「シルクホースクラブ」タグアーカイブ

ヴェロニカグレース、次走は10月21日の東京芝1600だってよ


 
 
先週、「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」の2018-2019年度の内容について発表があった。

当初はカトレア賞とヒヤシンスSの2レースで創設されたが、2シーズン目で全日本2歳優駿がシリーズに加わり、今度は伏竜Sも加わるという。ポイントもレースごとにずいぶんと差がついて、ここから本当にケンタッキーダービーを目指す陣営が出てきてくれるといいねえ。。。

こういうシリーズは本当にケンタッキーダービー出走を目指す陣営がしのぎを削って競い合うからこそレースも面白くなるわけで。

せっかくラニが切り開いてくれた道。どうかこのまま尻つぼみになるようなことのないように機能していってほしいものだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
さてノーザンファーム天栄に放牧中の出資馬ヴェロニカグレースだが、なんと10月21日の東京・芝1600mを目標に調整をするという。

は?

前走レース後の「コーナーが4つあるコースの方がいい」というコメントは幻だったのだろうか?
それともそんなことは忘れてしまったのだろうか?もしかして記憶障害?

ま、実際そこにこだわってたら12月の中山まで適鞍がないって話だが、それならそもそも前走後どうして放牧に出したのか。続けて中山に使えば良かったんじゃないのかとやはり思うわけで。
レースから2週間ほどで馬体重も20kg増えているというし、体調も良かったんじゃないのだろうかと不信感を抱かずにはいられない。

それとも、、、

10月21日の東京でひと叩きして、また短期放牧に出して12月の中山を目標にするパターンなのだろうか。

一走しては放牧、一走しては放牧を続けているのだから無駄なレースは使わないでほしいのだが。

大事に使ってきてくれているとは思うが、レース選択がいまいち意味不明で戸惑いは隠せない。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
2018年度シルクホースクラブの募集馬で売れ残っている自分の出資馬ベッライリスに残口60口以下という満口間近のサイン。

このまま満口にならないのかと思っていたが、この調子だとなんとか満口になるだろうか。ただ馬体重が今月初めでまだ400kgに満たないというのは如何にも寂しい。
もう少し大きくなってほしいところだが。

シルクの募集馬はベッライリスを含め4頭が満口になっていないが、そのうちの1頭マザーロシアも満口間近のサイン、残口150口以下となっている。150口ってまあまあ残ってるよね、と思うが他の2頭テルアケリーとティフィンはそれ以上残っているわけで、会員は次の追加募集馬を待っているという感じなんだろうな。

馬主リーディングでは83勝を挙げて2位につけているシルク。
重賞勝利は10勝を挙げてリーディング1位のサンデーレーシングの6勝を大きく上回るトップを快走中。
アーモンドアイの牝馬クラシック2勝を含む3勝がひときわ光るが、それ以外にもブラストワンピース、プリモシーンがそれぞれ重賞2勝を挙げるなど3歳馬の活躍が目立つ。
果たして現2歳、そして今年度募集の1歳馬から同じように活躍馬は出てくるのだろうか。

それが自分の出資馬だったら本当に嬉しいのだが。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

マイタイムオブデイが脱北


 
 
北海道胆振東部地震から一週間、自分の実家は大きな被害は受けなかったようだが、停電で丸々2日間は不便な暮らしを余儀なくされたようだし、被災された方たちのことを思うとやはり心は痛む。一日も早い復興を願わずにはいられない。

平成30年北海道胆振東部地震災害に係る義援金の受付について

ばんえい競馬や門別競馬場は開催にも影響を受けているが、JRAにとっては札幌開催が終わった直後だったのは不幸中の幸いか。
秋競馬の始まりとなった先週の開催も無事に行われ、今週は土日月の3日間開催。(正直なところ3日間開催はやめてほしいんだがw

月曜日のセントライト記念にはスクリーンヒーロー産駒のジェネラーレウーノが出走予定、そこそこ上位人気に支持されそうだ。
しかし、ここには大本命のレイエンダがいる。故障による長い休みを挟みながらも3戦3勝、それも新馬戦で1馬身1/4差、夏木立賞(3歳500万)で1馬身3/4差、松前特別(3歳上1000万)では2馬身差とクラスが上がるごとに着差を広げてきている。
ここはやはり本命にせざるを得ない力量を感じさせる。

ジェネラーレウーノは皐月賞3着の実績でこれにどこまで対抗できるか、こちらはダービー16着以来のレース。ダービーは東京競馬場での瞬発力勝負が如何にも合わないというレースだったが、3戦2勝3着1回と得意にしている中山コースなら巻き返しも可能か。
逃げ先行タイプが揃って、先行タイプのジェネラーレウーノに楽な展開になるとは思えないが持ち前のしぶとさで菊花賞に向けていいレースをしてもらいたいものだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
今日、シルクのサイトを見たら、マイタイムオブデイが17日(月)にノーザンファーム天栄に移動し、近々ノーザンファームしがらきに移動する予定だとあった。

