「東海ステークス」タグアーカイブ

ゴールドアクター、最下位に惨敗

AJCCはまさに心配していた結果になった。

ゴールドアクターは勝ったダンビュライトから2.7秒離された最下位。
調教を見て今の状態ではとても勝負にならないとは思ったが掲示板に乗るくらいの格好はつけてくれるんじゃないかと期待していたのだが。

3角で横山典ミッキースワローが動いた時も武豊はまったく動かなかった。
まだ動くタイミングじゃないと思ったのか、既に動けるほどの手応えがなかったのか。
とにかくグランプリホースがこれほどの惨敗をするとはあまりにも悲しすぎる。

このままではあまりにも情けなさすぎるから何とか巻き返し意地を見せてほしいと思うが、もしかしたらアクター自身がもう競馬をしたくないと思っているのかもしれない。

このあとは予定通り大阪杯に向かうのか、また休養に入るのか、はたまた引退か。
陣営としては真剣に考えなくてはいけないだろうな。

レースを見た感想はそんなところ。
一昨年、天皇賞春で12着に負けたときよりもずっと悲しい結果だった。

個人的にはもう引退でいいじゃないかとも思っている。

 
 
 
 

 
 
 
 
東海Sはやはりテイエムジンソク、逃げて圧勝。このメンバーなら負けようがないという結果。
 
本命に期待したクインズサターンは5着。AJCCも東海Sもどちらも本命馬は5着というなんとも微妙な結果だった。
 
ま、どちらも納得の結果ではあったが。
 
 
来週からはホームの東京開催。あっという間に2月になってしまうなあ・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

AJCC、東海S(2018) 予想

AJCC、あれこれ悩んだが。

やはりあの状態のゴールドアクターに◎は打てない。
もちろん応援しているがここは△にとどめる。今日のスクリーンヒーロー産駒の活躍は京都メインのマイネルパラディに期待しよう

本命◎にはトーセンビクトリーを抜擢。有馬記念14着は直線で伸びかけたところで進路をなくしたもの。この不利は致命的だったし、あのメンバーで勝ち負けとは言わないまでも馬券圏内には食い込む勢いだった。
ここなら外からスムーズに運べば、十分に馬券圏内にくると見る。

対抗〇には人気だがミッキースワロー。セントライト記念のアルアインを突き放した末脚は能力の証明。秋とは馬場状態が違うと判断する分だけ評価を一段落とすが、あっさり勝ち切っても不思議はない。

単穴▲にダンビュライト。勝ち切れないタイプだが相手なりで走るタイプ、ここでも上位に来る力は十分あるだろう。

以下、ショウナンバッハ、レジェンドセラー、ゴールドアクター。

馬券はトーセンビクトリーから印への馬連流しを少額で遊ぶ。
 
 
 
 

 
 
 
 
東海Sはテイエムジンソクが圧勝しそうな気がするが、それでは馬券はつまらないしチャンピオンズカップからの参戦に良績がないレースでもあるので印はあえて対抗〇に。
 
オープン実績はないがクインズサターンに期待する。
 
末脚は堅実に繰り出すタイプ、チャンピオンズカップのゴールドドリームのような末脚を見せてくれないか。
 
以下、オールマンリバー、サルサディオーネ、ドラゴンバローズ、シャイニービーム、ディアデルレイまでの馬連流しで。
 
こちらも少額で遊ぼう。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

重賞、枠順確定後の印象

AJCC、ゴールドアクターは5枠5番。

黄色い帽子はオールカマー以来だな。そういえば1着になったのもオールカマー以来ないんだっけ。これはいい暗示か。

1番人気になりそうなミッキースワローが3枠3番、鞍上ミルコのダンビュライトが6枠7番、個人的に注目しているトーセンビクトリーは8枠11番。

ま、この頭数だからあまり枠順を気にしなくてもいいのかもしれないが、それでも外枠はやはり外を回されそうだし、内のほうがロスなく行けるだろう。

先行する2騎、トミケンスラーヴァが2枠2番、マイネルミラノが7枠9番。
マイネルミラノは最近あまり出が良くないのでこの並びならトミケンスラーヴァが逃げる展開になりそうだ。
大知が番手でプレッシャーを掛けるような流れを作らなければドスローの瞬発力戦、淡々と流れれば上がりのかかる消耗戦、果たしてどちらか。

この並びならゴールドアクターを本命にしたいが、あの追い切りはやはり悩ませる。
決して本調子ではないだろう。それでもこのメンバーならやれるか、地力で掲示板に乗るのがいいところか。ギリギリまで考えることになりそうだ。

期待値としておもしろそうだと思っているのはトーセンビクトリーからの流し馬券。
ゴールドアクター贔屓でなければ、迷わずその馬券にすると思う。
有馬記念はエンジンの掛かる直線で大きな不利があった。調子は良さそうだし、今度はむしろ外枠からスムーズな競馬で直線突き抜ける競馬ができるかもしれない。
 
 
 
 

 
 
 
 
東海Sのテイエムジンソクは4枠8番、ディアデルレイはその隣の5枠9番。
 
ディアデルレイ陣営はテイエムの内が欲しかったんじゃないだろうか。ついてない。
 
この並びなら2枠4番のサルサディオーネがハナを取るか。テイエムがそれを可愛がりながら2番手か、ディアデルレイが最初のコーナーまでに脚を使って番手につけるか。
 
枠順を見るとテイエムの相手は差し馬を取り上げたくなる。
 
6枠12番ドラゴンバローズ、1枠1番ローズプリンスダム、8枠15番クインズサターンが良さそうに感じる。
 
穴なら1枠2番シャイニービームが内の好位でじっと脚を溜めて、直線で脚を伸ばして2~3着とかありそうな気がするのだが。
 
 
日曜の二重賞、じっくり考えよう。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

東海ステークスはテイエムジンソクで仕方がないだろうなあ

テイエムジンソクで頭は堅いだろうなあと登録馬もろくに見ていなかった東海S。

登録20頭ということは除外は4頭か。収得賞金だとサルサディオーネ、アングライフェン、コスモカナディアン、シンゼンレンジャーが下位4頭だからこれらが除外か。
他に登録だけで出走しないのもいそうな感じはするが。

