「宝塚記念」タグアーカイブ

宝塚記念(2017) 回顧

悔しかったなあ・・・

馬連を持っていたので馬券的にはプラスだったが、やはりゴールドアクターには勝ち切ってほしかった。

1/2馬身差

最後の直線は内外の馬場差もあって伸び負けた感じだったが、4角は内をロスなく回ってきての結果だからサトノクラウンにはちょっと力負けだったかもしれない。
 
 

スタートは天皇賞のときとは違って綺麗なスタート。

行きたい馬が前に行ったところでスーッと馬場のいいところを選んで1角に入っていったところなどは鞍上さすがだなあと思わせる騎乗。

そのまま中団で向こう正面も進んでいき、他馬のペースの上がり始めた3角過ぎにも動かず位置取りが下がったところで4角は内へ。

直線手前では前が壁になって抜け出せるのか?と心配したが直線入り口で前のスピリッツミノルが外に進路を選んだところで前がポッカリと開いて一気に加速して抜け出した。

とても上手く運んでいたし、まるで前が開くことをわかっていたようなレースぶり。
このへんはベテランならではという騎乗だろう。
某掲示板では吉田隼人に戻せという意見も多いが、やっぱり横山典弘は上手いと思う。
 
それだけにホントに勝ち切ってほしかったとつくづく。
 
 
 

 
 
 
勝ったサトノクラウンは向こう正面ではちょっと掛かったのかキタサンブラックの外にかぶせに行くように上がっていった。
その後ですぐに抑えたのを見てもおそらく掛かっていたのだろう。
それでいて最後の直線では馬場のいいところだったとはいえ最速の上がりで駆け抜けてくきたのだから強かった。
 
香港ヴァーズでハイランドリールをあっという間に抜き去った脚はやはり本物、レースぶりにムラはあるが本気で走れば相当強いということがよくわかった。
 
 
キタサンブラックはやはり大阪杯、天皇賞を続けて好走した見えない疲れがあったのか。
 
序盤からずっとうまく折り合いがついていない感じで走っていたし、あれでは直線で伸びを欠くのも仕方がないだろう。
 
こんな馬ではないことはみんな知っているし、これで評価が下がるということはない。
 
 
どうやら凱旋門賞挑戦は白紙になったようだが、来年も現役続行と言っていたし、できれば今年挑戦してほしいと思うがどうなるだろうか。
 
海外挑戦するにしろ、国内で戦うにしろ、しっかりと立て直してほしい。
 
 
 
それにしてもゴールドアクターの評価の低かったことと言ったら。
 
ちょっと舐められ過ぎじゃないか?と思っていたが、これで秋は少し人気も回復してしまうだろうか。
 
もう少し好配当を提供してほしいと思っているのだが(自分勝手w
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

宝塚記念(2017) 予想

日曜日朝の段階で阪神競馬場の天候は曇り、馬場状態は芝が稍重、ダートが重。
 

土曜日は先週と同様に早い時計が出ていた。
500万の出石特別・1400mの勝ち時計が1:20.8、1600万の垂水S・1800mが1:44.5。垂水Sはレコードと同タイム。逃げたシルバーステートが直線でちょっと気合いをつけただけで追うところなく、この時計が出るのだからやはり先週の高速馬場は続いている。

午前中の内は弱い雨が降る予報になっているが、これが時計にどの程度影響するか。稍重程度ならあまり影響もなく変化がないという気もするが、開催も4週目だし少しの雨で一気に状態が変わることも考えられるので今日のレースの時計には注意したい。
 

と言いつつも本命はゴールドアクターに決まっている。馬場状態を気にするのは入れる金額をどうするかを決めるため。

鞍上の横山典はこの日の騎乗は10R・花のみちS(ダート)と宝塚記念の2鞍。馬場状態の変化を事前に把握できないのは少々痛い。

極端に時計が遅くなり、外差しが決まりやすい状態に変化していたら控え目な金額にしようと思っている。

中心は単勝で、2着に負けた時のことを考えて馬連流しも押さえる。
連の相手はキタサンブラックを大本線にミッキークイーン、シャケトラ、レインボーライン、ミッキーロケット、サトノクラウン、シュヴァルグランまで。
 

