「ノンコノユメ」タグアーカイブ

フェブラリーS(2018) 回顧

土曜日から東京のダートは前に有利な状態。
これが騎手の先を急がせる心理に強く影響をしただろうか。
ある程度早いペースで流れるんじゃないかとは思っていたが、想像以上のハイペースになった。

公式ラップによるとテンの3F34.1、4F45.8、5F58.3、ちなみにやはりハイペースだった昨年の安田記念の公式ラップは3F33.9、4F45.5、5F57.1。
さすがに5ハロン目は1秒以上の差があるが3F目で0.2、4F目で0.3の差しかない。これはさすがに前に行った組には厳しい流れだった。

ニシケンモノノフとケイティブレイブが押してハナ争い、そこにノボバカラとテイエムジンソクが絡んで直後にララベル。
前残りの馬場を利して何とか流れ込もうとする伏兵に、人気のテイエムジンソクが自分の競馬をしようと掛かり気味に前に行ったためにできた厳しい流れだったと思う。

前有利の馬場に加えて、内で詰まると定評のある福永が2番枠だったことも影響したんじゃないか。福永が前が詰まることのないポジションを取りに行ったこと、1200mを使ってきたニシケンモノノフも内からハナを取りに行ったこと、そこに逃げて底力のあるテイエムジンソクが絡んできたことで想像以上のハイペースになってしまった。

後方から進めるサンライズノヴァ、ゴールドドリームが中心と考えていた自分には内心しめしめと思う絶好の展開、これで本命に取ったサンライズノヴァは4着に負けたのだから明らかに力負け。
これだけ厳しい流れになってしまっては、現状で上位馬には差し比べでも敵わないということはハッキリとわかった。しかしまだ4歳、これからの成長に期待したい。

いつもテンの出足がつかず、じりじりとしか脚を延ばせないノンコノユメにはまさにうってつけの流れ。
縦長の隊列になったおかげで外を回してくるしかない同馬にはロスも最小限に抑えられてドンピシャの展開となった。

去勢してしばらく不振が続いたが、これですっかり3歳時の輝きを取り戻した。長く活躍できるダート戦線、後方一気の脚質ゆえ展開に注文は付くが当分は上位争いを続ける存在になると思われる。

そして一番強い競馬をしたのはやはりゴールドドリーム。
意外に前(=テイエムジンソク)が早く止まってしまったために先頭に立つのも早くなってしまったのが痛かった。
それでもノンコノユメに並ばれたときに一瞬は差し返そうと抵抗をみせ、後ろから迫るインカンテーションを押さえて2着確保。
結果的に早仕掛けになってしまい、ああいった形になってしまったにも関わらずあの場面で差し返そうという根性を見せるのはさすが最優秀ダートホース。
今後もダート路線の中心馬という評価は変わらない。

3着インカンテーションも調子の良さは伝えられていたが、それを証明する好走。

予想ではもう少し前で競馬をするかと思っていたが、流れが早過ぎたからあの位置になったのか早いと見てあの位置に抑えたのかはわからないが出せるパフォーマンスはきっちりと発揮した3着に思う。三浦皇成の好騎乗だと思う。
 
 
 
 
テイエムジンソクは初めての東京で持っている力をまったく発揮できなかったように見えた。
力んで走ってしまい道中の消耗が大きかったようでなすすべなく12着。
 
能力的にこんな馬ではないだろうし必ず巻き返してくると思う。
できればマイペースでハナを切ったほうがより能力が活きるのかもしれない。
 
 
勝ったノンコノユメについては正直まだ疑っていた。根岸Sでは強いレースぶりだったが馬場と展開が上手く嵌ったという印象が強かったので人気通りの評価しかできなかった。
 
もっと馬を見極められていれば、本命に取ることもできただろうか。自分には到底そんな眼力がないのはわかっているのだが。
 
 
2018年最初のGⅠは見応えのある迫力あるレースになったと思う。
スローの瞬発力勝負もおもしろいが、厳しい流れの消耗戦での力比べはやはり他には代え難い迫力がある。
馬券はハズレてしまったがこういうレースを見せてもらえる僥倖に一日くらいは浸っていたい。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

武蔵野ステークス~『きみの朝』は流れるか

[武蔵野ステークス] ブログ村キーワード

馬主の馬場幸夫さんってダートで活躍する馬が多いですね。
土曜日の武蔵野ステークスで人気になりそうなモーニンもそうですし、ベストウォーリアやアジアエクスプレスもそうだし。

で、そのモーニン。
ここまで4戦4勝、毎回乗り役が替わってるというのも珍しい気がしますが今回もテン乗りではありませんが前走のルメール騎手から3走前の川田騎手に乗り替わり。
ま、だからなんだという話ですが、連勝中なのに騎手が固定されないというのもどうなんでしょう?
単純に馬が強いということなんでしょうけどね。

