「愛知杯」タグアーカイブ

愛知杯(2018) 予想

絞り切れない。

中心はメイズウオブオナーかワンブレスアウェイかキンショーユキヒメか。

相手候補もマキシマムドパリ、ゲッカコウ、リカビトス、タニノアーバンシー。

他にもクイーンチャーム、ハッピーユニバンス、アンドリエッテ、レイホーロマンス。気になる存在がたくさん。

買うレースじゃない。しかし、だからこそ買いたくもなるわけでw

ワンブレスアウェイがもう少し中よりの枠だったら本命にしたいところだったが大外が嫌なのでメイズオブオナーを本命に。
対抗ワンブレスアウェイ。単穴にキンショーユキヒメ。

この3頭を1列目に置いた3連複フォーメーションで臨みたい。
2列目に上記3頭にプラスしてリカビトス、マキシマムドパリ。
3列目にゲッカコウ、クイーンチャーム、アンドリエッテを加えて買い目は計37点。

それでも朝の段階では合成オッズ4.47倍。一点だけトリガミの目があるがこれは目をつぶろう。

 
 
 

 
 
 
 
中山メインのジャニュアリーSも混戦模様。
 
ドラゴンゲート、ベストマッチョ、メイソンジュニア、エイシンバランサー、マッチレスヒーロー。
どれを軸にするか悩むタイプ多し。
 
京都メインの淀短距離Sも然り。ラインスピリット、ダイシンサンダー、スマートカルロス、クラウンアイリス、グレイトチャーター。
 
今日はなんとなく予想だけして純粋にレースを楽しむ姿勢がいいのかもしれないと思う一日だ。
 
のんびり予想ごっこだけしてお茶を濁そうか。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

愛知杯、難しいなあ・・・

あっという間に週末、1月の開催はいつにも増して駆け足で過ぎていく感じだ。

土曜日には愛知杯。

それ以前は12月の施行だったが2年前から1月施行に変更になっている。
牝馬限定のハンデ重賞だから荒れることが多いのは当然、我々のような穴党は張り切って取り組みたくなるレース。

今年は昨年の勝ち馬マキシマムドパリが昨年に引き続き人気になりそうだが、ハンデは昨年よりも3kg多くトップハンデの56kg、絶対的存在とは言えない。

ハンデ重賞を連覇となるとなかなかの偉業だと思う。過去の例で思いつくのは函館記念のエリモハリアーくらいしか思い出せないが他にもいただろうか。

日曜の日経新春杯もハンデ戦で昨年覇者のミッキーロケットが人気になりそうだが、こちらも昨年の55kgから2.5kg増のトップハンデ57.5kg。
今週は愛知杯、日経新春杯とけっこう荒れるかもしれないと期待に胸を膨らませてしまう。
 
 
中京芝2000mは坂の途中からのスタートなので前半ペースが上がりにくく、逃げ先行が好走しやすいコース、愛知杯もその傾向があるだろうかと過去5年を見てみるとそうでもないw
5年で馬券になった15頭中逃げ先行は7頭、差し追い込みは8頭で5分の成績だ。

馬場も前開催から中3週とそれほど時間は経っていないし、冬の時期ということもあり先行有利なパンパンの良馬場というわけにもいかないのだろう。

ならば展開がどうなるかをしっかり見極めるのが的中への道。
 
 

このメンバーなら先手を取るのはコパノマリーンになるだろうか。ただし近走で逃げたり先行しているのが他にもけっこういるし、人気のマキシマムドパリも近走は2~3番手の競馬、あまり緩い流れになるようなイメージは沸かない。

中団よりも後ろから長い直線を活かしてキッチリと末脚を伸ばすタイプに注目したい。

昨年のマキシマムドパリはまさにそういう競馬をしたが、近3走は先行しており果たして今回はどんな運びをするだろうか。

 
 
 

 
 
 
 
いや、しかし、
 
後方からの差し追い込み馬が要注意、と各馬の鞍上が考えたら人気のないコパノマリーンがあれよあれよの逃げ切り、ということもないではないかもしれない。
 
なにせ鞍上は誰もマークしないであろう井上敏樹だ。。。
 
 
と思ったがミルコが乗るタニノアーバンシーも前に行く馬だった。ひょっとしたらこいつがハナに行く可能性も微レ存。
となると他のジョッキーもミルコに楽をさせるようなこともなさそうだし。
 
