「京都記念」タグアーカイブ

京都記念、共同通信杯(2018) 予想

共同通信杯

グレイルが断然人気になりそうだが、逆らうのは難しいだろうか。

ただ2戦2勝の内容を見ると、2戦とも極端な後継ラップを好位から上がり最速で押し切ったもの。

今度はレースを引っ張るコスモイグナーツがいて、他にも先行馬が揃っている。これまでのようなスローの展開は望めない。
それでも楽に好位から鋭い末脚で押し切るようなら一躍クラシックの有力候補に名乗りをあげることになるだろう。
はたしてそれだけの器なのか。ここは試金石。

それで圧倒的な一番人気になるのだとしたら、ここは逆らって相手筆頭の評価に留めたい。

本命はオウケンムーン。

新潟の未勝利戦は2着馬を6馬身突き放すレコード勝ち、続く500万は我が期待馬ヴェロニカグレースを1馬身半退ける完勝。
そんな勝ち方をしているなら初の重賞挑戦もすんなりと突破してほしいという願望を込めて。

対抗にはやはりグレイル。前走京都2歳Sで2着に下したタイムフライヤーはその後GⅠホープフルS勝ち。それを考えれば対抗以下には落とせない。

以下、近年共同通信杯に強いサドラーズウェルズの血を持つアメリカンワールドを3番手、ゴーフォザサミットを4番手に取り上げ、押さえにサトノソルタス、コスモイグナーツ、ステイフーリッシュまで。

馬券はオウケンムーンからグレイルを本線に、他5頭への馬連流し6点とオウケンムーン1着固定、2着にグレイル、アメリカンワールド、ゴーフォザサミットの3頭を置いた3連単流し15点を少しだけ。
 
 
 
 

 
 
 
 
京都記念はやはりレイデオロが強いのだろう。
 
しかし、それでは馬券はつまらない。
 
ここは展開利を願ってクロコスミアからの馬連流し。
 
相手はレイデオロ、アルアインの2頭を筆頭にディアドラ、クリンチャー、モズカッチャンまでの馬連5点。
 
ここは万が一のレイデオロが3着に取りこぼしてくれることを期待しての均等買いで。
 
ハマってくれるといいのだが。。。
 
 
 
では、今から小倉に向かって2泊の遠征に行ってきます。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

少頭数だが豪華メンバーの京都記念

京都記念は登録10頭でずいぶん寂しいなと思ったが、メンバーはかなりのハイレベル。

昨年の皐月賞馬、ダービー馬、秋華賞馬、エリザベス女王杯馬のGⅠ馬4頭に菊花賞2着馬とエリザベス女王杯2着馬。
GⅠ実績のない4頭のうち1頭はGⅡ・日経新春杯勝ち馬。

こうなると重賞実績のない3頭はちょっと可哀そうな気もする豪華メンバー。少頭数だがなかなか盛り上がりそうだ。

おそらく逃げるのはプリメラアスールだろう。
クロコスミアも逃げて実績があるが番手に控えても競馬はできるし、前走エリザベス女王杯は2番手追走であわやの2着。ここであえてハナ争いをするとは思えない。

となると展開のカギを握るのはクロコスミアがどの辺で動きだすかによるだろう。後方待機でも届くのか、先団の直後から進めるような位置取りじゃないと間に合わないのか。
早めに前を捕まえに動けば後方待機の馬にもチャンスが出てきそうだし、後ろの馬をじっくりと待ってしまったら先行して切れるタイプに利することになりそう。

先週までの馬場状態ではあまり後方だと厳しいという意識が各騎手に強く働けば、全体に動きが早くなって意外に後方からでも届く流れになるかもしれない。

京都の外回りは人気薄の逃げ馬がそのまま残して大波乱になることも珍しくないので、その辺がどの程度全体の動きに影響を与えるか。

なんてことを考えるとおそらくまったく人気がないであろう重賞実績のない3頭のうち、逃げるプリメラアスールはちょっと押さえておきたくなる。

 
 
 
 

 
 
 
 
