「小倉記念」タグアーカイブ

小倉記念(2017) 予想

ハンデ戦らしい難解な一戦。

やたらトニービンの血が活躍してるとネットでは話題になっていてそれでフェルメッツァが浮上していたりするが、それなら素直に昨年の勝ち馬のクランモンタナでいいんじゃないのか?などとも思ったりする。

前走七夕賞組では4角で前が塞がり位置取りを悪くしたタツゴウゲキが鞍上デムーロにスイッチしたこと、引き続き52kgの軽ハンデもあって2番人気。

逃げ馬のいないメンバーで人気どころは差しタイプが多いだけに先行するだろうヴォージュは展開派としては軸に取り上げたいタイプだが、いくら流れのきつかった七夕賞とはいえほぼ同じ位置にいたマイネルフロストが2着に踏ん張っているのにそれより2kgも斤量が軽かったにもかかわらず9着まで着順を落としていることを考えるとさほど自信を持つこともできない。

ハンデ戦のG3とはいえさほどレベルの高いメンバーとも思えないし、ここは大振りしてもいいのかもしれない。

開幕2週目でまだ馬場もそれほど荒れてはいないし、スタミナを要求される小倉2000mで前々で競馬しながら最後まで辛抱強く伸びきれそうな馬はどれか。

枠順を考えると最内のスピリッツミノルなんかがいいかもしれないと思いついた。
金曜日の時点ではまったく眼中になかったのだが。。。

注目したのは前々走の鳴尾記念。スローの流れを終始中団で進み前が止まらない流れを内で進路を探しながら結局しっかり終えたのは残り1Fもなかった。
この時と同じように今回も内枠だが、今回のメンバーならもう少し前の位置取りができるのではないだろうか。

これまで戦ってきた相手が違うし、それでいて今回はハンデ55kgと前走からは3kgも軽くなる。
4走前の阪神大賞典で0.8差5着ならスタミナにも不安はない。

思い切ってこの馬から手広く流してみたい。
金曜日に投票した競馬ブログランキングの重賞予想とは違ってしまったのはご容赦 m(_ _)m

相手を絞るのは難しいが展開利を見込んでヴォージュ、サンマルティンを筆頭にフェルメッツァ、ストロングタイタン、ケイティープライド、バンドワゴン、ベルーフまで。

単勝と馬連で。
 
 
 

 
 
 
レパードSはエピカリス断然人気だし、たぶんこの馬が強い競馬を見せるんだろうという気しかしない(笑)
 
しかしそれでは馬券的には面白みもあまりないので狙うならハルクンノテソーロ。
 
エピカリスの能力が抜けているとはいえ遠征先で不安を発症してレースを回避した海外帰り、仕上がり8分なら取りこぼしもあるかもしれない。
 
エピカリスがいなければハルクンノテソーロとタガノディグオの2頭がこのメンバーなら能力上位だろう。
 
 
馬券を買うかはわからないが、ハルクンノテソーロからエピカリス、タガノディグオの2頭を相手に3頭目に穴馬が来てくれることを狙うような3連系の馬券がいいように思う。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

小倉記念(2016) 予想

[小倉記念] ブログ村キーワード

なんとも難解なメンバーになりましたね。

松若騎手だし、人気もないのでメイショウナルトが気楽に逃げて、テイエムイナズマが番手で落ち着いてスローに流れそうな感じはします。

ある程度前で競馬できる馬に有利な流れになると思います。
できれば内からロスなく先行できそうな馬を軸にするのが良いかと。

というわけで本命はエキストラエンドに。

前に行く6枠の2頭を見ながら内でロスなく先行できそう。あまり人気はありませんが浜中騎手もここは力が入るんじゃないかと。

4走前の東京新聞杯2着はなかなか優秀な内容だったと思いますし、このメンバーなら十分に勝負になると思います。

相手はダコール、テイエムイナズマ、アングライフェン、プランスペスカ、ベルーフ、マーティンボロまで。

馬連、3連複で。
 
 
 

 
 
 
レパードSは固そうな気がします。ケイティブレイブ、グレンツェント、ビットボスの3頭かなあ、と。
 
 
今日のスクリーンヒーロー産駒は小倉1Rのヴィグランドサヤカ、新潟4Rのヤマニンパスティユ、札幌8Rのフジノサムライ。
 
あまり期待できそうな感じはないですがw、ヤマニンパスティユは先週好調だった野中騎手なので、その辺に期待しようかと。
 
 
今日も楽しい競馬ができますように。
 
 

小倉記念、登録数寂しいなあ

[小倉記念] ブログ村キーワード

小倉記念、登録12頭って寂しいなあ、いつもこんなもんだっけ?と過去の小倉記念の出走頭数を見てみたらけっこう頭数揃わない年があって、ふ~ん・・・と。

札幌や新潟と違って関東馬が遠征しにくい場所、という関係でしょうか。

でもそれを言えば七夕賞は逆に関西馬にはちょっと遠いと思うのだけど、こちらはけっこう関西馬の遠征があるんだよなあ。
今年の七夕賞だって16頭中8頭が関西馬だったし・・・。しかも関西馬のワンツーw

ひと頃のように西高東低という勢力図は極端ではなくなってきている気がするけど、重賞クラスになるとまだまだ関西馬が優勢、ということなんでしょうかね。

ガンバレ関東馬!