 
う~ん、、、迷走。
 
このレース、手を出さないが無難か。
 
しかし、荒れそうじゃないか、今年最初の万馬券を取るならこのレースじゃないのか、そんな気もするから困ってしまう。
 
 
もう少しじっくり悩むとするか・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

愛知杯、狙うなら人気薄の逃げ先行馬かなあ

今週から第1回中京開催も始まり3場開催。2017年も本格化といったところ。

その中京開催の初日を飾るのは牝馬限定のハンデ戦愛知杯。
メンバーを見ると前にも書きましたが重賞惨敗組vs条件戦好走組といった様相。
なんとも狙いの絞りにくいメンツで全頭BOXにでもしないと当たる気がしませんw

過去10回の単勝平均配当が1808円という如何にも牝馬限定ハンデ戦という荒れ具合のレースですし、もしかしたら全頭の単勝を買ってもペイしそうな気さえします。

牝馬は格より調子という格言もありますし(そんなのあったか?)、ここはコースの特徴を踏まえて展開が向いて、かつ好調な馬をピックアップするのが的中への道じゃないかと決めつけてみます。

[コース図]

上のコース図を見てもらってもわかるように2000mのスタートは直線坂が始まってすぐの地点。
坂を登ったあとも向こう正面中程までなだらか上りになっているので、前半早くはなりにくいコース形態。
残り1000mの手前から直線に入るまでは下りが続くのでここでピッチが上がるものの、直線では中山並の急坂が待ち構えているため前半スローになりやすいものの上がり時計も意外に掛かるタフなコース。

これから天気が崩れて馬場も悪化するであろうことを考えるとある程度前目の位置で競馬をできるタイプを上位に考えたい。

出走馬を見渡したところ先手を主張しそうなのはプリメラアスール。この枠順ならば無理なくハナを取れそう。
 
ハンデも52kgと手頃だし、スローだったとは言え前走GIで勝ち馬に0.5差5着しているだけに楽に逃げられるようなら頭までありそうな存在ではある。

京都外回りよりも長い直線があることから中団から進めそうな人気どころはじっくりと構えそうなので、人気薄の前残りには特に注意をしたい。

4枠の2頭ウインリバティとプリメラアスール、それに3連勝中の7枠12番クリノラホールは押さえておきたいところだと思う。

軸をどれにするかというのはなかなか決めがたいが、前走阪神の内回り2000mで好位から押し切ったクインズミラーグロあたりが良いのかなあ。。。

馬番で1,5,6,7,10,11,12,14の8頭を上手いこと組み合わせて買おうかと今のところは考えている。
馬連8頭BOXでももしかしたらイイのかもしれないとも思うけど(トリガミ覚悟w)。
 
 
 

 
 
 
土曜日のスクリーンヒーロー産駒は5頭。
 
ですが、そのうち3頭は中京での出走。
愛知杯について考えておいてなんですが、雪で中止の可能性もあるんですよね~。
 
中山は問題なく開催されるでしょうが、中京・京都は微妙な雰囲気。
どうか雪で中止、月曜日に代替開催とならないことを祈ります。
 
 
確か去年?一昨年だっけ?
2月の東京開催が立て続けに雪で中止になって代替開催になり、そのときは東京開催があった感じがしない年があったことを思い出します。
 
やっぱり月曜日や火曜日の開催になってしまうとあまりレースを見ることもできないですしねえ。
 
無事に開催されることを祈ります。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

登録馬を眺めてのつぶやき Jan.12th,2017

昨日のグリーンチャンネル「今日の調教」で日経新春杯に登録のあるトルークマクトの調教がカットされていたのでがっかりしたふぉんてんです。

そりゃま、注目度は低いだろうけどさ。。。今日は出走馬も確定することだし今夜の「今週の調教」ではカットされないことを希望。
っつか、重賞だから全馬流すでしょう。

日経新春杯と同日の京成杯は17頭登録ですがどうやら出走は14頭になる模様。

どの馬が人気になるんでしょう。
ホープフルS2着のマイネルスフェーンでしょうか?
新潟2歳S3着以来のイブキなんかもそれなりに買われそうな気がしますが。
今年の3歳牡馬では重賞2勝のブレスジャーニーをお手馬にする柴田善臣を鞍上に迎えて、ここでしっかり賞金を上積みしたいという意欲を感じたりもしますが。
あとで陣営が善臣に「うちの(イブキ)とあちら(ブレス)とどっちを選びます?」と迫りたい、みたいな。←妄想モード

netkeiba.comの予想オッズではマイネルスフェーン、サーベラージュ、コマノインパルスといった人気順になってますけど。。。

マイネルスフェーンは鞍上・柴田大知なので応援しますが正直なところ人気で買いたいタイプじゃないのが微妙(笑)

