「セントライト記念」タグアーカイブ

セントライト記念、ローズステークス(2016) 予想


セントライト記念は人気でもディーマジェスティ軸で。

やっぱりこのメンバーでは負けるわけにはいかないでしょう、。

問題は相手。

逃げ馬が揃ってペースはかなりタイトな展開になると思います。
ならば狙うのは中団から後方で進めそうなタイプ。

マウントロブソン、プロディガルサンを本線にメートルダール、ノーブルマーズ、ネイチャーレット、キークラッカーまで。ディーマジェスティの頭固定の馬単6点で。

重賞騎乗機会連続連対中の戸崎ゼーヴィントの前走ラジオNIKKEI賞はいかにもスムーズにロスなく回って、直線でもぜんぜん不利なく抜け出てこられた100点満点のレース。

もう一度同じようなレースというのは難しいだろうという予想で馬券からは切ります。
 
 

 
 
ローズSは4枠の人気馬2頭軸の3連系馬券で。
 
相手には前に行きそうな人気薄を狙って、クィーンズベスト、ラベンダーヴァレイ、フロムマイハート、バレエダンサー、ヘイハチハピネス。
 
6,7→6,7→2,8,9,10,15の3連単フォーメーションを2,3着マルチで。
 
それと万が一、ジュエラーかシンハライトのどちらかが馬券圏外に飛ぶことも期待して
6,7-6,7,8,15-2,8,9,10,15の3連複フォーメーションも。
 
 
両レースともヒモ荒れに期待する馬券を少~しだけ買って観戦します。
 
 

サインは4か


デイーマジェスティ4枠4番、ジュエラー4枠6番、シンハライト4枠7番

東西のトライアル人気馬がいずれも4枠。これは何かのサインでしょうか。。。
蓮舫氏が民進党代表になったし(ちょっと驚いたw)、レンホー→レンフォー→フォー→4ってことでやはりキーワードは「4」!(ムリヤリダナw
 
 
 
ま、蓮舫はどうでも良いのですが、東西の抜けた人気馬が3頭とも4枠というのはやっぱり何かあるんじゃないかという気がしてなりません。
それも共通の何か。

ディーマジェスティ、ジュエラー、シンハライトに共通していることって何かあるでしょうか。

3頭とも馬券圏内を外したことがない。

じゃ両トライアルで他に馬券圏内を外したことがない馬はいないだろうか?
 
 
・・・いないw
 
じゃ、もう少し幅を広げて掲示板を外していないのはいないか?
 
 
これはセントライト記念に出走のメートルダールが7戦して掲示板は一度も外していないので3頭の仲間とも考えられる、、、か?

他に何かないか・・・
 
 
 
3頭ともずっと同じ騎手が乗ってるとか!?

いや、ディーマジェスティとジュエラーは初戦だけ違う騎手だ。

ここも譲ってずっと同じ騎手が継続騎乗してる、ただし初戦は除くとしたらどうだろう?
 
 
 
 
いました、やはりセントライト記念出走のノーブルマーズが初戦からずっと高倉稜騎手。
これはもしかしたら一発あるか。

ローズS出走のクロコスミアも前走まではずっと勝浦騎手だったんだけど、残念ながら今回は岩田騎手に乗り替わり。
デンコウアンジュもずっと川田騎手が乗ってて一度田辺騎手になったことがあるだけなので該当馬としてもよいか?と思ったら今回はウチパクだしw

というわけで私が思いつく3頭と共通するものを持つ馬、というとこのくらい。。。発想が貧困すぎるな。。。orz

でもま、せっかくだからメートルダールとノーブルマーズはちょっと押えておくかな。なんだか音引きの感じも似てるし(モハヤ、ナニモカンケイナイ
 
 

 
 
などと役に立たないことをアレコレと考えてみたりしましたが、単純にセントライト記念もローズSも4枠中心で馬券を買えば当たりますよ、ということでしょうかね。
 
やっぱりセントライト記念はディーマジェスティから人気薄への馬連で、ローズSは2強と人気薄を絡めた3連複フォーメーションで、そんな感じに落ち着きそうな気がします。
 
 
ただ、、、
 
セントライト記念は逃げ先行馬も多いのでけっこうペースは流れて中団から後方に構えた馬がしっかり能力を発揮しそうな気がしますが、ローズSは阪神外回りの上に近走で逃げている馬は皆無なので人気薄が楽に先行して逃げ残る、なんていうのは十分にありそうな感じがします。
 