そうは言っても中心になるのはダービー馬レイデオロか、エリザベス女王杯馬モズカッチャンか、皐月賞馬アルアインかといったところだろう。
秋華賞馬ディアドラは前走エリザベス女王杯で完敗の12着だけにここでは少し人気を落としそうだ。
 
 
GⅠ馬4頭の中ではモズカッチャンが他の3頭に比べると前の位置取りになりそうなので、馬場状態を考えると一番優位にレースを運べそうな気がする。
あとはレイデオロやアルアインといった牡馬との力関係がどうか、ディアドラがこれに割って入ることができるかどうかといったところじゃないだろうか。
 
しかしそれだと馬券的にはあまり面白みはなさそうだ。
 
 
想定外の超スローに持ち込まれて、プリメラアスール、クロコスミアの行った行ったになったりすると面白いのだが・・・
 
 
少頭数だし、そんな2009年のエリザベス女王杯みたいなことにはならないんだろうなあ(笑)
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

京都記念、できればマカヒキ消したいけど

マカヒキの今年初戦となる京都記念。

凱旋門賞を16頭立て14着に惨敗後、初のレースとなるがどこまで調子は戻っているか。
そうは言っても昨年のダービー馬、凱旋門賞以前は6戦5勝2着1回という実績から当然人気になる馬。

netkeiba.comの予想オッズでは現在2.1倍の1番人気。買いにくいなあ(笑)

ただ鞍上がムーアだし、さすがに無印にはできない。正直扱いに困ります。
ダービーではサトノダイヤモンドをハナ差抑えて勝っているだけに世代でもトップの能力を持っていることは間違いないけど、帰国初戦、4ヶ月ぶり、距離短縮と初めて経験することも多いだけに消したくなる理由はたくさん。

今年一番の穴党垂涎ものの消したい人気馬じゃないでしょうかね。

消せないけど。。。
 
 
 

 
 
 
今のところ本命にするならミッキーロケットかなあと思っていますが、展開利のありそうなヤマカツライデンを3複の軸で考えるのもありだろうかと思ったり。
 
サトノクラウンが57kgだったらこちらを迷わず本命にするのですが、58kgが果たしてどうなのか。
 
ただメンバーを見ているとそれほど大きく荒れるというイメージは湧かない。
 
サトノクラウン、マカヒキ、ミッキーロケットの3頭のうち1頭が崩れて、人気薄が1頭絡む、そんな狙いでまずまずの配当を期待する馬券という戦略が妥当か。
 
となると3連複フォーメーションで1列目2列めにサトノ、マカヒキ、ミッキーの3頭を置いて、3列目にヤマカツライデン、スマートレイアー。
 
もう少しひねって3連単フォーメーションで1列目と3列目にサトノ、マカヒキ、ミッキーを置いて、2列めにヤマカツ、スマートを挟む、そんな馬券が面白いかなあ~などと思っているけどどうでしょうか。
 
 
3連単で好配当狙い、3連複で押さえ、上位人気3頭で決まったら仕方がないなと諦める、そんな馬券でいいんじゃないかと。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

バレンタインデー(縁はないw)のメインレース買い目

[共同通信杯] ブログ村キーワード

クイーンカップのメジャーエンブレム、強かったですねえ。

逃げて1:32.5の逃げ切り。
もう既にブエナビスタ級という感じですが、この馬の強いところは自らペースを作って他馬を寄せ付けない強さ。

人気薄の逃げ馬に逃げ切られるなんてことがなさそうなタイプなので、これを負かすのはなかなか難しそうだなあという印象を受けました。

さて、今日の共同通信杯。

10頭立てでハートレーとスマートオーディンに人気が被ってますが、単純に2強で決まるでしょうか。

自分はスマートオーディン軸に人気のないところにも馬連流しをしようと思っていますが。。。

とは言っても狙えるのはリスペクトアースとメートルダールくらいなのですが。

オッズ的にはケンでもいいかなと思っています。

1-2,6,9の馬連を少しだけ買って観戦。

 
 
京都記念は前に行く馬中心で。
 
◎スズカディヴィアス、◯ヤマカツエース、▲ワンアンドオンリー、☆アドマイヤデウス。
 
 
朝の段階で京都の馬場は芝ダートともに不良。
 
けっこう気温が上がるようなのでどこまで馬場が回復するかがポイントになりそうですが、人気の追込馬には辛い状態になるという予想です。
 
 
印4頭の馬連ボックスでイイかなあ。
馬券的には共同通信杯よりもこちらのほうが力が入ります。
 
 
けっこう荒れるんじゃなかろうかと。
 
 
 
では、今から東京競馬場に行ってきます!
 
