「リアルスティール」タグアーカイブ

リアルスティール、デットーリ騎乗でドバイターフへ


 
リアルスティールのドバイターフ参戦が決まり、鞍上がL.デットーリだという。

時代は変わったものだなあ。

海外のレースで日本馬にデットーリが騎乗するなんて、以前ではちょっと想像もつかなかったぞ。

確かデットーリはジャパンCでファルブラヴに騎乗するために来日した時に、前日のJCダートでイーグルカフェに騎乗して勝ったというのを強烈な印象で覚えているが、日本国外で日本馬に騎乗したことはないんじゃないだろうか。

日本馬が海外遠征した時に騎乗する外国人騎手と言えばモレイラ、ムーア、パートン、ボウマンにちょっと前ならスミヨン辺りのイメージ。

デットーリは別格で海外のレースで日本馬に乗るなんて想像もできなかったが、彼もピークを過ぎて依頼しやすくなったということか。

 
 
 
と、ここまで書いてちょっと調べてみた。
ホントに海外でデットーリが日本馬に乗っていないか?

すると、いた(笑)

パーソナルラッシュがブリーダーズカップ・クラシックに出走した時の鞍上がデットーリだった。

2004年のことだ。3歳時の果敢な挑戦。
パーソナルラッシュは米国産で深見富朗氏の所有で山内厩舎からデビュー。

初戦は2歳の9月、阪神のダート1200mで単勝オッズ1.3倍の1番人気に押されて勝利。
中1週で臨んだ2戦目は芝を使われたがそこでは5着に敗退、5か月休養して再びダートで500万を勝った。
米国産らしくダート路線で活躍してエルムSで重賞初制覇、続く盛岡のダービーグランプリでGⅠ勝ちを決めて、勢いに乗ってBCクラシックに挑戦。
よくデットーリが空いてたなとも思うが、これがデットーリが日本国外のレースで初めて日本調教馬に乗ったレースということになるようだ。

パーソナルラッシュという名前はうっすらと憶えていたし、そういえば何となくブリーダーズカップに挑戦した外国産馬がいたなあという記憶はあったがデットーリが騎乗していたことはまったく覚えていなかった。

今のように海外馬券も売られてなかったし、スポーツ新聞で伝えられてくる情報くらいしかなかったからなあ。。。
 
 
 

今度は日本産の日本調教馬にデットーリが騎乗。

リアルスティール自身、一昨年にはドバイターフを勝っているしそれにデットーリが騎乗してどんなレースを見せてくれるのか。

もちろん馬券も発売されるだろうし、これはなかなか楽しみなニュースだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

雑記 mar 22,2017

今週末は日経賞にゴールドアクターが、毎日杯にはトラストが出走するし、その夜にはドバイワールドカップデーで夜中まで見たいレースがあるし、日曜日には高松宮記念でなんだか忙しいなあなどと思っていたら今朝になってリアルスティールはドバイターフを出走取消とのニュース。

残念。

それでも他に日本馬は10頭もドバイで出走するわけで、見たいレース山積みの状況は変わらないが。

リアルスティールが出走しなくてもドバイターフの馬券売るの?と思った人は多いんじゃないかと思うけど(自分、真っ先にそれ考えたw)、ヴィブロスも出走するんだった。忘れてましたm(__)m

リアルスティールは鼻出血のため出走取消とのこと。

手強い相手が揃ったとはいえ、昨年の覇者でもあるし陣営の期待も高かったはず。一口馬主の馬でもあるし、現地に行く予定だった人は残念だろうなあ。

中山記念の成績も案外だったし、しばらく休養ということになるか。
これで引退ということは無いと思うけど、しっかり立て直して戦列に復帰してほしい。

あのドゥラメンテにも勝ったことのある数少ない一頭。(その時のドゥラメンテの鞍上には目をつぶろう)

このツイートを読むと両鼻孔からの出血とのことらしい。能力的な面に影響が残らないことを祈るばかり。
 
 
 

 
 
 
ドバイの馬券もちょっと楽しみだったりするが、まずは土曜日の日経賞と毎日杯。
 
ゴールドアクターは今年緒戦。
 
昨年の有馬記念ではサトノダイヤモンド、キタサンブラックには完敗でちょっと力の差を感じさせられたが、今回のメンバーでは実力・実績ともに一枚上のはず。
有馬記念でも4着以下には1馬身以上離しての3着だし。
 
当然上位人気になると思うが、今回はレインボーライン、シャケトラ、ディーマジェスティもそれなりに人気を集めてくれるはず、ここはしっかりとゴールドアクターの単勝で。
 
 
毎日杯にはトラストが出走。しかし、こちらにはサトノアーサーが(笑)
 
おそらくサトノが断然人気だし、能力も頭一つ抜けていそう。
トラストも今回は人気を落とすだろうしここは馬連3連複で応援したいかなと(単勝の自信はないw
 
ただ現状でトラストの本賞金を見ると皐月賞出走はけっこうギリギリなライン。(近年、牡牝ともにクラシック出走ライン、上がった。やはり2歳重賞増えたから今後はずっとこんな感じになるのだろう)
 
皐月賞、ダービーの出走を確実にするためにもなんとか2着までに入って本賞金を上積みしてほしいところではある。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

