「大阪杯」タグアーカイブ

大阪杯(2017) 回顧

レース終了直後、キタサンブラックは本当に強いなあという印象だけが残った大阪杯。

道中のラップを見ると1000m通過が59.6というこのメンバーとしてはスローの流れ。

12.3 – 11.1 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 12.2 – 11.8 – 11.7 – 11.6 – 12.0

マルターズアポジーはもう少し早いペースで逃げるんじゃないかと思ったが意外に遅い流れ。
こんなに平均的な流れならそりゃキタサンブラックが楽勝するわw

ある程度ペースが上がらないと後方待機組には厳しい馬場だったが、だからと言って動けないのが追い込み脚質なのでこの結果は仕方がないところか。

そういう意味で自分でペースを作ることもできるキタサンブラックが強いという印象を持つのも当然。

ペースをきちんと読めたのかどうかはわからないが、キタサンブラックに対してなんとかそれよりも前に行くチャンスを狙う競馬をできたのは川田・ステファノスだけだった。

それを思うと掲示板に乗ったヤマカツエース、マカヒキ、アンビシャスの力は相当に高い。
が、この展開でも後ろでジッとして直線に賭けるだけしかないのだとしたらマカヒキもアンビシャスも今後GIを勝つのはかなり展開に恵まれないといけないんだろう。

自分の馬券はサトノクラウンからの3連複でどうしようもない結果。

ミルコはらしくない消極的な競馬だったと思う。

とにもかくにも完敗の大阪杯だった。
 
 
 

 
 
 
幸いだったのは中山1R。
 
スクリーンヒーロー産駒サンクララ
 
今日は府中場外で大阪杯を観戦したのだけれど、出掛ける前にそっとサンクララの応援馬券の単複を買っていたら、9番人気で激走の1着!
 
単勝5100円はありがたすぎるし、複勝1390円もおいしすぎる。
 
信じる者は救われるなあ・・・と思うのと同時に、スクリーンヒーロー産駒の9番人気は狙い目だよねと。
 
 
確かスクリーンヒーローがジャパンカップを勝った時も9番人気だったような。
 
これ一発で今週の勝ちを確定してくれたので、余裕で競馬を楽しめました。
 
信じる者は救われるw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

GI昇格の大阪杯

キタサンブラック、マカヒキ、サトノクラウン、アンビシャス、ヤマカツエース。
人気上位の有力馬というとこの辺までだろうか。

展開の鍵を握りそうなマルターズアポジーはダービー卿と両睨み。
4走前に下しているグランシルクが3番人気に支持される程度のメンバーならコチラのほうが与し易いと見てダービー卿に回る可能性も高そう。

この馬が出てくるかどうかで大阪杯の予想はかなり変わる。
キタサンブラックを自分のペースで走らせないためにも、マルターズアポジーには大阪杯に出走してほしいと穴党としては思うがどうなるだろうか。

キタサンブラックはハナにこだわるタイプでもないし、鞍上は武豊。
マルターズアポジーが出てきたからと言ってペースを狂わされるとは思えないが、それでもいるといないとでは大違い。

休み明けでもあり、仕掛けのタイミングなど展開の綾で取りこぼす可能性も高くなろうというもの。
このメンバーでは1番人気は確実だし、馬券的には是非マルターズアポジーに出走してほしいところ。

マルターズアポジーとロードヴァンドールの2頭で大逃げをかましてほしいものだ。
 
 
 

 
 
 
穴で期待したいのは昨年のGII大阪杯・覇者アンビシャスを蹴った横山典騎乗のサクラアンプルール。
 
中山記念ではアンビシャスに先着しているがおそらく人気はない。
アンビシャスの鞍上がルメールから福永に変わるのに対して、こちらは横山典の継続騎乗。軸とは言わないまでもヒモとしてはコチラのほうが断然魅力的。
 
直線坂のある中山芝内回りコースで[3.1.1.0]なら、初コースとなる阪神内回り2000でも適正に不安はない。
 
願わくば内枠に入り、人気薄の気楽さでジッと脚を溜めて直線でいつの間にか圏内に潜り込んでこないか。
 
JRAがエージェント制度を見直す動きになりそうと見て、いち早く対応してきたベテランの手綱捌きに注目したい。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第60回大阪杯(2016年) 回顧

[大阪杯] ブログ村キーワード

大阪杯。リプレイを何度見てもノリの騎乗にニヤニヤしてしまいます。

これまで追込脚質だった馬を突然先行させるのはお家芸と言ってもいいような得意技ですが、ユタカの逃げに番手で構えて後続に何もさせない威圧感といったらもうさすがベテランの妙技といった感じでした。

ノリのこういったアッと言わせる騎乗では記憶の新しいところなら2014年の京都記念。

やはりそれまで追い込み一辺倒だったデスペラードで突然逃げの手に出て、4コーナーでは後続に飲み込まれるかと見せて、そこから直線で再び後続を突き放したレース。
それはそれは如何にもノリらしい嫌らしいレースっぷりでしたが、今回のアンビシャスの先行も相当にエロかったです(笑)

やっぱり華があるなあ、こういう見ててオモシロイと思わせるレースをする騎手はノリの右に出る存在は他にいないなあと思わせるレースでした。

昔の福永洋一騎手のよう、と言うと持ち上げすぎでしょうか。

レースラップ

12.8 – 11.5 – 12.5 – 12.1 – 12.2 – 12.5 – 12.1 – 11.3 – 10.9 – 11.4

G1馬5頭が出走するレースとしては極めて楽なペースではありますが、ハロン12秒台後半を超えるどスローまでは落とさない絶妙なキタサンブラックの逃げ。

逃げる武豊、番手に横山典弘。

そりゃ後続は何もできないですわ(笑)

