、エアハリファ、ポアゾンブラック、フリートストリート、マルカプレジオ、キョウエイアシュラ、コスモソーンパーク・・・

ここまでで16頭。
以下、キクノストーム、レーザーバレット、ジョヴァンニ、タイセイファントム、サトノプリンシパル、エアウルフ・・・と続きます。

どの馬が出られるのかさっぱりわかりません。
週刊競馬ブックを見ればある程度わかるのでしょうが今週はちょっと忙しくてまだ見てません。
(忙しいと言いながら昼間にこれ書いてるのもどうかと思いますがwww)

ロゴタイプがダートを試すんですね。しかも1400m戦とは。
好走したら当然フェブラリーSということになるんでしょうか。金杯でもトップハンデを背負って2着と好走してますから復活の兆しは十分ですが果たしてダートは向くんでしょうか?
父ローエングリンは3歳時に500万クラスのダートで1勝を挙げていますが古馬になってJCダートと平安ステークスでは2桁着順に負けていますしどうなんでしょう?
母ステレオタイプは園田で2勝してるのでまったくダメということは無さそうな気もしますがちょっと微妙。
ロゴタイプ自身が芝でスパン!と切れるタイプとはちょっと違うのでいいのかもしれませんが、それ言うとゴールドシップなんてダートの鬼かもしれないし(笑)

登録馬を眺めて良さそうだなと思うのは武蔵野ステークスで鮮やかな差し切りを決めたワイドバッハでしょうか。鞍上武豊だし人気にもなりそうですが。
今度はオッズ的に妙味がありそうなのは武蔵野ステークスで1番人気を背負ってゴール寸前ワイドバッハに差されて2着のエアハリファかな。
今度はロゴタイプ、ワイドバッハがいるのでそれほど人気にはならないと思いますがどうでしょう。

まあ出走馬・枠順の確定を楽しみに。

・・・しかし、ロゴタイプがダートかあ。そういえばアジアエクスプレスってどうしてるんだろう?

[根岸ステークス] ブログ村キーワード