「アルゼンチン共和国杯」タグアーカイブ

アルゼンチン共和国杯(2017) 回顧


 
スワーヴリチャード、見た目は楽勝だったなあ。

ダービーの時は本命にしていたのにどうして今回はできなかったのか。

菊花賞に間に合わなかったという点で順調にこれなかったということをクローズアップしすぎてしまったかもしれない。

陣営が無理をさせずにしっかりと走れる体勢になってから出走させてきたというプラスの評価をしてあげるべきだった。
1番人気だったので穴狙いに走り過ぎてむりやりマイナス面を見てしまった。これは反省しよう。もう少し素直に予想を組み立てなくては。
まあ今回は素直に予想してもソールインパクトには印は回らなかったから、スワーヴリチャードの単勝でも買わない限り的中させようもないのだが。
 

このあとはスワーヴリチャードはジャパンカップへ向かうのだろうか。

中山よりは府中のほうが合っているように見えるので有馬を目指すよりはJCなのだろうが、菊花賞には向かわなかったように馬の状態を見て次走を決めてほしい。

 
 
 

 
 
 
最初からレースを振り返ってみてみると、スワーヴリチャードはスタートもまずまず、終始先頭からは離れた5~7番手の内でじっと脚を溜めて直線に向かう。
 
そのまま直線に入ると綺麗に前が開いて坂上で後続を突き放す競馬。
まったく無駄のないレース運びだったので上手く行き過ぎたという面は確かにあるが、ハンデ戦で3歳馬が56kgを背負っての勝利だから大威張りでいいだろう。
 
2番手追走の9歳カレンミロティックが5着、3番手集団の前で進めたソールインパクト、セダブリランテスが2,3着だからペース自体はそれほど早いというわけでもなかったのだろう。
しかし道中のラップは大きく緩む場面もなく淡々と進んだ。
 
上がり最速だったスワーヴリチャードのそれが35.0、ダービーの2400mより100m伸びただけのコースだが巷間言われていたようにやはりアルゼンチン共和国杯はスタミナを要求される、ダービーやJCの瞬発力比べとは明らかに性質が異なるレースになった。
 
中団の後ろにいた2番人気アルバートは58.5kgを背負って4着にまで押し上げてくるのだからやはりスタミナ比べならトップレベルと言っていいのだろう。
ステイヤーズS3連覇はかなり有望に思える。
 
 
本命視していたレコンダイトは3~4角で外を回したにしても直線全く伸びずブービーの15着。
決して早いとは言えない流れでも最も緩んだところでハロン12.3という緩急のない流れは苦手なのだろう。
どこかで息の入るところがないといい末脚は使えないタイプのようだ。
 
このへんはよく覚えておこう。これだけ大敗してくれるとこのあとは人気を落とすだろう。もうちょっと緩急のあるレースになりそうなときに少し拾ってみてもいいかもしれない。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

出世レースのアルゼンチン共和国杯


 
アルゼンチン共和国杯、好きなレースだ。

そりゃ、スクリーンヒーローが格上挑戦でここを勝ちその後ジャパンカップを9番人気でブッコ抜き、その仔ゴールドアクターもここを勝ち続く有馬記念を8番人気で勝っている。
応援馬たちがGIに向かう起点となったレースなのだから好きにならないわけがない。


 

まあそんな個人的な思い入れは置いといてもアルゼンチン共和国杯はけっこう出世レースである。

先に挙げたスクリーンヒーローやゴールドアクター以外にもここを勝った後にGIを勝ったのはトーセンジョーダンやアドマイヤジュピタがいるし、朝日杯3歳S勝ち以来3年11カ月ぶりの勝利を挙げたエルウェーウィンの感動の復活など印象深いレースもある。

勝ち馬以外にもアーネストリーやジャガーメイルなど好走馬にもその後GIを勝つ馬が出ている。
ここで好走する馬はその後も注目しておきたい、そんなレースだ。
 

今年は昨年2着のアルバート、ダービー2着のスワーヴリチャード、ラジオNIKKEI賞勝ちのセダブリランテスが上位人気になりそう。

出世レースということもありこれから充実期を迎える4歳馬の活躍が目立つが、今年は4歳馬の出走がない。

となると3歳馬のスワーヴリチャード、セダブリランテスといったところに目が行くが軽ハンデ馬の活躍はあまり目立たないのでどちらかを軸に考えるならスワーヴリチャードのほうか。
東京コースなので速い上がりを使えるという点でもスワーヴのほうが軸には向いている気がする。

