「有馬記念」タグアーカイブ

有馬記念2016~こんなレースを見られる幸せを噛みしめよう

年末最後の月曜日、やることはヤマほどあるので頑張って仕事しましたが実際には有馬記念が終わってすっかり気が抜けているふぉんてんです。
 

有馬記念、馬券的にはまったくつまらない結果で私も壮大にガミってしまいましたがw、とてもとても、とてもいいレースでした。

直線からの人気馬3頭の熾烈な叩き合い、我らがゴールドアクターもよく頑張って一瞬抜け出すかと思わせるシーンもありましたが、そこからのキタサンブラックの脅威の粘り腰。
そして、やはり直線の坂ではもう一杯か?とみせて坂を登りきると最後に一瞬の強烈なキレをみせたサトノダイヤモンド。

いや~、痺れました。堪能しました。

ゴールドアクターが負けたのは悔しいけど、サトノダイヤモンドとキタサンブラックの強さに脱帽です。

今後、相当展開に恵まれるなどがないとゴールドアクターがこの2頭に勝つのはなかなか難しいだろうなと感じさせるレースだったなあ。
 
 
 

 
 
 
ルメール騎手の勝利ジョッキーインタビューも良かったですね。
 
彼の涙にはグッときました。
 
ルメールがJRAの騎手試験に合格した時に、短期免許との違いは若駒にずっと乗り続けられることということを言ってましたが、ずっとサトノダイヤモンドに騎乗し続けて、そして大きなレースを勝ってあの時言っていたことはこういうことなんだなあと。
その喜びをとても真っ直ぐに我々ファンに伝えてくれたと思います。
 

 
 
来年はサトノダイヤモンドを中心に日本の競馬は回っていくんだろうし、キタサンブラックやゴールドアクターも一矢報いるためにさらに研鑽を積むでしょう。
 
来年の競馬がとても楽しみになる良い有馬記念だったなあと思います。
 
 
ずっと、ずっとこういう競馬が続いていってほしいし、そしてそれをライヴで見られる我々はなんと幸せなのでしょう。
 
有馬記念の余韻に次の競馬が始まるまでたっぷり浸っていたいと思います。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

有馬記念(2016)枠順抽選会-追記の追記あり

JRAは何が何でもキタサンブラックを年度代表馬にしたいと思ってるのかと考えてしまいそうな枠順抽選会でした(笑)

こういうのを「持ってる」と言うんでしょうか。
キタサンブラックが秋3戦ですべて1番枠を引く確率2720分の1、ですからね。陰謀説を唱えたくなる人の気持ちはわかるw

私は競馬場でまた北島三郎のまつりを聴きたい!などとと願ってるわけでは全然ないので、「またかよ」と呆れるというかちょっとシラケる抽選会だったなとは思いますが、最後2番か大外16番かの天と地ほどの差のある枠順を残したところで吉田隼人が2番を引いてくれたことにホッとしています。

しかし去年の有馬記念からマリアライトがグランプリで3連続大外16番というのもかなりの確率。
4096分の1ですからね。蛯名騎手の達観したかのような表情が印象的でした。ちょっと応援したくなる。
馬場が荒れてくれたら面白いな。。。
 

ただ枠順も決まり、これで印もほぼ固まりました。

宗教上の理由wでゴールドアクターは一番手に取り上げざるを得ない私ですが、それを除いて考えると本命はサトノダイヤモンドかな。

☆ゴールドアクター
◎サトノダイヤモンド
◯サウンズオブアース
▲シュヴァルグラン
△キタサンブラック
△マリアライト
△ヤマカツエース

以上の7頭で馬券を組み立てることになりそうです。応援の単勝2番はもちろん買います。

マルターズアポジーに果敢な逃げを期待したいし、サムソンズプライドなんかにも横山典騎手の意地を見せてガンガンに攻めるレースをしてほしいなと思ったりしています。
 
 
 

 
 
 
ゴールドアクターの祖父グラスワンダーが最初に有馬記念を勝ったときが1枠2番、連覇した時は4枠7番でした。
 
ゴールドアクターはその逆の順番だけど有馬記念で同じ枠に入るというのも何かの偶然でしょうか。
 
祖父のように連覇を決めてくれると嬉しいなあ。。。
 
[追記]
ゴールドアクター、有馬記念で引退って話を見掛けたけど、ホントなのかな。だとしたら寂しいなあ。。。
 
[追記の追記]
ゴールドアクターの引退話、どうやらスポーツ報知の記者が宝塚→有馬のグランプリ連覇がかかるマリアライトが引退レースなのを、有馬連覇がかかるゴールドアクターが引退するのだと勘違いして記事中に書いたもののようです。
騒動の発端となった記事中にあった引退レースの文字が消えてましたw
人騒がせな話です。
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

