「ジャパンカップ」タグアーカイブ

ジャパンカップ(2018)回顧


 
 
ジャパンカップ、最終的に自分が打った印は

◎1番アーモンドアイ
〇5番ミッキースワロー
▲8番キセキ 
△14番ウインテンダネス、7番サウンズオブアース、13番ノーブルマーズ、11番スワーヴリチャード

きっとアーモンドアイが勝っちゃうんだろうな、馬券的にはこのまま買っても面白くないよなあ・・・と考え続けて、結局買ったのはこんな馬券。

午前中に芝2000mの2歳未勝利でレコードが出てるし、8R1000万条件のオリエンタル賞(芝1800)では1:44.7とレコードに0.5差、一段と時計が早くなってるし、これはある程度前目の位置につけないと厳しいだろうなとボンヤリ考えていた。

ルメールのことだから今日のアーモンドアイはきっと好位につけるだろうとは思ったが、最内枠だし万が一スタートでちょっと遅れて包まれて後方に下げる可能性もゼロではない。
ならばこのメンツなら前に行ってしぶとく残しそうなキセキに期待してみようとそこからの馬券。
このところの川田も外国人騎手の陰に隠れてはいるが日本人騎手の中では今は一番乗れてる気もするし。

できればアーモンドアイが3着以下になったりしたら思わぬ好配当だななどと思いながら、それでも気分的にはアーモンドアイとキセキの馬連1点が中心。
でも、そんなにたくさん買うレースじゃないなといつものように観戦料を支払う気分。

開門ダッシュを決めて5番柱付近に一般席を確保してくれた友人にお礼のビールを振舞いつつ、朝9時頃からダラダラと過ごしながら馬券はそんな感じで決めた。
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
スタート時刻の10分前くらいに自分の隣の荷物置きに使っていた席を「ここ空いてませんか?」とちょっと小太りの若い男性が聞いてきた。
もうこれ以上仲間が集まるわけでもないし、どうぞと席を空けたらその若者は急にテンションを上げ始め、ちょっと高い声で「アーモンドアイしかないです!」と聞いてもいないことをいきなり話しはじめた。
面食らいつつも、強い競馬見せてくれるといいね、と返したらこんな馬券を持ってるんです!と見せてくれたのが馬連1-8を500円と1番の複勝500円。

お、おう・・・(;’∀’)(同じ馬券持ってるwww

そ、そうか当たるとイイね、などと返しつつ、自分はよく知らない人にいきなり馬券を見せるとかなかなかできないなあ、と変な感心をしてしまう。

どうもジャパンカップだけを観に来たような感じだし、彼はいつもはどのくらい競馬をやってるんだろうか、こういうお祭りみたいなイベントが楽しくて来てるだけなのかな、それとも自分たちのようにドップリ嵌ってるんだろうかなどと想像を膨らませていた。

直接本人に聞けばいいのにね。でも、ちょっと苦手なタイプだったのだ。マイペース過ぎる感じが・・・

そうこうしているうちにスタート時刻が迫る。

やっぱりGⅠはドキドキする。まして今やダービー、有馬記念と並ぶビッグレースになったジャパンカップだ。
アーモンドアイが強い競馬を見せてくれるといいなという気持ちと、思い切って荒れてくれないかという馬券好きの気持ちとを抱えてスタートを待った。
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
アーモンドアイは一瞬ハナに立つんじゃないかと思うようなスタートを決めた。
じんわりとキセキが前へ、外からウインテンダネスが来るかと思いきやピンクの帽子はノーブルマーズのほうが前に出て、ガンコを挟んでウインテンダネスはその後ろ。

これは川田がレースを支配する流れか。。。

内を走るアーモンドアイの外を行くのがノーブルマーズとガンコ。

この並びなら直線もアーモンドアイは楽に外に出せそうだなと見ていたら、いつの間にか逃げるキセキから少し離れた位置の2番手で進めている。

1000m通過が59.9の掲示。澱みなく流れているようだが、時計の早い今日の馬場なら前には楽なペースっぽい。

直線でキセキが後続を突き放すような脚を見せるが、2番手のアーモンドアイは更にそれを上回る脚を魅せる。

ホント、ワンダーホースだな、こいつ。

ゴール後、時計に目をやると「2:20.6」

は?なにそれ?ちょっと・・・脚、大丈夫か?
 
