「チャンピオンズカップ」タグアーカイブ

チャンピオンズカップ(2016) 予想 穴狙いでロワジャルダンから


昨日は馬券的にはサッパリでした。今日も当たる気が全くしないふぉんてんですm(_ _)m

さてチャンピオンズカップの当たらない予想を。

モンドクラッセが逃げてアスカノロマンが番手につけてそのまま行った行った、なんてことはないんだろうなあ(笑)

アウォーディーが少し抜けた人気になっていますが中央のGIは初挑戦、そこまで信頼をしていいのか、穴党としては疑ってかかるのが当然の使命かと。

メンバーを見渡すと逃げを主張しそうなのはモンドクラッセ1頭ですが、先行馬はけっこう揃っています。
先行馬にとって楽な展開にはなりにくそうな雰囲気。

なので思い切って穴馬から入ろうと思います

◎ 5番ロワジャルダン
〇 2番アウォーディー
▲12番ゴールドドリーム
☆ 8番サウンドトゥルー
△15番モーニン、9番ノンコノユメ
穴14番アポロケンタッキー
× 4番アスカノロマン

こういう印を打ちました。

ロワジャルダンはこの枠なら内々の後方で脚を溜めながら進んでこれるでしょうし、前をうまく捌ければ直線突き抜けるだけの力はあると思います。

不利なく直線勝負になる展開になることを信じましょう。

馬券は単複と相手を手広く印への馬連で。
厳しい展開だとラニの追い込みもありそうな気がするのですが、ちょっとそこまでは印を回せないのが気になります。

きっと距離が足りない、と決めて切ることにします。
 
 
 

 
 
 
今日の中山5Rダート1800mの新馬戦にはスクリーンヒーロー産駒のピティヴィエが出走。
 
外目の4番手を追走して、4コーナーで前が詰まる不利があってブレーキをかける場面があって万事休す。
 
ずっと外を回してきたこともあって、不利がなくても馬券圏内は厳しそうな感じに見えましたがあれがなければ掲示板くらいはあったかなあ。
 
既に去勢されているところを見ると気性に難があったのでしょうか。ただ今日は特にイレこんでいる様子もなかったですし、一度使っての上積みに期待しましょう。
 
ちなみにピティヴィエは南田厩舎で馬主が伊達敏明さん。
昨日葉牡丹賞に出走(12着;;)したアルミューテンと同じです。頑張ってほしいものです
 
今日はこのあと中京8Rにコスモラパンが出走。ガンバレ~。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

武豊、2週連続GI勝ちなるか


チャンピオンズカップ、今日枠順が出てたから金曜発売するのかと思ったら、どうやら違うらしいと知って少々混乱しているふぉんてんですm(__)m

GIっていつも金曜発売しないレースも木曜日に枠順出てたっけか?
 
 

さて、佐々木希さんをサインとしてノンコノユメ、モンドクラッセ、アスカノロマンを指名しているチャンピオンズカップですが、この枠順はどうなんでしょうか。

断然人気と目されるアウォーディーは2枠2番、この枠だと包まれるのを嫌って前に行きそうな気がします。あまり前に行くイメージはないんですが・・・さて、どうでしょう。

モンドクラッセはこの枠なら無理なくハナに行けそうだし、アスカノロマンが2番手追走、好位にコパノリッキー、ゴールドドリーム、アポロケンタッキーあたりか。

大外のモーニンはどんな位置取りになるのやら。そしてアウォーディーはどうする?
 

アウォーディーの位置取りでレースのペースがどうなるかが決まってきそうな気がするけど、あまり緩いペースにはならないのかなあ。。。

願わくばモンドクラッセとアスカノロマンあたりが馬券になってくれるとオッズ的には嬉しいのだけど。
 

誰かが中京で佐々木希にアウォーディーとか言ってたけど、期待に応えられるんでしょうか。
もしアウォーディーが勝ったらユタカは2週連続のG1勝ちなわけで、しかもジャパンカップとジャパンカップダートを勝った騎手は過去デットーリしかいなかったわけで、レース名は変わってしまったけど武豊はそれに並ぶ記録ということで、今はリーディングを争うわけじゃないけどやっぱり武豊って凄いなあという話になる。(文章クドいな
 

