「東京新聞杯」タグアーカイブ

東京新聞杯(2018) 回顧

馬連、3連複をサトノアレスから流してW的中、馬券は当たったが。

グレーターロンドン、なんで前に行ったんだろう?
きっとダイワキャグニーがこんなレースするんだろうと思うような位置でグレーターロンドンが運んでいて「は?」というレース。

これで前に行ってもこの馬の良さは出ないということは陣営もよくわかっただろうが、こんな運びにしてしまったのは何故だろう。
この馬としてはスタートが良すぎて前に馬を置けずにやや掛かり気味に前に行ってしまった感じはあるが。
何とか抑えて前に馬を入れることができていればまた結果は違っただろうか。
この辺は鞍上がテン乗りの川田だったこともあったのかもしれない。

それにしてもこの惨敗は本命にはしていなかったもののこの馬のファンとしてはショックだ。GⅠはともかく重賞は勝てる馬だと信じているだけに巻き返しに期待したい。
次にどこに出てくるのかはわからないが、その時は願わくば真ん中から内目の枠に入ってくれることを祈る。

勝ったリスグラシュー。
追い切り時計を見たときはやり過ぎだろうと思ったが、完全に本格化ということだったのねw
道中馬なりで先行馬を見る中団に位置取り、直線も残り400mを切ったところで前が開くと軽く仕掛けられるだけですんなりと抜け出してきた。
鞍上との息もぴったりで文句のつけようがない完勝。とても上手な競馬ができていたと思う。
GⅢとはいえ牡馬混合でこんなレースができるのだからヴィクトリアマイルに向けて展望は明るいだろう。

本命のサトノアレスは2着。
道中は後方3~4番手。枠順を利して内をロスなく進み直線も最内を突くレース。こちらは完璧なレースをしての2着だけにここからGⅠとなると少し厳しい気はするがペースにかかわらず末脚は確実に使ってくれる。
そういう脚質もあってか意外に人気にならないので、馬券的には今後も狙いたい1頭になりそう。

3着ダイワキャグニーは3番手評価にはしていたものの正直ここまで走るとは思っていなかったw
この馬もホントに強くなっている。今回は外枠が厳しかっただけだろう。
 
 
 
 

 
 
 
 
4着デンコウアンジュも人気はなかったが中団後ろから終いは間を縫うようにしっかりと脚を使っている。だいぶ成長しているように感じるし、アルテミスSを勝っているようにこのコースは得意なのだろう。
府中のマイルなら侮れない存在に思う。
 
 
そして今年も東京新聞杯は1番人気は勝てなかった(グレーターロンドン9着)
こういうことが言われ始めると得てしてそうしたジンクスは破れるものだが。。。
 
ハンデ戦でもないのにこんなに1番人気馬が勝てない重賞と言うのはもしかしたら珍しいのだろうか。
暇があったらちょっと調べてみようか(やる気なしw
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

東京新聞杯(2018) 予想

土曜日のアルデバランSは完敗。
けっこう自信を持って買ったのだが、本命ラインルーフは3着。1,2着はまったくのノーマーク。
直線半ばくらいまではいけるかと思ったのだが。。。

気持ちを切り替えて東京新聞杯。

なんと以外にも前日21:57現在で1番人気はリスグラシュー。

やはり追い切りの栗東坂路49.8はインパクトがあったのか。
やり過ぎじゃないか?と不安になるファンを励ますかのように金曜日にも坂路に入れて16-16の時計。人気するのも仕方がないか。

しかし、ここは冷静に考えたい。

枠順確定まではダイワキャグニー本命かなと思っていたがあいにくの8枠15番。
同じコースの前々走、キャピタルSではタイム差なし2着のサトノアレスが2番枠、ダイワキャグニーが4番枠だった。
それが今回はサトノアレスがその時とあまり差のない3番枠、ダイワが15番枠。
これはどう考えてもサトノを上位に取りたくならないか。
しかもオッズはダイワ3番人気に対してサトノ5番人気。断然妙味はサトノアレスに軍配が上がる。

あとはダイワキャグニーと本命をどちらにしようかと考えていたグレーターロンドンとの比較。

グレーターロンドンは脚質を考えると大外16番枠はそれほど気にならないが、今回のメンバーを考えるとそれほどペースが上がるとも思えず、終い一辺倒では勝ち切るまではどうか。
個人的には応援しているし、重賞勝ちを決めてほしい馬の1頭ではあるがここは2番手評価にとどめたい。

