「スプリンターズS」タグアーカイブ

スプリンターズS(2017) 回顧


 
スプリンターズSは前半3Fが33.9、後半3Fが33.7のほぼイーブンペース。
GIとしては早いとは言えないペースだった。それは逃げたワンスインナムーンが3着に粘ったことを見てもわかる。

中山の芝1200mはスタートから直線の急坂に向かう前ずっと下りのコースなので前半は早くなりやすいということを考えるとむしろスロー寄りの平均ペースと言ってもよい流れだった。

各馬とも能力は出しやすい流れだったのではないだろうか。こうなると鞍上の勝負どころでの進路取りや仕掛けるタイミングの巧拙が結果にそのまま結びついたレースになったと思う。

それにしても勝ったレッドファルクスは想像以上に強かった。
安田記念3着の実績を考えても一番人気はこのメンバーなら妥当だとは思ったがこれほど強いとは正直思っていなかった。
それは単勝3.2倍というオッズにも表れている。このメンバーならば上位だとは思うが、絶対的な信頼を寄せられるというほどではない、大方の予想はそんな感じだったのだろう。

前半は中団の後ろ、決して早くはないペースでは果たして届くのだろうかという位置から上がり33.0の切れを見せての差し切り。やはりこのメンバーでは一枚上の能力を見せた。

これでスプリンターズSを連覇。

過去、このレースを連覇したのはロードカナロアとサクラバクシンオーの2頭。種牡馬としても活躍を見せた(見せつつある)名馬と肩を並べた。

既に6歳、このあとも現役を続行するのか、早めに種牡馬入りするのかはわからないが、これまでこれといった大物の出ていないスウェプトオーヴァーボード産駒、仕上がりが早い短距離血統と思われていたがレッドファルクスのような成長力を見せる産駒が登場したことで新たな広がりを見せるキッカケになるかもしれない。

ロードカナロアが新種牡馬として好スタートを切っているが、短距離界で王者として君臨したサクラバクシンオーのような種牡馬は不在。
もしかしたらレッドファルクスがその穴を埋める存在になるのではないか、そんなことを考えたスプリンターズSだった。

 
 
 

 
 
2着のレッツゴードンキ、偉い馬だなあと。
 
桜花賞を逃げ切り勝ちしたものの、その後は伸び悩みの成績。昨年からスプリント路線を視野に入れるようになって復調してきた。
今年は高松宮記念、スプリンターズSとスプリントGIで連続2着。鞍上岩田の能力を出し切るリード、一発を狙う大胆な騎乗もあってこそだが牡馬を相手に引けを取らない走りでGI2着は見事だと思う。
 
 
それと4着のスノードラゴン。9歳だし、調教もいまいちに見えたし、さすがにピークは過ぎたと思い完全にノーマークだったが馬券圏内に届こうかという4着。
 
最内から真っ白な馬体が伸びてきたのを見たときにはマジか~、頑張れ~と思った。
(自分の馬券はもうはずれるのは明白だったので、とても冷静に見てたw)
このあとどのレースに向かうのかわからないが出走してきたら馬券を買うかどうかは別にして応援したくなる。
 
 
予想はとても難しいレースだったが、終わってみれば強い馬がちゃんと強さを見せてくれたいいレースだったなあと。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

スプリンターズS(2017) 予想


 
スプリンターズS、難解すぎないか?
馬券買っちゃいけないレースのような気さえするw

調教映像を見た時点ではダンスディレクターがいいかなあ~などと思っていたが、まさかの大外枠。

今日のレースを見ていても大外からの差し追い込みは能力が一枚上じゃないと勝ち切るところまでは難しい状況。
この枠では軸として取り上げるのはちょっと厳しい。。

この並びならおそらくフィドゥーシアがハナに立つのだろう。
ワンスインナムーン、ダイアナヘイローも内目の枠なので先行争いに加わってくるかもしれない。GIらしい緩むところのないラップになるだろうか、あるいはすんなり隊列が決まって落ち着いた流れか。

先行しそうな3頭が近いところにいるので、どちらかと言えばハナ争いが厳しくなりそうな気はする。

ならば。

先行馬を前に見ながら内で脚を溜めて行けそうな枠に入ったセイウンコウセイに本命を打ちたい。
高松宮記念勝ちの後の函館スプリントSはハイペースに巻き込まれての4着敗退。
鞍上の幸もその時と同じ愚は犯さないだろう。
しっかり休養して立て直してきたことに期待する。

対抗はレッドファルクス。
前走は安田記念3着。マイルのGIに対応できてしまったことが逆に引っ掛かるがw、能力が高いことの証明には違いないだろう。

3番手にファインニードル。
セントウルS勝ち馬は本番につながりにくいという評価は承知している。
しかし今年は本番に向けて順調に照準を合わせてきた実績馬はいない。スプリントGI勝ちのあるレッドファルクス、セイウンコウセイ、ビッグアーサーはいずれも休み明け、スノードラゴンは夏を使ってきたが成績不振で時計勝負にも不安あり。
ならば、ファインニードルにも十分チャンスはあると考える。

