「トラスト」タグアーカイブ

大敗をして秋競馬を迎えることに


 
やらかしてしまった。

先週末は大敗を喫した。藤代三郎流に言うなら全治3週間である。

特に熱くなったわけではない。極めて冷静に、ここは勝負だなと多めの勝負を挑んだレースをことごとくはずしただけだ。

それでもこんなに負けるんだなあ・・・( ̄д ̄) トオイメ

きっかけは土曜新潟の5Rメイクデビュー新潟芝1400。

スクリーンヒーロー産駒ハットワンスターが出走していた。
そしてダノンスマッシュが1頭断然人気で単複の票を集めていた。

全馬初出走の新馬戦は極端に人気が被り過ぎることがある。調教タイムと血統以外に検討する要素が少ないことがその原因だろう。

しかし、血統が良くても調教が凄くても実際のレースは走らせてみなければわからない。
検討材料が少ない分だけ一部の馬に人気が被り過ぎて能力差以上にオッズが開くことが多いから、逆にやけに美味しい馬券になることもある。

ハットワンスターは単勝5番人気だったがそのオッズは17倍、複勝でも3倍近くのオッズになっていた。

実戦に行ったら意外に良いタイプかもしれないじゃないか、とGIでもないのに単複にけっこうガンッ!と入れてしまった。

結果、ハットワンスターは13着。道中イイ感じで中団を追走していると思ったが、直線全く伸びずw

ま、そういうこともあるよな、と思って切り替えてその後も冷静にレースを選んでちょろちょろと買ったものの土曜日は的中なし。

日曜日は最初に買った新潟5Rの新馬戦で馬連3連複をそれぞれ4頭ボックスで的中して前日の不調は脱したかに見えたが、その後は新潟の両津湾特別で元返しの押さえが的中したのみ。

その後の3場メインは全てハズレ。最終もさっぱりで気がついてみればこの土日は最近では稀にみる大敗を喫してしまった。

買わずにもし買うならこういう印、というレースはけっこう当たっていたのでけっして予想自体が大きくずれているという感じはなかったが、そもそも買うレースを間違っているという痛い状況。

レースの取捨って入り口なのにそこがずれているようでは的中は遠い。

これ、どうやって修正していけばいいのかわからないのが困りものである。
 
 
 
 

 
 
 
 
丹頂Sのトラストは軽快に逃げていたように見えたが3コーナー辺りでは手ごたえをなくしたようで、4コーナーではずるずる後退。
なかなかショックな光景だった。
 
全兄がダート短距離で成績を挙げてきたウインオスカーだし、やはり長距離は向いていないのだろうか。
 
それとも単純に春までの連戦の疲れが抜けきっていないのか。
 
好スタートだったし、楽にハナを切り道中もさほど競りかけられるようなところもなく、マイペースで行けているように見えたが、あんなにバッタリ止まるところをみると鞍上や調教師ならわかるような原因があるのだろう。距離か、疲れか、調整の失敗か。
 
 
このメンバーで、この斤量で楽に先手を取ってこんなに負けるんだからさすがに菊花賞は無理だろう。
 
休養が少し長くなってもいいからじっくりと立て直してほしい。いっそ堀厩舎に転厩してくれんかな(ないw
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

平地重賞が3鞍というのは久しぶり、秋競馬も目の前だ


 
新潟記念、逃げ馬はウインガナドル1頭。上位人気になりそうなマイネルフロストも先行タイプだし、1番人気になりそうなアストラエンブレムも先行できるのでさほど緩いペースにはならないかもしれないが、隊列はすんなり決まりそうなメンバーなので前半は落ち着いた流れになりそうだ。

新潟の外回りだしラスト2Fの瞬発戦になりそうな気はするが、マイネルフロストはじっくり溜めても良さが出るタイプではないので意外と仕掛けは早くなるかもしれない。

それでもじっくり溜めれば確実に切れるアストラエンブレムが人気を背負い、それがじっくりと構えて脚を溜めれば他馬もその出方をうかがっているうちに、前に行った馬が予想外の粘りを見せる、などという先週の2歳ステークスのようなケースも考えられる。

馬場状態、コース取りも結果を大きく左右しそうだし、なんとも難しいレースになりそうだが今のところは人気でもアストラエンブレムを中心に考えている。

願わくば3月の大阪城ステークスのときのようにトルークマクトを連れてきてほしいのだが。
今回もトルークマクトは人気がなさそうだし、もしそうなったら好配当になりそうで嬉しい(笑)

 
 
 
 

 
 
 
 