そんな関西馬だらけの小倉記念ですが、人気になりそうなのは七夕賞2着のダコールでしょうか。斤量は引き続き58kgのトップハンデですが。

ハンデを見てると、前走レコード決着の鳴尾記念でハナ・ハナの3着に入ったプランスペスカが56kgから53kgへと3kg軽くなってるのがやけに恵まれたなあという気がしますが、netkeiba.comの予想オッズを見ると7番人気とずいぶん評価が低いんですが、本番もこの程度の人気でしょうか。

確かにコースは阪神から小倉に替わるので求められるコース適性は違うでしょうが、鳴尾記念も阪神とはいえ内回りの2000m。

前走と同じように内枠でも引き当てようものなら思いっきり軸でもいいんじゃなかろうか、などと思っているのですがどうなんでしょうか。

楽しみだなあ・・・(笑)
 
 
 

 
 
 
新潟ではレパードステークス
 
3歳馬限定戦、でしたっけ?なんとなく古馬混合のような気がしてた。
 
新しい重賞ってしっかり認識できてないなあ、などと自覚してしまうオールドファンです、すみませんm(_ _)m
 
 
過去の勝ち馬にどんなのがいたっけ?と思って確認すると創設された2009年にはトランセンドが、2012年にはホッコータルマエが優勝。
 
後のダートG1馬を輩出できるレースなんですね。ちなみに芝の2歳G1を勝ったアジアエクスプレスも勝ってますが。
 
 
今年はジャパンダートダービー2着のケイティブレイブが中心ですか。
 
で、ユニコーンS3着のグレンツェント、兵庫CS3着グランセブルスが追随という感じ。
 
 
過去7年、前走ジャパンダートダービー出走馬が4勝、1000万条件出走馬が2勝、ユニコーンS出走馬が1勝。
 
 
軸馬はこの条件から絞っていくのが妥当でしょうか。
 
ケイティブレイブなのかな。。。穴党はヒモ荒れを狙うのがいいのかもしれません。
 
 
 
ま、これからじっくりと・・・
 
 
 

小倉記念の枠順を見て

アホみたいに暑い日が続きますね。ども、ふぉんてんです。m(__)m
皆さん、体調崩したりしてませんか?

そしてあっという間にまた週末を迎えます。
なんでこんなに時間に余裕が無いんでしょうか。ボヤきたい要素満載な今日このごろです。

さて、小倉記念。

netkeiba.comの予想オッズを見るとマローブルー、ベルーフ、メイショウナルト、ウインプリメーラ、アズマシャトルの5頭が接近したオッズで上位人気を争っています。

混戦、ということでしょうか。

先日の秋開催の発表でエリカ賞がなくなってしまったことが一部では話題になってますが、昨年のエリカ賞を勝ったベルーフが1番人気になるのかなと思ってたのでちょっと意外な感じがしてますが。

枠順的には内から番手でレースが出来そうな枠に入ったウインプリメーラが一番良いところに入ったんじゃないかという印象。

ベルーフはもう少し外目の枠が欲しかったんじゃないかなあ。あまり他馬に絡まれたり包まれて競馬をするのは得意ではない印象がある馬だけに。

マローブルーも比較的良い枠に入ったと思います。この枠なら軽ハンデだけに思い切った競馬をする可能性もあるかな。

メイショウナルトは外目の枠になってしまったので外を回されるよりはハナに行き切った方が良さそうな枠だと思います。

アヅマシャトルは難しい枠に入りましたね。松若騎手だし、ずっと外を回されて終了という感じがします。

ガリガリ逃げるというタイプはいないものの、そこそこ先行馬は揃っているのでよどみない流れである程度スタミナを求められるんじゃないかなあという印象のメンバー構成。

とはいっても後方一気というのはよほど抜けた力がないと決まりにくいコースなのでやはり軸にすべきは好位差しのタイプかと。

ウインプリメーラを軸にするのがイイかなあと思っています。

ヒモには中団よりやや後ろからレースをしそうな差し馬を取り上げたいです。
芝のレースにも慣れてきた感じのするナリタスーパーワンとか、七夕賞3着であっと言わせたマデイラなんかも今度は狙いたいw

大きな配当、取りたいなあ~(笑)

[小倉記念] ブログ村キーワード