従って本命はサトノアレス。鞍上柴山が少々心配ではあるが復調なったGⅠ馬の底力に期待したい。

対抗グレーターロンドン、単穴ダイワキャグニー。
リスグラシューは4番手評価で、以下押さえにデンコウアンジュ、クルーガー、アドマイヤリード。

馬連流し6点、1頭軸3連複流し15点で。
 
 
 
 

 
 
 
 
きさらぎ賞はケンの予定。
 
あえて買うつもりで印を打つなら本命ラセット、対抗オーデットエール、単穴グローリーヴェイズ、押さえにサトノフェイバー、ダノンマジェスティ、カツジという予想だが、まったく自信もないし、穴党を嘲笑うような固い決着になるような気がする。
 
ここは手を出さないのが賢明だろうと考えている。
 
京都の外回り、意外な逃げ馬が残りそうな気もするがどれが逃げるのかもイマイチわからないし。
ここに出走するメンバーがクラシック路線でどの程度やれるのかを見るレースだろう。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

東京新聞杯の登録馬を眺めてるいるが

東京新聞杯の登録馬を眺めているが
 
 

人気上位になりそうなのは差し追い込みばかりだなあ・・・

かと言って前に行く馬がいないというわけでもなく。

トウショウピスト、ディバインコード、マイネルアウラートあたりの先行争いか。
いずれも10番人気以下になりそうなタイプなので、どれがハナを取るにしても楽に行かせてもらえそうな雰囲気はある。

グレーターロンドン、リスグラシュー、ダノンプラチナ、クルーガー。
この辺が後ろでけん制しあって、ダイワキャグニーも後ろに気を取られていたら面白いことになりそうだがダイワの鞍上がノリだからそうは問屋が卸さない、か。

いずれにしてもさほどペースは上がらなさそうなので軸に取るなら有力馬の中でも前よりに構えそうなの、となるとやはりダイワキャグニーか。

心情的にはグレーターロンドンだし、このメンバーなら展開不向きでも力で押し切ると信じたいところなのだが後方一手というのが引っ掛かるし、鞍上が田辺から川田に乗り替わりというのもちょっと嫌な材料。

ただ極悪馬場の天皇賞秋を除けば大きくは崩れていないし、ここは余裕でブッコ抜いてもまったく驚かないメンバーでもある。

ちょっと悩ましいな。東京のマイルなら大丈夫と信じるかどうか。馬券の肝はその一点に掛かってきそうだ。

 
 
 
 

 
 
 
 
ダイワキャグニーかグレーターロンドンのどちらかを本命にするとして、対抗も2頭のどちらかということだと穴党らしからぬ印になってしまいそうなのだが、冷静に考えるとやはりそういう形になるだろうか。
 
3着に人気薄が来ることを期待して3連系のフォーメーション馬券でも買うことになるだろうか。
 
カデナとかベルキャニオンなんか穴馬にいいんじゃないかなあなどと思っているが。。。
 
 
 
 
グレーターロンドンにはここで賞金を上積みして、安田記念でGⅠタイトルを奪取してほしいところ。
 
願わくば、ここを勝って次走で負けて人気を落として安田記念を勝ってほしい、などと都合のいいことを考えたりしているのだが(笑)
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

東京新聞杯、完敗

きさらぎ賞は予想は当たってたのに馬券を買ってませんでした。
馬連、案外ついててちょっと後悔。馬連2点買いで9.6倍つけばまずまずの結果ですよねえ、買えば良かったw

東京競馬場に行って見ていましたが、友人がアメリカズカップと誕生日が一緒という理由で応援の単勝を買っていて大喜びしておりました。単勝1720円は美味しいですよね。
 
 
 

 
 
 
東京新聞杯は全然でこちらは馬券を買っていましたが2着のプロディガルサンは無印だったのでまったく手も足も出ない結果。
 
スローになるとは思っていましたが古馬のマイル重賞でテンの3ハロンが37.2ってスローにも程があるかと。
 
究極の上がり勝負でレース上りが32.7ってなんなのw
 
馬券になった3頭はいずれも上がり32秒台の脚を使っていますが、逃げたブラックスピネルもそんなキレッキレの上がりを使ってるわけですから後続には厳しいレースになりました。
 
