「東京競馬場」タグアーカイブ

2017 ジャパンカップ観戦記


 
京王線の始発に乗って東京競馬場に向かった。

府中駅で降りて6時少し前に西門に到着。JR府中本町駅から西門につながる連絡通路に向かうと、既ににたくさんの人が並んでいたが前夜から並んでいた若い馬友と交代してまあまあいい位置で列に並ぶ。

しばらくすると開門は7:50というアナウンス。

開門時刻に近づくと後ろからジワジワ人波が押し寄せてくる。

やがて後ろからの人の圧で身の危険を感じるような騒然とした事態。
万が一、押されて転びでもしたら間違いなく大事故につながるだろうという恐ろしい状態だった。

今まで何度もダービーやジャパンカップで早朝から並んでいた。確かに早く前に行きたい、できるだけいい席を確保したいという小さなつばぜり合いはあったが今回のような恐怖を感じたのは初めてだ。

JRAはこの状態をもっと制御できるように警備の人を増やすとか、人々へのインフォメーションを徹底してほしい。

このままではいつか大きな事故が起きても不思議ではない。

こんな状態では、一日ゆっくりと競馬を楽しみたいと思っている自分には、しばらくGⅠデーに競馬場に行くのは指定席の抽選にでも当たらなければ憚られる。
 
 
 

 
 
 
 
なんとか人波に押しつぶされることもなく一般席の5番柱付近に自分たちの居場所を確保して1Rからのんびりと馬券を始めた。
 
富士山が綺麗に見える気持ちの良い天気だ。2コーナー奥の紅葉もいい眺め。今日で今年の東京開催が終わってしまうのが名残惜しい。
 

 
そんなことを思いながら取ったり取られたり。
京都の渡月橋Sでマイネルパラディの複勝を取れたのが一番嬉しかった。
 
 
意外に好調でジャパンカップを迎える時点で回収率270%、ジャパンカップを控え目にすれば今日の勝ちは確定という状態。
こうなるとすっかり控え目な馬券になるw
 
前日予想の通り1番シュヴァルグランからの馬連7点をメインに波乱期待の3連複Fを少しだけ購入。
 
道中ロスなくインで脚を溜めたボウマン鞍上のシュヴァルグランが直線でも綺麗に前が開いて抜け出してきたときには勝利を確信。
 
キタサンブラックが粘っていたが何か穴馬が突っ込んでこないかと思ったが迫ってきたのはレイデオロ。
 
オッズはそれほどでもないが厚めに買っていた相手なのでここでもまずまずの回収。
そのあとの京阪杯は外したがJCで軸に取ったシュヴァルグランが勝ち切ってくれたのは嬉しかった。
 
今年の東京開催最終日で気持ち良く馬券との格闘を終えられたのは気持ち良かったなあ。
 
 
来年の東京開催も楽しい競馬になりますようにと大國魂神社に少しお願いして帰路に着いた。
 
 
それにしても、今日の開門前はホントに怖かったな・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

東京スポーツ杯2歳S(2016) 観戦記

先週の土曜日、東スポ杯2歳Sの日に東京競馬場へトラストの応援に行ってきました。

この日は東京競馬場でトラストの他にも東京6R・2歳500万下にスクリーンヒーロー産駒メローブリーズが、また東京5Rの新馬戦に母母ダイナアクトレスのルレシャンテが出走していたのでパドックにも足を運ぶことに。

また、福島1Rにアクトレス、京都4Rにウインベラシアスと2頭のスクリーンヒーロー産駒が出走。

東京でも他場でも楽しめる幸せな一日。

まずは福島1R2歳未勝利戦ダート1150m

アクトレスはそれほど早いスタートではありませんでしたが序盤は先団に取り付き、がんばって前を追走していましたが3コーナーあたりからは徐々に位置取りを下げ、直線では外に持ち出し一瞬追い込む姿勢を見せるも7着。
まだちょっと力が足りないという感じでした。残念。。。
 

次は京都4R2歳未勝利芝1600m

1枠1番に入ったウインベラシアスも内に包まれないように先行、3コーナーでは3番手集団の最内でレースを進めましたが、直線伸びることなく11着。
馬場は中から外のほうが伸びる感じでしたが、道中ロスなく進めていたようですしこれも力不足は否めないところです。

2頭の今後の成長に期待したいところ。
 
 

さて午後には東京での愛馬たちw(違う

まずは5R新馬戦芝1800mのルレシャンテ。

ここを使うからには陣営もそれなりの期待をしているのかなと思いながらパドックへ。

母トレアンサンブルは中山大障害、中山グランドジャンプを勝ったマルカラスカルを出し、ダイナアクトレス牝系では初のGI馬を輩出(J・GIだけど)

