「収支」タグアーカイブ

2018年7月の収支


 
 
7月は全部で50レース購入、購入金額79,800円、回収金額41,750円、回収率は52.3%にとどまった。う~ん・・・酷い。

的中できたのが8レースだけで的中率も16%と目を覆いたくなる惨状w

これで今年に入っての回収率は82.8%、的中率も23.3%まで落ちてきた。この月間の収支を振り返る意味は果たしてあるのだろうか。

正直、収支をつけていることもだんだんと嫌になってくる。が、これをキッチリ続けていかないときっと馬券も続けていけなくなる気がするのだ。

ここまでで今年の収支がマイナス84,420円、7か月間の趣味に費やす金額としてはそんなに多いとも思わないが、単純に博打で8万円以上負けてると思うとやはりもう少し何とかしたいところだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
そもそも馬券で生活しているわけではないしあくまで趣味の範囲ではあるが、ハナから勝ち組に入る可能性を自ら捨ててしまうのは、せっかく競馬を趣味としているのに勿体ないと思うのだ。

だからこそ勝ちたいと思っているし、そのためにアレコレと検索して役に立ちそうなブログを読んでみたり、たまには書籍に目を通してみたりもする。

つい先日は馬券師バイブルのKindle版を購入して読んだりした。

定期的にブログを拝見している小倉馬券師Tさんの著書だが、読んでみると長く馬券を続けるためには必須の、しかしそれでいてよく考えれば実にごくごく当たり前のことがわかりやすく書かれている。

しかし思うのは、知ったからできるというわけではないこと。

知識は分かっていてもそれを実践するのはまた別の難しさもある。ここを一つ乗り越えて行けば馬券成績も向上するはずだと思っているのだが。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
そしてつくづく思うのはやはり競馬は記憶のゲームだなと。

日曜日のレースが終わると翌週の特別競争の登録馬が発表されて、次の週末のレースの予想をあれやこれやと考えてしまいがちだが、それよりも終わったレースの復習をしっかりすることが大事なんだよなあと。

前走、前々走のレースぶりを憶えていることが大事という点で印象に残っている馬が1頭いる。
それはシャーベットトーン。

強く印象に残ったレースが1000万条件の中山ダート1800m戦。単勝オッズ2倍台前半の1番人気に推されていた。

3番手くらいのインを良い手応えで回ってきたが直線では前が壁になってまったく追えずに人気を大きく裏切る敗戦。確か8着とか9着だった。
着順はかなり悪かったがまったく疲れを残さない、ただコースを回ってきただけという競馬だった。

次走、やはり1番人気で今度は逃げて上がり最速、後続を1秒以上千切る大楽勝。こんな競馬ができるなら準オープンでも相当いい勝負になりそうだと思って見ていた。

そしてその次のレースが正月の準オープン、アレキサンドライトS。
前走1000万条件とはいえあれだけの圧勝をしたのだから今度も1番人気かと思いきや単勝5倍台の2番人気。
1番人気は同じ1000万からの昇級馬、しかもその脚質は差し追い込み。中山ダ1800mなら先行できるシャーベットトーンのほうが有利だと思ったが、2走前の着順の悪さが人気を抑えたのだろうか。

このメンバーなら能力は十分に足りるはずと踏んで自信の本命。
相手はけっこうどんぐりの背比べのように思えたので人気薄も交えて馬連を6点ほど買ったら、12番人気馬を連れてきて万馬券的中。自分としてはけっこう張ってたのでかなり美味しい配当になった。

各馬のレースぶりを憶えているのは大事だなと強く印象に残ったレースだった。

そんなことも馬券師バイブルを読んでいてあらためて思い出したりして、やはり終わったレースの復習、大事だよなと思っている。

8月はちょっとその辺を意識して競馬に取り組みたいところ。

ただボンヤリとレースを見るのじゃなくて、しっかり各馬の動きをチェックしたい・・・が、それがなかなかできないんだよなあ。。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

2018年6月の収支


 
 
七夕賞もプロキオンSも完敗で回顧する体力さえ残ってない。というか昨日、飲み過ぎなのだw

日曜日は10時頃PW東京に行き、いつもの場所に馴染みの顔を見つけて合流。この馴染みの面々が朝からず~っと飲んでる人たちで、競馬をしに来てるのか飲みに来てるのかわからない状態がいつものことで、今回はそれにしっかり混ざってしまった。

