「ディアドラ」タグアーカイブ

秋華賞(2017)回顧と東京ハイジャンプ


 
秋華賞は東京競馬場で観戦していた。

予想は◎ディアドラ、○モズカッチャン、▲アエロリット、☆リスグラシュー、△ボールヴァンドル、ラビットラン、ファンディーナ。

ただし馬券はディアドラから印を打った6頭に加えて、ブラックスビーチ、ハローユニコーン、レーヌミノル、リカビトス、ミリッサまで押さた馬連。

結果、◎→☆→○での決着。

手を広げ過ぎである。一応印に合わせて濃淡をつけたので回収率は250%ほどにはなったが自分の的中率を考えると負けたようなものだ。う~む。。。

しかし、本命と睨んだ馬がきっちりと勝ってくれたのは嬉しかった。

今年はまだイメージ先行なのか紫苑S組はそれほど高く評価されていたなかった感じはあるが、おそらく来年以降はもっと本番でも買われるようになるだろう。

そういう意味では今年は大きく取るチャンスだったのだが相手が絞り切れずにぼんやりとした馬券になってしまったのはとても残念だ。

キッチリ絞ってせめて相手6点に絞れていたらもっと大きな回収が取れたのに。反省点の多い秋華賞だった。

しかし。

やはりこいつだ!と睨んだディアドラが勝ってくれたのは本当に嬉しい。
そういう意味ではとても満足な秋華賞だった。

レースもルメール、武、デムーロがそれぞれが能力を最大限に引き出すレースを見せて、ただほんのちょっとした仕掛けのタイミング、コース取りの差が明暗を分けた実に見ごたえのあるレースだった。

その辺については数多あるブログでレース回顧されているので拙い自分の見方は割愛する。とにかくいい秋華賞だったなあと。
 
 
 

 
 
 
いいレースと言えば当日の東京ハイジャンプ。
 
 

 
 
現場にいたこともあり普段は買わない障害だが珍しく馬券も買った。
オジュウチョウサンの強さは認めるが、骨折休養明けだし、斤量も他馬より重い62kgだし、もしかしたら馬郡に沈むことも考えての3連複馬券を買ってみたが3着に粘ったタマモプラネットが買えずにハズレ。
 
しかし。
 
いいレースを見せてもらったし、オジュウチョウサンは本当に名馬だなあと思わせる圧勝。
あんなに大差をつけられていた3番手から4角で一気にスパートして、直線で大きく突き放すレースぶりはまさに王者のレース。
 
場内から自然に大きな拍手が起こったのは当然だ。
 
競馬好きならあんなレースを見せられたら、自分の馬券に関係なく拍手を送りたくなるだろう。
 
オルフェーヴルやオグリキャップの有馬記念でのラストラン、アイネスフウジンのダービー、ディープインパクトやナリタブライアンの菊花賞、ナリタブライアンとマヤノトップガンが叩き合った阪神大賞典、もっと古いところならトウショウボーイとテンポイントが終始デッドヒートを繰り広げた有馬記念。
 
それらの名レースに負けない印象深いレースだった。
 
あのレースを現場で見ることができたのはまた、一つ自分の競馬歴に自慢できる記憶が刻まれたなあと嬉しく思う。
 
 
こういうレースが見られるから、競馬はやめられない。競馬に出会えて本当に幸せだと思うし、そのキッカケを与えてくれた父親に感謝だ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

秋華賞、紫苑ステークス組から狙いたいが


 
秋華賞の登録馬を眺めている。

フルゲート18頭に25頭の登録。
現在、収得賞金1400万円のアロンザモナ、サロニカ、ブラックスビーチが抽選対象で1/3の席を争うことに。
1100万円以下のシーズララバイ、ミスパンテール、テーオービクトリー、ブライトムーン、マナローラは除外対象。

トライアルで優先出走権を取ったのはラビットラン、カワキタエンカ、リスグラシュー、ディアドラ、カリビアンゴールド、ポールヴァンドル。

あとは春の実績馬アエロリット、レーヌミノル、モズカッチャン、ファンディーナといったあたりが主力か。
 
 

京都の内回り2000mといえば内枠の先行馬が有利というのが定説だが、秋華賞に限って言えば何故か差し馬が過去10年で8勝、2着4回、3着7回と意外にも逃げ・先行を大きく凌駕している。

3歳牝馬最後の1冠、先行馬が有利な京都内回りという条件が鞍上の意識を前へ前へと行かせて予想外に早いペースになることが多い、ということだろうか。
また枠順もなぜか内枠と外枠に好走馬が集まっており、ちょうど良さげな中枠が意外に不振なのも特徴。この辺は覚えておきたい。

また荒れるイメージは強いが、勝ち馬に限ってみれば1~3番人気馬から出ていて、過去10年で4番人気以下が勝ったのは2008年のブラックエンブレム(11番人気)のみ。
基本的には軸は上位人気馬からピックアップして、ヒモ荒れを狙う馬券戦略がもっとも確率が高そうだ。

となると軸はアエロリットか、リスグラシューか、ディアドラか。

自分は今のところはディアドラに一番魅力を感じている。
紫苑S、中山の2000mを後方から外々を回ってきて差し切ったレースぶりは着差がハナ差とは言え、強いものだったと思う。
あとは相手のレベルがどうだったか、という一点だろう。

春の実績馬がローズSに集まったこともあり、評価はあまり高くはないが1:59.8というタイムも翌週のレインボーS(1600万)が2:01.4だったことを考えると悪くない。

同様にハナハナの3着だったポールヴァンドルも中団の後ろを追走し前がポッカリ開いたとはいえ馬群から伸びてきたのは評価したいところ。
先行して坂上で先頭に立ち2着したカリビアンゴールドよりはこちらを上に評価したい。

 
 
 

 
 
 
ローズS組から相手を探すなら勝ったラビットランよりもよりも先行してキレ負けしたほうに妙味がありそうな気がする。
 
そうなると休み明け+22kgでまったく精彩を欠いたファンディーナや同じく+14kgの馬体重だったモズカッチャンが良いのかもしれない。
 
そうはいってもやはり勝ったラビットランの勝ちっぷりはあまりにも鮮やかだったし、さすがに無印にはできないが(笑)
 
 
あとは枠順と予想される展開での上げ下げ。
 
アエロリットのような強い先行馬もいるだけに、早い流れで底力勝負が求められるような展開になってくれるとおもしろいのだが。
 
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!