「サウジアラビアロイヤルカップ」タグアーカイブ

サウジアラビアロイヤルカップ(2017) 予想


 
日曜の毎日王冠は12頭立てながらGI馬5頭という豪華メンバー。
レベルの高い一戦が見られそうで楽しみだ。

が、その前に土曜日のサウジアラビアロイヤルカップ。

キャリアの浅い2歳馬、能力比較も難しい。朝から重でスタートの馬場状態もどのように変化してくるか見極めにくく、予想もどこを手掛かりにすればいいのか悩ましいところ。

東京のマイル戦なので瞬発力勝負になることは多いコースだがハクサンフエロ、スターリバーとこれまですべて逃げてきたのが2頭、先行して勝ち上がってきたタイプも多く、終いはスピードの持続力に秀でたタイプが台頭してきそうな気がする。

ならば少ないキャリアの中でも上位の上がりを使ってきた馬を丹念に探していきたい。

人気だが本命はステルヴィオで仕方がないか。
東京マイル戦でのデビュー戦時計も優秀、4番手を先行して上がり3F34.2と最速で後続を0.3突き放した。
このときの3着スプリングマン、4着スターフィールドはともに次走で勝ち上がっているし、5着ハヤブサレジェンドも3走目に未勝利脱出。決して対戦メンバーのレベルが低かったというわけでもない(2着サトノオンリーワンは次走クビ差2着)

ステルヴィオ自身の2走目は札幌のコスモス賞。重の洋芝コースを中団の後ろから進めて3~4角で外を回して位置取りを上げ、直線でしぶとく競り合いを凌ぎ切って連勝した。

現時点での完成度はかなり高いと感じられる。ロードカナロア産駒なら1800mからの距離短縮もむしろ良さそうだ。産駒初の重賞勝ちに期待したい。

2歳戦だけに相手は手広く行きたい。

中京の未勝利戦をレコード勝ちしてきたシュバルツボンバー。この馬も道中4~5番手で先行して上がり最速の34.3で後続を0.4突き放した。これも相当に強い内容だった。2番手で。

3番手にコスモインザハート。
前走の札幌2歳Sは5着に負けているが、初戦の阪神外回りのマイル戦では中団追走からやはり上がり最速の34.9で差し切った。
内々を回ったコース取りの利はあったと思われるが、直線は内を捌きながら抜け出してくる器用な競馬。
初戦であの競馬ができるなら多頭数の今回も上手く抜け出してくる可能性はありそう。人気もないのであえて高く評価したい1頭。

4番手にダノンプレミアム、5番手にテンクウ。
ダノンプレミアムの初戦はすっと前に取りついて2番手で折り合い、4角で先頭に立つと坂上で4馬身突き放す楽勝、テンクウは新潟2歳Sの上がり最速32.6が光る。
 

以下、ダブルシャープ、カーボナード、ルッジェーロまで。この3頭も終いは確実に速い上がりを使える。

1番人気馬からの相手7頭は如何にも多く、期待値的に買えるオッズではないが当てることを考えるならこういう予想に落ち着く。
馬連、3連複では朝の段階では合成オッズが2倍前後、3連単1着固定なら3.6倍くらいに上がるが、これなら単勝勝負にするほうが良さそうだ。
 
 
 

 
 
 
ここにはスクリーンヒーロー産駒のスターリバーが出走している。
朝の段階では単勝オッズ200倍前後の18番人気w
 
ステルヴィオの単勝勝負をするなら、スターリバーの単複も100円だけ買って応援しようか(笑)
 
 
京都2Rのナムラルビー、東京3Rのヒダルマ、京都8Rのウインベラシアス、京都10Rのマイネルパラディと他に4頭のスクリーンヒーロー産駒が出走するがこれらの様子を見て、メインも買うかどうかを考えよう(←関係ないw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

サウジアラビアRC 予想

アメリカジョッキークラブカップはアメリカJCCじゃなくてAJCCだと思いますが、サウジアラビアロイヤルカップはやはりサウジアラビアRCと略したほうがイイなあと思います。

SRCだと建物の構造みたいだし。

【閑話休題】

東京開催は馬運車が事故渋滞にハマって高柳厩舎の4頭が出走取消。
9レースまでは発走時刻が変更になりました。こういうのも珍しいですね。

サウジアラビアRCは定刻通りに発走になりますが輸送にいつもより時間がかかって疲れがある馬もいるかもしれません。パドックには注意したいところです。

さて、そのサウジアラビアRC。
注目の2頭は仲良く8枠。なんですかこの作為的な枠はw

ま、12頭立てなのでそんなに大きな不利にはならないのかもしれませんがイモータルが新馬戦のように先行するとしたらずっと外を回ることになりそうで少々厳しい枠順になりました。