ようやく脱北!けっこう待たされたなあw
でも、これで年内にはデビューしてくれるか。だいぶ体もしっかりしてきたように見えるし、楽しみだ。

 
 

もう1頭の2歳、ジュピターズライトはもう少し時間が掛かるだろうか。乗り込みは続けつつ体重が大きく増減することもないとのこと。こちらも早く脱北してデビューに目途をつけてほしいところだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
1歳のヒカルアマランサスの17は11日にノーザンファームYearlingからノーザンファーム早来へ移動。
育成厩舎に移動したことでこれから本格的に競走馬になるべく調教が始まるのだね。母ヒカルアマランサスのように活躍してくれるといいが。

ベッライリスの17は変わらずノーザンファームYearlingに。
残120口以下となり詳細ページの表示が「募集中」から「満口近し」に替わったのでやがて満口になるだろうか。
8月の1ヵ月ほどのあいだに10kgほど体重が増えたというし(とは言ってもまだ400kgに満たないが)、これからグッと成長してくれるのを楽しみに待とう。

ヴェロニカグレースはノーザンファーム天栄の周回コースで軽めのキャンターを開始しているとのこと。
それほど長い休養にはならなさそうな雰囲気はあるが、そうなると次走は東京?それとも11月の福島だろうか。
東京は合わなさそうだから福島になるのかな。しかし11月の福島には適鞍がないし・・・
まさかの年内休養?

できれば11月の東京を叩いて、12月の中山で勝ち上がりを狙って、年明け1月の中山・初富士Sでオープン入りを狙うとかしてくれるといいのだが(その前に9月の中山使ってほしかったけどw)

しかし、そんな使い方しないだろうな。一走しては休み、一走しては休みの繰り返しだし、何も考えてなさそう・・・
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

調教師コメントに呆れる、の巻


 
 
昨日、シルクのサイトで更新されたヴェロニカグレースの調教師コメント、力が抜ける・・・怒る気にもならん。

あれだけのスローペースで上がりの競馬になってしまい、しかも窮屈になってしまいましたからね。あまり器用な脚を使えないタイプですし、勝ち馬に上がり32秒台の脚を使われては分が悪いですね。レース後も目立ったダメージはありませんでしたが、暑い時期の輸送競馬でしたので、一旦リフレッシュさせたいと思います

シルクホースクラブのサイトより

この人、新潟外回りコースがスローになりやすく、1000万クラスの良馬場なら上がり32秒台使える馬がいるなんて当たり前だってこと知らんのかな?

しかもこの時期に新潟に行くってことは暑い時期の輸送競馬になるってのは出馬投票前にもわかってることじゃないのか。

さらにこのタイミングで放牧に出すってことは9月の中山には使わないってことだろう。
レース直後にはコーナー4つのコースがいいって言ってたのに、11月の福島まで使わない気なのだろうか。いや11月の福島には1000万条件の適鞍がない。まさか芝1200mとかダートは使わないだろう。行きたがる気性だから芝2600というのも考えづらい。そうすると12月の中山?おいおい勘弁してくれよ。
それともまた適性がないと思われる東京を使うのだろうか。
出資者は毎月会費やら飼い葉代やら払ってんのにこんなに使わないとか何考えてんだろうか。これ個人オーナーだったら激怒もんだと思うが。

もう二度と武市厩舎の馬には出資しないことにしよう。武市厩舎なのに出資してしまった自分が悪かったのだと反省しよう。

しかし、このコメントにはほんと納得いかない。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
一口会員にはローテーション、レース選択などに意見する権利がないのは承知しているが、それだけに調教師にはどういう考えでこういうローテーションを選択しているという説明責任があるんじゃないかと思うんだが、それすらも求める権利はないのだろうか。

あげく、暑い時期の輸送競馬だったのでリフレッシュ、などとそんな事前にわかりきったことを理由にして続けて使わないとかバカにしてるのかと感じる。

これまでもヴェロニカグレースは一走するごとに放牧に出されてきた。馬の成長のために無理づかいをしないのだろうと理解していたが、その甲斐あってかこの中間は順調で成長を感じるといったコメントも見られていた。

そういう状況だったから、あまり向いてはいなさそうだが試してみたいということで新潟外回りを使うのだろう、ここで好走できなくても次の中山できっといい走りを見せてくれる、そう思って今回のトライも楽しみに見ていたが、終わってみたらやっぱりコーナー4つのほうが良さそうです、ダメージはないけど放牧に出しますとかこの調教師は毛だけじゃなく能も無いのか。

クラブはこういう調教師に対して意見などはしないのだろうか。シルクには他にも馬はたくさんいるし、いちいち構っていられないといったところだろうか。
ノーザンファームの意向もあるのだろうとは思うが、あまりにも出資者無視という気がしてがっかりだ。

とにかく今さらでわかりきったことではあったが、一口出資の検討に際しては厩舎ってのは本当に重要なポイントだと学ばせてもらったのが唯一の良かった点か。

転厩してくれないだろうか。。。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
だいたいレース前に調教師自身が追い切りをつけている時点で「あ、ちょっとダメな厩舎だったかも」とは思っていたが。

テキ自ら調教をつけてる厩舎でリーディング上位に入ってくるような厩舎ってあったっけか?

