「ジェネラーレウーノ」タグアーカイブ

セントライト記念(2018)回顧~ジェネラーレウーノ重賞2勝目


 
 
ジェネラーレウーノにとっては絶好の展開になったセントライト記念。

もとより京成杯勝ち、皐月賞3着など中山では[2.0.1.0]と好相性なのにずいぶんレイエンダとの人気の差がついたものだなあ・・・と思っていた。

確かにレイエンダは強いと感じていたが、相手が一気に強化されるここで単勝1倍台は如何にも買われ過ぎだろう。

対して中山では重賞勝ちにGⅠ3着とメンバー中でも実績断然のジェネラーレウーノが2~3番人気の7倍そこそこ(最終的には4番人気7.3倍)でうろうろしてるんだから、これは絶好の単勝勝負の機会。
鞍上もこの馬のことをよくわかっている田辺が引き続き騎乗しているし、レイエンダの強さには脅威を感じつつも、馬券はジェネラーレウーノの単勝だろうと考えた。(一応レイエンダとの馬連も押さえるところが弱気だがw)

レースはジェネラーレウーノが好スタート好ダッシュを決めて(by ラジオNIKKEI 中野雷太アナ)、ハナを取るかに思われたがこれを交わしてタニノフランケルが押して行って先頭。
2コーナー過ぎでは2番手ジェネラーレウーノに5馬身ほどの差をつける逃げを打った。
前が単騎で差をつけて逃げていたのでペースが早そうに見えたが1000m通過は60.9、前半ラップが 12.4 – 10.9 – 12.3 – 12.4 – 12.9 だからそう早いものではなく、そのため向こう正面ではその差は一時2馬身近くまで詰まった。

しかし1000m通過から逃げるタニノフランケルはグッとペースを上げ後続との差を広げる。ここで田辺はすぐには追いかけず、逃げ馬を行かせるままに。そのため3コーナーでその差は10馬身くらいにまで広がっていた。

ジェネラーレウーノは残り800m過ぎくらいから徐々にペースアップ、4コーナーではいっぱいに押して手応えがないかのように見えるいつものパターン。
これで先頭を捕まえられるのか、後続に飲み込まれないのかとドキドキさせられるのだが、そこからしぶとくしぶとく伸び続ける。直線で抜け出すとソラを使う癖があると言っていたのを意識しての追い出しのタイミングだったのか、先頭を捕まえたのは直線残り150mも過ぎた坂上でのこと。
そこから脚色も鈍らず猛然と追い込んできたレイエンダを1馬身1/4退ける先頭ゴール。

パートナーの特徴を見事に活かした田辺の好騎乗だったように思う。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
勝つとしたらこんなパターンだろうなあという想像を具現化してくれたレースだった。

応援している馬がこんなレースをしてほしいという思った通りの運びでキッチリと勝ってくれたのだから、これは本当に嬉しい、楽しい、気持ちいい。

これでスクリーンヒーロー産駒の重賞勝ちは国内外あわせて16勝目。昨年は産駒の重賞勝ちはなかったが、今年はジェネラーレウーノの重賞2勝でまた活気を取り戻してきただろうか。

この勢いを借りて、今週のオールカマーでもゴールドアクターが復活してくれたらこれ以上はない喜びだが。(1週前追い切りを見る限り、まだピーク時には遠い印象だったが。)
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ジェネラーレウーノがセントライト記念を記念を勝ったことで、キタサンブラックとそのステップが似通っていると某掲示板では盛り上がっている。

確かに3歳春に重賞勝ちして皐月賞3着、ダービーで2桁着順の惨敗、そしてセントライト記念勝ちとそのステップは似ているといえば似ているw

スタートも上手いし、すんなり好位につけて終いもしっかりと伸びる姿をキタサンブラックに重ねて期待したくなる気持ちはわかる。

だが、自分のイメージはどちらかというとスタートの上手なゴールドシップだ。

超スロー、馬群一団の瞬発力勝負になってしまっては、たとえ先頭にいてもダービーの時のように惨敗することはこれからもありそうだ。

それよりもロングスパート勝負、消耗戦での凌ぎあいでこそパフォーマンスを発揮できるタイプ、だからこその中山での良績だろう。

GⅠを目標にするなら中山か、阪神内回り。有馬記念、大阪杯、宝塚記念だろう。

このあとは菊花賞に行くのだろうが、長距離戦らしいスタミナを求められるような展開になるなら望みはあるかもしれないが、超スローの瞬発力勝負になったら好走はできても勝ち切るまでは厳しいと感じる。