そして来週の阪神ジュベナイルフィリーズにはリスグラシューの登録もあるわけで、武豊3週連続GI勝ちもありそうな気がするし、もしかしたら有馬記念までこのままGI勝ち続けるんじゃないのという気さえしてくるw

あ、でもそうなったら朝日杯も勝つことになるからユタカJRA・GIコンプリートになってしまうし、さすがにそれはないか。。。いや、わかんないけど。
 
 
 

 
 
 
直前にホッコータルマエが脚部不安で回避、そのまま引退となり、タガノトネールが調教中の故障で予後不良。
 
そんな残念なニュースが続いてしまったけど、それを吹き飛ばすような「スゲェ~!!!!」というレースが見られるといいなあ。
 
クロフネみたいな圧勝劇とか、カネヒキリの復活劇とかアツかったよなあ。
そんなレースを見せてほしいものです。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

チャンピオンズカップ(2016)のサインは「佐々木希」


チャンピオンズカップ、プレゼンターは佐々木希さんだそうで。

チャンピオンズカップの広報大使を務めているということで当日トークショーがあり、プレゼンターとしても表彰式に登場するそうです。

レースの広報大使とはいったい何をするの?という疑問はおいといて。
イイなあ、中京競馬場行きたいなあw

これ、もし新垣結衣がプレゼンターだったら中京競馬場行ってしまうな、きっと。

はい、今なおドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」にドハマり中のふぉんてんですm(__)m
 
 
 
というわけで佐々木希さんでサインを探してみます。

1988年2月8日生まれ(28歳)
秋田県秋田市出身、血液型AB型
2005年集英社「週刊ヤングジャンプ」の「ギャルコンJAPAN」で初代ブランプリ
2006年集英社「PINKY」の「第2回プリンセスPINKYオーディション」でグランプリ
以降、ファッションモデル、タレント、女優として活躍

まず誕生日が同じ2月8日生まれの騎手・調教師を探してみましたが、調教師にはおらず騎手では江田照男騎手が同じ誕生日ですが、どうやらチャンピオンズカップには騎乗予定はなさそう。
ちなみに出走予定馬の中にも2月8日生まれはいませんでした。

また同郷の騎手・調教師も見当たらず・・・

名前をヒントに佐々木晶三厩舎の出走馬はいないかと思いましたがそれもなく。
 

・・・
 

しかし!
佐々木希さんの愛称にはのんちゃん、ノンタンというのがあり、また現在は雑誌「non-no」のレギュラーモデルでもあります。

これはノンコノユメが浮かび上がってくるんじゃないでしょうか。
 
そして佐々木希さんといえば2010年、アメリカの映画情報サイト「TC Candler」が発表しているランキング「最も美しい顔100人」で日本人で唯一選出されて33位にランクインしています。

これにはモンドクラッセ(フランス語で世界の最高格付の意)が浮上するのではないかと思います。

というわけで佐々木希さんを頼りに取り上げたい馬はノンコノユメモンドクラッセの2頭となりました。
 
ノンコノユメはそこそこ上位人気に支持されそうですが、モンドクラッセはあまり人気もなさそうなので3連系馬券の1頭に加えたくなってきました。
 
 
 

 
 
 
もう一つ佐々木希さん絡みで見つけた馬がw
 
今年10月1日に公開された映画「カノン」
あまり話題になった記憶もないですが感動モノのなかなか良い映画らしい。
 
その作品の主人公である三姉妹の三女を佐々木希さんが演じています。
 
カノン→アスカノロマ
 
まんま作品名が馬名の中に入っています。
こちらも今回は人気を落としそうで面白そうかなあと。。。
 
ちなみに映画「カノン」
もう公開からけっこう日が経っていますが福岡県中間市のユナイテッド・シネマなかま16で唯一上映中です(2016/11/28現在)
 
ちょっとその映画見るために福岡県までは行けないけど(^_^;)
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

第16回チャンピオンズカップ 回顧


[チャンピオンズカップ] ブログ村キーワード

う~ん、荒れましたねえ。チャンピオンズカップ。

◎ノンコノユメは2着に来てくれましたし、コパノリッキー軽視というのもそう外れてはいなかったと思いますが、サンビスタは完全にノーマークでした。

正直なところ牝馬というだけで見切っていたところがあります。
もっとしっかり各馬の特徴を見ておかないとダメですね。鞍上デムーロというだけでヒモに入れていても良かったのに。