土曜日の札幌2歳Sはカレンシリエージョとクリノクーニング、それとロックディスタウンが人気では3強の様相。
 
しかし、、。
 
コスモス賞2着のミスマンマミーアは強かったと思うけどな。道営所属のせいかあまり人気はないみたいだが中心馬の1頭と考えてもいいんじゃないかと思っているのだが。
 
道営ではクローバー賞を勝ったダブルシャープのほうが人気になりそうだが、そちらよりもミスマンマミーアの方を高く評価している。おもしろい存在だと思うけどなあ。
 
中央馬ではコスモインザハートも有力と思っていて、これらと上位人気馬とをどう組み合わせるか、そんなふうに考えているが。。。
 
 
小倉2歳Sはどれを中心に考えればよいのか。
 
除外もあるし、まだなんとも判断しがたいが出走できればモズスーパーフレアを中心にと今のところは思っているが。
 
 
日曜札幌メインの丹頂Sは信仰上の都合でトラストからw
 
でも応援血統というのを抜きにしても53kgなら能力的には勝負になるんじゃないか。
あとは春の連戦の疲れがしっかり抜けているか。タフな馬だから回復してくれていると思いたいが、ああいう使い方されると影響はけっこう後々まで残るものだから、それが心配。
 
先週は結果、収支が行ってこいだったので今週はしっかりと勝ち逃げをできるようにしたいものだが日曜日に二重賞あるし札幌メインにはトラストが出走するし、またまた悩ましいことになりそうではある。
 
ま、それが楽しいわけだけどw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

残り2週


 

北海道の涼しさが天国だったなと思わせる東京の暑さである。
あ~ぁ、帰って来たくはなかったなあ、と思いながらサラリーマンは会社に向かったのだった。
それでも今週は2日間行けばまたすぐに週末、ちょっとくらい我慢してやろうじゃないか。これだけ暑ければ仕事後のビールもさぞかし旨かろう。
 


 

ルーカスの口取り写真をツマミにビール3杯くらいはいけそうな暑さである。
 
 

くだらない話はさておき。

こんなに暑くても夏競馬も残すところあと2週。早いものだ。

というか、夏のローカル開催、もう少し日数を増やせないものなのか。
確かにJRAとしてはより集客の望める中央開催の日数を増やしたいというのは当然なのだろうが、札幌・函館・新潟・小倉がそれぞれ6週間ずつ、福島・中京に至っては4週しかないというのは何とも寂しい。
それでも福島・中京・新潟・小倉は春や秋の開催があるからまだいい。札幌函館がホントに夏の6週間だけしか開催しないなんて、せっかくの立派な施設がもったいないじゃないか。
札幌は風情ある旧スタンドをわざわざ今風のものに改修しておいて、新装した翌年からいきなり開催日を減らしたではないか。
JRAはそんなにお金が余っているのか。ならば控除率をもっと下げろ。

だいたい東京・春の10週間開催なんて長すぎる。その分を夏のローカルに回してもらえないものだろうか。東京をホームとして10週間もやられ続ける身としては、早めに東京の春開催を切り上げて夏のローカルに移行することを切に願うぞ。
 

もしかしたらローカルは開催が進むと芝の痛みが進んで悪馬場での開催を余儀なくされるという要因もあるのかもしれないが、最近のエクイターフだかシャタリングだか知らないが開催が進んでも全然内が悪くならないというのは、それはそれで馬券的にオモシロくないぞ!ということも主張したいのだ。
開催が進んで先週まで内前が圧倒的に有利だったのに、突然外差しがバンバン決まるというのも中々面白かったのだ、夏競馬は波乱の競馬というのもいいじゃないか!
 
 

などということを考えながらJRAの年間スケジュール表を眺めていたが、現在開催中の新潟、小倉、札幌って開催期間がまったく同じなのだが、新潟と小倉は一開催で12日間なのに札幌は二開催に分けて合計12日間になっていることに気がついた。

この違いはいったい何なのだろう?

競馬法の関係でこうなってるのだろうか?

同じ一開催が6日間だったり8日間だったり12日間だったり紛らわしいことこの上ないのだが。
 

シンプルに一開催8日間で統一できないのか。そうすれば札幌、函館も以前のように16日間ずつの開催になるだろうし・・・

とにかくもっとオールドファンにも理解しやすい開催を求める、断固求めるのだ。( ← ムダ
 
 
 
 

 
 
 
 
話は変わって
 
ダービー後、休養中のトラストは来週の丹頂Sで復帰の予定らしい。芝2600m。札幌だから鞍上は前走に続いて丹内か。
 
こういう距離を使うというのは長い距離のほうが合っているという判断なのか、単に菊花賞に向かいたいから長い距離を使うのか。
 
ここまで全部で11戦も使われているけど、3歳牡馬三冠レースにすべて出走させたいと最初から考えていたのだとしたら、朝日杯FSとNHKマイルCを使ったのは余計だったんじゃないかなあ~と素人ながら思ってしまう。
 
3カ月の休養明け、春の疲れはちゃんと取れているだろうか。心配だ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

人優先主義

川崎から栗東中村厩舎に転厩して以来、

東スポ杯2歳S→朝日杯FS→シンザン記念→毎日杯→皐月賞→NHKマイルCと休みらしい休みもなく使われてきたトラスト。

どうやら次走はやっぱりダービーに向かう予定とのこと。

「馬の様子を見てだがダービーは特別なので出走する方向」というような記事を見た。これ岡田総帥の意向なんだろうけど調教師はどう思ってるのか。

壊したいのか?

