「ルーカス」タグアーカイブ

ホープフルS(2017) 予想

ホープフルS

難しい。まだ各馬の脚質もはっきりしてないし、力関係もよくわからないメンバー。

信仰上自分はルーカス本命しかあり得ないが、真剣に検討すると本命候補は簡単には絞れない。

中山の芝2000mなのに有力どころが揃って外目の枠というのも悩ませる。
こうなると内枠のトラインや、中京で上がり33秒台を使っているステイフーリッシュといった1戦1勝馬にもチャンスが十分にありそうに思える。

ただどの馬もスローの上がり勝負のレースで勝ち上がってきているものの、逃げ・先行でレースを経験してきているのが多いので、中山内回りでもあるし前掛かりの消耗戦になりそうな気はする。

そうなるとどれだ?という話になるんだが、そういうレースを経験してきているのが見当たらないのでそうなると血統に頼るしかないのだろうかと思ったりする。

そんな流れに向いてるのはどの馬?ステイゴールドとかがいいのかな?よくわからんw

2歳重賞でいつも気にする各馬初勝利時のTARGETの指数を見ると、最も高い数字はタイムフライヤーの79、次が77で5頭、76も5頭、75が4頭で、最も低い74が2頭。
正直これでは絞れない。
それにこれを予想の拠りどころにしてしまうと、ルーカスが75と凡庸な数字になってしまってとても本命にはできないwww
 

とりあえず自分はルーカスから入るし、馬連の前売りオッズを見ると一番人気でも10倍くらいはつきそうなので相手手広く流してみようかと考えている。

10-7,5,8,9,11,15,17,13くらい。

相手で中心視しているのはタイムフライヤー、トライン、シャルルマーニュ。
本当はナスノシンフォニーが一番気になるし、それが相手だと万馬券になりそうなので期待もしてるのだが、いかんせん大外枠というのが。。。

応援の単勝馬券と馬連で流すことになりそう。
こんなに相手が絞れないと3連複はちょっと買いにくい、と言いながら現地でオッズに誘惑されて買ってしまうかもしれないがw
 
 
 

 
 
 
 
ヤングジョッキーズシリーズのファイナルラウンドは大井競馬場での1日目が終わってトップは臼井健太郎34p、2位が保園翔也32p、3位が中越琉世27pと地方騎手が上位。
 
JRAでは岩崎翼が21pで5位につけている。
 
 
個人的に注目している荻野極は9pの9位、注目の藤田菜七子は3pで12位と厳しい位置にいる。
 
 
明日はこちらのレースも注目で中山では荻野極がいい馬が揃った印象なのだが果たしてどうだろうか。
 
こちらも楽しみだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ルーカス回避の報はなんだったのか

枠順確定したので見に行ったらルーカス出走するじゃないか。

昨日のニュースはいったい何だったのか。まるで回避することが確定であるかのようにニュースが垂れ流されていたが。
 

ま、出るからには贔屓馬だからなんであれちゃんと馬券を買って応援する。
 

しかし、もう1頭応援したいナスノシンフォニーが大外17番枠。人気もないだろうし狙い目でおもしろいと思っていたがよりによって大外とは。
場合によっては軸にしてもいいんじゃないかとまで考えていたが、少々検討しなおさなくてはいけないかもしれない。

こうなると素直にルーカス軸の馬券でいいか。。。
 
 
 

 
 
 
 
この日スクリーンヒーロー産駒の出走は他に中山で2頭、阪神で2頭。
 
ヨヨギマックが阪神メインのベテルギウスSに、マイネルパラディが阪神12RのファイナルSに出走する。
 
中山は2歳未勝利の2鞍、2Rにソウラセブン、3Rにウインスラーヴァ。
 
ヨヨギマックは半年の休み明けから5戦して11,9,9,16,8着。いいところなくオープンの壁にぶつかっている印象だが、昨年のベテルギウスSではミツバの3着と馬券圏内。
今年は昨年より1F距離が短くなっているがゲンのいいレースで復活の兆しを見せてほしいところだ。
 
ファイナルSのマイネルパラディは昇級初戦の前走・渡月橋Sを3着。行き脚がつかず後方からのレースとなったが直線に入ってから長く脚を使って2着馬をハナ差まで追い込んだ。
勝ったモズアスコットには2馬身離された完敗だったが、相手は次走・阪神Cを4着と如何にも強かった。このクラスならパラディも勝負になるだけの力はあるんじゃないだろうか。
3戦連続で10kgずつ馬体を増やしながら好走しているのは充実期に入っているとも思えるし、ここは期待したい。
 
