「ジャパンカップ」タグアーカイブ

JC後の脱力感


 
ジャパンカップが終わってしまって=今年の東京開催が終了してしまって、なんだか気が抜けている。

今年の競馬もあとは有馬記念を残すのみだなあ、などという気分。

いやいや、チャンピオンズカップもあるし、2歳GⅠがまだ3鞍も残っているじゃないかと思うのだが、今年は特になんだかもう有馬記念も終わってしまったような空気さえ感じてしまっている。これはいったいどうしたことなのか。

それほどジャパンカップがインパクトのあるレースだったということか。

見応えのあるレースであったことは間違いない。

勝ったシュヴァルグランはもちろん素晴らしいレース運びをしていたし、ボウマンの手腕はさすがだと思わせるものだった。

レイデオロも2着ではあったが他の上位2頭に比べると明らかに不利なレース運びになってしまい、それでいてキタサンブラックを交わしての2着はこの馬も強い、来年はこの馬が主役の1頭であることは間違いないと思わせるものだった。

そして3着のキタサンブラックも昨年のジャパンカップよりは格段に厳しい競馬をしての3着。

13.0 – 11.2 – 12.1 – 12.1 – 11.8 – 12.1 – 12.3 – 12.2 – 11.8 – 11.3 – 11.8 – 12.0

13.3 – 11.3 – 12.6 – 12.3 – 12.2 – 12.5 – 12.7 – 12.3 – 11.9 – 11.2 – 11.4 – 12.1

キタサンブラックにとってどれほど厳しいレースだったかは道中のラップを見れば明白。
上段が今年のもの、下段が昨年のそれだ。

昨年は3,6,7ハロン目で12秒台後半に緩むところがあったが、今年はテンの1ハロンを除いては最も遅いラップでも7ハロン目の12.3。
この流れを逃げて4着以下を4馬身後方に負かしているのだからやはりこの馬は強いとあらためて思わされるレースぶりだった。

有馬記念でもやはり中心はこの馬で仕方がないのだろうと思わせる。

そんな強い強い上位3頭のレースを観てしまっては、少しの間その余韻に浸って次を考えられないというのも仕方のないことなのかもしれない。

そのくらい今はちょっと気が抜けている。
 
 
 

 
 
 
 
今週末からは東は中山、西は阪神、そして裏開催の中京。今年最後の開催が始まる。
 
そしてその幕開けが裏開催中京の2つ目のGⅠチャンピオンズカップ。かつてはジャパンカップダートと呼ばれたレース。
 
米国と同じ左回りの中京に移り、名称もチャンピオンズカップと改められて今年で4回目だが昨年に引き続き外国馬の参戦はない。
 
わざわざ日本に来てチャンピオンズカップで好走したところで賞金以外に得るものはないし、日本馬に地の利もあり簡単に負かすことも難しいとなればなかなか参戦馬がないのも仕方のないところだろうか。
 
まして今は招待競走でもなくなっているし、外国馬にとっては費用をかけて日本までくる意味もないのが正直なところなのだろう。
 
 
最近はジャパンカップも外国馬はあまり強力な馬の参戦はないが、今年アイダホが5着に入り3000万円の賞金を持っていったことで、来年以降もっと強い馬が参戦してくれるといいのだが。
 
日本馬が強くなるのは嬉しいことだが、一方でジャパンカップやチャンピオンズカップといったレースに強い外国馬の参戦が少ないのもなんだか寂しいものだ。
 
 
今年後半のダートGⅠという意味では年末に東京大賞典もあるし、ちょっと前には(JpnⅠだが)JBCもあった。
元々は外国馬を招待して行われていたジャパンカップダートの流れを汲むレースなのに、外国馬がまったく参戦しないチャンピオンズカップというレースの存在意義そのものに疑問も感じる。
ダート路線に果たして今本当に必要なレースなのだろうか。
 
昨日のジャパンカップを見終わった後でぼんやりとそんなことを考えている。
 
 
 
今週は個人的にはチャンピオンズカップよりも土曜日のステイヤーズSのほうが楽しみだ。
 
今年の登録は10頭と少々寂しいが3連覇を狙うアルバートやダイヤモンドS2勝するなど長距離重賞の常連フェイムゲーム、3走前の準OP・グリーンS(阪神・芝2400)でレコード勝ちを決めているシホウなど、長距離でこそというタイプが揃っている。
 
11歳馬サイモントルナーレなんかの登録もあり、6歳7歳のアルバートやフェイムゲームが若造に思えるメンツ。
 
序盤のんびりと流れるスタミナ比べのレースをじっくりと堪能したい。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