丈夫な馬なのかもしれないが、重賞ばかり、それも毎日杯のあとは中2週、中2週でGIを使ってるのに更に中2週でダービー使うとか頭がオカシイとしか思えないのだが。

オグリキャップかよ!と思うような使われ方じゃなかろうか。

いくら素材が良くても、これでは馬が力一杯走ってはいけないと思うのではないだろうか、と素人ながらに考えている。

┐(´д`)┌ヤレヤレ
 
 
 

 
 
 
 
競走馬は経済動物だから、人の欲望のために走らされる側面を否定する気はないが、いくらなんでも酷いなと感じる。
 
 
人優先主義、なんだろうか。
 
 
2歳チャンプの調子が整わないからとダービー回避をあっさり決める藤沢和雄厩舎とは対照的である。
 
ただサトノアレスはダービーを回避して米GIベルモントダービー招待Hか、函館の巴賞が次走候補、というのも「え?」とは思うが(笑)
 
レースの格や世間の評価を気にしない、馬にあっていると思うレースを使っていく姿勢はさすがである。
 
米国GIと函館のオープン特別が並列に挙がるというのは面白すぎるが。。。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

皐月賞(2017) 予想

土曜日はウインベラシアスが勝ってくれたこと、ウインオスカーがなんとか2着に食い込んでくれたこと以外には良いところがなかった(自分の馬券的に)。

アンタレスSも中山グランドジャンプもう~ん・・・と唸る馬券。

しかし、オジュウチョウサンは強かったなあ。大障害レース3連覇はなかなかの偉業だと思う。
 
 

さて皐月賞。

とりあえず信仰上の都合でトラストの単複は買わざるを得ないのでそれ以外を考える。
(しかし単勝万馬券というのはありがたいのか、応援といえど買うのは無謀なのか。ナヤムw)

牝馬ファンディーナの取捨をどうするか、というのが今年のテーマ。

ま、これまでのレースぶりを見たら普通に勝つでしょうという気がするが。
60何年振りかの牝馬の皐月賞馬誕生なるか、という取り上げ方をしたくなるマスコミの気持ちはわからなくもないが、今まで勝負になる牝馬が皐月賞に挑戦してないだけの話。

先行できるし、その上で早い上がりも使えるし、先週のソウルスターリングじゃないけどあまり死角らしい死角は見当たらない。

今まで揉まれる競馬をしてないとか、スローしか経験してないとか言われてるがこういうのは何とか穴を見つけようという見方で、過去3走のレースを見て文句をつけるのはナンセンス。

強いと認めたうえで、そのファンディーナを負けす馬はいないのかと探すのが穴党だろう。

本命◎はアウトライアーズに打つ。

中山[2.1.0.0]、2000mも問題なし、調教絶好、前走スプリングS2着は休み明けでそれでも勝ち馬とは0.1差、当然使った上積みあり。
父ヴィクトワールピサ、その父ネオユニヴァースも皐月賞馬、親子3代の皐月賞馬誕生に期待しよう。

こんなに条件が揃っていても単勝は9番人気。

単勝と馬連流しを買いたい。

相手筆頭〇はこのクラシック戦線で本命とみているスワーヴリチャード。
スタートがイマイチなのでこの2番枠がどうかという気がするが地力で跳ね返すだろう。

3番手▲にファンディーナ。枠順も問題ないし先行できる脚質を考えるとこれ以下の印は打てない。

以下、押さえにカデナ、レイデオロ、サトノアレス、ウインブライト、大穴にトラストw

馬券はアウトライアーズの単勝とアウトライアーズから印への馬連流し。
それとトラスト応援馬券の単複w
(でも、ホントに初めての単勝万馬券をプレゼントしてくれるんじゃないかと期待しているw)
 
 
 

 
 
 
日曜日のトラストを除くスクリーンヒーロー産駒の出走は4頭。
 
中山5Rサリーバットマン、阪神6Rマイネルパラディ、福島1Rロイヤルヒーロー、福島6Rアクトレス。
 
 
中では阪神6Rマイネルパラディが勝負気配か。鞍上を川田にスイッチしてきた。相手関係を見てもここは勝ち切ってほしいと思う。おそらく1番人気だろうし。
 
馬券は買うかはわからないが心の中で本命印を打って応援する。
 
 
人気のなさそうなところで面白そうなのは中山5Rのサリーバットマン。
前走9着大敗で人気はないだろう。一息入れてどこまで復調しているか。初戦を人気薄で勝っているように鉄砲は利くタイプだと思うので人気のなさそうなここで買っておきたい。
 
 
福島のロイヤルヒーロー、アクトレスは厳しいか。
ロイヤルヒーローは初ダートで変わり身を見せてくれること、アクトレスは一気の距離延長がプラスに働くことを期待して応援する。
 
 
 
スクリーンヒーロー産駒以外にもダイナアクトレス牝系の馬も2頭出走。
 
福島4Rにトレモロアーム、阪神5Rにリュウシンベガス。
 
リュウシンベガスは母母ランニングヒロインでスクリーンヒーローの甥という血統。
初出走だがどこまで走れるか。楽しみだ。
 
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!