それでも出走してきたら応援してしまうのだが。

ともかくジェネラーレウーノ重賞2勝目、バンザイ\(^o^)/
(そして何気にオウケンムーンがしっかり掲示板を確保していたことも喜んでいる。オウケンムーンこそ菊花賞に出走して頑張ってほしいし、願わくば親子制覇してくれんか、盛り上がるぞ!と思っている)
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

マイタイムオブデイが脱北


 
 
北海道胆振東部地震から一週間、自分の実家は大きな被害は受けなかったようだが、停電で丸々2日間は不便な暮らしを余儀なくされたようだし、被災された方たちのことを思うとやはり心は痛む。一日も早い復興を願わずにはいられない。

平成30年北海道胆振東部地震災害に係る義援金の受付について

ばんえい競馬や門別競馬場は開催にも影響を受けているが、JRAにとっては札幌開催が終わった直後だったのは不幸中の幸いか。
秋競馬の始まりとなった先週の開催も無事に行われ、今週は土日月の3日間開催。(正直なところ3日間開催はやめてほしいんだがw

月曜日のセントライト記念にはスクリーンヒーロー産駒のジェネラーレウーノが出走予定、そこそこ上位人気に支持されそうだ。
しかし、ここには大本命のレイエンダがいる。故障による長い休みを挟みながらも3戦3勝、それも新馬戦で1馬身1/4差、夏木立賞(3歳500万)で1馬身3/4差、松前特別(3歳上1000万)では2馬身差とクラスが上がるごとに着差を広げてきている。
ここはやはり本命にせざるを得ない力量を感じさせる。

ジェネラーレウーノは皐月賞3着の実績でこれにどこまで対抗できるか、こちらはダービー16着以来のレース。ダービーは東京競馬場での瞬発力勝負が如何にも合わないというレースだったが、3戦2勝3着1回と得意にしている中山コースなら巻き返しも可能か。
逃げ先行タイプが揃って、先行タイプのジェネラーレウーノに楽な展開になるとは思えないが持ち前のしぶとさで菊花賞に向けていいレースをしてもらいたいものだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
今日、シルクのサイトを見たら、マイタイムオブデイが17日(月)にノーザンファーム天栄に移動し、近々ノーザンファームしがらきに移動する予定だとあった。

ようやく脱北!けっこう待たされたなあw
でも、これで年内にはデビューしてくれるか。だいぶ体もしっかりしてきたように見えるし、楽しみだ。

 
 

もう1頭の2歳、ジュピターズライトはもう少し時間が掛かるだろうか。乗り込みは続けつつ体重が大きく増減することもないとのこと。こちらも早く脱北してデビューに目途をつけてほしいところだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
1歳のヒカルアマランサスの17は11日にノーザンファームYearlingからノーザンファーム早来へ移動。
育成厩舎に移動したことでこれから本格的に競走馬になるべく調教が始まるのだね。母ヒカルアマランサスのように活躍してくれるといいが。

ベッライリスの17は変わらずノーザンファームYearlingに。
残120口以下となり詳細ページの表示が「募集中」から「満口近し」に替わったのでやがて満口になるだろうか。
8月の1ヵ月ほどのあいだに10kgほど体重が増えたというし(とは言ってもまだ400kgに満たないが)、これからグッと成長してくれるのを楽しみに待とう。

ヴェロニカグレースはノーザンファーム天栄の周回コースで軽めのキャンターを開始しているとのこと。
それほど長い休養にはならなさそうな雰囲気はあるが、そうなると次走は東京?それとも11月の福島だろうか。
東京は合わなさそうだから福島になるのかな。しかし11月の福島には適鞍がないし・・・
まさかの年内休養?

できれば11月の東京を叩いて、12月の中山で勝ち上がりを狙って、年明け1月の中山・初富士Sでオープン入りを狙うとかしてくれるといいのだが(その前に9月の中山使ってほしかったけどw)

しかし、そんな使い方しないだろうな。一走しては休み、一走しては休みの繰り返しだし、何も考えてなさそう・・・
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

京成杯(2018) 予想

ここはスクリーンヒーロー産駒のジェネラーレウーノが出走。
しかも前走同コースの葉牡丹賞を逃げ切って勝ち、ここでも上位人気に推される存在。

そうなるとスクヒロ応援隊としては本命に推さざるをえないところだが、展開派としてはなんとも悩ましい。

大外枠というのはあっさりとハナを取れるメンバーであればそれほどの不利にもならないことが多いが、内の2番枠に4戦連続で逃げてしかも2勝を挙げているコスモイグナーツがいる。
決して楽なレースになるとは思えない。