過去逃げた経験のあるクイーンズベストやバレエダンサーとか、ペース読みの上手い和田騎手のフロムマイハートなんかは要注意じゃないかなあ。
 
 

あわやボウズな週末だった


先週は的中が堅い堅いセントウルステークスの馬連で散々な秋競馬のスタートを切ったふぉんてんです。馬券、やめたほうが良いだろうか?(笑)

セントウルステークスの福永騎手、外からスノードラゴンに競りかけられても頑としてハナを譲らない強気の騎乗でした。

らしくないなあと思いましたが(笑)

それだけビッグアーサーに自信があったということなんでしょうね。

本命に取ったネロ、よく差してきましたがなんとか3着馬を交わしての2着、ヒヤヒヤしました。

もし交わしてなかったら先週はボウズだったわけで・・・(^_^;)

京成杯は予想通りピークトラムが先手を取ったもののハナを取るまでにちょっと手間取ったのが響いたのか、ラストのキレ味勝負が向かなかったのか。

同じコースで行われた10レースの木更津特別も差し馬が上位の結果だったので、逃げ先行を本命にしたのは間違いだったかなあと思いましたがそのとおりでした。

前開催終了後にエアレーションやシャタリングなどの作業を行うようになって、開幕週でも差しが決まりやすい傾向はありましたが、それを知っていながら予想に活かせないのはどうもリズムが悪いなあとつくづく。

少し考え方を切り替えないといけませんね。

逆に開催が進むと逃げ先行が有利な馬場に変化してくる傾向もあるようなので、そのへんはしっかりと状態を確認していかないといけないなと思います。

反省の多い週末だった。。。
 
 

 
 
今週は3歳三冠のトライアル、朝日杯セントライト記念にローズステークス。
 
セントライト記念には皐月賞馬ディーマジェスティ、そしてローズステークスにはジュエラーとシンハライトが出走予定。
 
豪華なトライアル2本立て。
 
セントライト記念はダービーの内容を見ると人気でもディーマジェスティ中心で考えるしかないのかなと思いますが、他に京成杯勝ちプロフェット、スプリングS勝ちマウントロブソン、ラジオNIKKEI賞勝ちゼーヴィントが出走予定。
相手にはけっこう悩みそうでヒモ荒れに期待したいところです。
 
 
両レースともクラシック馬の目標はこの先でしょうから、仕上がり状態にも注意はしたいところ。
 
特にシンハライトは小柄な馬体なので本番を見据えての仕上げにならざるを得ないでしょうし、、、
 
 
まあ、楽しみに日曜日を待ちましょう(←馬券辞める気はまったくないw)
 
 

爪切りどこにありますか?


おはようございます。
シルバーウィークも終盤、如何お過ごしでしょうか。ども、ふぉんてんです。

3日間開催の最終日、中山競馬場に行ってきました。

朝は少々出負けして到着したのは大荒れの1Rが終了した10時20分頃。
中央門から地下のベンジャミンプラザへと通じる通路に入ると何故かサンダーバードのお出迎え。

1

2

3

どうしてサンダーバードなんだろう?と思いつつ、最初の放送があった頃は夢中になった番組だったのでちょっとテンションが上がりました。

子供の頃、サンダーバード2号のプラモデルを買ってもらって遊んでいたことを思い出します。

今、新シリーズが土曜日の夕方に放送されているのは知っていますが、JRAは何かコラボでもしてるのでしょうかね?
そんなことを思いつつスタンドに向かうと想像以上の人の数。JRAの発表によると総入場人員は33,212人。

体感的にはもっとたくさん居たような、まるでG1がある日のような賑わいでしたがセントライト記念の日っていつもこんなに来てました?
前日予想では2レースと6レースが狙いのレースだったのでそそくさと2レースの馬券を購入。
が、狙ったコイキは終始後方のまま、直線で少し押し上げたものの10着惨敗。
前日、芝の1200mと1600mで人気薄のマツリダゴッホ産駒がともに2着3着になってたので狙い目だと思ったんだけどなあ・・・

同じように6レースでは前日ダートの1800mで共にハーツクライ産駒が勝ってたのでエビスシハーブを狙ったのですが中団から直線まったく伸びずに10着。

やれやれと思いながら少し馬券を休んで場内をウロウロしていると。。。

インフォメーションのお姉さんに「爪切りどこにありますか?」と尋ねているオジサンがいました。

何故、爪切りがある前提の質問なのか。そして競馬場で爪切りが必要になる状況ってどんな状況なんでしょうか。

競馬場ってこういうちょっと不思議なオジサンをちょいちょい見かけるのでそういう人を観察するのもなかなか楽しいものです。

自分たちが陣取っていた前の席には朝からパンをツマミに缶チューハイを飲んでる人がいましたし、まるでパジャマのような服を着てスリッパで競馬場内をウロウロしているオジサンがいたり。。。寝室かよw