 
 
 

 
 
 
トップハンデ58.5kgを背負わされるアルバートの取捨は難しい。
 
昨年2着と実績は十分だが斤量は+1.5kg、トップハンデ馬は好成績のレースだが過去10年で58.5kgを背負わされたのはオーケンブルースリのみでその成績は2着。オーケンブルースリはこのとき既に菊花賞を勝っており、アルバートは重賞3勝とはいえ実績的にはやや見劣る。正直なところ重い印は打ちにくい。
 
 
軽ハンデ馬で気になるのはトルークマクト。
東京コースは得意だし、典型的なハンデキャップホース。前走のオクトーバーSは別定戦でどうかと思ったが10番人気ながら0.6差4着に好走。
こんなところで好走してしまったら次走人気になってしまうじゃないか、と思ったが重賞のここならまだ人気にはならないだろう。
 
斤量は前走から3kg減の53kg、2週続けて不良馬場で開催されて荒れた馬場も苦にしないタイプだし上がりがかかる流れになればまた穴をあけてくれるんじゃないか。
 
コンスタントに使われて既に52戦を消化している7歳馬、上積みなどあるとは思えないがここには9歳馬カレンミロティック、ヒットザターゲット、8歳馬カムフィーの名前などもある。
7歳馬も他にデニムアンドルビー、トウシンモンステラ、ハッピーモーメント、レコンダイトと多数。
 
ベテランの力を若い馬に見せてやってくれないだろうか。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

アルゼンチン共和国杯、みやこステークス

ども。日曜日は毎日王冠以来の東京競馬場臨場で今からイレ込み気味のふぉんてんです m(__)m

やっぱり競馬場で馬券をできるのって楽しいですよね。
自分の馬券、それも好配当が決まりそうになったら大声で叫べますし。
競馬場に行くのは叫びたいがため、という要素が多分にあります。
最高のストレス発散だと思いますね。

さて、そんなわけで今から明日の現段階での予想。

まずアルゼンチン共和国杯。

昔はG1にはほとんど影響のないG2でしたが(笑)この10年ではスクリーンヒーローが9番人気でジャパンカップを勝ったり、トーセンジョーダンが翌年に天皇賞秋を勝ったり、ミヤコランベリの2着したアーネストリーが後に宝塚記念を勝ったり。
ここの好走馬はどこかで穴をあけることがあると注意したいレースになってきました。

今年は前日22:13のオッズで1番人気がホッコーブレーヴの4.3倍、単勝1桁台のオッズが7番人気までという混戦。
馬券的にはどこからでも入れるという感じになってます。

展開的にも特に逃げ馬も見当たらず、騎手の思惑次第でどんな展開になるかも想像がつかないとうい難解なレースになってます。
大きな馬券勝負は避けたいレースですね(笑)

あえて本命を打つなら3番フェイムゲーム。
内枠に入ったので好位の内でじっとしてたら直線で鋭く伸びてきそう、という何とも自信のない本命です(笑)

他に拾いたいのは内から8番セイクリッドバレー、9番クリールカイザー、12番リキサンステルス、13番マイネルメダリスト、14番アドマイヤケルソ、15番ホッコーブレーヴ。

全部で7頭。馬連ボックスだと21点にもなってしまうのでフォーメーションでなんとか15点位の買い目に絞れたら、と思っています。
と言いながら現場では7頭BOXで買ってしまいそうな気がしますが(笑)

みやこステークス

こちらは割りと簡単に絞りましたw

上位人気では外枠に入ってしまった14番インカンテーションを切って、1番ブライトライン、3番マイネルバイカ、4番ランウェイワルツ、5番クリノスターオー、7番ニホンピロアワーズ、10番ナムラビクター。

中でも5番クリオスターオーを本命にとっての馬連流しで観戦するつもりです。

これは当たるでしょうw
マイネルバイカが2着に来てくれたりすると好配当w

楽しいなあ。。。