「フェブラリーS」タグアーカイブ

フェブラリーS(2018) 回顧

土曜日から東京のダートは前に有利な状態。
これが騎手の先を急がせる心理に強く影響をしただろうか。
ある程度早いペースで流れるんじゃないかとは思っていたが、想像以上のハイペースになった。

公式ラップによるとテンの3F34.1、4F45.8、5F58.3、ちなみにやはりハイペースだった昨年の安田記念の公式ラップは3F33.9、4F45.5、5F57.1。
さすがに5ハロン目は1秒以上の差があるが3F目で0.2、4F目で0.3の差しかない。これはさすがに前に行った組には厳しい流れだった。

ニシケンモノノフとケイティブレイブが押してハナ争い、そこにノボバカラとテイエムジンソクが絡んで直後にララベル。
前残りの馬場を利して何とか流れ込もうとする伏兵に、人気のテイエムジンソクが自分の競馬をしようと掛かり気味に前に行ったためにできた厳しい流れだったと思う。

前有利の馬場に加えて、内で詰まると定評のある福永が2番枠だったことも影響したんじゃないか。福永が前が詰まることのないポジションを取りに行ったこと、1200mを使ってきたニシケンモノノフも内からハナを取りに行ったこと、そこに逃げて底力のあるテイエムジンソクが絡んできたことで想像以上のハイペースになってしまった。

後方から進めるサンライズノヴァ、ゴールドドリームが中心と考えていた自分には内心しめしめと思う絶好の展開、これで本命に取ったサンライズノヴァは4着に負けたのだから明らかに力負け。
これだけ厳しい流れになってしまっては、現状で上位馬には差し比べでも敵わないということはハッキリとわかった。しかしまだ4歳、これからの成長に期待したい。

いつもテンの出足がつかず、じりじりとしか脚を延ばせないノンコノユメにはまさにうってつけの流れ。
縦長の隊列になったおかげで外を回してくるしかない同馬にはロスも最小限に抑えられてドンピシャの展開となった。

去勢してしばらく不振が続いたが、これですっかり3歳時の輝きを取り戻した。長く活躍できるダート戦線、後方一気の脚質ゆえ展開に注文は付くが当分は上位争いを続ける存在になると思われる。

そして一番強い競馬をしたのはやはりゴールドドリーム。
意外に前(=テイエムジンソク)が早く止まってしまったために先頭に立つのも早くなってしまったのが痛かった。
それでもノンコノユメに並ばれたときに一瞬は差し返そうと抵抗をみせ、後ろから迫るインカンテーションを押さえて2着確保。
結果的に早仕掛けになってしまい、ああいった形になってしまったにも関わらずあの場面で差し返そうという根性を見せるのはさすが最優秀ダートホース。
今後もダート路線の中心馬という評価は変わらない。

3着インカンテーションも調子の良さは伝えられていたが、それを証明する好走。

予想ではもう少し前で競馬をするかと思っていたが、流れが早過ぎたからあの位置になったのか早いと見てあの位置に抑えたのかはわからないが出せるパフォーマンスはきっちりと発揮した3着に思う。三浦皇成の好騎乗だと思う。
 
 
 
 
テイエムジンソクは初めての東京で持っている力をまったく発揮できなかったように見えた。
力んで走ってしまい道中の消耗が大きかったようでなすすべなく12着。
 
能力的にこんな馬ではないだろうし必ず巻き返してくると思う。
できればマイペースでハナを切ったほうがより能力が活きるのかもしれない。
 
 
勝ったノンコノユメについては正直まだ疑っていた。根岸Sでは強いレースぶりだったが馬場と展開が上手く嵌ったという印象が強かったので人気通りの評価しかできなかった。
 
もっと馬を見極められていれば、本命に取ることもできただろうか。自分には到底そんな眼力がないのはわかっているのだが。
 
 
2018年最初のGⅠは見応えのある迫力あるレースになったと思う。
スローの瞬発力勝負もおもしろいが、厳しい流れの消耗戦での力比べはやはり他には代え難い迫力がある。
馬券はハズレてしまったがこういうレースを見せてもらえる僥倖に一日くらいは浸っていたい。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

フェブラリーS(2018) 予想

焦点はゴールドドリームの連覇なるか、テイエムジンソクのGⅠ初制覇か。

多くはそんな予想になりそうなフェブラリーS。しかし穴党がそんな予想に落ち着くわけもなく。
 

東海Sであんな強さを見せつけたテイエムジンソク、逃げるにしても番手に控えるにしても緩いペースでは行かないだろう。先行馬には少し厳しい流れになると想像している。

ならばこのメンバーなら中団の後ろから運ぶことになりそうなサンライズノヴァに展開が向くのではないか。

武蔵野Sでは惨敗したが、ユニコーンSは2着馬に4馬身差完勝のコース、決して東京ダ1600を苦にするわけではない。
根岸Sではノンコノユメにハナ差敗れたが人気を背負って勝ちに行った結果差されたもの。
今度はゴールドとテイエムが人気は背負ってくれる。自分のタイミングで末脚を繰り出せるだろう。