2着プロディガルサンが32.0、3着エアスピネルが32.3の上がりですから結果論ですがもう少し前でレースができればという内容かと。
 
エアスピネルは気性的にある程度前に行って押し切るというレースがいいと思っていましたが、今日のレースを見る限り折り合いがつくようなら押さえて終いのキレを活かすというレースもできるのだなあと少し見解を改めました。
 
それとプロディガルサンは完全に甘く見過ぎてました。この馬もマイルくらいならディープインパクト産駒らしいキレを使えるんですね。ちょっと意外だった。
 
なんにしても完敗の東京新聞杯でした。
 
マイネルアウラートにもう少し流れるペースで後続に脚を使わせる流れを作ってほしかったなあと思うのですが、今週の柴田大知騎手はもう一つリズムが良くなかったような感じです。
 
ま、こんな週もある。というか珍しくないw
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

きさらぎ賞、東京新聞杯(2017) 予想

きさらぎ賞は8頭立てとちょっと寂しい頭数。

頭数が揃わないのは時期的なものもあるのか、クラシックを狙う勢力が本格始動するのは3月になってからが多いので仕方のない面もあるのか。

これで5年連続で10頭を切る頭数。それ以前も12頭前後の頭数になることが多く元々フルゲートで争われるというのが少ないレース。

それでも勝ち馬にはサトノダイヤモンド、トーセンラー、リーチザクラウン、ネオユニヴァース、ナリタトップロード、スペシャルウィークなどなど、GI級がゴロゴロ。

今年はサトノアーサーが断然人気になりそうだけど、ここで強い勝ち方をするようならクラシック路線でも俄然有力馬の1頭になりそう。

きさらぎ賞は馬券的にはあまり好配当は望みにくいかもしれないけど、少頭数だしあまり買い目を広げずに当てたいところ。
できれば馬単馬連各1点で、といきたいところだけどそこまでは絞れないかw

展開はこのメンバー・並びなら、スタートを決めればタガノアシュラが逃げて番手にプラチナヴォイス、3番手集団にエスピリトゥオーゾやマテラレックス、アメリカズカップといてその内に人気のサトノアーサー、あまり流れが早くなるイメージはなく隊列も一団で進みそう。

となれば前走500万条件とはいえ上がり32.7で楽々突き抜けたサトノアーサーで仕方がないか。

京都1800mは2戦2勝のプラチナヴォイスも捨てがたいが、スローのキレ味勝負ならサトノアーサーに分がありそう。

3番手には少しひねってアメリカズカップを取り上げたい。同厩のダンビュライトよりも朝日杯では着順が上回っているにもかかわらず人気はコチラが下となればオッズ面で妙味はありそう。

◎1番サトノアーサー
◯5番プラチナヴォイス
▲7番アメリカズカップ

断然人気馬から入る以上あまり手を広げても仕方がないので印はこの3頭で。

◎→◯▲の馬連2点、◎→◯→▲の3連複3連単を各1点。
 
 
 

 
 
 
東京新聞杯も10頭立てとやや寂しい出走頭数。
 
こちらは京都金杯を勝ったエアスピネルがやはり抜けた一番人気になりそう。
京都金杯での着差はなかったものの抜かれる雰囲気はなかったし、今回斤量増は0.5kg。
前走2着のブラックスピネルは1kg増なので、ここで逆転というのは前走以上に展開に恵まれる要素がほしいところ。
 
展開的にはおそらくマイネルアウラートの単騎逃げでやはりスローペースになりそう。
 
ならばエアスピネルの連軸は揺るぎないとして相手は前々で進められそうなところを中心に。
 
◎7番エアスピネル
◯3番マイネルアウラート
▲10番ヤングマンパワー
△2番ブラックスピネル
 
エアスピネルからの馬連3点で。
 
 
きさらぎ賞も東京新聞杯も全然穴党らしくない予想に落ち着いてしまうので、レースは楽しみだけど馬券はあまり気合が入らない重賞2鞍です。
 
今週はスクリーンヒーロー産駒の出走もないしなあ・・・
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村