リアルスティールは毎日王冠を回避、天皇賞秋へ直行

リアルスティールが毎日王冠を回避して天皇賞秋に直行するそうで。

府中の2000mより1800mの方が向いてそうな気がするから確実に賞金を取りに行くなら毎日王冠のほうが良さそうなのにね、と思ったりしますが。

今さら賞金なんかよりタイトルが欲しい、といったところでしょうか。(ソンナコトナイトオモウケド)
一口に出資している会員さんの気持ちや如何に。

でも、ま、要するに順調さに欠ける、ということなんだろうな。

天皇賞秋だってモーリスがいるし、エイシンヒカリもいるから楽じゃないと思うけどね。
 
 
 
こうなってくるとルージュバック、ロゴタイプあたりに人気が集まってきそうだけど、ロゴタイプは安田記念は勝ったものの本来は東京より中山って感じだし、ルージュバックも外差しは強力だけど内を突くのは苦手そうで開幕週の東京で外差しじゃ届かないんじゃないかという心配もあるし、なんだか面白くなってきた感じがします。

もっとも最近はエアレーションのおかげなのか開幕週のほうが外差しが決まりやすい傾向があったりするのが悩ましかったりするけど。

ルージュバックならズバン!と大外直線一気とか決められても不思議ではないw
 

狙ってみたいなと思うのはステファノス、ディサイファあたりか。

ディサイファは厩舎があれだけど馬はいい馬だよなあ。。。

ステファノスは叩き良化型というのがちょっと引っ掛かるけど、調整過程を見ると状態は良さそうだしこれなら休み明け初戦でもなんとかしてくれないだろうか。

あとは左回りが大好きなクラレントさんあたりか(なぜか さん付けw)

そんなことを考えながら枠順確定を待っています。
 
 

 
 
今週は前走阪神500万ダート1400mで8番人気ながら逃げて2着に粘ったウインオスカーが京都ダート1200mに出走。
 
今度は少し人気になっちゃうでしょうか。
単複持ってたのでどうせなら前走で勝ち切ってほしかったな。単勝27倍ついてたしw
 
 
今週は他にヨヨギマック、プロトコルといったダートの1600万、オープンで頑張ってる2頭も出走。
 
 
新馬では京都の芝1800mにウインベラシアスが出走。
 
 
 
今週もちょいちょいスクリーンヒーロー産駒が出走するようで楽しみ。
先週は全然馬券にならなかったので、今週は何頭か好走してくれますように。。。
 
 
 

兄弟同日勝利が掛かる神戸新聞杯

いまだに神戸新聞杯というと2000mのイメージが残るふぉんてんです。

過去の神戸新聞杯で記憶に残るのはキョウエイボーガンの勝った1992年。

この年の春のクラシックではミホノブルボンが皐月賞、ダービーの二冠を逃げ切り、秋は果たして本質はスプリンターのブルボンが三冠馬となれるかが注目されていた年。

そこにキョウエイボーガンが神戸新聞杯を逃げ切り勝ちして菊花賞に名乗りを上げたので展開的に面白いのが出てきたな、と思ったものです。

実際、菊花賞でも大逃げを打ってミホノブルボンの三冠の邪魔をした、という評価をされて批判されたりもしてましたね。

でも、これはその前の京都新聞杯でミホノブルボンにハナを譲って完敗していたので、本番でああいう作戦を取るのは陣営としては当然だろうと思ったりもしましたけどね。

中長距離になると序盤スローに流れるレースが多いので、キョウエイボーガンのようにレースをいいペースで引っ張る馬がいると見る立場としては面白いと思うんですけどね。

ツインターボとかメジロパーマーとかサイレンススズカとかホワイトフォンテンとかタップダンスシチーとかカブラヤオーとかアイネスフウジンとか。。。

ディープインパクトのように豪快に追い込む姿もカッコいいですが、ハナから緩いペースにすることなく逃げて持てる能力をすべて出し切るレースをしてくれる馬が好きです、はい。

エイシンヒカリなんかもっと強くなってワクワクさせてほしいなあ。。。

さて、前置きが長くなりすぎ、しかも横道に逸れてしまいましたが。

今年の神戸新聞杯はリアルスティールが注目を集めますが脚質は差しタイプ。

直線の長い阪神外回りでもありますし、前に行く人気薄の馬が穴を開ける展開になりませんかね?セントライト記念のように。

実績的にはリアルスティールで断然だと思いますが、他はあまり差のないメンバーのような気がします。

他に上位人気に支持されそうなのはキロハナ、アルバートドック、ティルナノーグ、マッサビエルといったところでしょうか。

前に行きそうなところだと内枠のサンライズセンスやレッドソロモン、リアファルなんかが先行しそうです。

各馬の前走を見るとリアファルが逃げるんでしょうか。

それにしても各馬ともガリガリ先行したいタイプでもなさそうなのでさほどペースは上がらないような気がします。

リアファルが逃げてそのまま押し切り、異父姉のマリアライトもオールカマーに出走しますし東西で同日姉弟重賞制覇なんてないですかね?

ちょっと期待したいところです。

できれば人気薄のサンライズセンスとの行った行ったで。

人気のリアルスティールが骨折休養明けだけに波乱の結末、というのも十分に可能性はあるんじゃないかと。

まあ、リアルスティールのほうは同日に中山で全兄弟のブロディガルサンが芙蓉ステークスに出走するので同日兄弟オープン勝ち、というほうがずっと可能性は高そうな気がしますが・・・穴党はそれではツマラナイわけで。

そんな金曜日の予想とも言えない希望的展開予想でした。

[神戸新聞杯(GII)] ブログ村キーワード