道中のラップ
12.5 – 10.7 – 12.3 – 12.5 – 12.2 – 12.3 – 12.5 – 12.5 – 12.9

これを見ると良くわかりますがずっと12.5秒以下のラップが続く淀みないペース。
11秒台にはいるような極端に早いというところはありませんが、いわゆる息の入らない流れになりました。

先行したコパノリッキー、クリノスターオー、ニホンピロアワーズ、ホッコータルマエ、ガンピット、コーリンベリーといったところは見事に馬券圏外。

こういう形になれば先行馬有利と言われる中京のダート1800mでも、後方2番手と最後方の馬が2,3着に届くんですね。
もちろん馬の力があってのことですが。

それでもホッコータルマエはよく5着に残したし、コパノリッキーもあれを引っ張って7着ですからこの2頭はやはり強いなと思います。

勝ったサンビスタは中団の内でジッと脚を溜めて直線で先行馬群がバラけるとスムーズに間を突いて抜け出してきました。
デムーロしてやったり、という騎乗でしたね。

考えてみれば昨年は松田大作騎手の鞍上で4着。それも中団馬群の後ろにつけていたのをラップの上がり始めた向こう正面3コーナー手前から位置取りを上げて直線もしっかり伸びてきての4着。

大幅に鞍上強化された今年は馬券圏内に入っても不思議ない実績は持っていたわけですね。

なんでノーマークにしていたのか。ま、牝馬だからというだけできちんと検討すらしていなかったと思いますし、そういうところに目が行かない自分が情けないなあとつくづく感じたチャンピオンズカップとなりました。

昨年のチャンピオンズカップのラップを確認してみました。
 
12.6 – 11.7 – 13.2 – 12.9 – 11.9 – 12.2 – 12.4 – 11.7 – 12.4
 
昨年は前半の4ハロンまでが極端に遅いラップ。これはコパノリッキーが出遅れたことが大きな原因でしょうが今年とは対象的なレースだったことがよくわかりますね。
 
今さらですが展開と枠順、やっぱり大事だなあ・・・

第16回チャンピオンズカップ 予想


[チャンピオンズカップ] ブログ村キーワード

さて、チャンピオンズカップの予想。

展開のカギを握るのはコーリンベリーなんでしょうね。

スプリントのG1を逃げ勝って迎える1800m。
おそらくは来年のフェブラリーSを睨んでどこまで距離に対応できるかという試走なのだと思います。
ということは逃げに拘らずに抑えて行くことが予想されます。

しかし、そうは言ってもスプリントG1を逃げ勝つスピードがあるわけですから昨年のようなスローにはならないかと思います。

おそらくコーリンベリーが抑えても自然にハナに立ってコパノリッキーもそれを見るような形の先行。
さらにそれを後ろで見ながらホッコータルマエ。

先行有利な中京ダート1800mですが追込馬も十分に力は発揮できる展開になると考えます。

本命◎ノンコノユメ

1番枠は決していい枠とは言えませんがやはり武蔵野Sで58kgを背負ってあの追込は評価せざるを得ません。

対抗◯ダノンリバティ

みやこステークスでは1番人気ながら0.6差の6着。終始外を回らされて大きなロスがあっての敗戦。ここは巻き返しに期待します。

3番手▲にはホッコータルマエ。
以下△にサウンドトゥルー、ナムラビクター、クリノスターオー、ガンピット、コパノリッキー。

馬券はノンコノユメとダノンリバティからの馬連流しと2頭軸3連複流しで。

世代交代を期待します。
いつもいつも同じメンツのダート重賞じゃ飽きるでしょ?(笑)

有馬記念ファン投票の第2回中間発表がありました。
ゴールドアクターは第29位。第1回中間発表からは2つ順位をあげていますがまだちょっと微妙なところです。
 
日本国内世界遺産巡りツアーや60インチ4K液晶テレビ、A5ランクいわて牛1kgといった豪華賞品もあります。まだ投票してない方は是非ゴールドアクターに投票をお願いします。投票は本日12月6日まで。
#JRAの回し者じゃありませんwww
 
有馬記念ファン投票(12月6日まで)