有馬記念

昨日、逃げるは恥だが役に立つが終わってしまったので、いわゆる逃げ恥ロスに溺れている ふぉんてん です。

でも、その前に放送されてた重版出来!が終わった時にも「あ~、もう終わりかぁ、寂しいなあ」と思っていたので、次の火曜ドラマに期待してます。

それにしてもガッキーは可愛らしかった。忘年会シーズン、きっとアチコチで恋ダンスを踊っている人がいるんだろうなあ。

そういえばケネディー大使の恋ダンスもアップされてましたっけ。米国大使館、やるなw
 
 

そんな逃げ恥談義はさておき。

まだ水曜日だと言うのに有馬記念ムードが高まってきた感じがします。

普段、競馬にはまったく関心を示さない会社の上役が「◯◯さん(私のこと)に有馬記念の馬券を頼んだら買ってもらえるかな?」と聞かれました。

こうやって普段馬券を買わない人もまるで年末ジャンボ宝くじでも買うかのように興味を示すので有馬記念は世界一馬券が売れるレースになってるんでしょうね。

昨年は425億円ほどの売上でしたが今年はどのくらいになるのでしょうか。
ちなみに過去最高は875億円、サクラローレルが勝った1996年の売上が最高額だったようです。
バブルも崩壊して数年経っていたはずですから、日本の競馬人気はほんとに凄いものだと思います。
 
 

ただそこから比較すると有馬記念の売上は半分以下に落ち込んでいます。
JRAの年間馬券売上のピークが4兆円(1997年)、昨年の年間売上が2兆5800億円ほどですからピーク時からの落ち込みは35%。

年間を通じてコンスタントに馬券を買う人からの売上が景気の悪化・収入の減少といった要因で減少しているのであれば、有馬記念も35%程度の落ち込みで済むのが妥当と考えられ、現在も560億円程度の売上があっても不思議ではないのですが、それが425億円まで落ちている。

ということは当時、有馬記念だけは買うといった人たちがたくさんいて、今は馬券を買っていないそういう人達の分だけで135億円くらいはあったのかなと想像できます。
今年、金杯デーに中山競馬場の全レースで売れた金額が120億円ほどなのにこれって凄くないですか。
 

さらに有馬記念に投じられる400億円という金額。

今年の日本ダービーの日、東京競馬場で行われた全レースで売れた金額が410億円ほど。

それと同じくらいの金額が有馬記念というたったひとつのレースに使われるのですから、有馬記念の特別感たるや何をか言わんや。

そりゃあの狭い中山競馬場に10万人が集まるのも不思議ではないですね。

また中山競馬場から船橋法典駅への地下道が徒歩70分もかかるという状況になるのでしょうか(笑)
 
 
 

 
 
 
私は有馬記念は東京競馬場で見ることが多いです。というか中山競馬場では見たことがありません。混雑しすぎるからw
 
この日は東京競馬場もレースが開催されているわけでもないのにとてもたくさんの人が集まります。
たぶん数万人は集まるんじゃないでしょうか。少なくとも開催されている土曜日よりもずっと多くの人が開門からいますし、有馬記念が始まる頃にはそれほど注目されないGIよりもたくさんの人がターフビジョンを見つめています。
みんな競馬が、有馬記念が大好きなんだなあとなんだか嬉しくなります。
 
 
今年も昨年のような歓喜の有馬記念となるか、ガックリと肩を落とす有馬記念となるのか。
どちらにしても記憶に残る、いいレースだったなと思える有馬記念になることを願います。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

有馬記念連覇を後押しする血統

ラジオNIKKEIの小林アナが今年の漢字「金」から金→金剛石→ダイヤモンドと言っていて、なるほどなあと感心したふぉんてんですm(__)m

今年の3歳馬は強い!ということなら斤量面でも有利なサトノダイヤモンドは外せないですよね。
2番人気くらいになるのでしょうか。

今年の有馬記念はおそらくキタサンブラックが1番人気になりそうな気配。

ファン投票1位かつ単勝1番人気になったのは過去20年を調べてみると半数の10頭。
ファン投票1位で単勝は2番人気以下だったのは7頭、不出走3頭。

ファン投票1位でも単勝1番人気になることは意外に多くはないんですね。

その上で有馬記念を勝ち切ったのは2000年のテイエムオペラオー、2003年のシンボリクリスエス、2004年のゼンノロブロイ、2006年のディープインパクト、2013年のオルフェーヴル。

10頭中、半分の5頭ということになります。

単勝1番人気馬がレースに勝つ確率はたしか3割ほどと言いますから、有馬記念でファン投票1位かつ単勝1番人気となるとそれよりも確率は上がる、という解釈もできそう。

キタサンブラックには追い風のデータ、とも言えるでしょうか。
 
 
 

 
 