2017 ジャパンカップ観戦記


 
京王線の始発に乗って東京競馬場に向かった。

府中駅で降りて6時少し前に西門に到着。JR府中本町駅から西門につながる連絡通路に向かうと、既ににたくさんの人が並んでいたが前夜から並んでいた若い馬友と交代してまあまあいい位置で列に並ぶ。

しばらくすると開門は7:50というアナウンス。

開門時刻に近づくと後ろからジワジワ人波が押し寄せてくる。

やがて後ろからの人の圧で身の危険を感じるような騒然とした事態。
万が一、押されて転びでもしたら間違いなく大事故につながるだろうという恐ろしい状態だった。

今まで何度もダービーやジャパンカップで早朝から並んでいた。確かに早く前に行きたい、できるだけいい席を確保したいという小さなつばぜり合いはあったが今回のような恐怖を感じたのは初めてだ。

JRAはこの状態をもっと制御できるように警備の人を増やすとか、人々へのインフォメーションを徹底してほしい。

このままではいつか大きな事故が起きても不思議ではない。

こんな状態では、一日ゆっくりと競馬を楽しみたいと思っている自分には、しばらくGⅠデーに競馬場に行くのは指定席の抽選にでも当たらなければ憚られる。
 
 
 

 
 
 
 
なんとか人波に押しつぶされることもなく一般席の5番柱付近に自分たちの居場所を確保して1Rからのんびりと馬券を始めた。
 
富士山が綺麗に見える気持ちの良い天気だ。2コーナー奥の紅葉もいい眺め。今日で今年の東京開催が終わってしまうのが名残惜しい。
 

 
そんなことを思いながら取ったり取られたり。
京都の渡月橋Sでマイネルパラディの複勝を取れたのが一番嬉しかった。
 
 
意外に好調でジャパンカップを迎える時点で回収率270%、ジャパンカップを控え目にすれば今日の勝ちは確定という状態。
こうなるとすっかり控え目な馬券になるw
 
前日予想の通り1番シュヴァルグランからの馬連7点をメインに波乱期待の3連複Fを少しだけ購入。
 
道中ロスなくインで脚を溜めたボウマン鞍上のシュヴァルグランが直線でも綺麗に前が開いて抜け出してきたときには勝利を確信。
 
キタサンブラックが粘っていたが何か穴馬が突っ込んでこないかと思ったが迫ってきたのはレイデオロ。
 
オッズはそれほどでもないが厚めに買っていた相手なのでここでもまずまずの回収。
そのあとの京阪杯は外したがJCで軸に取ったシュヴァルグランが勝ち切ってくれたのは嬉しかった。
 
今年の東京開催最終日で気持ち良く馬券との格闘を終えられたのは気持ち良かったなあ。
 
 
来年の東京開催も楽しい競馬になりますようにと大國魂神社に少しお願いして帰路に着いた。
 
 
それにしても、今日の開門前はホントに怖かったな・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ジャパンカップ(2017) 予想


 
さて、決めなくてはいけない。

本命を決めないことには馬券を組み立てることすらできない。
かと言ってキタサンブラックやレイデオロを本命にしてもオッズ的にはあまり妙味はなさそうだ。

府中の2400m、無理に穴狙いをするのは難しいコースではある。いっそキタサンブラックとレイデオロの馬連1点勝負にするか!とも思わなくもないが、競馬はそんなに簡単なものじゃないし、馬連5倍そこそこに1点勝負するのは賢明ではないだろう。

レイデオロからの馬連流し、3連複1頭軸流しも考えたがそれでは期待値が折り合わない。

ここは昨年3着の実績を評価してシュヴァルグラン本命にしてみよう。

鞍上でごちゃごちゃしてしまったが昨年大外枠という不利を跳ね返しての3着なら今年の1番枠は極めて有利だろう。
ロスなく内の先団で進めていけば直線で鮮やかに抜け出してくるシーンがあっても全く不思議はない。

対抗にソウルスターリング。調教絶好、オークスを制した実績を考えればキタサンブラックやレイデオロを前に見ながら好位で運んで直線で牝馬特有のキレを使えれば十分に馬券圏内はあり得る。

3番手にマカヒキ、天皇賞はあの極悪馬場を後方から進めてキタサンブラックに次ぐ上がりを繰り出して5着。
かなり復調してきたと思える。ダービーを制した府中の2400mならいきなりの復権があっても不思議ない。

4番手にシャケトラ、日経賞を制した能力はここでも引けは取らないはず。近3走はそれぞれに言い訳のたつ内容、良馬場で不利なく運べれば上位に食い込むだけの力はあるはず。

以下、押さえにキタサンブラック、レイデオロ、サウンズオブアース、外国馬を1頭入れておきたいのでギニョールまで。

サトノクラウンはもちろん怖いがあの天皇賞を力走して最も疲れが残るパターンはサトノクラウンだろう。あえて無印で。
 
 
 