ピークは過ぎた、年齢的な衰えがあるという評価を覆すゴールドアクターの復活、スクリーンヒーローの成長力を信じる。
 
 
 

 
 
 
応援している馬だから盲目的に信じているように見えるかもしれないがw、冷静に考えるとここでゴールドアクターを狙わずにいつ狙うのかと思っている。
 
確かに今年の2戦は不甲斐ない成績だが、日経賞は仕上げがイマイチだった休み明け、天皇賞は出遅れてちぐはぐな競馬だった。
昨年の有馬記念は3着に負けているが、勝ったサトノダイヤモンドとは0.1差、4着以下には1馬身1/4離している。
 
このメンバーに入ればキタサンブラックを除けば力は1枚上だ。
 
それが5番人気、単勝オッズ11倍。買うならここだろう。
 
ここで好走すれば、秋にはもうこんな美味しいオッズはつかなくなる。
 
 
関西圏のレースでは結果が出ていない、輸送が問題という見方もあるが、菊花賞では勝ち馬に大きく離されたものの3着は死守。この時が7番人気、一昨年の有馬記念は8番人気。
 
GIでは人気のないときにこそ買うべきタイプ。
 
願わくばキタサンブラックには3着くらいに甘んじてもらって、感動の春の締めくくりになってほしいものだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

宝塚記念、ゴールドアクターは2枠2番

宝塚記念、ゴールドアクターは2枠2番。先行できるアクターにとっては良い枠になったと思う。

他に先行しそうなキタサンブラックとサトノクラウンが8枠の10番11番枠に入ってくれたことも、テンから競り合うこともなさそうでゴールドアクターにとっては良い並びになったんじゃないかと思っている。

宝塚記念は8枠の好走が多く、過去10回で8枠の馬が5勝2着1回。JRAはとことんキタサンブラックに活躍してほしいと思ってるのかと勘繰りたくなるが(笑)、これもやはりスターホースとして持っているということなのだろうか。

阪神芝2200mは1コーナーまで距離は十分にあるので基本内外の有利不利はあまりないし、内回りでごちゃつくことの多そうな内枠よりも、スムーズに運べる外枠のほうがレースをしやすいということもあって8枠が好成績を残している、というのはあるのだろう。

しかし逃げ、または2~3番手くらいでレースをするなら内枠のほうが距離ロスもなく自分のペースで進めやすいはず。

アーネストリーがブエナビスタに勝った時(1枠2番)のように経済コースをフルに活かして一矢報いてほしい。

より期待度も高まったと思っている。
 

あとは当日の馬場か。

極端な道悪になったりしたら、逆に内枠が裏目に出るということもありそうでその点だけが心配。

良か稍重くらいでレースを迎えられるといいのだが。

もともとスタートも良く、鞍上の指示に素直に従うタイプ。

しっかりスタートを決めて、復活の勝利を魅せてほしい。
 
 
 

 
 
 
今週はゴールドアクターの他にも楽しみな1頭がいる。
 
土曜函館11R・大沼Sに出走のヨヨギマックだ。
 
半年ぶりの出走となるが昇級初戦となった前走は勝ち馬からは0.9離された3着だったものの初のオープンクラスということを考えれば、このクラスでもそこそこやれるという手応えはあったと思う。
 
叩き良化型という感じもするがゴールドアクターと同じ6歳、ダート路線のスクリーンヒーロー産駒代表として頑張ってほしい。
 
スクリーンヒーローの初年度産駒には他にプロトコル、クライスマイルというダートの上級クラスで頑張っている2頭がいるが、共に昨年の10月の出走後休養に入っていてまだ厩舎には戻っていないようだ。
 
モーリス、ゴールドアクターと芝のGI馬は出ているもののダート路線では重賞勝ちもまだ出ていない。
しかし、中央の下級条件や地方競馬ではダートでそこそこ走れる馬も出ているだけに、この路線のオープンでも活躍してくれる産駒の登場を切に願う。
 
