「ヴェロニカグレース」タグアーカイブ

夏競馬、福島・新潟に一度くらいは遠征したいが


今週末からは福島、中京開催となり夏競馬本番。

福島と新潟にはそれぞれ一度くらいは遠征したいものだが実現できるだろうか。

ヴェロニカグレースが福島の4週目にデビューの目標を置いているので、予定が合えばなんとか応援に行きたいと思っているが。

夏は北海道への帰省もあるし、懐事情を考えるとなかなか遠征は難しいかもしれない。
馬券で遠征資金を稼ぐことができればいいのだが、そううまくはいかないことは重々承知しているw
 
 

ヴェロニカグレースは美浦の武市康男厩舎の管理馬だが、最近はずいぶんと成績を上げてきているのが頼もしい。

昨年は12勝、一昨年が16勝だったのだが今年はすでに15勝を挙げている。

先週は函館と東京で計4頭が出走して3勝の固め打ち。負けた1頭も2着しており、3勝のうち1つは東京ジャンプSで初重賞制覇も果たしている。

目下絶好調と言っていいだろう。

全国リーディングも21位まで押し上げてきた。

こういう勢いのある厩舎の管理となっているのもヴェロニカグレースにはプラスに働いてくれそうだ。
 
 

血統にはあまり詳しくないので、一口に出資するとき厩舎はかなり重視した。

といってもリーディング上位常連の厩舎の馬は価格も高いものが多く、またどうしても栗東が中心になってしまう。

しかし、初めての一口は自分がレースを見に行く機会も多くなりそうな美浦の厩舎から選びたかったし、その中でどの厩舎が良いかというのはけっこう考えた。

武市康男厩舎は昨年までの成績はもう一つだったが、今年に入ってずいぶんと調子を上げており、すぐに昨年以上の成績を挙げられそうな勢いがあったことがヴェロニカグレースへの出資を後押しした面もある。

あと1か月くらいでデビューできそうなこの時期に、所属厩舎が初の重賞勝ちを決めたというのはこれから先も期待できそうで嬉しいことだった。
 
 
 

 
 
 
日曜日の東京5R・メイクデビュー東京にスクリーンヒーロー産駒マイネルイノメが出走した。
 
2番人気に支持されたが残念ながら12頭立ての11着。
 
パドックではよく言えば落ち着いていたが、おとなしすぎるようにも見えた。
 

(ちょっと離れた位置からのスマホカメラでは限界あるなあ・・・)
 
レース後、鞍上の柴田大知のコメントでは「追走で一杯でした。まだ体をうまく使えていませんし、長い目で見ていきたいです」とのこと。
 
 
正直、どうしてそんな人気してるの?とは思ったがw、ちょっと気合を入れて応援馬券を買ってみてが確かに後方儘のレース。
 
使いつつ徐々に良くなってくれることを期待しよう。新馬戦で上位人気になるくらいだから、そのうち穴馬券をくれるかもしれないし。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

函館スプリントS(2017) 予想


函館開催である。

夏競馬スタートだなあ・・・

もう東京と阪神、開催やめて東西の主場も福島と中京にすればいいのに。
宝塚記念も中京でいいじゃん。なんなら函館でもいいぞ。五稜郭記念(GI)とかにレース名変えてさ、函館の芝2000mでやればいいんじゃないか?w
 

というわけで函館スプリントステークス、サマースプリント第1戦だ。

高松宮記念馬セイウンコウセイが勇躍参戦である。
4歳馬のクラス編成の恩恵をあずかって56kgで出走できるのだから、これはもう断然有利と言っていいんだろうな。
何しろ収得賞金が9300万から4650万になったおかげで2kgも軽い斤量で出られるんだから。

せっかくだからこれを活かしてサマースプリントシリーズの4000万円も駄賃にもらってしまおう、函館SSとCBC賞の2つ勝てばいただきだろうし、そのあとまたちょっと休んでスプリンターズS取りに行こうぜ!

