「中山グランドジャンプ」タグアーカイブ

中山グランドジャンプ(2017)はやっぱりオジュウチョウサンか

皐月賞前日の土曜日には中山グランドジャンプ。

一度、中山大障害か中山グランドジャンプを見に行ってみたいと思っているのだがなかなか実現できず。

特に皐月賞を見に行くことが多いだけにその前日の中山グランドジャンプは行きづらい。これでも一応家人に多少の気を使うのだ。
2日続けて中山遠征というのもねえ・・・(-_-;)

その中山グランドジャンプ。障害はあまり馬券を買うこともないが見るのは好きだ。

今年は登録13頭。

サナシオンが昨年暮れに引退して、ニホンピロバロンは屈腱炎で休養、ソロル、オースミムーンはここをパスと障害の有力馬が全て揃わなかったのはちょっと残念。

このメンバーだとやはりオジュウチョウサンが人気ということになるのだろう。

オジュウチョウサンは2歳時に2戦したが未勝利のまま1年間休養。

3戦目から障害入り、障害初戦こそ14頭立て14着だったものの2戦目で一変、11番人気で2着となりその後3着、1着と障害4戦目で勝ち上がった。

これまでの障害成績は[8.2.1.4]

昨年の中山グランドジャンプからは重賞5連勝、それも中山、阪神、東京とバンケットのあるコースと連続障害のあるコースの両方で連勝しているのだから障害馬としての能力の高さは相当のもの。

人気でもこの馬中心に馬券は考えざるを得ない。

 
 
 

 
 
 
相手筆頭は近2走でオジュウチョウサンに連続2着、昨年の中山グランドジャンプでも2着し、一昨年の中山大障害を勝っているアップトゥデイトか。
 
一昨年の大障害勝利のあとは人気になりながら勝ち切れないが、このメンバーではやはり実績上位。
 
3番手にはタイセイドリーム。どちらかというと新潟・東京の連続障害コースのほうが向いているイメージはあるが2走前には中山のイルミネーションJSを勝っているし、今なら大障害コースもこなしそう。
 
穴にルペールノエル。
昨年の中山大障害を3着し、前走は中山でオープン勝ち。ここ4戦は馬券圏内を外していない。今度は人気も落とすだろうし狙って面白い存在じゃないだろうか。
 
 
オジュウチョウサン1頭軸で挙げた3頭を相手に3連単マルチでも買ってみるか。
 
 
ソウルスターリングのようにオジュウチョウサンが3着に負けないとも限らないしw
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

印象の強い中山グランドジャンプ

ども、中山大障害と中山グランドジャンプのコースが違うことを昨日はじめて知ったふぉんてんです。
障害レースはほとんど馬券を買うことなく見て楽しむということが多いのでコースまでちゃんと把握してませんでした。
昨日グリーンチャンネルで地中海競馬モードを見てたら山本直也アナが登場して障害レースについて熱弁を振るっていたのを見て知りました。

忘れないように書いておくと、
中山大障害は障害コース・大障害コースを使って最後の直線だけ芝コースを使う4100m、中山グランドジャンプは障害コース・大障害コースを使って最後の2コーナーから芝の外回りコースを使って、最後の直線には坂の手前で置き障害が置かれて距離は4250m。

まあやはり目玉は大障害コースの大竹柵と大生垣で当然こちらはどちらにも使われるわけだけど最後に芝の外回りコースを使うのとそうじゃないのとではずいぶん違うよなあ。

中山大障害にしても中山グランドジャンプにしても一度は現地観戦したいものだと思ってるんだけどこれがなかなか実現できず。。。

いつも皐月賞は現地観戦してるのでその前日の中山グランドジャンプも中山競馬場まで出掛けるのは家族の手前なかなかハードルが高いしw、中山大障害の時は行けそうた年もあるんだけど寒さに阻まれて足が向かないという。
府中みたいに自宅からもう少し近ければなあ・・・とは思う(笑)

そんなことはさておき。

中山グランドジャンプと言えば、ダイナアクトレス系初のG1勝ちとなったマルカラスカルも思い出深いんだけどやっぱりマイネルネオスでしょうか。

柴田大知の初G1制覇。なかなか感動的だったなあ。

一時は干されたような時期もあり全然勝てない年もあったりしたのを根気よく使ってくれていた岡田繁幸氏の馬で結果を出せて、ホントに良かったねと。
この勝利から2年後のNHKマイルCではマイネルホウオウで平地G1も制覇して柴田大知騎手は障害と平地の両G1勝利という栄誉。他には熊沢騎手しかいませんね。

マイネルネオスでのG1勝利をキッカケに柴田大知騎手は重賞でも活躍が目立つようになってきたと思います。
弟の未崎騎手が復帰するキッカケになったのもこの大知騎手の活躍に刺激されたことがあったと思います。

あまり騎手をずっと応援するという競馬との接し方はしないのですが、やはり柴田大知騎手のように苦労しながら力をつけて上位に食い込んでくるようになった騎手は応援したいと思いますね。

ただ、このマイネルネオスの勝った中山グランドジャンプ。感動の陰で最終障害で落馬競争中止したメジロラフィキは残念でした。
転倒した際に頚椎断絶で即死。あと少しでG1勝利というところだっただけに陣営のショックも大きかったと思います。

こういう光と影があったレースとしても強く印象に残っているレースです。

今年の中山グランドジャンプにはレッドキングダム、アポロマーベリックなど15頭が登録。
全馬無事に完走してくれることを祈ります。

今年は土曜日が仕事なので絶対に見に行けないのが残念で仕方がありません(ToT)

[中山グランドジャンプ] ブログ村キーワード