 
 
 
なんともないようだ。
この後の疲れが心配だけど、今日はこの圧倒的な凄さにしばらく酔いしれていよう。

友人が「ウオッカとダイワスカーレットの天皇賞秋に並ぶ感動的なレースだな」と呟く。

うん、異議なし。まったくだ。ホント凄い馬が現れたもんだ。来年が楽しみだよ。。。
 
 

 

後から何度も何度もリプレイを見ても、やっぱり凄いな~と。

単純にレース結果を見ると向こう正面の中ほどで1,2,3番手にいた馬が1~3着になるいわゆる「行った行った」のレースなのに。

「行った行った」ってつまらないレースの代名詞のように使われることが多いのに、そんなレースでみんながこんなに凄いとか感動したとか言うんだからアーモンドアイっていうのはいったい何者なんだ?

今年の年度代表馬はもうこれで確定。

1枠1番の枠順が決まったときにJRAもスターホースを誕生させるのに必死だなと思ったりもしたけど、やっぱ可愛いは正義だし、可愛くてい圧倒的に強いんだからこれはもう大正義だなと。

来年の秋、ロンシャンでアーモンドアイとエネイブルが対戦するのを我々ファンは楽しみに待とう。

それまで自分たちも頑張ろう、うん。

そんなことをしみじみと。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

JC後の脱力感


 
ジャパンカップが終わってしまって=今年の東京開催が終了してしまって、なんだか気が抜けている。

今年の競馬もあとは有馬記念を残すのみだなあ、などという気分。

いやいや、チャンピオンズカップもあるし、2歳GⅠがまだ3鞍も残っているじゃないかと思うのだが、今年は特になんだかもう有馬記念も終わってしまったような空気さえ感じてしまっている。これはいったいどうしたことなのか。

それほどジャパンカップがインパクトのあるレースだったということか。

見応えのあるレースであったことは間違いない。

勝ったシュヴァルグランはもちろん素晴らしいレース運びをしていたし、ボウマンの手腕はさすがだと思わせるものだった。

レイデオロも2着ではあったが他の上位2頭に比べると明らかに不利なレース運びになってしまい、それでいてキタサンブラックを交わしての2着はこの馬も強い、来年はこの馬が主役の1頭であることは間違いないと思わせるものだった。

そして3着のキタサンブラックも昨年のジャパンカップよりは格段に厳しい競馬をしての3着。

13.0 – 11.2 – 12.1 – 12.1 – 11.8 – 12.1 – 12.3 – 12.2 – 11.8 – 11.3 – 11.8 – 12.0

13.3 – 11.3 – 12.6 – 12.3 – 12.2 – 12.5 – 12.7 – 12.3 – 11.9 – 11.2 – 11.4 – 12.1

キタサンブラックにとってどれほど厳しいレースだったかは道中のラップを見れば明白。
上段が今年のもの、下段が昨年のそれだ。

昨年は3,6,7ハロン目で12秒台後半に緩むところがあったが、今年はテンの1ハロンを除いては最も遅いラップでも7ハロン目の12.3。
この流れを逃げて4着以下を4馬身後方に負かしているのだからやはりこの馬は強いとあらためて思わされるレースぶりだった。

有馬記念でもやはり中心はこの馬で仕方がないのだろうと思わせる。

そんな強い強い上位3頭のレースを観てしまっては、少しの間その余韻に浸って次を考えられないというのも仕方のないことなのかもしれない。

そのくらい今はちょっと気が抜けている。
 
 
 

 
 
 
 
今週末からは東は中山、西は阪神、そして裏開催の中京。今年最後の開催が始まる。
 
そしてその幕開けが裏開催中京の2つ目のGⅠチャンピオンズカップ。かつてはジャパンカップダートと呼ばれたレース。
 
米国と同じ左回りの中京に移り、名称もチャンピオンズカップと改められて今年で4回目だが昨年に引き続き外国馬の参戦はない。
 
わざわざ日本に来てチャンピオンズカップで好走したところで賞金以外に得るものはないし、日本馬に地の利もあり簡単に負かすことも難しいとなればなかなか参戦馬がないのも仕方のないところだろうか。
 
まして今は招待競走でもなくなっているし、外国馬にとっては費用をかけて日本までくる意味もないのが正直なところなのだろう。
 
 
最近はジャパンカップも外国馬はあまり強力な馬の参戦はないが、今年アイダホが5着に入り3000万円の賞金を持っていったことで、来年以降もっと強い馬が参戦してくれるといいのだが。
 
日本馬が強くなるのは嬉しいことだが、一方でジャパンカップやチャンピオンズカップといったレースに強い外国馬の参戦が少ないのもなんだか寂しいものだ。
 
 
今年後半のダートGⅠという意味では年末に東京大賞典もあるし、ちょっと前には(JpnⅠだが)JBCもあった。
元々は外国馬を招待して行われていたジャパンカップダートの流れを汲むレースなのに、外国馬がまったく参戦しないチャンピオンズカップというレースの存在意義そのものに疑問も感じる。
ダート路線に果たして今本当に必要なレースなのだろうか。
 