調教をつけてる時点で自分の仕事が何かを勘違いしてるんじゃないかという気がするんだが、競馬サークルの中ではどう考えられてるんだろうか。

調教師が追い切りに騎乗する厩舎の成績とかTARGETで調べられないかな・・・
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

今週の重賞、シルクが総取りしても不思議じゃないような


 
 
今週末の3重賞の登録馬を見ていたが、なんかシルクの馬がいずれも上位人気になりそうで、これもしかしたら3重賞全部取っちゃうんじゃないかと思わせる布陣。

新潟記念にはブラストワンピースとセダブリランテス、札幌2歳Sにはウィクトーリア、小倉2歳Sにシングルアップ。どれも1番人気を争いそうなメンバー。

GⅠシーズンにはまだ少し時間はあるが、今週はシルクのお偉いさんもちょっと力が入りそうだ(笑)

一方、今週末から今年度の募集が開始されるキャロットクラブも新潟記念にはメートルダールとレアリスタの2頭が登録、札幌2歳Sにもクラージュゲリエの登録がある。

特に札幌2歳Sのクラージュゲリエは人気にもなりそう。
初戦は札幌の芝1800mでモレイラが騎乗、10頭立ての10番枠から先行馬を見ながら折り合いピタリの追走、4角から大をら豪快にまくって2着に2馬身差の完勝だった。

今回は鞍上が替わってM.デムーロになるがミルコなら不足はないだろう。タイミング良い重賞勝ちで今年度の募集にも勢いをつけたいところか。

もっともそんなことがなくても申し込みは多そうだが。。。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
それにしても今週のシルクホースクラブの出走馬はかなりのレベルじゃないだろうか。

先に挙げた3重賞だけじゃなく、土曜新潟・弥彦特別のキャンディケインや日曜札幌・すずらん賞のパイロテクニクスなども有力候補。重賞・特別でシルクが大活躍の週末、なんてことになってしまうかもしれない。

今年は初日から3日連続重賞勝ち(中山金杯、フェアリーS、シンザン記念)を決めるなど好スタートを切ったシルクホースクラブだが、その後もアーモンドアイの牝馬2冠を筆頭に重賞は今年すでに9勝。今年の勝ち星は76勝に達しており、過去最高だった昨年の101勝を超える勢い。馬主リーディングも現在サンデーレーシングに次いで2位につけている。

そりゃ、募集も順調にはけるわけだ(笑)

シルクは5年前までは年間50勝を超えることもなかったが、3年前からは馬主リーディングでもベスト5に入ってくるようになっている。やはりノーザンのバックアップは大きい。
ノーザンファームの力、恐るべしだ。

考えてみればキャロットクラブも1990年代までは弱小の一口クラブだったが、2000年以降ノーザンファーム生産馬を多くラインナップするようになってから現在の地位にまで上がってきたし、ついにはダービー馬まで出すようになったのだった。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
そういえば生産者リーディングはどうなってるのだろうかと、今年の現時点でのランキングを調べてみたら・・・

順位 生産者名 1着 出走回数 勝率
1 ノーザンファーム 416 3281 0.127
2 社台ファーム 205 2650 0.077
3 白老ファーム 68 767 0.089
4 ダーレー・ジャパン・ファーム 52 530 0.098
5 下河辺牧場 42 514 0.082

なんとも強烈な差だ。
ノーザンファームはそもそも出走回数が圧倒的なのに勝率が一歩抜けている。そりゃ、ノーザンファーム生産馬ばかりが勝っているように見えてしまうのも当然だ。

しかも2位の社台ファームの2倍の勝ち星。もう何年もノーザンファームがリーディングのトップを独走しているという認識はあったが、これほどの差がついていたとは・・・

確か2010年くらいまでは社台とノーザンで拮抗していたと思うが、ずいぶんと差が開いてしまったものだ。

これでは一口クラブもサンデー、シルク、キャロットが人気になるのも当然か。特に一口の単価を考えるとシルク、キャロットの募集馬の競争率が高くなってしまうのも頷ける。

シルクでしか出資していない身でこういうのもなんだが、非社台系の一口クラブ、ロードやターファイト、ノルマンジー、ラフィアン、ウインあたりの馬がもっともっと活躍してくれたらシルクやキャロの競争率も少しは緩和されるんじゃなかろうか。