冷静にジャッジするなら本命はコズミックフォースかデルタバローズ、あるいはイェッツトだろう。

枠順を考えるとコズミクフォースあたりが浮上してくるが、、、
鞍上・戸崎に先週ほどの良さが見えない。昨年暮れの調子の悪い戸崎に戻ってしまったような感じだ。

今日の成績は10鞍騎乗で未勝利。1番人気馬には4回騎乗し3着、9着、6着、2着。2番人気でも4着と3着、さらに2度の3番人気ではともに10着に沈んでいる。

こういう騎乗を見せられてはこちらも本命には取りにくい。
 
 
 

 
 
 
 
ならば。
 
スクリーンヒーロー産駒応援隊としてジェネラールウーノに期待をかけようか。久しぶりの産駒重賞勝ちを信じてみよう。
 
 
相手はコズミックフォース、サクステッド、イェッツト、デルタバローズ、コスモイグナーツ、ライトカラカゼ。
 
ジェネラーレウーノからの馬連、3連複流し。
 
印の回らなかったロジティナとかエイムアンドエンド、あるいはダブルシャープあたりに勝たれて、上位3頭1枚も馬券買ってないぞ、というパターンにハマりそうな気もするのだが・・・
 
 
信じる者は救われる、となってほしいものだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

大吉とジェネラーレウーノ

そういえば今年の初詣で引いたおみくじが大吉だったことを思い出した。

 

そもそも占いの類にはそれほど興味もないし、おみくじなど滅多にひくこともないが、今年は妻につられて気まぐれでやってみた。賽銭とは別に神社に100円献上するのも悪くないか、と考えたのだ。それが巡り巡って当たり馬券で帰ってくるかもしれないし。何しろ初詣しているのは東京競馬場すぐ近くの大國魂神社である。

占いに興味はないと言いながらも大吉が出るとこれはなかなか縁起がいいじゃないかと内心ニヤリとしたりする。

それで喜んでおみくじを所定の場所に結んでパンパンと柏手を打ったりするものの、元来占いなどまったく気にしない性質だから結んだ2分後にはもう大吉のことなどすっかり忘 れている。
 

馬券を買うときにもちょっとしたゲン担ぎみたいなこと(例えばその日が二黒土星なら下1桁が2番の窓口で買う、買った馬券は前のレースの当たり馬券と同じポケットに入れる、ハズレ馬券と同じポケットには入れないなど)もしたりするが、それもそれほど気にしているというわけではない。

だいたい星占いとか人の運勢を12種類に限定するのなんて乱暴だと思うし、血液型占いに至ってはわずか4つの性格に分けるとかアホかと思ってる口である。
 

今年の中山での初競馬のときにも大吉のことなどすっかり忘れていたからなのか?
いつもと同じように普通にハズレるし、いつもと同じようにたまに当たったりしていた。

でも、もしかしたら今年の自分は大吉なのだ!と強くアファーメーションでもして馬券予想に臨めば、的中率や回収率が上がってきたりしないだろうか。
 

ふとそんなことを考えてしまうのは、最初の3日開催、特に3日目があまり芳しい成績ではなかったからか。
3日間で的中率は25%と通常ペースだったが、回収率が最終的に60%にとどまってしまったのが残念。中山競馬場に行って少々冷静さを失くしていた面はある。

もっとも原因ははっきりしているし(ヴェロニカグレース負けちゃったからなw)、今週末からは何とか盛り返してやろう。まだ序盤戦、溜まったマイナスはまだわずかだw
 
 
 

 
 
 
 
戯言はさておき
 
今週の京成杯にはジェネラーレウーノが出走予定。
 
前走の葉牡丹賞、けっこう期待できるだろうと思っていたが人気は4番人気とそれほどでもなく。
前々走・未勝利戦で2馬身差をつけての逃げ切り勝ちが全然評価されていないオッズだったように思う。
 
それが今回はどうやら人気になりそうな気配。
葉牡丹賞こそハナ差の辛勝でそれほど強いと思わせるようなレースではなかったと思うが・・・。
 
ま、重賞とは言え3歳のこの時期、2勝しているのが他にはコスモイグナーツ、タイキフェルヴール、マイハートビートの3頭しかいないメンバーではそれも仕方がないか。
 
 
しかしスクリーンヒーローの活躍馬って母父がちょっと捻った感じがあるな。
 
ジェネラーレウーノの母父はロックオブジブラルタル。デインヒルの後継種牡馬でマイルを中心にGIを7勝。
日本ではシャトル種牡馬として供用されていた時期もあるが直仔での活躍馬はニュージーランドトロフィーを勝ったエイシンオスマンくらいか。
 
