「キセキ」タグアーカイブ

菊花賞(2017) 回顧


 
この日の京都7R・1000万条件の芝1200mで1:12.7、通常の京都競馬場で良なら1:08.00前後が記録されるクラスでこの時計だから如何に馬場が重かったかがわかるというものだ。

こりゃ菊花賞は相当にタフなレースになるなあと思っていたが、想像以上に厳しいレースになった。

走破時計は3:18.9。あれ?菊花賞って3200mだっけ?と思うような時計だ。去年のサトノダイヤモンドの菊花賞より15秒以上も遅い。

最初の1000m、13.2 – 12.6 – 12.0 – 13.1 – 13.2=64.1
中盤の1000m、13.5 – 14.5 – 14.3 – 13.5 – 13.0=68.8
後半の1000m、13.1 – 12.9 – 13.4 – 12.7 – 13.9=66.0

中盤でペースが多少緩んだとはいえ、ラストの1000mで66秒、上がり3Fが40.0。
勝ったキセキこそ上がり最速で39.6の脚を使っているが、他の馬はすべて上がりは40秒台だ。

如何にタフなレースだったかがうかがい知れる。出走各馬の疲労度は相当のものだろう。

このあとは各馬じっくりと休養を取ってもらいたいものだが、キセキはこのあと有馬記念とか行ったりするのだろうか・・・。

このレースで掲示板に乗った各馬をこの後はヨーロッパ仕様にして凱旋門賞に挑戦してはどうだろうか。
しっかり休養して疲れを取ることができればそこそこいい勝負をするように思えるのだが。
 
 
 

 
 
 
自分が本命にしたマイネルヴンシュは道中は中団の後ろ、というか離れた後方2頭の前、一団となった馬群のケツを走っていて流石に位置取りは後ろ過ぎたか。
勝ったキセキの一列後ろの位置取りだったから、それよりも前にいればあるいは勝ち負けまであったんじゃないかという感じさえした。
 
上がり時計を比べるとキセキの39.6には劣ったが、それでも2番目に早い40.0。
タフな馬場が各馬のキレを封じていたから位置取りさえもう少し前にいられればあるいは戴冠さえあったかもしれないと妄想してしまう。
実際には勝ち馬との0.6差は決定的だとは思うが、想像以上には頑張ってくれたんじゃないだろうか。
 
道悪もあっていたのだろう、こういった時計のかかる馬場での長距離戦、消耗戦になるようなときにはこれからも狙っていきたい1頭だ。
2月のダイヤモンドSなんかどうだろうか。。。
 
 
それにしても勝ったキセキ、夏に500万、1000万を連勝して神戸新聞杯を2着しての菊花賞制覇。
滅多にないレベルの道悪で時計上は鋭いキレとは言い難いが、レースを観ていたものは皆もの凄い末脚を見せてもらったと感じただろう。少々古いがマヤノトップガンを彷彿とさせると思ったのは自分だけだろうか。
 
ルーラーシップ産駒初の重賞勝ちがGI。母父ディープインパクトの重賞勝ちも初めてじゃないだろうか?
 
 
ダービー上位馬3頭が出走しない菊花賞だったが、記録にも記憶にも非常に強く残る中身の濃いレースになったと思う。
 
 
重賞に限らず、新馬戦や障害レースなどでも毎週毎週こんなにおもしろいレースを観られるのだから、ホントに競馬って飽きることなく続けられるなあ。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!