しかも夜には東京競馬場花火大会があるということで、最終レースが終わった後にいったん近場の居酒屋に行き、19時過ぎに再び競馬場に戻るという、ホントに一日中飲み続けの日だった。

もう一週間くらいは飲まなくていいや、ってくらいは飲んだ。(ちなみに自分、毎晩ビールを欠かさない人なのだが・・・

そんな状態で馬券やってたので段々とまともな予想にもならなくなって、かなりいい加減な馬券購入をしてしまった。7月の馬券、酷いスタートになっている(-_-;)

まあ、それも楽しみ方の一つではあるのだろうが。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
それはさておき6月の馬券収支。

先月は少し回復基調。

序盤こそ的中しても回収率が低くあまり良くなかったが安田記念を的中したあたりからいい感じになってきた。

月間で33レース購入し的中が12レース、的中率36.4%。購入額は56,400円で回収が77,970円、回収率138.2%で最終的にはプラス21,570円で6月を終えた。

東京ダービーの馬単と多摩川Sの3連単で万馬券を取れたのも嬉しかった。特に多摩川Sは買い目を12点に絞っての的中でこれは会心!(しかしどちらも1点100円ずつしか買っていないのがショボいね。こういう時にしっかり稼ぎたいところなのに。。

結果、6月はこの2本の万馬券のおかげで収支はプラスになった。回収率ボチボチのを幾つか当てつつ、大きいのを2~3本取れれば回収率もなんとか100%超えをキープできるのだなあと当たり前といえば当たり前のことを改めて知る1ヵ月だった。

だが、それでも今年の累計収支はマイナス46,370円なのだから年間収支プラスへの道のりはなかなか険しく厳しいものになりそうだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
しかも、7月、スタートから躓いているw なにしろ昨日までで16レースを買って当たってるのがわずかに1レース。その唯一の的中も1,000円の購入に対して1,450円の回収というかわいらしいもの。これはヤバい。

ま、まだ始まったばかりだからボチボチと巻き返していきたいと思っているがどこまで頑張れるだろうか。

まずは今週のJDD、函館記念なんかをビシッ!と当てたいところだが。(そもそもJDDを買うのか?という・・・

今週も日曜日はPW東京に行くつもりだが、今度はアホみたいに飲まずに慎重に馬券検討をして真摯に競馬に取り組みたい、うむ。

しかし、今年も東京競馬場花火大会、規模としてはそれほど大きなものではないが良かったな。
あいにくカメラも携帯も持ってなかったので写真を撮れなかったのが残念だが。

そもそも昨日花火があるって知らなかったしなw
朝、京王線東府中駅からの競馬場線でやけに賑やかな子供連れの家族が多いなあと思っていたが、現地に入ってなるほどそういうことだったのかと。

馴染みの面々も朝からハイピッチで呑んだくれてるわけだなあと。

そしてその波に飲まれてしまう自分もなんだかなあと。。。ホント、今週は酒控えよう。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

2018年2月の収支


 
2月のJRA開催が終了したので2018年2月の馬券成績

購入レース数は23R、的中が9R。的中率39.1%(前月比+12.9ポイント)
購入金額は40,300円、払戻金額が100,660円で収支はプラス60,360円。回収率249.7%(前月比+172.3ポイント)。

重賞は10R購入して4Rの的中で的中率40.0%。的中したのは東京新聞杯、共同通信杯、クイーンC、京都牝馬S。
重賞の購入金額は19,100円、払戻金額38,680円で回収率202.5%だった。

2月は特に意識したわけではないが、購入レース数がグッと減った。1月の購入レース数が42Rだったので半分近くになった。
ちょっと忙しかったり、身辺でバタバタしてたりで正直なところあまり競馬をやったという感じはなく、一日競馬の日というのは小倉に遠征した日くらいなもので、その日も実際に競馬場に行ったのは昼頃だった。午前中から馬券をやったのが一度もなかったなあ・・・
時間があった日も期待値はけっこうシビアに見て、慎重に購入レースを絞っていたことも大きく数が減った要因。
 

基本穴党だから本命サイドに買い目を絞ってガツン!と入れるという買い方はあまりしない。
多少買い目が多くなっても穴っぽいところから買っていくパターンなので、それで4割前後の的中率があればこのくらいの回収率になっても当然だとは思う。