などと陣営が不遜なこと考えても不思議はない。

紐には外せない1頭だ(紐かよw)
 

本命は枠も真ん中と手ごろなところに入った5枠6番クリスマス。

前走高松宮記念は渋った馬場を気にしてまったく力を出せずじまい。
[3.0.1.0]と得意にしている函館の芝1200なら巻き返し十分。直線平坦なコースも合うし良馬場なら馬券圏内は外さないとみる。

相手筆頭は6枠8番ジューヌエコール。1400のフィリーズレビューでも掛かり気味に先行、直線で抜け出しそうな場面がありながら前をカットされる不利、さすがに最後は伸びを欠いてそれでも4着なら上々だろう。

掛かってレースにならなかった桜花賞から1200への距離短縮は明らかにいいし、加えて負担重量は50kg、直線であっさり突き抜けても驚けない。

単穴はGI馬に敬意を表して8枠12番セイウンコウセイ。外枠が果たしてどうか。
 

☆として期待するのは3枠3番キングハート。
今年に入って3着、1着、2着、1着と充実期に入ったと思える。前走も4コーナーを絶好の手応えで外を回り着差はクビ差だが見た目以上の楽勝だった。

押さえに函館で新馬、重賞を連勝した6枠9番レヴァンテライオンと8枠13番ブランボヌール。
 

馬券はクリスマスからの馬連、3連複流し、6-8,12,3,9,13で。
 
 
 

 
 
 
今日6月16日、ヴェロニカグレースがゲート試験に合格したという速報 \(^o^)/
 
意外に早くパスしたなあ。
 
ま、調教はまだ15-15くらいのようなので、これからどのくらい仕上げてくるか。
8月の札幌記念の日に札幌競馬場でデビューしてくれたら元々遠征の予定なので、見に行けるがそう都合良くはいかないだろうな(笑)
 
 
しかし、デビューに向けて順調に進んでいるようで何より。
 
願わくば一つくらい勝ってくれると更に嬉しいが。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ヴェロニカグレース 入厩


先月末、ノーザンファーム天栄に移動していたヴェロニカグレース。いつの間にか入厩していたw

今月8日に美浦の武市康男厩舎に入厩、今頃はゲート練習をしているのだろうか。
いよいよ夏競馬でのデビューに向けて本格的に始動だ。

どこでおろすのだろう。新潟開催だろうか。もし新潟ならデビュー戦に駆けつける、というのもアリか。
出走予定日がわかれば早めに新幹線を予約すれば多少は安く行けるようだし、行けるようなら口取りの申し込みも忘れないようにしないとなあ。
でも暑い新潟でジャケット着用はちょっとしんどそうだ ← 勝つ前提w
 

などとこんなことをアレコレ考えて想像するのも一口馬主の楽しみなのだなあ。
 
 
 

 
 
 
そしてシルクホースクラブの今年の1歳募集予定リストも掲載されいた。
 
今年はどの馬にしようかとJBISサーチの架空血統表を使って調べたりするのも、また時間を忘れる楽しさだったりする。
 
しかし、残念ながら自分はそれほど血統のことはよくわからない。
 
 
せっかく一口馬主を始めたというのにわからないままで放置していても前進はないだろうし、ちょっと勉強でもしてみようかと思っている。
 
血統の勉強を本でするとしたらどんな本がお薦めなのだろうか。
 
仕事も少し落ち着いている時期だし、ちょっとググってみるか。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

土曜日の2鞍


シルクのホームページを見たら、愛馬ヴェロニカグレースが一昨日入厩していた。

これからゲート練習。順調にいけば本当に夏にデビューということになるのか。楽しみだなあ・・・
 

ベルモントSに出走予定のエピカリス、昨日右前脚の歩様に違和感があったと伝えられているが出走できるのだろうか。

費用をかけて米国まで運んでいるのだから不安が小さければ出走させたいだろうが、無理はしないでほしいもの。
ファンとしても出走はしてほしいが、万全の状態でいい走りを見せてほしいのであってホクトベガのように異国で悲しい結果が伝えられることのないように、陣営には冷静な判断をしてほしい。
 
 

ベルモントSはまたのちのち予想するとして・・・

先週からクラス編成があり降級馬が当然のように活躍。

回収率はともかく、素直に買えば(無理な穴狙いをしなければ)当てやすい時期ではある。

穴党には辛い時期で、慣れない本命サイドを買い目を絞って買わなくてはいけない時期になったw
 
そうなるとレース選択が重要である。(これが難しいわけだがw)