トリビュートソングやソウフルヴォイスと平地4勝を挙げている産駒もいます。

%ef%be%99%ef%be%9a%ef%bd%bc%ef%bd%ac%ef%be%9d%ef%be%83

レースはスタート悪く1頭だけ1馬身遅れてのスタートでしたがすぐに中団の後ろに取り付きます。

3~4コーナーは中団の真ん中辺りを進みいい感じで直線に向いたかと思いましたが、それまでに脚を使ってしまったのか伸びるところなく11着。

出遅れた上に1000m通過63.3秒という新馬戦らしいスローの流れもあって見せ場はありませんでしたが、ここを叩いての上積みに期待します。
 

続いて東京6R2歳500万下芝1400m

メローブリーズは函館の新馬戦を勝った後、函館2歳S4着、アルテミスS14着した後の自己条件の平場戦。

人気は5番人気とそれほどではありませんでしたが、この条件なら意外に期待できるんじゃないかと思っていました。

%ef%be%92%ef%be%9b%ef%bd%b0%ef%be%8c%ef%be%9e%ef%be%98%ef%bd%b0%ef%bd%bd%ef%be%9e

鞍上も古川騎手から大野騎手にスイッチ。
人気のない馬をたびたび上位に持ってきてくれる騎手なので期待も高まります。

レースは好スタートを決めて好位の外に。
そのまま3~4コーナーも楽な手応えで外を回ってくると直線坂上からギュンと伸びて抜け出し、そのまま先頭でゴール!
無事に2勝目をあげることができました。単勝1170円、複勝320円はかなりありがたいw

このあとはどういう路線に行くのでしょうか。阪神ジュベナイルフィリーズに向かうのかな?
頑張ってほしいと思います。
 
 

さあ、そして迎えるメインレース、東京スポーツ杯2歳S・GIII

トラストは中央に転入しての初戦ですが、札幌2歳S勝ちがあり3番人気。

もしここを勝つようならクラシックに向けて期待も大きく高まります。

%ef%be%84%ef%be%97%ef%bd%bd%ef%be%84

レースでは好スタートを決めてマイネルエパティカを行かせて番手に。
先々を考えて好位で折り合いをつけるレースを覚えさせようという感じでしたが、1000m通過60.5秒という流れで少しかかり気味に見えました。

直線に向き残り300mくらいで先頭に。

が、前半で力んでいたせいか道中は後方に控えていた4頭に交わされて5着。直線坂上では苦しくなったのか右へ寄れる場面もあり(鞍上の柴田大知騎手は過怠金10万円)、現状では気分良く行かせたほうが良さそうです。

ただ、この馬場では厳しいペースで進んだこともありましたし、決して力負けではないと信じます。

次走どこに向かうのかはわかりませんが少しは人気も落とすでしょうし、そこでの激走に期待しています。
 
 
 

 
 
 
朝から雨が降り、午後には止んだものの少々肌寒い一日でした。
 
トラストは負けましたが、メローブリーズが勝ってくれましたし、なかなか良い一日でした。
 
 
ただ寒さのせいか翌日には鼻づまりと微熱でボ~っとしたまま家でのマイルチャンピオンシップ観戦。
 
馬券は土曜日の健闘を嘲笑うかのような大幅マイナスに陥落。体調の悪い時に馬券をやるもんじゃないなと思ったことは先に挙げた記事に書いたとおりです。
 
 
今週はカトレア賞にサリーバットマン、花園Sにヨヨギマック、京都2歳Sにマイネルザウバア、そしてジャパンカップにゴールドアクターが出走予定。
 
日曜日にはゴールドアクターの応援に再び府中に向かいます。
 
今度は人も多いだろうし、パドックで写真撮れるかな・・・
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

東京競馬場に毎日王冠とジョッキーベイビーズを見に行ってきた

久しぶりの東京開催、毎日王冠を見に行ってきました。

9:50頃に到着、さすが伝統のG2、たくさんの人が来ていて既に一般席はいっぱい、もちろん指定席も満席です。

どこか空いているところはないかとブラブラ席を探して歩いていましたが、どの席にも新聞やマークカード、レーシングプログラムなどで誰かが取ってるぞ!と主張されていて一人分の席すら空きがありませんでした。

幸い行くつもりだよと言っていた馬友が先に来ていて、ゴール板を過ぎた1コーナーも近い5番柱近辺に席を確保していたので、そこに合流。持つべきものは競馬好きの早起きな友達ですな。

彼は9:15頃に来たそうですが、もうどこも一杯で端のほうしか空きがなかったんだそうです。

いやいや、長い一日、自分の座るところがあるだけで十分です、はい。
 
 
 
