「天皇賞(秋)」タグアーカイブ

天皇賞・秋(2017) 回顧


 
キタサンブラックの出遅れを見たとき、みんなどう思っただろうか。

不動の本命と信じ、単勝にガツンと入れたり連軸にしていた人は絶望的な気持ちになったかもしれない。

逆に穴党の人たちはしめしめと内心ニヤリとしたかもしれない。
自分はこれはもしかしたら宝塚記念のように圏外に飛ぶかもと期待を膨らませていた。
 

自分の馬券はネオリアリズムから。序盤は内側の先団後ろにつけていい位置でレースを運んでいるように見えた。
しかし4角でじりじりと位置取りを悪くして直線入り口では早々に圏外に。体調が悪かったんだろうか。これほど着順を悪くするとは思いもよらなかった。

しかし、直線に入ったところで自分の馬券ははずれることがわかったので冷静にレースを見届けようと思い先頭争いに目をやると、いつの間にかキタサンブラックが先頭に立つ勢い。

え?もうそこまで上がってたの?うそ?内からそんな伸びるの?と少々混乱したが残り400mでは早々に先頭に。
そこからスーッと外の馬場の良いところに出して、追ってくるサトノクラウンが追っても追っても追いつけない体勢に持っていくところはさすが武豊。

どうせならキタサン、勝ち切ってしまえと心の中で応援してしまった。どうせ馬券ハズレだしw

大雨の東京競馬場、観戦するのも大変だったと思うけど、現地でこのレースを観ることができた人は良い体験ができたと思う。

自分は自宅でのテレビ観戦だったが、それでも少し涙腺が緩んだ。それくらい感動したレースだった。
いや~、キタサンブラック、本当に強い。そして武豊の憎いほど冷静な手綱さばき。
強い馬に名手が乗るとこんなに凄いレースを見せてくれるんだと。

このあとのJCも有馬記念もどうせなら勝って引退してほしいと思うくらい。馬券で本命は打たないと思うけどねw
 

ただ先週の菊花賞もそうだったが、とにかくタフなレースだったので疲れがどれくらい残るのか。
昨日の天皇賞に出走した馬は次走に向けてはどれくらいしっかりと疲れを残さずに調整をできるかが課題になるレースだったと思う。

ともかくキタサンブラックと武豊には心から賛辞を贈りたい。
 
 
 

 
 
 
それともう一つ、今年の天皇賞(秋)を見てやるなあと思ったのはグレーターロンドン。
 
心の本命馬だったのでwグレーターロンドンの動きにもずっと注目はしていた。この極悪馬場でどこまで追い込んでこれるだろうか・・・と。
 
そうしたら皆が避けてる内をスルスルと上がっていくじゃないか。
 
4角先頭のグレーターロンドンなんていったい誰が想像していただろうか。
 
結果は9着に終わったが同じ脚質のサトノアラジンが完全に馬場に末脚を殺されて18着惨敗となったことを見ても、田辺裕信のチャレンジは良かったと思う。
 
もしかして?とワクワクさせる騎乗、力は足りないかもしれないけど何とかしてやろうという気迫ある騎乗、好きだなあ。
 
この日は最終レースで通算700勝を達成した田辺裕信。まだ700勝なのかという印象すらある。
これからも要チェックの騎手だなあと改めて感じた。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

天皇賞・秋(2017) 予想


 
スワンS完敗、アルテミスS本命馬は勝ったものの2着馬抜け、というわけで残念な土曜日の結果。単勝万馬券の馬が2着に突っ込んできてのハズレなので仕方がない、と思ったが展開をしっかり考えられれば押さえられたかもしれない相手だったなあ。
 

気を取り直して天皇賞・秋。
 

ハナを取るのはロードヴァンドールだろうか。
前に行けそうなのは他にも内からネオリアリズム、ディサイファ、キタサンブラックといる。

夜になってからはずっと雨が降っていて馬場は重、もしかすると不良にまで悪化しそうな様相なので先週同様時計の掛かる展開になりそうだ。

となると追い込み一手では厳しい状況なのでどの馬も仕掛けは早くなりそうで、そうすると逆に差しが決まるという形になりそうな気もする。
しかし先行馬も相当に強力なメンツだけに簡単に止まるとも思えず、重馬場ゆえに差し追い込みは後方のまま届かず、というのもごく当たり前に想像できる。