そういう意味でもっと中小牧場の生産馬にも活躍してほしいものだ。(自分勝手w

 
でも、そのほうが競馬ももっとおもしろくなると思うんだよな。

そういうことを考えると、モーリスが社台スタリオンステーションに繋養されているのはちょっと残念。スクリーンヒーローと同じようにレックススタッドだったら・・・と思ったりする。
種牡馬として成功するには社台SSのほうがいいような気もするのだが。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

出資馬近況


 
 
今週は出資馬ヴェロニカグレースが日曜新潟の五頭連峰特別(1000万・芝1600)に出走する予定。
鞍上は津村。

戸崎じゃないのかよ、と思うが今週は札幌でWASJがあるから戸崎が新潟にいないことはわかっていたわけで、それを承知でここに出走を決めたのだからハナから鞍上は戸崎以外にするつもりだったわけで。
マイルを使いたいのなら中山1週目の木更津特別でも良かったんじゃないか?と思ったりもするが陣営の決めたことだから、これがベストだと判断したのだろう。

ま、それがどういう結果になるかはわからないが、登録メンバーをみるとなかなか骨っぽいメンツ。
頭数こそ11頭と少ないが、エイシンスレイマン、エルビッシュの2頭はこのクラスはいつ勝ち上がってもおかしくないし、リカビトス、ルタンデュボヌールも然り。マサノヒロイン、クインズサンも相当手強い。
このメンバーで好勝負できるなら1000万クラスでも期待が持てそうだが果たしてどこまでやれるか。

ノーザンファームなのか、はたまたシルクホースクラブなのか、それとも武市調教師の推しなのかわからないが、どうしてここを選んだのかw

ま、1000万クラスになればさすがにどのレースを選んでも楽じゃないのだろうとは思うが・・・。

頑張ってほしいところだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
2歳の出資馬ではマイタイムオブデイがそろそろ脱北も視野に入ってきた感じ。
先週の所属馬情報の更新では次のような記載が。

担当者「この中間は坂路で週に2回だったところを3回に増やし、乗り込みを強化しています。調教量を増やした後も飼い葉食いが悪くなることもなく、前回より馬体重が増えているぐらいなので、それだけ体調が良いということなのでしょう。ハロン15秒のペースなら最後まで余裕を持って登坂してくれるようになりましたし、動きも力強さが見られるよういなりました。今後は本州への移動に備え、馬体を引き締めるとともに、動きを良くしていきたいと思います」馬体重474kg

シルクホースクラブのサイトより

「今後は本州への移動に備え」の一文が嬉しい。
秋にはデビューにこぎつけられるだろうか。馬体もずいぶん増えてきて成長を感じるし、日本ではあまり見ないAustralia産駒がどんな走りを見せてくれるか。

もう1頭の2歳馬ジュピターズライトはもう少し時間が掛かりそうだ。

担当者「この中間も本馬なりに順調にきており、前回と同じペースで運動を継続して行っています。ハロン15秒で登坂していますが、まだ最後の1ハロンに差し掛かるとフォームにバラつきが出てきてしまいますね。課題はまだ完全に解消したわけではないですが、良いフォームを維持して走る時間は徐々に長くなってきていますから、焦らず運動を継続していけば良化してくるものと考えております。集中力があるのは本馬の長所ですね。疲れてきていても気持ちは前向きで、登りきるまで騎乗者とのコンタクトはしっかり取れています。今後も焦らず、このペースを維持しながら基礎体力をつけてフォームを維持できるよう鍛えていきます」馬体重454㎏

シルクホースクラブのサイトより

まだ基礎体力をつけているという段階。調教量もまだマイタイムオブデイほどは強い負荷はかけられていないし、もう少し時間は掛かりそうだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
今年出資した1歳馬はまだまだこれからだがw

ベッライリスの17は数少ない残口のある1頭。

シルクの今年の募集馬はすでに残口のあるのは4頭しかいないが、そのうちの1頭がベッライリスの17だ。人気ないのね(笑)

ヒカルアマランサスの17はすでに満口。
洗い馴致も済み、これから鞍付け馴致に移行するそうだ。どんなふうに成長していくのか。

ヒカルアマランサスにはちょっとした思い出があって、ヒカルアマランサスが勝った京都牝馬S、自分はベストロケーション(ダイナアクトレス産駒)を応援していて、その単勝をガッツリ買っていたのだが、ベストロケーションが先行して勝てるかと思ったところをヒカルアマランサスにきっちりかわされて2着に甘んじたのだ。
ベストロケーションの単勝15倍以上付いてたんだけどなあ。。。

そんな記憶があるのでヒカルアマランサスはちょっと気になっていた1頭ではあった。ぜひ活躍してほしいものだ。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!