レース後半、ペースを作っているのは逃げているユタカではなくノリだったと思わせるのが残り4ハロン目。

その前のハロン12.5から12.1へとユタカは少しペースを上げてラストに向けてスパートを始めようとしているのですが、ここでノリは追いかけずに前との差を広げています。

これにつられて後続も抑えたまま。

残り3ハロンからラップは一気に11秒台前半にまで上がっているのですが、このタイミングでノリはじんわりといった感じで差を詰めてスパートを開始しています。

後続がついてくるタイミングをハズしつつ、前を捕まえられる距離感をしっかり持っているのはこれは本人も説明できない感覚なんだろうなと思います。

もちろん狙って後続を翻弄しているわけではないと思うのですが、こういうところは本当に職人というか、熟練の感性なんでしょうか。

これまでの今年の重賞で一番面白いレースだったと思います。
 
 

 
 
今週末は早くも桜花賞。
 
今年はメジャーエンブレム1強という雰囲気。
 
先行して強いのでなかなかつけいる隙はなさそうな気がします。
 
前走のクイーンカップも早いペースでレースを引っ張って最後までハロン11秒台でまとめての逃げ切りですし、桜花賞と同じコースの阪神JFでも楽勝しているので死角を見つけるのは至難の業。
 
よほど調子が整わないということがない限り馬券圏外はなさそうです。
 
 
穴党としては玉砕覚悟で超ハイペースを演出してくれる馬が出てきて、メジャーエンブレムが2~3着になってくれることを期待する程度でしょうか。
 
 
馬券的にはあまり食指は動きませんがメジャーエンブレムがどんなレースをしてくれるか、それを楽しみにしたいと思います。
 
 
 
馬券的には前日の阪神牝馬Sのほうが面白いのかなあ・・・
 
 

予想以上に強くなっていたラキシス

ども、ふぉんてんです。

キズナの走りに注目が集まった大阪杯。
こちら私の馬券はセンスの欠片もねえなという結果でした(笑)
前夜ブログに書いた予想通りに買っていれば12点買いで馬単2940円がゲットできていたはずなのですが、、、当日は結局絞ってカレンブラックヒルから流して惨敗でした。

キズナは私も好きな馬ですしダービーの時には全力で応援してましたから負けてほしくはなかったんですけどね。

ただ国内でのG1はまだダービーだけですし、これまで数多いた名馬にはまだまだ肩を並べられるというほどの実績ではないと思います。それでいてG1馬が6頭も出走しているG2で単勝1倍台前半というのは人気が被りすぎ。

なのであえて馬券はキズナ以外の馬を軸に考えたわけですが。

ラキシスが後ろから行ってあんな強い競馬をするとは想定外というか予想以上の走りでした。
本当に強くなっていたんですね。有馬記念の6着でそれをしっかりと感じ取っていなかった自分の未熟さを痛感しました。

道悪の適性もあるとは思いますが現在の一線級牡馬を相手にして2馬身差は決定的とも言える能力を示したと思います。

この後は天皇賞春に向かうとか。
もしラキシスが勝つようなことがあれば3200mの天皇賞を牝馬が勝つのはプリティキャストが勝った1980年以来ってことになります。35年ぶりか。

ちなみに春の天皇賞に限ると牝馬が勝ったのは1953年のレダ以来ということになる模様。
62年ぶり。さすがに私も生まれてないwww

これは応援したいなあ。
馬券を買うかはわからないけど(笑)

[ラキシス] ブログ村キーワード

大阪杯【予想】

ども、キズナは好きな馬ですが今回は喧嘩を売りたいふぉんてんです。
そうは言っても対抗評価より下にする勇気はないんですが(笑)

イスラボニータの回避は残念ですがそれでもG1馬6頭という豪華メンバー、と言いながらキズナが単勝1倍台前半という一本かぶりのレースです。
馬券的にはキズナに喧嘩を売るか、1着付でヒモ荒れを期待するかというどちらの戦略を選ぶか、というレースです。
まあ重賞じゃなければケンするパターンですね(笑)

ハナを取るのはゼロスかカレンブラックヒル。藤田騎手と松山騎手。
土曜日もメインレースを勝って上り調子の松山騎手と衰えというよりは本人のヤル気が感じられない藤田騎手。

おそらくカレンブラックヒルがハナを取ると思います。
ゼロスの藤田騎手はきっと競りかけることもないんじゃないかなと思います。どうせこのメンバーでは勝負になる馬ではないですしね。そういう馬に乗って無理はしないのが今の藤田騎手だと思います。

3番手集団にロゴタイプ、ラキシス、エアソミュール、デウスウルトといったところがいて中団の後ろでキズナとスピルバーグが仕掛けどころを探る展開でしょうか。
縦長になってくれれば前残り、一団で進めばキズナ、スピルバーグの2頭で固いかなと思いますが・・・

中団よりも後ろで仕掛けどころを探りあう1番人気馬と2番人気馬という展開は前に行った人気薄に利がありそう。
そんな前提でラキシス、カレンブラックヒル、ロゴタイプの3頭からキズナ、スピルバーグの2頭への馬連か馬単マルチというのがイイかなと思っています。
阪神内回りじゃなければ天皇賞秋でお世話になったスピルバーグからの流し馬券にしたいところなんですけどね(笑)

あと3連単でラキシス、キズナ、ロゴタイプのボックスがオッズ的には狙い目かなと思ってますが。。。
実際はキズナ1着固定の3連単を少し、というのが無難かな=ケンしろって感じですねw

[大阪杯] ブログ村キーワード