 
 
 
 
JCウイークの最終レース京阪杯は本命セイウンコウセイで。
 
高松宮記念後の3走は函館SSとスプリンターズSが1分7秒台前後の決着、残念ながらこの時計では勝負にはならないしスワンSは1400m。今の京都の馬場なら1分8秒台の決着になるだろうし、それならここでも十分に勝負になるはず。56kgの斤量もプラスなはず。近走の成績からオッズも妙味があると思える。
 
相手はヒルノデイバロー、ソルヴェイグ、アルマワイオリ、ビップライブリー、メラグラーナ、ジューヌエコールの6頭で。
 
JC、京阪杯の両方が的中できたら気持ち良く今年の最終開催を迎えられるのだが果たしてどうか。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ジャパンカップ、枠順を見て悩む


 
風邪で体調を崩している間にジャパンカップの枠順が確定していた、というかもう週末じゃないか。
今週は全然仕事が進まなかったぞ。もう年末も近いというのに困ったものだ。。。

ま、そんなことは置いといて。

ジャパンカップ。

レイデオロが1枠2番、キタサンブラックが2枠4番。いい枠に入ったものだ。どっちでもいいけどスターホースにきっちりと勝ってもらいたい、JRAのそんな気持ちが透けて見えるような枠順じゃないか。

枠順にJRAの意思が反映されているなどとは本気で考えてはいないが、昨年キタサンブラックが1枠を引き続けたことや今回のジャパンカップの枠順を見ていると、声を大にしてそんなことを言いたい向きがあるのもわからないではない。
 

とにかく。

これでレイデオロもキタサンブラックも流石に無視するわけにはいかないどころか、やはり有力馬2頭と考えたほうが良さそうな枠になった。
 
 
 

 
 
 
 
サトノクラウンの6枠12番というのも緑の帽子が勝負服によく似合って良いではないか。
これはレイデオロ、キタサンブラック、サトノクラウンという穴党には身も蓋もない結果になりそうな気がするなあ・・・と枠順を見て感じた。
 
 
 
 
天皇賞・秋が終わったときは、こんなひどい不良馬場で頑張ってしまった上位入線馬にはきっと疲れが残るだろう、キタサンブラックもサトノクラウンも当然JCで人気するだろうけどそれほど信頼するのも危険かもしれないと思ったのだが。
 
その点を考慮すると、ここに向かう過程で神戸新聞杯を強いレースぶりで勝ってきたレイデオロが軸としては一番信頼が置けそうだと思っていたがどうなのだろうか。
 
古馬との初対戦で力関係がどうかというのが未知数ではあるが、ダービーで2着に退けたスワーヴリチャードがアルゼンチン共和国杯で楽々古馬を負かしていることを考えるとレイデオロも十分古馬に通用するだろう、ということは言えるかもしれない。
 
かもしれない、というのは、そうは言ってもアルゼンチン共和国杯とジャパンカップじゃ全然メンバーレベルが違うだろと言われれば、はい、全くその通りですねとしか答えようがないからw
 
確かにスワーヴリチャードがアルゼンチン共和国杯で古馬に通用したから、それに勝っているレイデオロもジャパンカップで通用する、というのはいささか無理がある気もする。
だがスワーヴリチャードは3歳馬の身で56kgという斤量を背負っての勝利。そう馬鹿にしたものでもあるまい。
 
 
そんな視点で恐々ではあるが本命はやはりレイデオロでいくと思う。
しかし相手にはかなり悩みそうだ。キタサンやサトノを上位に取るか、あくまで押さえと考えるか。
 
みんなすっかりノーマークにするのが当たり前になっている外国馬をどうするか。
 
穴党、あれこれ悩むジャパンカップだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

馬券の強弱が違う(T_T) ジャパンカップ(2016)観戦記

日曜日、当然のように東京競馬場へ行ってきたふぉんてんですm(__)m

実は土曜日に突然熱発。
昼ころには38℃まで熱が上がって「これは明日ジャパンカップ観に行けないかも・・・」と馬友に緊急メール。

予定では調布駅5:26発の高尾山口行に乗って東京競馬場の開門待ちの列に並ぶはずだったのですが、最悪家を出られないかもと連絡。

一般席は確保しておくから9時までに来れるかどうかの連絡をくれと言ってくれたので、朝7:30頃に起床、熱を測ると36.7℃。
たっぷり寝たせいか意外にスッキリとして東京競馬場に向かいました。

9時ちょうどくらいに競馬場に到着。
席を取ってくれていた友人たちにお礼の缶ビールを差し入れてスタンバイ。

やはりジャパンカップデーとあって朝からお客さんがいっぱいで、指定席はもちろん一般席もすべて埋まっています。
(ま、埋まっていると言っても3分の1くらいは荷物やら新聞などでキープされている状態ということですが;)