今度はグッと相手も強化されて重賞勝ち馬7頭、うち3頭はG1勝ちですからそう簡単には勝たせてはもらえないでしょうが、ここでもやはり注目したいところですね。どこまで連勝が続くのか。

たぶん大外に入ったセカンドテーブルが初ダートですし砂を被るのを嫌って逃げるような気はしますが、この枠順ならそのモーニンが逃げる形になるかもしれません。
逃げないまでもおそらく2番手あたりでレースを進めそう。

それを見ながら実績馬のグレープブランデーが先行、ノンコノユメは中団から後方という位置取りになるんでしょうね。

前走でモーニンの手綱を取ったルメールがノンコノユメに乗るからにはやはり本命はノンコノユメにするのが正解のような気がします。
グレープブランデーの前2走もルメールの手綱でしたし、これはもうノンコノユメの頭で鉄板じゃないだろうかという気がします(笑)

それにしても石坂正調教師はどうしてモーニンの前走でルメールに騎乗依頼をしたんでしょう。勝ち上がってもここで敵に回るのはわかりそうなものだけど。不思議。
それはグレープブランデーにも言えることではありますが、グレープブランデーについてはそれ以前にもルメールは乗ったことがあるのに対して、モーニンは乗せてなければルメールはどんな馬かわからないでいたのになあと。

相手がどんな馬か、どのくらいの脚があるのかを知っているのと知らないのとでは全然違うと思うんですけどね。

そういう部分で相手を知っているルメールが騎乗するノンコノユメが有利じゃないかなと思うわけです。

でも、きっと1番人気になるんだろうなあ。。。
願わくばグレープブランデーやモーニンが少しは人気になって圧倒的な人気にはならないでほしいなと思います。

ということで武蔵野ステークスの私の本命はノンコノユメ。
相手にはもちろんモーニン、グレープブランデーを挙げないわけにはいきませんが、一息入ったゴールデンバローズと前走2100mから一気の距離短縮となるベルゲンクライ、それと初ダートですがノンコノユメと同じトワイニング産駒のセカンドテーブルも相手に入れてみたいと思っています。

天皇賞に出走できずに泣く泣く武蔵野ステークスに回って陣営も驚くような勝ちっぷりを見せたクロフネのようになったり・・・しないですかね。ないか。(笑)
しかしクロフネがダートで活躍したのは急遽天皇賞に出走してきたアグネスデジタルのおかげでもありますよね。
そしてそのアグネスデジタルも天皇賞を勝っちゃうんだから競馬ってホントにドラマだなあとつくづく思います。

というわけで驚愕の勝ちっぷりを見せたクロフネの武蔵野ステークス、貼っておきますw

牡馬か牝馬か

競走馬の訃報はやはり残念ですね。もっとも競走馬に限らず訃報というのはそういうものですけれど。

ども、ふぉんてんです。m(__)m

先日ユートピアが亡くなったというニュースを聞いたばかりだったのに今度はアンバルブライベンが亡くなったとか。
テンのダッシュ力は凄いし、サンデーの血を持たないので繁殖に上がってもサンデー系種牡馬と自由自在で面白そうだなあなんて思ってたんですけどね。。残念です。合掌

一方で昨日はやはり最近亡くなった種牡馬トワイニング産駒のノンコノユメがジャパンダートダービーを強烈な強さを見せて優勝。
G1級のレースをトワイニング産駒が勝ったのは初めてじゃないですかね?
デビューから5連勝でその能力を見せたものの6戦目で2着に敗れ、その後脚部不安で大舞台にたつことが叶わなかった父の夢も繋いでいってほしいものです。
これで後継種牡馬としても残っていくことができるかもしれないですしね。

ところで。
ノンコノユメ

実はユニコーンSの直前まで牝馬だと思ってました(笑)
きっとそういう人は多いんじゃないかと。「母ノンコの夢」という由来だというのは知ってましたが、如何にも牝馬っぽい名前ですよね?

そして逆にアンバルブライベンはけっこう長いこと牡馬だと思ってました(笑)
確かアイビスサマーダッシュの頃まで牡馬だと思い込んでいたような記憶があります。なんか名前の響き牡馬っぽくない?
ドイツ語でボールをキープする、転じて頑張るという意味らしいですが。

アンバルブライベン=頑張る、、、頑張りすぎて疲れちゃったのかなあ。ホント残念。

しかし競走馬の名前って牡馬か牝馬かわからないようなのけっこう多いですよね。

ウオッカだってイメージだけなら男性的な感じがするし。ま、成績も男顔負けでしたけど(笑)

[ノンコノユメ] ブログ村キーワード