4番手以下にビッグアーサー、メラグラーナ、レッツゴードンキ、ワンスインナムーン。
上野のパンダの名前がシャンシャン(香香)に決まったので香港馬のブリザードも押さえよう(突然サイン派w)

ダンスディレクターも馬券に加えたいが、大外がどうしても引っ掛かる。

馬券はセイウンコウセイからの1頭軸3連複流しと思っているが、どこまで手を伸ばすか。
相手7頭か、ダンスディレクターも含めた8頭か。
それは当日の馬場状態と他に2鞍組まれている芝1200の結果を見て決めたいと思う。
 
 
 

 
 
 
上記に挙げた他にもフィドーシア、ラインミーティア、ダイアナヘイロー、シュウジ、どれも馬券圏内にきてもまったく不思議じゃないと感じる。
 
こんなに絞り切れないなら馬券買うな!ってレースw
 
 
それでも当日現場でレースを見るのに馬券を買わないとかあり得ないよな。
 
 
それができるようになればそうそう馬券でやられることもないとはわかっているのだが。
 
 
 
でも、それで競馬が楽しいのか?という疑問もありw
 
競馬は修行だ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

凱旋門賞とかスプリンターズSとか

大挙10頭が出走したスクリーンヒーロー産駒。

土曜阪神2R 2歳未勝利のカロスと日曜中山最終 内房Sのクライスマイルの2頭が4着になったのが最高。

3着にクビ差のカロス、1/2馬身差のクライスマイルでは悶絶しつつ楽しめましたが、やはり応援馬たちが馬券にならないとなかなか苦しいものですね。

先週のように出走馬が多いと特に・・・
 
 
そんなスクヒロ産駒の苦戦とは反対に、、、

スプリンターズSと凱旋門賞は馬券的に久しぶりに会心といってよい結果。

凱旋門賞(2016)予想で書きましたが、軸が決められずに海外競馬馬券初売おめでとう的ご祝儀でボックス馬券を買ったのですが、うまいこと人気のないところで決まってくれました。

直線でファウンドが抜け出して、ハイランドリールが2番手に上がってきたときには思わずテレビを見ながら「そのまま、そのまま!」と。

まさか凱旋門賞を見ながら そのまま! と声を出す日がやってくるとは思いもしませんでした。

マカヒキは外枠も良くなかったと思いますが、今回ははっきりと力が足りなかったように見えました。

ニエル賞は如何にも軽い相手でしたし、その相手に余裕があったとはいえあの着差でどうしてあそこまで人気になるのか、少々違和感があったのは確かです。

勝ったファウンドはムーアの手腕が光りましたね。

凱旋門賞の前に行われた3つのレースも内前でレースをした馬がそのまま押し切るというレースだったようですし、馬場状態を活かした騎乗だったと思います。

さすがですね。

天皇賞秋では確かモーリスに騎乗する予定だったはず。非常に楽しみですw
 
 
 

 
 
スプリンターズSは3連複をゲット♪
 
 
スプリンターズS(2016) 予想に書いたとおり、◎ソルヴェイグから相手7頭の馬連、3連複流し。
 
 
結果、○→△→◎で3連複が引っ掛かってくれました。
 
予想以上に好配当でありがたい限りです。
 
 
 
ソルヴェイグは好スタートから一瞬はハナに立つかという勢いでミッキーアイルの2番手。
 
3~4コーナーは内でじっと我慢して直線入り口では3番手からゴール前でもうひと伸びして3着確保。
 
3連複買っておいて良かった~という結果w
 
 
あれだけロスも不利もないレースでギリギリの3着ですから能力的にはG1ではちょっと足りないのかなという印象でしたが、調教で伝わってきた好調さをフルに出し切ったレースだったと思います。
 
まだ3歳ですし、今後の成長があれば来春の高松宮記念やヴィクトリアマイルでもノーマークにはできない存在だと記憶しておきましょう。
 
 
 
今週から開催は東京・京都へ。
 
さっそく3日間開催とJRAは我々の財布をガッツリと掴みにきていますがw、負けることなく楽しみたいですね。
 
今週のスクリーンヒーロー産駒は特別レースにはヨヨギマックとプロトコルがスタンバイ。
 
先週の分をきっちり取り返したいところです。
 
 
 

スプリンターズS(2016) 予想

おはようございます。

いよいよ秋のG1を迎え、おまけに凱旋門賞の馬券も発売になるということで少々かかり気味の ふぉんてん ですm(__)m

昨日のシリウスSでも1番人気マスクゾロが勝ち、ついに開催全重賞1番人気勝利にリーチが掛かりました。

ビッグアーサーはこのプレッシャーを跳ね返すことができるでしょうか。

基本展開派の私ですが、今回の本命は調教VTRに完全やられております。

◎ソルヴェイグ

最終追い切り 52.5-37.6-24.0-11.9

馬なりでまっすぐに坂路を駆け上がっていました。

全体時計も十分ですしラスト1F11.9は自己ベスト。状態は絶好でしょう。

展開的にも前走逃げてしまったビッグアーサー、シュウジ、ミッキーアイル、ベルカントとテンに早いながらどれが逃げるかわからないようなメンバー。

ビッグアーサーの前走の強さを見るとG1本番のここで緩いペースになることは考えられませんし、好位の内でしっかり脚を溜めながら進められそうな4番枠というのもいいと思います。