中山の2頭は、まあ、頑張れ(笑) 3Rのウインスラーヴァは少しは良いところもあるだろうか。なんとか馬券圏内に来てくれれば・・・
 
 
 
ところで中山2Rのソウラセブンに騎乗する加藤聡一って誰だ?と思ったが、この日はヤングジョッキーシリーズだった。
 
西日本地区2位でここに駒を進めてきたんだな。
 
シリーズのレースだけじゃなく、他のレースにも騎乗依頼があるなんてたいしたもんだなあと感心しつつ、他にそういう地方騎手はいるのかなと確認してみたが、加藤聡一騎手が5R新馬戦と12RベストウィッシュCに乗っているだけ。
 
加藤聡一という騎手は期待されているのか、周りのバックアップが凄いのか、はたまた本人の営業力が秀でているのかw
騎乗する2Rソウラセブンも12Rニシノオタケビも、前走で騎乗していた黛や武士沢が中山にいるにも関わらずの乗り替わりだからこれは気になる。
 
ちょっと注目してその騎乗ぶりをよく見てこようと思う。
 
 
 
ところでヤングジョッキーシリーズの出走馬、なんというか馬柱的にもう少し走れそうなの揃えられなかったのかなあと感じるのは自分だけだろうか。
 
前日の大井の結果にもよるが、中山だけをパッと見てるとこれ荻野極の楽勝じゃなかろうかというふうに見えるのだが。
 
騎乗馬の決定はは単純な抽選なんだろうか。だとしたらクジ運の良かったもん勝ちという雰囲気が強すぎじゃなかろうか。
 
 
 
そういえば28日はJRAスーパープレミアムだとか。全券種の払戻率が一律80%。
ということは普段控除率の高い3連単とか、WIN5がよりお得になるということか。
ま、WIN5は買わないと思うが(当たらないしw)、3連単は普段よりちょっと意識して狙ってみようか。
 
しかし、そこまでしてポツンとこの日に開催する意味、ホントにあるか?
百貨店や飲食店でさえ正月くらいは休みにしようかという風潮に世間は流れているのに、完全にそれとは逆行する方向でJRAは突き進んでるな。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ルーカス、ホープフルS回避?

ルーカスが今朝の追い切りで放馬してホープフルSの出走を回避する方向だという報道が出てるんだが・・・

う~ん、今年最後のスクリーンヒーロー産駒重賞勝ちのチャンスだったのに。残念。

こうなったらヴェロニカグレースが3着に負けた新馬戦の勝ち馬ナスノシンフォニーを応援するか。
人気はないようだが前走・百日草特別も牡馬を相手に2着と頑張っていたし、牝馬だからと甘く見るとやられたと思わされる存在じゃないかと。

上位人気に支持されそうなジャンダルムやタイムフライヤーや京都・阪神の外回りを勝ってきているので、今回の中山内回りを上手くこなせるのかは未知数。
ならば中山経験のあるサンリヴァルや小回り福島の1800mで新馬勝ちしているナスノシンフォニーなんかはオッズ的に狙い目だと思う。

その辺を中心に据えて人気どころも押さえる、そんな馬券になりそうな気がする。
 
 
 

 
 
 
 
開催日程がおかしなことになっても今年の最終レースは阪神のファイナルS。
あのレースの本馬場入場のときに流れるEuropeの「The Final Countdown」。
 
これが流れると今年も一年、競馬楽しんだなあ~となんとも言えない気持ちになる。やたらとテンションが上がるけど、ちょっと寂しいような不思議な気持ち。
 
それが有馬記念の後にある、というのが今までの定番だったわけだがそれが今年からはちょっと違うわけで。
 
 
今年はどんな気持ちでこの曲を聴くのだろうか。。
 

 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ルーカス、鞍上ミルコでホープフルSへ


 
ルーカス、年明けのレースで確勝を期すのかと思っていたら・・・
ミルコ・デムーロ鞍上でホープフルSに向かうという発表が今日あったようで。

ルーカスは新コンビのMデムーロとホープフルSへ

てっきり年内は厩舎で調整を続けて共同通信杯当たりに向かうのかと思っていたが。
調子も上がってきてると判断していいのだろうか。

ここにはジェネラーレウーノも出走予定だし、スクリーンヒーロー産駒でワンツーを決めてくれると2017年の競馬が気持ちよく終わるなあ~(笑)
 
 
 
 

 
 
 
 