展開面からはこれが本命に浮上すると考えている。
 
 
 
 

 
 
 
 
相手はどれか。
 
展開から差し馬を狙う以上はゴールドドリームは相手筆頭ということになるが、狙ってみたいのはインカンテーション。
比較的前に位置取りそうなタイプではあるが前半4F47.3-後半4F48.2という流れの武蔵野Sを番手先行で押し切り、2~3番手で先行できればしぶとく伸びてくる可能性もあるのではないか。
 
もちろんテイエムジンソクも相手には加えるが、他にベストウォーリア、サウンドトゥルー、ケイティブレイブ、ノンコノユメまで手広く押さえたい。
 
 
まだ枠順も決まっていないが、今回はそれほど枠順で予想が変わることもなさそうだ。
 
サンライズノヴァから、馬連流し7点。上手く嵌ってくれると嬉しいのだが。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

フェブラリーS(2017) 回顧

今年最初のGI・フェブラリーS、現地観戦してきました。スタンドから富士山が綺麗に見えました。

道中のラップは下記

12.1 – 10.5 – 11.4 – 12.2 – 12.8 – 11.8 – 12.0 – 12.3

テンの3Fが34.0、1000m通過59.0、上がり3F36.1。
インカンテーションが外からハナを主張し、ニシケンモノノフも先行して思いのほか早い流れ。

この枠順ならすんなりハナに立つだろうと思っていたコパノリッキーはやや離れた3番手。スタート直後から押して出していったもののハナを取れず、状態はいいと言われていた割にはスピード負けしている感じ。馬自身にあまり走る気持ちがないようなように見えた。

4コーナーから直線に向かったところではいい感じで先頭をうかがったものその後はサッパリ伸びず、やはり能力的にもピークは過ぎたような印象。無念。

勝ったゴールドドリームは中団からの競馬。3コーナー過ぎから早めに外に出すとスムーズに前を捌いて楽々突き抜けた。
残り200mを過ぎたところで内からベストウォーリアが迫ってくると更にもうひと伸び。内から差されるかという勢いだったが、並びそうになったところで同じ脚色で伸び続けた。ペースの上がった4コーナーで6頭分も外を回して上がってきていることを考えるとこれはかなり強い内容だったと思う。

最後方にいたカフジテイクがしっかり3着まで押し上げてこられる早い流れが向いたとはいえ、これだけスピードの持続力があればもう少し距離が伸びても走れそうな気はする。
ただやはりコースとしては東京のマイルのような広いコースでのワンターンがベストに思え、小回りコースではスタートが遅いこともあるし、取りこぼしもありそう。

まだ4歳、しばらくはダート界のエースとして君臨しそうだと感じた。

自分の印としては▲→◯→△での決着でハズレ。
今年のGIは好スタートとはならなかった。無念。。。

 
 
 

 
 
 
 
期待したスクリーンヒーロー産駒、キンシノスパークは8着、グレイスニコは7着。
 
こちらも全然ダメで馬券的にはサッパリの日曜日。
 
的中できたのは一鞍だけ。東京4レースの未勝利戦芝1600m。
勝った5番人気アルチレイロからの馬連4点で取れたので気持ちは良かったが、一日の収支は残念がらのマイナス。
 
レース前は展開は完全に読み切ったと自信を持っていた小倉大賞典も、思った以上の早い流れに期待したマイネルハニーは2番手追走から直線バッタリ止まってシンガリ負け。
 
これはちょっとショックな結果だった。
 
それでもアフターは友人と楽しくお酒を呑んでこれるのだから、やっぱり競馬は楽しいなあ。
 
次の中山開催でがんばろう♪
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

サウンドトゥルーの鞍上は誰になるのか(追記アリ)

フェブラリーS、サウンドトゥルーの鞍上はどうなるんだろうか。

この原稿を書いている段階ではまだ決まっていない模様。もしかしたら回避しちゃうんじゃないか?という雰囲気さえ感じるが・・・

個人的にはサウンドトゥルーは買うつもりがないので、出てくれれば多少は人気を集めるだろうし、追い切りだって済ませてるんだからちゃんと出走してほしいところだけど。

どうやら1番人気はカフジテイクになりそうだけど、差なくゴールドドリーム、ベストウォーリア、モーニンといったところが続きそうで混戦模様。

予想もいろんなアプローチができそうで、切り口をどこにするかが的中・不的中の分かれ目か。

それほど力差があるメンバーとも思えないし、自分はやはり展開重視でアプローチしたい。

前に行きそうなのはケイティブレイブ、コパノリッキー、ニシケンモノノフくらいで、3頭ともハナにこだわるタイプでもないし案外流れは落ち着きそうな気がする。

それなら好位で競馬ができて、安定して好成績を残してきているベストウォーリアあたりが軸には最適なのかなという印象。

隊列が長くなるようならコパノリッキーは有力だと思うけど、馬群一団で進むようならカフジテイクやモーニン、ノンコノユメのような決め手に秀でたタイプが浮上してくる。

人気にはならなさそうなところでは二頭出しの高木厩舎からホワイトフーガが案外いいんじゃないかと思ったり。位置取りと脚の使いどころ次第では3着あたりに食い込んでくるチャンスもあると思うけど。