まずはその代表となるべく、ヨヨギマックに期待したい。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ゴールドアクター、雌伏のときを超えて復活せよ

今週の宝塚記念は当然ゴールドアクターから入る。
キタサンブラックが抜けて強いのは百も承知、こればっかりは信仰だから仕方がない。

もう相当人気も落ちておそらく単勝オッズ10倍はつくだろう。

ちょっと厳しいかな?と思う時にこそ買うのが応援しているファンというものだろう。
そう、2015年の有馬記念の時のように。

この時は夏の上がり馬、伏兵の1頭という存在。8番人気・単勝オッズ17倍だった。

宝塚記念でも同じようにスタートを決めてキタサンブラックを前に見ながら好位で進み、直線坂上を過ぎてから差す!

そう信じて宝塚記念に臨むと決めている。

願わくば良馬場でレースを迎えられるように。
でも多少なりともキタサンが道悪を嫌がるようなら、アクターはそれほど苦にするタイプではないと思うので、少しくらい荒れ馬場のほうがいいのか。

しかし、良馬場で各馬がしっかり能力を出しきり、そのうえでキタサンブラックに勝ってほしい、そうなることを願っているしゴールドアクターならそれができると信じている。
 
 
 

 
 
 
モーリスが引退して、スクリーンヒーロー産駒のGI戦線での活躍が期待できるのは今はゴールドアクターのみだろう。(トラストの復活も期待したいところだが)
 
やはり期待せずにはいられない、
 
というより馬券がある以上、買ってないときに心から応援している馬に勝たれたりしたら後悔することは目に見えているからだ。
 
買わずにはいられないw
 
 
もちろんスクリーンヒーロー産駒だからといって何でもかんでも買うなどということはしないし、それまでの成績からさすがに厳しいかいうときにはごくごく少額での応援をしたりしている。
 
 
だが今度の宝塚記念はちょっと気合を入れて応援したい。
 
 
モーリス引退の時、堀調教師は「完成途上で引退となるのは残念」と言っていた。モーリスはまだまだ成長し、強くなると確信していたのだろう。
 
ゴールドアクターにもそのモーリスと同じ成長力に富んだスクリーンヒーローの血が流れている。
成長曲線がモーリスのそれとは違っているだけだ。
 
まだ終わってなんかいないし、ここ2戦の成績は次のステップへの雌伏のときなのだ。
宝塚記念で必ず復活し、2015年の有馬記念がフロックなんかじゃない、本当に強い馬であることを競馬ファンに示してくれるだろう。
グランプリ3勝の祖父グラスワンダーの血がきっと後押しをしてくれるはずだと信じる。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

宝塚記念(2016)回顧 トーホウジャッカルは終わったのか

[トーホウジャッカル] ブログ村キーワード

やはりキタサンブラックが逃げ、宣言通りに田辺・ワンアンドオンリーがそれに絡んでいった。
逃げ宣言をしていたという岩田・サトノクラウンは逃げられず後方だったけど淀みのない流れになって1000m通過が59.1。

馬場を考えると平均よりも早めで先行勢には息の入りにくい展開。

12.6 – 11.0 – 11.1 – 12.3 – 12.1 – 12.4 – 12.3 – 12.2 – 11.9 – 12.2 – 12.7

テンの1ハロンとラスト1ハロン以外は12秒台後半にラップが落ちることはなかった。

武豊・キタサンブラックが逃げる展開だと、天皇賞春もそうだったけど息が入らず先団追走組はなし崩しに脚を使わされ、抜けた力のない馬では最後まで持たない形に持ち込まれるのが定番になってしまったような気がする。

さすがにキタサンブラックも最後は脚を使い果たしたという感じで3着になってしまったけれど、天皇賞から宝塚記念までの中間、びっしりと厳しい調教をこなした上でプラス12kgの馬体重で出てきたのだから中身がギッシリと詰まって完成してきたのだろうと思わせる。