そして改めてみてみるとやっぱりこれはテイエムジンソクの頭で仕方がないなあというメンバー。

ディアデルレイが前走で逃げているもののこれといった逃げ馬もなく、先行しそうなのはシャイニービーム、テイエムジンソクくらい。
あまりペースは上がらないだろう。チャンピオンズCと同じような、あるいはもっと遅い流れになるかもしれない。

ならば後方からの馬は上がり35秒台前半の脚を使わないと届かないだろうと思うが(良馬場前提)、直線急坂のある中京でそんなに切れる脚を繰り出せるのがいるのか。
クインズサターンが2走前の武蔵野Sで上がり35.4の脚を使っているが、それも4角後方2番手で進めて最後だけ脚を使ってのもの。勝ち馬からは0.9差離され、既に勝負の決まったところで使った脚だ。

今回はテイエムジンソクがハナに行けそうなメンバー、悪くても2~3番手で進められそうでそれでいてスローなら終い36秒台そこそこでまとめられる能力があるだけに、ここでは負けようがないように思える。

極端な調子落ちやトラブルがない限りテイエムジンソクの相手探しの一戦になりそうだ。
 
 
 
 

 
 
 
 
ならば相手はどれか。
 
スロー前提なら当然前に行く馬。
 
アスカノロマン、シャイニービーム、ディアデルレイといったところが浮かび上がるか。
除外対象だがサルサディオーネが出走できればおもしろそうな存在に思えるが。
 
 
2~3番人気はドラゴンバローズ、アポロケンタッキーになりそうだがアポロケンタッキーは極端に早い上がりを使えるタイプでもなく、キレ勝負だと一枚落ちると思うので上位人気で嫌うならこれ。
 
 
枠順どころか出走馬も確定していない段階だがテイエムジンソクからアスカノロマン、シャイニービーム、ディアデルレイ、ドラゴンバローズに流してどの程度回収が取れるか。
 
シャイニービームやアスカノロマンが馬券になってくれるとおもしろそうだが、全体のオッズを見て買うか、買わないかを決める、そんなレースになりそう。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

東海S、2300に戻らないかな

今週は東海Sもあるが、ちょっと前に同じコースでGIやったのにまたそこで重賞やる意味あるかなあ?といつも思う。

いや、フェブラリーSへのステップというのはわかってるけど。

それよりもダート1200mの重賞もう一つくらい設定したほうが良くないか?と思うのだ。
今年は京都でJBCスプリントが行われるようだが、例年だとダート1200mの重賞は12月の中山・カペラSしかない。

ダート1200mのコースは他にも新潟、中京、阪神でも取れるのだから京都を含めていずれかにもう一つくらい重賞の設定があってもいいじゃないか。

地方交流重賞との兼ね合いもあるんだろうが、週末のJRAでしか馬券を買わないファンには地方はあとから結果をチェックするだけという人も多いだろう。
もしかしたら結果すら見ないかもしれない。
 

それにそもそもJRAのダートGⅠは距離・コースが偏り過ぎていないか。

フェブラリーSが東京の1600m、チャンピオンズCは中京の1800m。

コーナーこそ2回と4回の違いはあるが、距離は1Fしか違わない。回りはともに左回り。
どちらも直線の長いコースで確かに力と力のぶつかり合いになりやすく迫力あるレースになりそうではあるが、どうしてもこの条件(左回り、1600~1800)が得意な馬にタイトルが偏りやすくなっているんじゃないだろうか。

いっそフェブラリーSをGⅡのハンデ戦に戻して、3月の中山でマーチSの名称で1200mのGⅠにしてはどうか。

なんなら根岸Sを1回東京の最終週にして、その前哨戦に位置づけ、フェブラリーSは東京の開幕週に持ってくるなんてどうだろう。

中山のダート1200mGⅠ。盛り上がると思うけどなあ・・・
 

マイルGⅠはそれこそマイルチャンピオンシップ南部杯やかしわ記念があるからそちらに任せて、現状JBCスプリントしかない1200mのダートGⅠをぜひJRAにも作って、それに向けての重賞整備をしてもらえんだろうか。
 
 
 
 

 
 
 
 
そして東海Sは昔のウインターSの頃のように2300mに戻してもらえないだろうか。
 
長距離レース愛好家としてはもっと長いレースを見たいのだ。
 
現在ダートの2000mを超える重賞というと多くが川崎記念のような2100mの地方交流重賞ばかりで、ダイオライト記念2400mと名古屋グランプリ2500mの2つが辛うじて長距離と言えるくらい。
JRAのダート重賞で最も長いのはシリウスSの2000mしかないのだ。
 
これはちょっと寂しい。
 
なんなら12月の香取特別や1月の成田特別(ともにダート2400m)を一気に1000万条件から重賞に格上げしてほしいくらいだw
 
東海Sがその前身ウインターSだった頃は、ナリタハヤブサやライブリマウント、キョウトシチーに船橋のアブクマポーロも勝ったことがあった。
 
なんとも渋い馬たちの活躍の場だ。
 
寒風吹きすさぶ競馬場にはダートの長距離が良く似合うと思うのだがどうだろうか。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!