なんとも悩ましい。

本命はネオリアリズムに取った。

逃げる馬を見ながら2~3番手からの競馬になるのではないか。
時計の掛かる馬場なら先行しながらしぶとくメンバー上位の脚も使えるタイプだし、好位から直線早め先頭でそのまま押し切るレースを期待する。

対抗にヤマカツエース。先行馬群を見ながら中団から直線半ばで先頭をうかがう競馬。念願のGI奪取に一番近いレースはここだろう。

3番手にリアルスティール。ヤマカツエース同様国内のGIでリアルスティールに最も適性のあるGIはこのレースだろう。

4番手にグレーターロンドン。心情的にはこの馬が本命だが毎日王冠で上がり1位タイで追い込んではきたものの0.2差は小さいようで大きな差に思える。
その時の勝ち馬・2着馬と今度は同じ斤量で戦うことを考えるとこれ以上重い印は打てない。心の本命馬として4番手の印。

以下、やはり実績に敬意を表してキタサンブラック、堅実に上位に来るステファノス、追い込みの脚は無視できないサトノアラジン、穴でサクラアンプルール。

馬券はネオリアリズムからの馬連流し、ネオリアリズム→ヤマカツエース→リアルスティールの3連複3連単を各1点、それと心情馬券でグレーターロンドンからネオ、ヤマカツ、リアルへの1頭軸3連複流し。
 
 
 

 
 
 
ソウルスターリングはやはり毎日王冠の負け方が気に入らないので、そしてサトノクラウンは調教が良いとは思えないので無印にした。
両馬とも上位に来てもまったく不思議ではないと思うが、サトノクラウンが来たら今後調教映像を予想の要素にいれることはやめることにしよう。そうなるとJRAレーシングビュアーは解約してもいいかもな。
 
 
外枠ではマカヒキやシャケトラも気にはなるが、そこまで手を伸ばしていたら展開的に恵まれるかもしれないロードヴァンドールもこんなに人気がないなら押さえておけ、などと言い出すことになるし収拾がつかなくなる。
 
 
ホントにこいつだけはいらないだろと思えるのがディサイファしかいないので本当は馬券を買ってはいけないレースなのだと思うw
 
それを言い出すとそもそも競馬を諦めた方がいい、という話になってくるのだが。
 
 
あぁ~、ほんと悩ましい(←喜んでるw
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

天皇賞・秋(2017)枠順確定


 
ラニが引退・種牡馬入りしたり、天皇賞・秋の枠順が確定したり、デビュー前に予後不良になってしまったバヌーシーのニンフⅡ2015の名前がバヌーシーノキボウになったり、豪州に行ったアドマイヤデウスの手術が成功してひとまず良かったねと思ったり、いろんな話が聞こえてくる木曜日だった。
 

それにしても天皇賞はなかなかおもしろい枠順になったような気がする。

1枠01番 サクラアンプルール(蛯名)
1枠02番 サトノクラウン(M.デムーロ)
2枠03番 ネオリアリズム(A.シュタルケ)
2枠04番 リアルスティール(V.シュミノー)
3枠05番 ヤマカツエース(池添)
3枠06番 ディサイファ(柴山)
4枠07番 キタサンブラック(武豊)
4枠08番 レインボーライン(岩田)
5枠09番 ソウルスターリング(C.ルメール)
5枠10番 ミッキーロケット(和田)
6枠11番 ロードヴァンドール(太宰)
6枠12番 ステファノス(戸崎)
7枠13番 グレーターロンドン(田辺)
7枠14番 サトノアラジン(川田)
7枠15番 マカヒキ(内田)
8枠16番 カデナ(福永)
8枠17番 ワンアンドオンリー(横山典)
8枠18番 シャケトラ(C.デムーロ)
 
 

逃げそうなのはキタサンブラックかロードヴァンドールだがキタサンのほうが内にいるし(さすがに今回は1枠ではなかったがw)、武豊が逃げの手に出るだろうか。

過去、天皇賞秋で逃げ切り勝ちなんてメジロマックイーンが降着になった時のプレクラスニー以外、記憶にない。
それだって逃げ粘って2位入線しての繰り上がり1着だから厳密には逃げ切りじゃないし。