幸い人気も8番人気と手ごろw

しっかり単勝を買って応援します。

人気もないので連の相手は手広く。

○レッドファルクス
▲ダンスディレクター
☆ネロ
注シュウジ
△ビッグアーサー、ミッキーアイル
穴サクラゴスペル

馬連7点、3連複1頭軸21点という予想です。
 
 

 
 
 
今日はスクリーンヒーロー産駒が大挙出走。
昨日も3頭出走し、すべて馬券には絡まず全敗となりましたが今日の7頭がきっと取り戻してくれるものと信じますw
 
中山1R①ネコマル
中山2R②ウインドブリバティ
中山4R⑧サンラスベガス
阪神5R⑦キンシノスパーク
中山5R⑦ジェントルレイン
阪神6R⑤アイファーマシェリ
中山12R⑭クライスマイル
 
 
アイファーマシェリなんかが頑張ってくれると嬉しいんだけどなあ。単勝万馬券w
 
 
新馬戦に3頭がエントリー。それぞれどんなレースをしてくれますか。
 
 
中山12R内房Sのクライスマイルを楽しみにしていたのですが、中山ダート1800では不利な外目の枠。
 
先行したいタイプだけにちょっと厳しい枠に入ってしまいました。
 
単よりも馬連、3連複での狙いになりそう。
 
 
 
全馬無事に、そして願わくば好走してほしいものです。
 
夜には凱旋門賞もありますし、たっぷり競馬を楽しむ一日です。
皆さんも良い一日を!
 
 
 

スプリンターズSに絡んでアレコレ

紫苑S      ビッシュ
セントウルS   ビッグアーサー
京成杯AH    ロードクエスト
阪神JS     ニホンピロバロン
ローズS     シンハライト
セントライト記念 ディーマジェスティ
神戸新聞杯    サトノダイヤモンド
オールカマー   ゴールドアクター

今開催の重賞勝ち馬は見事に1番人気が並んでいます。

残すは土曜日のシリウスSと日曜日のスプリンターズS。

スプリンターズSはおそらくビッグアーサーが1番人気。

ここも流れに乗ってキッチリと勝ちきるでしょうか。
 
 
それにしても。
もしWIN5が今開催の5つの重賞勝ち馬を当てる、なんて馬券だったら今開催はすごく配当が安かったんだろうななどと思ってしまうw
 
 
 

スプリンターズSの枠順確定は木曜日?金曜日?

前走、強気に逃げてしまったビッグアーサー、シュウジ、ベルカント、ミッキーアイル、アクティブミノル、サクラゴスペル。

逃げようと思えば逃げられそうなタイプが揃ったので、セントウルスSを逃げ切り強さを見せつけたビッグアーサーもそう楽には行けないような気がしますが、どんな展開になるでしょうか。
 
 
 

 
 
ただどの馬も逃げなきゃダメ、というタイプでもないので案外落ち着いたペースになることも考えられるのが難しいところ。
 
このメンバーが揃って緩いペースで行った行ったの決着、というのは勘弁してほしいところですけどね。
 
 
前走CBC賞の末脚が凄かったレッドファルクスに期待しています。
 
中京で上がり3F32.7というのは鬼脚と言って良いですよね。
 
そんな末脚が決まるような展開になるでしょうか。
 
 
G1ともなると前に行く馬も簡単には止まらないので、ある程度の位置から終いしっかり伸びる脚が使えないと勝負にならないのでレッドファルクスがそういう位置からあの鬼脚を使えるのか、そんなところも気になります。
 
 

 
 
↑はニシノフラワーが勝った1992年のスプリンターズS。
 
前走2400mのエリザベス女王杯から一気の距離短縮で鮮やかな追い込みを決めたレース。
 
当時、大川慶次郎さんがレース後に「エリザベス女王杯のゆったりしたペースで折り合いをつけることができたのが今回のレースに活きたんじゃないですか」といったことを言っていて、展開をしっかり考えるのは予想には大事なんだと思った記憶があります。
 
 
 
 
そして↓こちらはG1昇格前のスプリンターズS。
 

 
 
府中の1400mですね。芝が今と違ってすっかり茶色w(3月のレースです)
 
勝ったダイナアクトレスはモーリス、ゴールドアクターの曾祖母。つまり我らがスクリーンヒーローの母母です。
 
 
ゴールドアクターやモーリスの一気に加速する脚はこの血なのかな、と。