本当はもう少しレースを買いたいという欲求はある。やはりできるだけたくさん競馬を楽しみたいから。
だが購入数を増やすとこんなに当たることはそうそうないはずで、いいところ20%くらいの的中率に落ち着いてくるはずだ。
もう少し購入レース数を増やしたいと思っている今後は、同時に我慢も強いられる時期にもなってくるだろう。
 

2月最初の開催で今年初の万馬券を取ることができたのは嬉しかった。そしてその2週後に2本目の万馬券が取れたのはラッキーだった。
特に2本目はスクリーンヒーロー産駒のクライスマイルを信じた結果取ることができた万馬券だし、信じる者は救われるという諺を噛みしめた万馬券だ。(信じたと言っても1000円しか馬券を買ってなかったのだがw)

あと小倉遠征した日の共同通信杯も嬉しい結果だった。

勝ったオウケンムーンは前走でヴェロニカグレースを退けた馬。
ヴェロニカグレースに勝ったからには頑張ってほしいという願いを込めて買った馬券がしっかり嵌ってくれた。やはり信じる者は救われるw
 

今年に入ってからの累計では65R購入して、的中率32.3%、回収率136.3%、収支はプラス42,820円となった。
1月はマイナススタートだったが2月に挽回してプラス圏内に持ってこれたのはかなり上出来だった。今後もなんとかこの調子を維持したいもの。やはりレースを絞るというのは大事なポイントに思える。
 

でも、ホントはもっと馬券買いたいよなあ・・・(笑)
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

2018年1月の収支

これまでも馬券の収支はエクセルで記録していたが、よりそれを今後の発奮材料にするためにも今年から月毎に馬券成績を見返してみようと思う。というわけで2018年1月の馬券成績。

購入レース数は全部で42、うち的中は11。的中率26.2%。
購入金額は合計77,700円、払戻金額は60,160円。収支はマイナス17,540円で回収率77.4%。
万馬券の的中は無し。ウゥゥ・・・

おおむね控除率分だけ負けたという感じ。

重賞の的中は中山金杯、フェアリーS、京成杯、日経新春杯、根岸S。1月の重賞は全部購入して11鞍、的中率は45.4%でこれはまずまずだろうか。

ちなみに重賞の購入金額は24,100円、払戻金額は35,720円なので回収率は148.2%。
さすがに的中率が4割超あれば回収率もそれなりになるもんだなあと。

1月は平場のレースがさっぱりという感じだったのが残念。
一番残念だったのは8日のヴェロニカグレースのレース。2着だったが単勝勝負にしてしまったのが痛かった。馬連1点で良かったなあw

あとやはり競馬場に行った日は馬券の買い方が甘いというか、だらだら買ってハズレ馬券の山を築くということがありがちなのが顕著。

1月中に競馬場に行ったのは1月8日の中山と28日の東京。
それぞれ7戦1的中、8戦1的中とかろうじて坊主は免れたというひどい成績。これが1月の足を引っ張った。

しかし、やはり競馬場には行きたいし、家でしか馬券をやらないというのもつまらないからなあ・・・

現地での成績を如何に上げるかというのが課題。

 
 
 
 

 
 
 
 
月曜日にはクイーンC
 
しかし、なんだって3日間開催になんぞするのか。いつもの3場開催と同じなんだから2日でやればいいのに。
 
過去の勝ち馬の名前を見るとメジャーエンブレム、ヴィルシーナ、ホエールキャプチャ、リトルアマポーラ、コイウタなど結構GⅠ馬も出ていて思ったより出世レース。
 
古いところだとウメノファイバーとかヒシアマゾンなんて名前もある。
 
牝馬クラシックの桜花賞、オークスには以外に繋がらないイメージ(ウメノファイバーはオークス馬だけど)を持っていたが、古馬になっても活躍するような成長力あるタイプに向いているレースなのかもしれない。
 
 
 
過去10年で1番人気馬か2番人気馬のどちらかは馬券になっているので、妙な穴馬から狙うよりはヒモ荒れを期待する馬券を狙うほうが良さそう。出走馬の大半が1勝馬で荒れても不思議ないと思うが、意外に荒れない穴党には辛いレース。
 
今年の登録馬は23頭。2勝を挙げているオハナとマウレア、それと重賞で2着のあるツヅミモンは確実に出走できるが、残り20頭は本賞金400万円の1勝馬なので回避がなければ7頭が除外。
 
なので今の段階では予想のしようもないが、やはり新馬特別を連勝し阪神JFで3着しているマウレアが中心ということになるのだろう。
 
馬券的にはあまりおもしろくなさそうだ(笑)
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!