ダイワスカーレットが1000m58.7で逃げて驚異の粘り腰でウオッカに2cm差の2着に負けたのが一番逃げ切りに近かったか。

天皇賞秋の逃げ切りってあったか?と調べてみたら、2000mになって以降はなんと1987年のニッポーテイオーだけだ。
そういえばこの年はダイナアクトレスが2番人気で期待して見ていたが、好位追走から直線伸びずに惨敗したんだった。。。けっこうな重馬場だったな。アクトレスの惨敗がショックでニッポーテイオーの逃げ切りというのを忘れていた。

そんな逃げ切りの難しい天皇賞秋でキタサンは逃げの手に出るだろうか。

ロードヴァンドールが行く気を見せたらそれを行かせて控えるんじゃないだろうか。そうなるとあまり早いペースにはならないか。

先週の不良馬場の影響もあるから後方に控える組もあまり先頭からは離されないように進みそうだし、スローの一団で東京コースらしい瞬発力比べになるだろうか。

それともまた雨で馬場が極端に重くなって、先週の菊花賞のような消耗戦になるだろうか。

はたまたロードヴァンドール、キタサンブラックにディサイファあたりが絡んでいって前半が厳しいラップのレースになるか。

アレコレ想像するのも楽しい。
 
 
 

 
 
 
逃げ切りってあったっけ?と調べていて思い出したのが↓のレース。
 

 
 
後藤浩輝・ローエングリンと吉田豊・ゴーステディが木刀事件の因縁もあってか、ハナからやりあったレース。ま、木刀事件からは4年も経ってたけどね。
1000m通過が56.9というハイペースというかまるで直千のレースかよという爆裂ペース。
 
最後のゴーステディの止まりっぷりが見事。この流れを逃げて最後はさすがに止まったがそれでも5頭を負かして13着したローエングリンの根性はたいしたものだった。
 
なにしろ2F目から4F目のラップが10.9 – 10.5 – 11.1だからね、そりゃ止まるでしょw
 
この時のようなハイペースじゃなくてもいいが、ダイワスカーレットが2着した時のような緊張感のあるペースでレースが進むと直線の攻防もおもしろくなると思う。
 
そんなレースを期待したいねえ。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

天皇賞・秋(2017)のサインは


 
プロ野球、DeNAがシーズン3位からクライマックスシリーズを優勝してこの週末からソフトバンクとの日本シリーズに突入。

しかし、広島がシーズンぶっちぎり優勝した時はCSも余裕で勝つんだろうなと思ったけど、まさか14ゲームも離された3位のDeNAが日本シリーズに進出するとは。
短期決戦ゆえの結果でもあるんだろうが勝負事は下駄をはくまで本当にわからないものだな。
だから競馬でも万馬券があったりするわけだ。今週も基本は穴狙いでいこうw
 

さて、そういうわけでDeNAが日本シリーズに進出することは何か馬券へのサインになるのだろうか、と暇な馬券オヤジは考えるわけですな。

DeNAといえばまず連想するのは大魔神・佐々木主浩と番長・三浦大輔の馬はいないか、となるわけで。

しかし今週はどちらの馬も天皇賞はもちろん特別登録にも名前はないようだ。

ならば他にネタはないか。
 

DeNAベイスターズのチームカラーは青、4枠が要注意だろうか。

タイガースとカープを下してのCS優勝ということで、シャケトラ。
ん?トラはともかく、シャケはカープとは違うだろ?
同じ魚ということで勘弁していただきたい。鮭も鯉も見た目はたいして違わない(違うw
 
しかしどうもあまりピンとくるものがない。やはりDeNAのCS優勝をサインにするのは無理があるか。
 
 

ならば「天皇賞」というレース名に絞ってサインを探すとしたら。。。
 

今年6月、天皇陛下の生前退位を一代限りで認める特例法で成立した。

そして退位の時期は年が明けて平成31331日でという方向で調整が進んでいるらしい。

これは馬番31枠番31は要注意のような気がする。

うん、これは如何にも天皇賞らしいサインではないだろうか。
 
 
 

 
 