昨日のジャパンカップを見終わった後でぼんやりとそんなことを考えている。
 
 
 
今週は個人的にはチャンピオンズカップよりも土曜日のステイヤーズSのほうが楽しみだ。
 
今年の登録は10頭と少々寂しいが3連覇を狙うアルバートやダイヤモンドS2勝するなど長距離重賞の常連フェイムゲーム、3走前の準OP・グリーンS(阪神・芝2400)でレコード勝ちを決めているシホウなど、長距離でこそというタイプが揃っている。
 
11歳馬サイモントルナーレなんかの登録もあり、6歳7歳のアルバートやフェイムゲームが若造に思えるメンツ。
 
序盤のんびりと流れるスタミナ比べのレースをじっくりと堪能したい。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

2017 ジャパンカップ観戦記


 
京王線の始発に乗って東京競馬場に向かった。

府中駅で降りて6時少し前に西門に到着。JR府中本町駅から西門につながる連絡通路に向かうと、既ににたくさんの人が並んでいたが前夜から並んでいた若い馬友と交代してまあまあいい位置で列に並ぶ。

しばらくすると開門は7:50というアナウンス。

開門時刻に近づくと後ろからジワジワ人波が押し寄せてくる。

やがて後ろからの人の圧で身の危険を感じるような騒然とした事態。
万が一、押されて転びでもしたら間違いなく大事故につながるだろうという恐ろしい状態だった。

今まで何度もダービーやジャパンカップで早朝から並んでいた。確かに早く前に行きたい、できるだけいい席を確保したいという小さなつばぜり合いはあったが今回のような恐怖を感じたのは初めてだ。

JRAはこの状態をもっと制御できるように警備の人を増やすとか、人々へのインフォメーションを徹底してほしい。

このままではいつか大きな事故が起きても不思議ではない。

こんな状態では、一日ゆっくりと競馬を楽しみたいと思っている自分には、しばらくGⅠデーに競馬場に行くのは指定席の抽選にでも当たらなければ憚られる。
 
 
 

 
 
 
 
なんとか人波に押しつぶされることもなく一般席の5番柱付近に自分たちの居場所を確保して1Rからのんびりと馬券を始めた。
 
富士山が綺麗に見える気持ちの良い天気だ。2コーナー奥の紅葉もいい眺め。今日で今年の東京開催が終わってしまうのが名残惜しい。
 

 
そんなことを思いながら取ったり取られたり。
京都の渡月橋Sでマイネルパラディの複勝を取れたのが一番嬉しかった。
 
 
意外に好調でジャパンカップを迎える時点で回収率270%、ジャパンカップを控え目にすれば今日の勝ちは確定という状態。
こうなるとすっかり控え目な馬券になるw
 
前日予想の通り1番シュヴァルグランからの馬連7点をメインに波乱期待の3連複Fを少しだけ購入。
 
道中ロスなくインで脚を溜めたボウマン鞍上のシュヴァルグランが直線でも綺麗に前が開いて抜け出してきたときには勝利を確信。
 
キタサンブラックが粘っていたが何か穴馬が突っ込んでこないかと思ったが迫ってきたのはレイデオロ。
 
オッズはそれほどでもないが厚めに買っていた相手なのでここでもまずまずの回収。
そのあとの京阪杯は外したがJCで軸に取ったシュヴァルグランが勝ち切ってくれたのは嬉しかった。
 
今年の東京開催最終日で気持ち良く馬券との格闘を終えられたのは気持ち良かったなあ。
 
 
来年の東京開催も楽しい競馬になりますようにと大國魂神社に少しお願いして帰路に着いた。
 
 
それにしても、今日の開門前はホントに怖かったな・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ジャパンカップ(2017) 予想


 
さて、決めなくてはいけない。

本命を決めないことには馬券を組み立てることすらできない。
かと言ってキタサンブラックやレイデオロを本命にしてもオッズ的にはあまり妙味はなさそうだ。

府中の2400m、無理に穴狙いをするのは難しいコースではある。いっそキタサンブラックとレイデオロの馬連1点勝負にするか!とも思わなくもないが、競馬はそんなに簡単なものじゃないし、馬連5倍そこそこに1点勝負するのは賢明ではないだろう。

レイデオロからの馬連流し、3連複1頭軸流しも考えたがそれでは期待値が折り合わない。

ここは昨年3着の実績を評価してシュヴァルグラン本命にしてみよう。

鞍上でごちゃごちゃしてしまったが昨年大外枠という不利を跳ね返しての3着なら今年の1番枠は極めて有利だろう。
ロスなく内の先団で進めていけば直線で鮮やかに抜け出してくるシーンがあっても全く不思議はない。