さて同じ2歳でも牝馬のGⅠ・阪神ジュベナイルフィリーズ。
 
確実に出走できるメンバーだけを見ても、コーディエライト、サヤカチャンという2頭の逃げ馬がいて、1400mを連勝してきた先行馬マドモアゼルがいてラッキーライラック、リリーノーブルという先行馬もいて・・・
 
これはペースはそこそこ前傾ラップになりそう。例年阪神JFはそういうレースになりやすい性質でもあるし、底力のある末脚が使える馬が最後に差してくるような展開になりそうだなあ~と。
 
 
そうなるとやっぱり牡馬相手に1800mを連勝してきたロックディスタウンが不動の中心馬、ってことになってくるのかなあ。
 
負かしてる牡馬も新馬でタイムフライヤーにシャルドネゴールドとなかなか骨っぽい相手だし。
札幌2歳Sで負かした相手はそれほどでもないかなあ~と思っていたが、新馬戦のほうがなかなか強い相手だったことに気づいたw
 
新潟の軽い芝でも札幌の洋芝でも結果を出しているというのは強調材料だよなあ。。。
 
 
そうすると3連系馬券で穴馬探し、というパターンになって難しくなるというやつかw
 
ちょっと数を使ってるのが気になるけど、出走できたらトーセンアンバーなんかが鞍上に目をつぶればおもしろいかなと思っているが。
 
どうなることやら。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

マイルCS、土曜競馬の枠順確定


 
マイルCSも枠順確定

マルターズアポジーは4枠8番と真ん中近くの枠に。もう少し内よりが欲しかったところだろうけど、この並びなら内にいるダノンメジャーの北村友一とかアメリカズカップの松若が妙な気を起こさなければすんなりハナに立つか。

唯一これに競り掛ける可能性のありそうだったウインガニオンが8枠16番と外に入ってしまったので津村なら無理に主張することもないだろう。

すんなり隊列は決まるかな。

週中はペルシアンナイトなんかはちょっと人気も落としそうでおもしろいんじゃないかと思っていたが、この時期のこの距離は4歳以上馬との負担重量の差が1kgに減ってしまっているしおまけに枠順も大外18番になってしまって、ちょっと厳しいのかなあという気がしてきた。
同様にサングレーザーも前走までとは戦ってきた相手が違うし、それでアローワンスが2kgから1kgに減るとなると注目の上がり馬とはいえ少々家賃が高い印象。

やっぱり今のところは無難にイスラボニータ軸、というのが的中に近い気がする。

できればエアスピネルには掲示板の下のほうでお茶を濁してもらってマルターズアポジーとかクルーガーとかグランシルク辺りに圏内に届いてほしいなと思っていたりする。

武士沢はきっとすんなりアポジーのペースで走らせることができるから粘り切って初GⅠ制覇を決めてもらって、2着にイスラボニータ、3着に和田レーヌミノル、なんてなったら配当もそこそこつくだろうしなんとなく場内もイイ感じで盛り上がるんじゃないだろうかと勝手な妄想。
そして和田にGⅠ勝たせたいクラスタが一層次こそはと熱くなる、そんな流れを希望しているw

明日の雨がどのくらいの降雨量になるか、日曜日のどのくらいその影響を残すかで展開の予想もずいぶん変わってくるとは思うがじっくりと考えてみようじゃないか。
 
 
 

 
 
 
東スポ杯のルーカスは大外枠、といっても7頭立てなので枠順はそれほど気にしてないがテンがそれほど早いタイプでもなさそうだし、内を見ながら行けるのは良さそうだ。
 
ワグネリアンがどんな位置取りをするかわからないが、福永だしそれほど強気に先行することもないだろう。
最内の大知コスモイグナーツがまたハナに行ってちょっと離れてカフジ、シャルルが番手争い、その後ろでワグネリアン、ルーカスが相手の出方を探りあう、どスローでバラバラの隊列が想像できる。
 
当然各馬とも脚は残していて、その上での瞬発力比べ。
 
ワグネリアンとルーカス、どちらの末脚が勝るのか、そんな展開だろうか。
 
 
土曜京都メイン・アンドロメダSのグァンチャーレは7枠13番になってしまった。
 
京都内回り2000mでこの枠はちょっと難しくなってしまったなあと思ったが、おそらく1番人気と思われるストロングタイタンは大外15番。
 
脚質的にはストロングタイタンのほうが厳しそうだ。
 
逃げ先行馬が圧倒的に有利なコースだけにヴォージュかウインフルブルームを軸に前に行きそうなタイプを狙っていくのが良さそうな感じ。
 
グァンチャーレは4~5番手評価、というところだろうか。
 
できれば勝って次に重賞で除外されるようなことがないように賞金積み上げてほしいところだが・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!