 
ところでゴールドアクターには何か後押しをしてくれる材料はないでしょうか。
 
もし今年ゴールドアクターが有馬記念を勝つと連覇ということになります。
 
過去、有馬記念を連覇したのはスピードシンボリシンボリルドルフグラスワンダーシンボリクリスエスの4頭。
オグリキャップとオルフェーヴルは2勝していますが連覇ではありません。
 
シンボリの冠名を持つ馬が4頭中3頭というのは偶然なんでしょうか。
 
 
シンボリルドルフの母父がスピードシンボリですからこの血統は中山芝2500mは得意なのかもしれません。
 
また◯外2頭のグラスワンダー、シンボリクリスエスはともにヘイルトゥリーズン系の父を持つという共通点もあります。
ヘイルトゥリーズン系はロイヤルチャージャーに遡りますがスピードシンボリの父父もロイヤルチャージャー。
 
もしかしたらロイヤルチャージャー~ヘイルトゥリーズンという血が有馬記念には向いているのかもしれません。
 
 
ゴールドアクターは祖父グラスワンダーが連覇しているというのも心強いですし、父スクリーンヒーローを通じてヘイルトゥリーズン5×5のクロスを持っているというのも後押しの材料になるのではないでしょうか。
 
 
有馬記念連覇に向いた血を持つゴールドアクター、期待が高まります。
 
 
 
もっとも他の連覇していない有馬記念馬の血統はどうなんだ、と言われると検証はしていないのですが。。。
だいたいサンデーサイレンスの父系にヘイルトゥリーズンがいますから、現代の日本馬はたいていヘイルトゥリーズンを持ってるだろ!とツッコまれるのは承知の上なんですけどね。
 
ただパッと見たところ過去20年の有馬記念馬にヘイルトゥリーズンのクロスを持っている馬はゴールドアクター以外にはいないようですし、なかなか良い説ではないかと思っているのですが・・・どうでしょうか。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

有馬記念(2016)のサインはヤマカツエースを指名

今年の漢字が「金」になったと聞いて、おぉ!有馬記念はゴールドアクターのサイン! と思うより先に「またかよ」と思ったふぉんてんです m(__)m

これで今年の漢字で金が選ばれるの3回目くらいじゃないですか?
オリンピックで日本が金メダルたくさん取るたびに金が選ばれるというのも芸がないと言うかなんというか。。。

すかさず馬友からもゴールドアクターのサイン、とメールが来ましたけどね。

競馬ファンのなんでも競馬に繋げて考えてしまう楽しい習性、可愛いものですw
 

さて、なのでまだ1週前ですが有馬記念のサインを考えてみようかと。

今年の漢字「金」で指名されそうなのはゴールドアクター、キングカメハメハ産駒のヤマカツエース、母父キングカメハメハのデニムアンドルビー。

また今年の印象に残る出来事というとトランプ氏が事前予想を覆して大統領選挙に勝利。
ということで「トランプ」に関するところでサトノダイヤモンド、ミッキークイーン、ヤマカツエース、母シュガーハートのキタサンブラックが浮上。
 
 
 

 
 
 
他に今年を象徴する出来事、何かないでしょうか。
 
熊本の地震なんかもなかなかショックな災害で何かそれを示すようなものはないかと探してみると、池添騎手が生まれは熊本ということで震災直後に南阿蘇村に寄付をしていましたね。
ここでもヤマカツエースが浮上でしょうか。
 
他にも高倉騎手や吉村調教師も熊本出身ということで震災直後に寄付をしていたのを覚えています。
この二人は有馬記念への出走はなさそうですが有馬記念当日の他のレースで馬券になるかも。ちょっとチェックしておきたいところです。
 
 
熊本に限らず、鳥取や東北でも大きな地震が多かった今年。
サウンズオブアース=地球のサウンド、という名前は何かを暗示しているような気がしてなりません。
 
 
あと年始から話題になり続けたのはスマップ解散。
 
どれかの枠に「ス・マ・ッ・プ」の文字が集まったりしたらその枠は要注意かもしれません。
もっとも今のところ「プ」の文字を作れそうなサムソンズプライドが今のところ除外対象なのが残念なのですが。。。
 
 
今年はゲス不倫やスマップ解散騒動といった芸能スキャンダルに始まり、熊本地震、オリンピックの金メダルラッシュ、都知事選、シン・ゴジラや君の名は。といった邦画の大ヒット、大統領選のトランプ候補勝利などネタは豊富。
逆に言うとサインにするならコレ!というのもない一年だったのかも。
 
それぞれが今年はコレ、というのをサインに見立てて馬券を考えるのも面白いかもしれないですね。
 
私はとりあえず複数のネタでやたらと目についたヤマカツエースは押さえておこうかと思っていますw
 
もちろん本命はゴールドアクターに決まっているわけですが。。。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村