さっそく1Rから参戦。

4番シュピールカルテと8番パンドラフォンテンから馬連をパラパラ買ってみましたがシュピールカルテ12着、パンドラフォンテン10着と見てるだけ~という結果。

2Rはパスして3R。

ここは15番マイネルスフェーンと11番バトルスピリッツの2頭は堅いと踏んで2頭軸の3連複。
3着にきたアンジェーヌは前走11着も上がり時計がまあまあだったので気にしつつも切ってしまいこれは悔しいハズレ。

4Rの新馬戦は2番人気5番ナイルストーリーの単勝にするか、1番人気11番オーロラエンブレムとの2頭軸3連複にするか迷って3連複を選択。

3着にきた13番人気12番ゲンパチマサムネを拾えるはずもなくハズレ。

どうも選択が裏目裏目に来てるのに、ジャパンカップの高揚感か、ゴールドアクターが負けるわけがないという自信からかはわからないものの余裕で馬券検討を続けてました。

昼休みを挟んで5R。

ここは1番人気メイスンスパートと7番人気4番ワンボーイとの2頭軸3連単マルチ。
相手を3頭に絞ったものの一番人気のなかった13番メイプルキングが来てくれて的中♪

20161127_122335

これで一息つきましたw

6Rをパスして7Rを9番エトルディーニュから馬連を買うもののムーア騎乗のサトノアレスを切ってハズし、8Rは2番リアリスト、8番トーセンラムセス、10番セネッティ、15番フィールザプリティのワイド3連複BOXを買うもハズしてここでジャパンカップを待ちました。

場内はどんどん人も増えてきて、トイレに行くにも人をかき分けかき分け向かう状況。

本当はジャパンカップはパドックに行ってゴールドアクターの姿をスマホで撮ろうと思っていたのですが、人の多さに諦めて本馬場入場を待ちました。

そして本馬場入場で撮れたのがこの画像

20161127_152527

自分の席からではスマホの倍率を目一杯上げてこれが限界でしたw
 
 
 

 
 
 
それでも本馬場入場の時にはついにゴールドアクターがジャパンカップ父子制覇を成し遂げるときが近づいてきたとグッと来たものです。ちょっと泣きそうw
 
ちょっとうるさい感じはしましたが、このくらいならレースにいって鞍上の指示に素直に従う馬なので大丈夫だろうと思い見つめていました。
 
しっかり確認して馬券は単勝をたくさんwと、馬連を手広く、相手を1番キタサンブラック、12番サウンズオブアース、2番ビッシュに絞った3連単マルチを購入。
 
 
レースはキタサンブラックが好スタートを切り、1コーナーに入るところまでワンアンドオンリーとリアルスティールが積極的に行く構え。
 
ゴールドアクターはその後ろの内につけるような感じ。
 
 
向こう正面では1~2コーナーでの内外の差でアクターは3番手。
 
 
ここから3~4コーナーまでいい感じだなあと眺めていましたが直線坂上でアクターが意外に伸びない。
 
隼人!アクター!なんとか踏ん張ってくれ!と声援を送るもゴール前ではシュヴァルグランにも交わされて4着・・・orz
 
この時は本馬場入場のときとはまた別の感情で泣きそうでしたw
 
 
負けるとしたらキタサンブラックにだろうと思っていましたし、結果そのものに納得がいかないということはなかったのですが、ただただ無念という想いが頭の中を支配していました。
 
ホント、悔しかったなあ。。。
 
 
一緒に観戦してた馬友はキタサンブラックをずっと応援していたのでおめでとうと握手。
 
友人は自分の気持を察して「これで終わりじゃないでしょ、有馬記念があるから」と慰めてくれました。
 
「でも、有馬記念もキタサンブラックが勝って年度代表馬を確定したい」とも言ってましたが(笑)
 
 
 
このあと、敗戦の落胆を打ち消すために京阪杯にも手を出して返り討ちにあったこともご報告しておきます。あんな堅い馬券取れませんw
 
それにしても、ジャパンカップをもう少し控えめにして5Rをもう少し金額張っていれば一日の収支としては大幅プラスだったのになあ。強弱の付け所が違いました。。。
 
 
ジャパンカップの表彰式、北島三郎さんの唄うまつりを一節拝聴し、「あ~、悔しいけど、でもやっぱり競馬は楽しいな」とつくづく感じながら帰路につきました。
 
 
 
有馬記念、次こそは!
 
今度は祖父グラスワンダーと同じ有馬記念連覇を目指して頑張れ、ゴールドアクター!
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村