馬券は東京3R、京都5、7R、東京9、10、11、12Rと購入しましたが的中できたのは京都7Rのウインオスカーの単勝と東京12Rの3連単の二鞍。

収支は残念ながら若干のマイナス。
まあ一日遊ばせてもらったと思えばそれほど痛いわけでもありませんが、やっぱりマイナスは悔しい。
 
 
毎日王冠はステファノスとディサイファに期待をして、この2頭を中心にした3連複フォーメーションを買いましたが、5,6着では何にもありませんw
 
しかし、ルージュバックは府中の芝1800mは走りますね。

そして2,3着に来たアンビシャス、ヒストリカルの音無厩舎2騎。両方とも馬券からは切っていました。完敗です。

アンビシャスもヒストリカルも天皇賞前の一叩きで馬券には一切関係ないだろうという決め打ちでしたが、大変失礼しました。

ヒストリカルはノリの得意の後方ポツンでしたが豪快に追い込んできましたねえ、驚きました。
まだまだ衰えはないところを見せつけられて、次走も買わないわけにはいかないかなあ・・・と思わされてしまった。

というわけで馬券はさして見せ場もない一日でした。。。無念
 
 

 
 
しかし今日のお楽しみは最終レースの後のジョッキーベイビーズ。
 
今年でもう8回目なんですね。すっかり定着してきました。
 
 
レース前には関東G1のファンファーレが流れ、観客はまさにG1さながらの手拍子を送り、スタンドも大いに盛り上がりました。
 
 
優勝したのは九州代表の上薄龍旺(かみすきりお)君。
 
20161009_163822
 
まるで新潟の千直のようにみんなスタートから外ラチに寄っていくの尻目に内目の2番枠(?)からただ1頭真っ直ぐに走り抜けてきました。
 
 
カッコよかったなあ。
 
 
レース後、戻ってくるときに高々と手を挙げて観客の拍手にも応えていて、G1を勝った騎手さながらのパフォーマンス。
 
 
こういうのホントにいいなあと。。。
 
 
 
このレースに出場した子供たちが大きくなってプロ騎手としてまた東京競馬場に来るのをオジサンはずっと馬券をやり続けて待ってるよ、そんな気持ちになる大好きなイベントです。
 
来年もまた必ず見に来ようと思いながら、帰路につきました。
 
 
さて、京都大賞典の検討に入りますか。
 
 
 
でも、キタサンブラックの人気が被り過ぎて、あまり買う気にならないというのが正直なところ。
 
他に面白そうなレースを探す作業になりそうです。
 
 
ではでは。
 
  
 

久しぶりの東京競馬場

[東京競馬場] ブログ村キーワード

ちょっと遡りますが6月12日のエプソムカップの日、久しぶりに東京競馬場に行ってきました。

この春はちょっと仕事が忙しかったこともあって2月の東京開催以降は中山にも行けず、東京開催に変わってもまったく競馬場には行くことができませんでした。

この間、出張で名古屋に行った時に場外発売をしていた中京競馬場に立ち寄ったくらい。

ということで久しぶりに目の前でレースをしている競馬場へ。

20160612_105129

雲は多いものの梅雨時にしては気持ちの良い天気で、嬉しくなって場内をノンビリと散策したりしてました。

20160612_120721

↑ローズガーデンのところにいるイッツ号

ここ、以前は引退した競走馬がいなかったっけ?と思いながらも雄大な馬体に見入ってしまいました。

フリージアンという品種の馬で体重は600kg、ベルギーで産まれたせん馬です。

サラブレッドとは違ってガッシリとしていて、たてがみにはちょっとカール?が掛かっているような感じでなかなかの男前。

こういう馬を誘導馬にしも良いんじゃないですかね?なかなか見栄えのする馬だと思いますが。

その近くの正門付近ではダービーの時にやっていたコップのフチ子とのタイアップ企画、歴代ダービー馬フィギュアとフチ子のセットがまだ販売されていました。

今週末の東京開催が終わるまでやっているようですね。

せっかくなので買ってみました。
1個500円、けっこう高いのねと思いつつwミホノブルボンが欲しいと祈って。。。

20160612_163240

これは自宅に帰ってから撮った写真ですが残念ながらのナリタブライアン。

ま、これはこれで良しとしますか(笑)

20160612_172709

↑家にあったふなっしーを乗せてみた。嫁には好評ですw

久しぶりの東京競馬場が嬉しくて、ウロウロしたり飲んだり食べたりに熱心だったせいか買った馬券はことごとくハズレ。
東京と阪神の重賞2鞍を含む7レースを購入しましたが的中できたのは最終レースの馬連と3連複だけ。

まあ、東京競馬場の広々とした気持ち良さを堪能したので良しとします。悔しいけどw

今週で今年前半の東京開催も終了だし、また行ってこようかなあ。
 
 