 

京都記念 回顧

ども、日曜日にアフター競馬で痛飲し、火曜日もアフター5で痛飲してしまい水曜日にしてお疲れ気味のふぉんてんです。飲み過ぎ注意!

今週末は早くもG1フェブラリーSです。
が、個人的にはイマイチ気分が盛り上がらないのは何故だろうか。疲れのせいなのか。エアハリファが回避したからか。不明。
別にエアハリファを軸に、と考えていたわけでもなく。

とりあえず遅ればせながら先週の重賞の回顧。

京都記念

ラブリーデイが番手追走から最後の最後にハナ差交わして重賞連勝。
某umaなんとかいうメディアで金杯がピークでここは1ハロン長いし人気上位なら軽視もなんて話も見掛けましたが緩めの平均ペースで軽快に逃げ馬を追走して最後きっちり交わすのですから好調を持続していたとみるべきでしょうね。

ハロン毎のラップは
12.8 – 11.4 – 12.6 – 12.3 – 12.1 – 12.2 – 12.4 – 11.7 – 11.4 – 11.0 – 11.6

やはり後傾ラップでしたね。

想定通りスズカデヴィアスが逃げて1000m通過が61.2ですからこのメンバーとしてはなかなかのスローペース。
それでも折り合いを欠くような馬も見当たらず直線入り口ではどの馬も脚が溜まっている状態。
これは4コーナーでは先行集団に取り付いていないと厳しい展開でした。
この流れを直線入り口では後方3~4番手から先頭を差し切るかという勢いで迫ってきたキズナはやはり強かったと思います。

骨折による長期休養明けで馬体重が+22kg。
成長分があるとはいえやはり先の目標を見据えての仕上がりであったことは間違いないでしょうし、それでいてあのレースができるのですからやはり今後の古馬中長距離路線の中心馬と考えざるを得ません。

一方のハープスター。
キズナとの比較で順調にここに向かってきたという評価から最終的には1番人気に推されましたが中団から伸び切れずの5着。
彼女としては前目の位置取りでレースを進めましたが本来はもっと後ろからのレースにしないとあのキレる脚は使えないのかな、という印象を持ちました。
小回りコースでならマクリも効くのかもしれませんが京都・阪神の外回りや東京コースなど直線の長い競馬場ではじっくりと脚を溜めたほうがいいタイプなのでしょうし、距離的にもマイルくらいのほうがいいんじゃないでしょうか。

直線で内に寄れてトウシンモンステラの進路を塞いでしまったのは距離が長かったせいで苦しくなってしまったためじゃないかと疑っています。
スターホースとして期待を集めてきていますがこれまで結局勝った重賞タイトルは新潟2歳S、チューリップ賞、桜花賞、札幌記念の4つ。
札幌記念以外はすべて直線の長いマイル戦。G1も桜花賞の1つだけですし今後は安田記念やマイルチャンピオンシップを目標にしたほうがいいんじゃないかと感じています。
あ、ヴィクトリアマイルが一番適した鞍かもしれませんね。

京都記念は前日に書いた予想記事では◯→◎で決着し、馬連ワイドを各1点で取っているはずだったのですが、当日府中で実際に買った馬券はハープスター1頭軸相手5頭の3連複。

思いっきり後悔したことは言うまでもなく、深い深い反省のもとアフター競馬で馬友と深酒してしまいました。

あ~ぁ。
初志貫徹、大事です。。。
穴党の風上にも置けない情けない馬券を買ってしまいました。。。

そうか!そのダメージを引きずってるからフェブラリーSにいまいち気が向かないのかもしれない。。。

共同通信杯の回顧はまたのちほど。。。

[京都記念] ブログ村キーワード