対抗にソウルスターリング。調教絶好、オークスを制した実績を考えればキタサンブラックやレイデオロを前に見ながら好位で運んで直線で牝馬特有のキレを使えれば十分に馬券圏内はあり得る。

3番手にマカヒキ、天皇賞はあの極悪馬場を後方から進めてキタサンブラックに次ぐ上がりを繰り出して5着。
かなり復調してきたと思える。ダービーを制した府中の2400mならいきなりの復権があっても不思議ない。

4番手にシャケトラ、日経賞を制した能力はここでも引けは取らないはず。近3走はそれぞれに言い訳のたつ内容、良馬場で不利なく運べれば上位に食い込むだけの力はあるはず。

以下、押さえにキタサンブラック、レイデオロ、サウンズオブアース、外国馬を1頭入れておきたいのでギニョールまで。

サトノクラウンはもちろん怖いがあの天皇賞を力走して最も疲れが残るパターンはサトノクラウンだろう。あえて無印で。
 
 
 

 
 
 
 
JCウイークの最終レース京阪杯は本命セイウンコウセイで。
 
高松宮記念後の3走は函館SSとスプリンターズSが1分7秒台前後の決着、残念ながらこの時計では勝負にはならないしスワンSは1400m。今の京都の馬場なら1分8秒台の決着になるだろうし、それならここでも十分に勝負になるはず。56kgの斤量もプラスなはず。近走の成績からオッズも妙味があると思える。
 
相手はヒルノデイバロー、ソルヴェイグ、アルマワイオリ、ビップライブリー、メラグラーナ、ジューヌエコールの6頭で。
 
JC、京阪杯の両方が的中できたら気持ち良く今年の最終開催を迎えられるのだが果たしてどうか。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ジャパンカップ、枠順を見て悩む


 
風邪で体調を崩している間にジャパンカップの枠順が確定していた、というかもう週末じゃないか。
今週は全然仕事が進まなかったぞ。もう年末も近いというのに困ったものだ。。。

ま、そんなことは置いといて。

ジャパンカップ。

レイデオロが1枠2番、キタサンブラックが2枠4番。いい枠に入ったものだ。どっちでもいいけどスターホースにきっちりと勝ってもらいたい、JRAのそんな気持ちが透けて見えるような枠順じゃないか。

枠順にJRAの意思が反映されているなどとは本気で考えてはいないが、昨年キタサンブラックが1枠を引き続けたことや今回のジャパンカップの枠順を見ていると、声を大にしてそんなことを言いたい向きがあるのもわからないではない。
 

とにかく。

これでレイデオロもキタサンブラックも流石に無視するわけにはいかないどころか、やはり有力馬2頭と考えたほうが良さそうな枠になった。
 
 
 

 
 
 
 
サトノクラウンの6枠12番というのも緑の帽子が勝負服によく似合って良いではないか。
これはレイデオロ、キタサンブラック、サトノクラウンという穴党には身も蓋もない結果になりそうな気がするなあ・・・と枠順を見て感じた。
 
 
 
 
天皇賞・秋が終わったときは、こんなひどい不良馬場で頑張ってしまった上位入線馬にはきっと疲れが残るだろう、キタサンブラックもサトノクラウンも当然JCで人気するだろうけどそれほど信頼するのも危険かもしれないと思ったのだが。
 
その点を考慮すると、ここに向かう過程で神戸新聞杯を強いレースぶりで勝ってきたレイデオロが軸としては一番信頼が置けそうだと思っていたがどうなのだろうか。
 
古馬との初対戦で力関係がどうかというのが未知数ではあるが、ダービーで2着に退けたスワーヴリチャードがアルゼンチン共和国杯で楽々古馬を負かしていることを考えるとレイデオロも十分古馬に通用するだろう、ということは言えるかもしれない。
 
かもしれない、というのは、そうは言ってもアルゼンチン共和国杯とジャパンカップじゃ全然メンバーレベルが違うだろと言われれば、はい、全くその通りですねとしか答えようがないからw
 
確かにスワーヴリチャードがアルゼンチン共和国杯で古馬に通用したから、それに勝っているレイデオロもジャパンカップで通用する、というのはいささか無理がある気もする。
だがスワーヴリチャードは3歳馬の身で56kgという斤量を背負っての勝利。そう馬鹿にしたものでもあるまい。
 
 
そんな視点で恐々ではあるが本命はやはりレイデオロでいくと思う。
しかし相手にはかなり悩みそうだ。キタサンやサトノを上位に取るか、あくまで押さえと考えるか。
 
みんなすっかりノーマークにするのが当たり前になっている外国馬をどうするか。
 
穴党、あれこれ悩むジャパンカップだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!