母父としてはミッキーアイルが出ている。
 
 
スクリーンヒーロー産駒で重賞勝ちのあるのはモーリスの母父はカーネギー、ゴールドアクターはキョウワアリシバ、グァンチャーレはディアブロ、ミュゼエイリアンはエルコンドルパサー、トラストがエイシンサンディー。
 
BMSリーディング上位の馬よりもちょっと傍流というか、地味な血統の繁殖牝馬のほうが相性がいいのかもしれない。
 
ま、詳しく調べたわけでもないのでこれだけでは何とも言えないし、そもそも種牡馬入りして最初のころはあまり期待もされていなかったので、いわゆる良血の繁殖が相手に揃ってなかったということもあるだろう。
 
 
現2歳産駒はモーリスやゴールドアクターがGIを勝ったあとの最初の世代ということになるので、その産駒たちから活躍馬が出るだろうか。
 
 
それまではジェネラーレウーノのように血統的には地味な印象の馬たちに頑張ってもらいたい。
 
 
が、今回は重賞だし、同型で2勝を挙げているコスモイグナーツもいるし、その鞍上は積極的な騎乗をする柴田大知だし、厳しいレースになるだろうなあ。
馬券検討はかなり難しくなりそうだ。
 
といいつつジェネラーレウーノ中心の馬券になると思うが・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ジェネラーレウーノは京成杯に


 
ルーカスがホープフルS出走を表明したかと思ったら、ジェネラーレウーノがどうやら京成杯に回るとか。

ふ~ん。

今年はスクリーンヒーロー産駒の中央重賞勝ちがまだないので2頭出走してくれたら、その分チャンスは広がるかと思っていたが・・・

ここはルーカスに頑張ってもらおう!
2015年のグァンチャーレの重賞制覇から始まった産駒重賞勝ちがわずか2年で途切れてしまうのは少々残念だから、ルーカスにはぜひ重賞勝ちを決めてもらいたい。
そんなことを思っている。
 
 

阪神JFは有力馬の1頭と目されていたベルーガが骨折で回避。
父キンシャサノキセキなので短距離のほうがいいのか、同世代ならクラシックでもやれるのかを判断する一戦と考えていただろうし、この時期に故障で戦線離脱というのは陣営も残念だろう。
どのくらいの休養になるかは現時点では不明のようだが、しっかりと治してファンタジーSで見せた鋭い末脚をまた披露してくれることを期待する。
 
 

そしてサトノアラジンは今週末の香港マイルで引退、種牡馬入りするとか。
先に引退を発表していた同世代のイスラボニータやワンアンドオンリーと同時に種牡馬生活をスタート、競い合うことになる。
同世代には既に種牡馬入りしているモーリスやエイシンヒカリなんかもいて競争はまだ続くのだなあ・・・

個人的に馬券の相性は悪かったサトノアラジンだがw、できれば香港マイルで有終の美を飾ってほしいものだ。
もしかしたら今回も自分が買わなかったら勝てるだろうか(笑)

 
 
 
 

 
 
 
 
週末の香港国際競争の出馬表も確定した。日本馬の馬番とゲート番は次の通り。
 
香港ヴァーズ(12頭立て)
トーセンバジル:馬番8、ゲート番7
キセキ:馬番12、ゲート番3
 
香港スプリント(13頭立て)
レッツゴードンキ:馬番12、ゲート番7
ワンスインナムーン:馬番13、ゲート番2
 
香港マイル(14頭立て)
サトノアラジン:馬番4、ゲート番4
 
香港カップ(12頭立て)
ネオリアリズム:馬番2、ゲート番1
ステファノス:馬番5、ゲート番8
スマートレイアー馬番12、ゲート番9
 
 
 
香港カップはスタートから最初のコーナーまで約170mほどと短いので、先行タイプのネオリアリズムにとって1番ゲートというのはいいんじゃないだろうか。
鞍上モレイラだし、期待したい。
 
またキセキが注目されている香港ヴァーズだが、シャティン競馬場は高低差も小さくパワーよりも切れ味が活きるコース、トーセンバジルも切れのある末脚を武器にできるタイプなので昨年のサトノクラウンのようにあっと言わせる場面もあるんじゃないだろうか。
こちらの鞍上も昨年のサトノクラウンと同じモレイラ、期待大だ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!