逆にアストラエンブレムはこれまでのように中団の後方に構えるとしたらそれほど不利はないかも。

まだ脚質の定まらない2歳馬ですからどんな展開になるかは騎手の性格次第という面もありますが、内から先行できそうな馬には要注意という枠順になったと思います。

どの馬が行くでしょうか。

最内のトウショウドラフタあたりが逃げてくれると面白いなあと思いますが。

吉田豊騎手はすんなりハナを切ったら意外に上手なペースで逃げ切ることがよくある印象なんですが。

また昨年のいちょうSを勝った横山典騎手もこういうはっきりとした逃げ馬がいない時には面白いレースをするベテランジョッキーですから軽視できません。
ある程度人気もするでしょうが頭まで狙って良いタイプだと思います。

3レースの芝2000m戦を見ると開幕週としては極端に前が有利という印象もありませんでした。
展開次第では差し、追い込みも届きそうなフラットな馬場状態だと思います。

そうはいっても内で先行できるほうが有利であることは当然の理ですが。

馬券は人気2頭からトウショウドラフタ、アポロジョージア、マコトルーメン、ブレイブスマッシュへの馬連流しを買おうと思っています。

人気2頭のワンツーで決まったら仕方がない、という馬券ですね。

内枠の吉田兄弟がどちらか2着に来てくれるのを期待しますw

では。

[サウジアラビアロイヤルカップ] ブログ村キーワード

注目馬2頭のサウジアラビアロイヤルカップ

注目の2歳馬が登場するサウジアラビアロイヤルカップ(ナガイナ

昨年、いちょうSとして重賞に格上げされたレースが今年名称が替わった、という認識であってますか?

去年までは富士ステークスについていた冠が今年は独立して別のレースの名称になったという。。。

なんかわけわかりませんが(・・;)
来年もこの名称を使うのでしょうか?

ま、それはさておき2歳馬のOPが重賞に格上げされての2年目のレース、ということでいいですかね。
で、2年目なのでまだグレードは付いていないと。

注目はイモータルとアストラエンブレム。

ともに前走新潟の外回りで上がり32秒台の脚で後続を突き放して勝ち上がってきました。

イモータルの新馬戦

アストラエンブレムの新馬戦

イモータルの新馬戦レースラップは
12.7 – 11.9 – 12.9 – 13.2 – 13.4 – 12.7 – 11.0 – 10.4 – 11.6

こちらは前半1000mが64.1という2歳新馬戦らしい超スローの流れを3~4番手の外を追走、直線に入って一気にペースが上がったところで楽々と先頭に立ち、残り1Fで他馬が止まったところで突き放し5馬身差圧勝。
1頭だけ次元の違う脚を見せていました。

一方のアストラエンブレムの未勝利戦レースラップは
12.4 – 11.6 – 12.3 – 12.6 – 12.5 – 11.5 – 10.6 – 11.3

1000m通過が61.4とこちらもマイル戦としては早くはないペースを中団の後ろ、後方4~5番手から追走。
残り400mから軽く仕掛けられると一番ペースの早くなったところで外から楽々と先頭をかわしてあとは流しただけで4馬身差の楽勝。

2頭ともスローの流れにも折り合いもついてまだまだ高い能力があることを感じさせるレースぶりでした。

今度は東京の開幕週の1600m。
新馬戦や未勝利戦よりもペースはもう少し流れるでしょうしイモータルは1Fの距離短縮で前走のように好位につけられるか、アストラエンブレムは逃げ先行有利だと思われる開幕週で後方から届くのか、ともに課題はありますがどういうレースを見せてくれるでしょうか。

どちらに本命を打つかはまだ決めかねていますが、どちらかを1着固定、もう一方を2着固定の3連単で馬券は勝負しようかと思っています。
総流しをしても10点ですしね(笑)

昨年の勝ち馬クラリティスカイはその後NHKマイルカップを制していますし今年も後にG1を勝てる馬が台頭するレースになるのではないかと睨んでいます。ワクワク

[サウジアラビアロイヤルカップ] ブログ村キーワード