そんな面白可笑しいオジサンを見ているうちにセントライト記念の時間が近づいてきました。

スクリーンヒーロー産駒応援隊の私はパドックにミュゼエイリアンの姿を見に行きました。

4

あいかわらずチャカチャカと少し落ち着きのない様子は健在で状態はなかなか良さそう。

これといった逃げ馬も見当たらないメンバーだし、鞍上ノリなのでこれはおそらく逃げるだろうなあと。

5頭いる重賞勝ち馬のうちの1頭なのに500万条件を勝ち上がったばかりの馬よりも人気がないなんてずいぶん舐められたもんだなあと。

展開的にはかなり恵まれそうなのでこれは全然狙い目だろうと馬券を購入。

5-1

いや~、ハマりました。願わくば頭で来てほしかったところですが、まずまず良しとしましょう。

信じるものは救われる。

勝ったキタサンブラックはパドックで背が伸びたなあ、脚長くなったような気がするなあと思ってみてました。こちらも6番人気と不当に低評価。リアルスティールやダノンプラチナを抑えてスプリングステークスを勝っているのに。
絶対狙い目だよねと思いヒモの1頭に取り上げました。バンザ~イ!
なぜか場内に花畑牧場の販売ブースがあったのでお土産に生キャラメルとチーズを買って帰りました。

6

7

競馬って楽しいですねえ・・・

[中山競馬場] ブログ村キーワード

ミュゼ・・・


ぼんやりしているうちに秋競馬が始まってしまいました。

ども、ふぉんてんです。

で、秋競馬の初っ端からWIN5は大荒れでしたね。
4番人気→11番人気→3番人気→10番人気→13番人気と入って的中票数が1票で配当が3億9566万円!

ちなみに1000円スタートの単勝コロガシなら71億円ほどになってる計算。ま、机上の空論ですが。だいたいそんな金額転がしたら4,5レース目はオッズもガラッと変わるし。

京成杯AHが終わった時にはこんなの当てられる奴いないだろうと思ったんですけどね。お一方いらっしゃいました。
おめでとうございます。今後の人生が狂わないことをお祈り申し上げます。

などと妬みの文章はこの辺にして(笑)

今週末は3日間開催なんですね。
世間がシルバーウイークとかいって5連休だということも競馬開催のスケジュールを見て思い出しました。
私も5連休しちゃってもいいのだろうか。。。

メインは日曜日の関西テレビ放送賞ローズSと月曜日の朝日杯セントライト記念。

どうもセントライト記念の朝日杯というのが慣れないな。。。以前はなんでしたっけ?(もう忘れてる)

ああ、そうだラジオ日本賞だ。
ラジオ日本賞は今年は前日の中山メインですね。オープン特別のダート1800m。
もうわけがわかりません。

それはともかく。
私は月曜日に中山に参戦の予定です。久しぶりの中央場所ですからね。楽しみです。

セントライト記念の登録馬は17頭なので全馬除外されることなく出走できるのかな?フルゲート18頭ですよね。

有力馬はキタサンブラック、サトノラーゼン、ブライトエンブレム、ベルーフといったところでしょうか。

個人的にはスクリーンヒーロー産駒のミュゼエイリアンを全力で応援したいわけですが、ミュゼの冠を使っていた高橋仁さんは競馬から撤退したようで。

ま、当然の成り行きでしょうけれど。

ミュゼの馬は全部坂本肇さんが引き取ったようですね。
坂本さんというと有名なのはヤマイチパートナーあたりでしょうか。

どうも経済的な事情で馬主が替わってから重賞で活躍した馬というのが記憶に浮かんでこないのですが、ミュゼエイリアンはどうでしょうか。

頑張ってほしいものです。

同じミュゼでもミュゼゴーストのほうが頑張るかもしれませんが。。。
デビュー3戦目以降、すべて馬券圏内で走ってますからね。
相手なりに走るタイプなのかもしれません。

日曜日のローズSのほうは桜花賞馬にオークス馬、2歳女王も登録がありますからこれはかなりのハイレベル。
他に3戦3勝ながら春のクラシックは休養していたディープジュエリーもいますから、これは必見のレースになりそうです。

こういうレース名を目にすると、G1もすぐそこに迫ってきた感じがしますねえ。

[セントライト記念] ブログ村キーワード