 
 
ふなっしーを乗せたナリタブライアンのフィギュアが嫁に好評だったので、ガチャ回しに行こうか?と持ちかけてみましたが、他に乗せるふなっしーが家にはないし、1個500円は高いからこれで十分とあっさり却下されました(笑)
 
 
娘も週末はバイトなどで忙しそうだし、久しぶりに馬友に声を掛けてみましょうか。
 
もっとも声を掛けずともその馬友は毎週日曜日には競馬場に行っているはずなのですが(笑)
 
エプソムカップの日も行っていたはずなのですが見つけられず。
 
わざわざ電話することもないかと一人でノンビリ楽しんでたのですが、今度はもっとレースにも集中して楽しみたいし、そうなると一緒に馬券でアレコレ話のできる連れがいたほうが楽しいですよね。
 
 
普段は家でグリーンチャンネルを見ながら馬券を考えることのほうが多い私ですが、やはり競馬場でのライブ感は楽しいですし、自宅では大声で「差せ!」とか「そのまま!」とかも言えないですし(笑)
 
私はやはり開催場で楽しむ競馬が一番面白いです。
 
 
皆さんはどんな楽しみ方、してるのでしょうか?
 
 

2015年10月11日 東京競馬場観戦記~痛恨の東京7R

毎日王冠の日は朝から東京競馬場に行ってきました。

開門は8時50分。通常より10分早く開門となりました。
朝からG1がある日のような賑わい。競馬場にくるファンはひと頃に比べるとずいぶん増えてきたような気がします。

毎日王冠は13頭立てとはいえG1馬が4頭も揃い、それにもかかわらずG1馬が上位人気にならない好メンバーというのがファンを呼んだのかもしれません。

私は前のエントリーに書いたとおりイスラボニータからの馬連と1着固定の3連単を買ったので馬券は残念ながらハズレました。

エイシンヒカリ、もう少し早いペースでの逃げになると踏んだのですが1000m通過が59.9とこのメンバーとしてはスローと言っていい楽なペースだったと思います。

直線坂上ではこれはエイシン逃げ切りそうだ、蛯名なんとか2着に残してくれ!と思いながら「そのままぁ~!!!!」と叫んでいましたが健闘むなしくイスラは3着。

ただ、これは自分の馬券としては納得の行くハズレでした。また次に頑張ります(笑)

この日、とてもとても悔しかったのが7R。500万下の芝2400mです。

本命に取ったのは6番トルークマクト(4番人気)。

11頭立てと少頭数でしたが混戦模様で下位人気の馬にも十分にチャンスはありそうでオッズほどの差はないメンバーだと考えていました。

なので馬券はトルークマクト1頭軸の3連複で行くことにしました。(←ここ自信を持って馬単、馬連でいけばあるいは・・・

相手に選んだのは6頭。

2番スプレンデレ(3番人気)、3番エバーシャルマン(1番人気)、5番マイネルヴェルス(5番人気)、9番ミュゼダルタニアン(2番人気)、10番マイネルポルトゥス(9番人気)の5頭はすんなり決まりました。

が、最後の6頭目を4番ジェイケイライアン(7番人気)と7番ビレッジソング(8番人気)のどちらにしようかと悩みました。

相手7頭の21点買いも頭にかすめましたが3連複でそれはちょっと多いと思ったので半ば無理矢理に選んだのがジェイケイライアン。

選んだ理由はジェイケイが江田照男でビレッジが井上敏樹の手綱だったこと。
穴男といえばエダテルだよな、とこれだけの理由。井上君もちょいちょい美味しい馬券くれるので狙えそうな時は拾っているのですが・・・

はい、痛恨の選択ミス。どうせなら相手7頭でも良かったのに。

結果は1着トルークマクト、2着マイネルポルトゥス、3着ビレッジソングと入って馬連20,470円、3連複は153,160円!

馬連でも良かったじゃないか!どうして井上敏樹にしなかった!相手7頭でも良かったじゃないか!

と思いっきり凹んだのは言うまでもありません。

もうちょっとで久しぶり(6年ぶり)の10万馬券だったのに・・・(ToT)

この日、結局馬券は全部で8レース購入して的中できたのはテレビ静岡賞の馬連だけ。
これがなかなかの好配当だったのでそれほど大きく負けずに済みましたが、大勝ちして帰るチャンスだったなあと妙に敗北感の大きな一日になりました。

それでも6月以来の東京開催。
やっぱり東京競馬場はイイなあと思いながら帰ってきました。

来週こそは勝ってやるぞ~!とアフター競馬で呑んだくれたのは内緒ですw

では。

[東京競馬場] ブログ村キーワード