サウンドトゥルーの鞍上が誰になるかを含めて、今日の出走馬確定と明日の枠順確定が楽しみ。

[追記]
サウンドトゥルーの鞍上は柴田善臣騎手になりました。ちょっと意外w
 
 
 

 
 
 
 
昨年秋に一年ぶりに復帰してから2戦2桁着順を続けていたミュゼエイリアン。
 
さっき気がついたんだけどいつの間にか騙馬になっていた。去勢のための放牧だったのか。
 
初ダートだった前走の師走ステークスなんか15着に1.9秒差をつけられての16着最下位だったからなあ・・・
 
 
これで少し復活してくれればいいけれど。
 
毎日杯勝ち馬として、同じ毎日杯を勝っているオグリキャップのように奇跡の復活!な~んてなってほしいけど(無理やり共通点を挙げる虚しさw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第33回フェブラリーS 回顧

[フェブラリーS(GI)] ブログ村キーワード

遅まきながらフェブラリーSの回顧

自分の馬券はアスカノロマンが3着になんとか差してきてくれたおかげで3連複的中。

しかし、、、馬単と3連単も買っていたので結果トリガミとなりました。う~む。
一番安い組み合わせだったからまあ仕方がないのですが、この組み合わせで決まったらトリガミになると気がついてないところ詰めが甘いですね。反省点。

時計の出る重馬場になってラップは

12.2 – 10.8 – 11.1 – 12.0 – 12.3 – 11.9 – 11.6 – 12.1

テンの3Fが34.1、1000m通過58.4で最終的に1:34.0のレコードタイム。

まるで芝の古馬1000万クラスの時計。
ただ馬場差を考えるとそれほどレベルの高い時計だったというわけでもないような気はします。

午前中の第3R未勝利戦(不良)で1:35.7という時計が出ていますし、その時よりも更に時計の出やすい状態になっていた点を考慮するとレコードですがG1ならこのくらいでも不思議はないかな、と。
(むしろその未勝利戦を勝ったレッドゲルニカが凄いなという印象)

逃げたのは予想に反してコーリンベリー。

モンドクラッセが逃げるんじゃないかと思っていたのですが行き脚がつかず。

コーリンベリーは距離に不安があるだろうから抑えて中団から行くんじゃないかと思っていたのですが、真逆の作戦でやってきました。ホント展開読みって難しいw

もう行けるとこまで行ってどこまで粘れるか、という戦法だったのでしょうか。

ただすんなりハナを取って他馬も特に絡んでいく雰囲気もなかったのでスローになるんじゃないか、とちょっと心配しましたがそんなことはなかったですね。

勝ったモーニンは外枠がどうなんだろう、距離ロスが最後に響くんじゃないか、なんて考えていましたがスムーズに先行馬群に取り付いて3コーナー過ぎでは2列目の中。

4コーナーから直線にかけて絶好の手応えで先頭3頭を捕まえに行くとあっさりと抜け出して快勝。

昨年秋の準OP・秋嶺ステークスで追いすがるプロトコルを楽々突き放していたのでこれはモノが違うなあと感じていましたが、更に上を行っていた感じです。

根岸Sからのステップということで評価は少し割り引いていたのですがやはり強い馬にはステップなんかは関係ないのかな。

ノンコノユメはチャンピオンズカップに続いての2着。

終いはホントに確実に追い込んでくるしたいしたものだなあと思いますが、やはりあの位置取りでは馬場状態を考えると仕方がない結果。

追い込み一辺倒の馬をあの人気にするのはちょっと可哀想だったかなと。

期待したアスカノロマンは思ったよりも後ろの位置取り。

あまりラストで切れるというイメージはなかったのですがノンコノユメについで上がりは2番目の脚で食い込んでくれました。ハラハラしたなあ。

もう少し前にいたら2着はあったかな、でもあの位置にいたからあの末脚を使えたのかな、と思ったり。

でも私の馬券的には2着でも3着でも結果は同じだったのですが(笑)

見応えのあるレースで面白かったと思います。現地で見たかったな。。。

 
 
今週土曜日の中山メイン総武ステークスにはフェブラリーSを除外になったプロトコルの登録があります。
 
これまで中山にはあまりいい成績はありませんが、使われていたのは1200m。
 
今回は初の1800mということで新しい面を見せてくれるでしょうか。
 
スタミナの求められる府中の1600mで好走していますし、前走の根岸Sから2F距離が伸びて追走も楽になるでしょうから好走してくれるんじゃないかと楽しみにしているのですが。
 
父のスクリーンヒーローも2勝目までは中山のダート1800mであげていましたしね。