そう思いながら土曜日の馬柱を眺めているのが・・・先週と違って今週は斤量面で有利な3歳馬に面白そうなのが散見されて穴党の虫が疼くw

そうは言ってもまだ4歳降級馬の強いところが圧倒的な力量差を見せつける時期、ここは冷静にいきたいところだ。

買い目を絞って狙うなら東京9R江の島特別。

おそらく9番ストーミーシー、1番ペルソナリテの2頭の馬連で鉄板だろう。オッズで5倍以上つくなら勝負したいと思っている。
 
 
 

 
 
 
 
もう一鞍買うなら阪神の最終。
 
降級馬3頭のうち買いたいのは9番オブリゲーションと11番ゼンノタヂカラオ。
 
逃げ馬不在で後方からレースを進めることばかりのメンバー構成。
直線の長い外回り1800だけに如何にもスローの一団で進みそうで、間違いなく瞬発力勝負になるだろう。
 
33秒台前半の上がりが要求されるような流れになると予想する。
 
ならば確実に33秒台前半の脚を使えるオブリゲーションを本命に、相手も控えれば確実に33秒台で上がってくるゼンノタヂカラオへの馬連ワイド各1点でいいのではないか。
 
 
土曜日はこの2鞍をメインにオッズを眺めながら買えそうなレースを探してみる、そんな一日か。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

ダービーと、ヴェロニカグレースと、阪神競馬場と


ダービーは想像した展開とは違ってスローのまま直線勝負になり、位置取りが結果を左右する形。
向こう正面で早くから動いたルメールと動けなかった他のジョッキーとの度胸の差?ペースを読む判断力の差?が明暗を分けた。

自分が思っていたのとはちょっと違った展開だったが、なんとか的中、今年最初の国内GI的中となった。
個人的には快勝とは言えないがw、何にしても的中したのはありがたいし、ルメールも藤沢和調教師もダービー初制覇、特に藤沢和調教師は定年までもうそれほど時間はないので勝てて良かったなと。

それにしても大外枠から後方待機、あの流れで3着に押し上げたアドミラブルの能力の高さは間違いない。
もう少し速いペースでレースを引っ張る存在がいれば、青葉賞馬初のダービー馬になっていたんじゃなかろうか。

ハナを取ったのが横山ノリ・マイスタイルだったのがアドミラブルには残念だったというべきか、自分でレースを動かすことができない点がダービー馬になるにはもう一つ足りないところだったというべきか。
 

とにかく2016-2017シーズンの競馬が終わり、今週からは2017-2018シーズンの競馬が始まる。
 
 
 

 
 
 
 
そんな来年のダービーを目指す一年が始まる今週5月30日(火)、愛馬ヴェロニカグレースが北海道のノーザンファーム空港から福島のノーザンファーム天栄に移動した模様。
 
夏競馬デビューに向けて動き出した。
 
牝馬だから目指すはダービー、ではなく桜花賞・オークスが大目標ということになるのだろうが、まずはデビュー、そして願わくば1勝を挙げられるように頑張ってくれるといいな。
 
できれば札幌記念の日に札幌競馬場に行く予定なので、その日に札幌でデビューしてくれたりなんかすると最高なんだがw
 
ま、一歩一歩着実に進んでいただければ。。。
 
 
 
話変わって。
 
今週末、初めて阪神競馬場に行く。
 
土曜日の昼ころ、新幹線で大阪入り。
鳴尾記念には十分間に合う時間に阪神競馬場に到着する、はず。(迷わなければw)
 
ミュゼエイリアンが登録してるから、出走することになれば気合い入れて応援!
 
で、土曜日はそのまま尼崎あたりに泊まって、日曜日も阪神競馬場に。
前半のレースを楽しんだら、その後は安田記念の馬券だけ買って有馬温泉に向かうという豪華な休暇を堪能する予定。
 
そのまま遅めのGWにひとり突入する。もし馬券が当たったら月曜日にはUSJにでも行こうかと思ったりw
 
阪神競馬場周辺で何か旨いもの、あるかなあ・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!