今でも強烈に覚えていますが新潟で通算300勝を決めた時、300勝達成したレースの前に1番人気で負けて、インタビューで本人も「自分は人気のないときのほうが良いみたいですね」と言ってましたしw

メンバー中唯一の2勝馬アダムバローズがそれほど評価は高くなさそうなのがちょっと意外なんですが、これは京都2歳Sのシンガリ負けのせいですかね。

この辺を穴に狙ってみるのもオモシロイのかなあ、と登録馬の成績だけをみて漠然と考えたりしていますが。
 
 
 

 
 
 
土曜中京のメイン愛知杯もなかなかの混戦模様という感じがします。
 
こちらはマキシマムドパリが人気になりそうな気配ですが、上位人気はあまり差のない単勝オッズになりそう。
 
重賞路線惨敗組vs条件戦好走組という感じのメンバーですからね。
馬連3連複といった馬券は多少手広く買ってもそこそこ回収できるような気がします。
 
ま、過去5年の結果を見ても馬連万馬券が3回といういわゆる荒れる牝馬のハンデ重賞ですからね。
 
気合を入れて穴予想をするならこちらのほうでしょうか。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第53回愛知杯 予想

[愛知杯] ブログ村キーワード

早くも土曜日の競馬が始まりました。なんか週末が来るの早いなあと思うけど、前節は月曜日もレースがあったからか。

中京は昨年暮れ開催のAコースからBコースへのコース替わり。
なので基本的に芝コースは内枠の先行馬が有利と考えて良さそう。ペースも上がりにくいコース形態の上にメンバー的にもそう早いペースにはならなさそう。

内前有利でスローの展開になるとしたら、恵まれそうなのは最内のリメインサイレント。調子がどうなのかわからないけど、この枠なら逃げそうなハピネスダンサーを前にやって番手で楽にレースを運べそう。

前のエントリーで取り上げたバウンスシャッセも内目の2枠4番とロスなく運べそうな枠に入ったけど、近走の位置取りを考えると少し割り引いたほうがいいか。

人気のマキシマムドパリも近走の位置取りを見ると先行しそうだけど、鞍上のヴェロンってどんな騎手なんでしょうか。先週の成績を見るといまいち信頼はできなさそうな雰囲気ありますが。

もう一頭人気のシュンドルボンの8枠16番というのはちょっと厳しい枠になったかな。

マキシムドパリもシュンドルボンも好位につけて進めたいタイプのようなので意外にスローにならなくて中団からの差しが決まるような気もしなくもない。

どっちなんだよ!という感じで迷いに迷ってますw

オッズを見てもみんな迷ってるんだなあという感じで一番人気のマキシムドパリで5倍台後半の単勝オッズ。
続いてシュンドルボン、アースライズ、ハピネスダンサーと5~6倍台のオッズで続く混戦模様。

軸はどの馬から入ってもオッズ的にはチャンスがあると考えられなくもない状況です。

さて、どうしますか(笑)

内からそれほどガンガン行きそうなのは不在なので案外好位の内にソロっとハマってしまいそうな枠順となった和田騎手のフェリーチェレガロを狙ってみようかと思います。

前走のエリザベス女王杯では14着と数字上は大敗ですが着差は0.8。このメンバーならそれほど見劣る時計というわけではありません。
前々走のように先行策を取れば1枠の2頭を前に見ながらロスなく進められそうな並びになったと思いますし、そうバカにしたもんじゃないかなと。

相手も絞り切れないので単複で。

無理に相手を絞るならリメインサイレント、ハピネスダンサー、クインズミラーグロ、バウンスシャッセ、アルマディヴァンくらいか。

大荒れに期待する馬券でしょうね。

 
 
今日はスクリーンヒーロー産駒やダイナアクトレス牝系の馬がけっこう出走しています。
 
中京3レースのアイファーマシェリ、ネオヴォーグはともに大敗したようですがw、これから中山5レースにオーゴンワンダー、中京7レースにラブターボ、中京9レースにトレモロアーム、京都9レースにウインオスカー。
 
馬券的に狙えそうなのはラブターボとウインオスカーでしょうか。
 
ま、全馬単複で応援馬券を買うわけですが。
 
ウインオスカーはここを勝ってこの先に繋がるといいなあ。