実際、3着と言っても勝ち馬と同タイムのクビ・ハナ差。
4着以下には1馬身1/4差をつけているのだから勝ちにも等しいホントに強い内容だった。

3歳時、セントライト記念の頃はまだそんなに強い馬になるとは想像できなかったけどなあ。。。

自分の予想ではキタサンブラックは少し評価を下げていたけれど、馬体重が発表になりパドックを見て「たぶん失敗したな」とその時点でちょっと思っていた。

馬券は買ってしまっていたのでどうしようもなかったんだけど。

たとえブログ記事に予想を挙げていても、勇気を持って買い目を変更することも考えたほうが自分の財布のためにはいいこともあるんだよなと思った次第。

自分の馬券としては一番期待していたトーホウジャッカルはキタサンの3~4番手外を追走。
ある程度先行するだろうとは思っていたけど、思ったよりも前の位置取りだった。

あの馬場状態、ペースであの位置では厳しい流れだったとは思う。

それにしても、、、4コーナーではもう手応えもなく2番手追走のワンアンドオンリーを交わすこともできず結果は15着惨敗。

レース前、陣営・騎手からも調子は菊花賞時と遜色ない状態といった話も伝わっていたので、それならばと自信の対抗馬に推したのだけれど。

ワンアンドオンリーやアンビシャスといった先行馬は軒並み二桁着順なので仕方がないといえば仕方がないかもしれないけれど、いくらなんでも負けすぎだと思う。

まして菊花賞時と同じくらいの状態まで戻っていたのだとしたら尚の事。

すぐ後ろで競馬をしていたこれも大穴として期待したサトノブレスが4コーナーから直線入口では一瞬見せ場のある8着だったことを考えるとトーホウジャッカルの不甲斐なさには本当にガッカリした。

馬券がハズレたからだけではなく、天皇賞の時にはホントに一瞬「復活か!?」と思わせる場面があっただけに余計に期待を裏切られた感じがする。

やはりあの菊花賞で大駆けをしてしまったために燃え尽きてしまっているのか。

本当に終わってしまったんだろうか。

4コーナーでズルズルと下がっていく場面を見せつけられては、馬場のせいだけでは片付けられないだろう。

個人的にはワンアンドオンリーやメイショウマンボとともに終わった馬、というクラスタに放り込んでおくしかないかなという感想。。。

菊花賞で私の大好きなゴールドアクターにあんなに力の差を見せつけて勝った馬だけに残念で仕方がない。
 
 
 

 
 
 
勝ったマリアライト。
 
蛯名騎手の鮮やかなリードに応えて見事な勝利。
 
エリザベス女王杯と同じ2200m、同じ稍重。
 
距離や馬場状態が向いたということもあるのかもしれないが、海外帰りとはいえドゥラメンテをクビ差下しての勝利は素晴らしい。
 
ドゥラのハナ差3着にはピークの状態とも思えたキタサンだからまったくフロックなどではない。
 
3~4コーナーで外々を回して長くしぶとい脚を使っての勝利はとても力強かった。
 
そういえばスイープトウショウも宝塚記念とエリザベス女王杯の両方、京都阪神の2200mを勝ってたっけ。勝った順番は逆だけど。
 
 
ドゥラメンテは道中はマリアライトの更に後ろの馬群の中。
 
マリアライトが外から上がっていたところでもジッとして4コーナーで外からマリアライトが交わしていってもまだ仕掛けは我慢。
直線入口に入ってから追い出し外が開いた
 
上がり最速の脚は使っているがマリアライトに0.2差しかない上がりを使われては位置取りからも届かない。
 
海外帰りで状態も8~9割くらいだったろうし仕方がないところ。
 
ゴール後、左前脚を痛めて馬運車で運ばれたのが心配だったがどうやら骨折ではない模様。
 
 
凱旋門賞は回避、今後についても白紙ということだがこれは現役続行か否かということも含めて白紙ということだろうか。
 
 
願わくば天皇賞秋、ジャパンカップで強いレースを見せてほしいところだが。。。