 
天皇賞、人気はどうなるだろう。
 
キタサンブラックは1番人気だろうが宝塚記念の惨敗があるので単勝オッズは3倍前後で落ち着きそうな雰囲気。
 
netkeiba.comによる予想オッズでは2番人気以下は5~6倍でリアルスティール、6~7倍台にサトノクラウン、サトノアラジン、8倍台グレーターロンドン、ソウルスターリング、それに続いて10倍台にステファノスで以下は少し離れたオッズといった感じ。
前走・毎日王冠でソウルスターリングに次ぐ2番人気だったマカヒキは、今回はステファノスの次で18~19倍といったところ。ずいぶん人気を落としている。
 
 
このくらい人気が割れていればどこから入っても馬連で十分に回収は取れそうだ。
 
人気サイドも押さえつつ、好配当になる組み合わせをバラバラと買っても良いかもしれない。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

キタサンがそれほど抜けているとは考えていない天皇賞・秋


 
さあいよいよ天皇賞秋、キタサンブラックが登場。

宝塚記念こそさすがに疲れがあったのか惨敗だったが、しっかりと休養を取ったここは負けられない一戦という覚悟で臨んでくるだろう。

と、、、思うが、果たして本当にそうだろうか。

すでにこの秋、天皇賞-JC-有馬記念で引退・種牡馬入りが発表されている。

今年は昨年ゴール直前でサトノダイヤモンドに交わされた有馬記念での雪辱が一番の目標なのではないか。
もちろん種牡馬の価値を高めるためにも高いレベルでのスピードと持続力が求められる天皇賞秋のタイトルも欲しいだろうが、有馬記念にピークを持っていくとするならここがメイチの勝負仕上げというわけにはいかないだろう。

もともと天皇賞秋は早い上がりが要求されるレース。
特にこの5年の勝ち馬には上がり最速か、先行して33秒台の上がりでまとめることのできる能力が求められている。

今年は先週の不良馬場の影響が残るようであればそこまで早い上がりは必要ないかもしれないが、それでもコース形態を考えればメンバー上位の上がりを使えなければ勝利するのはなかなか厳しいだろう。もともとキタサンブラックは図抜けた総合力で勝ってきており、ディープインパクト産駒のような秀でた瞬発力で勝負してきたわけではないのでここは簡単には勝てないのではないかと考えている。

 
 
 

 
 
 
それでも人気はキタサンブラック。ならば他の馬から考えたいところだ。ではキタサンでなければどの馬がいいのか。
 
リアルスティールか、ソウルスターリングか、サトノアラジンか。
 
 
いや、どうせならもう少し捻ってみたい。
 
現在、ちょっと穴っぽいところでおもしろそうだなあと考えているのはステファノス。
そしてそこそこ人気にはなりそうだが連系馬券で穴狙いの軸馬としておもしろそうなのはグレーターロンドン。
 
ステファノスは昨年と一昨年の天皇賞秋でともに上がり最速の脚を繰り出し2着3着。今年の春には大阪杯でも2着するなど、2000mのGIは香港も含めて[0.3.2.2]と相性が良い。
(2度の着外は皐月賞の5着と初めての海外遠征だったQEⅡ世Cの10着)
天皇賞秋はベストの舞台と考えていいだろう。前走のオールカマーではいつもより前目の位置取りから2着とまだまだ衰えはない。
 
一方グレーターロンドンは常に早い上がりを使えるのが如何にも東京コース向きで、初のGI出走となった安田記念でも最後はしぶとく伸びて4着、前走の毎日王冠でも最速上がりで3着に伸びてきた。
時計のかかる馬場になったときの適性がどうかに心配な点はあるが、これまで馬券圏内を外したのが安田記念の4着だけと脚質のわりに堅実に走っているのは能力がある証左。
ここはまだそれほど人気にもならないだろうし期待してみたいところだ。
 
もしグレーターロンドン、ステファノスの2頭でワンツーだったら馬連はまあまあの好配当になるんじゃないだろうか
 
 
だが、他にもGI勝ち馬はサトノクラウン、ネオリアリズム、マカヒキ、ワンアンドオンリーといるし、春にはGI馬の器と思わせたシャケトラもいる。
もちろんキタサンブラック、ソウルスターリング、リアルスティール、サトノアラジンの各陣営も当然勝ちに来るだろうし、実際どの馬が勝っても驚けない。
 
明日、明後日の追い切りもしっかりチェックしておきたいところだ。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!