「日記」カテゴリーアーカイブ

突然の訃報 ステイゴールド

ども、ふぉんてんです。

仕事からの帰り道、バスの中でTwitterを見ていたら突然彼の訃報でタイムラインが埋まりました。

現役時代、特に応援していたというわけではないのにいつの間にか彼が走っていると気になる存在になっていました。
G1で何度も好走しているのにG2でも好走止まりでなかなか勝てない期間があって、そういう惜しいレースが続くと不思議なもので馬券とは離れたところで頑張れと思ってしまう馬、そんな存在になっていました。
ときどきそんな馬、いますよね。古くはナイスネイチャとか(笑)

だから、彼が目黒記念を勝った時はなんだかとても嬉しかったのを覚えています。
雨が降る土曜日、仕事があって競馬場に行くことはもちろん馬券を買うことも出来なかったのですが、だから純粋に職場でラジオ中継を聞きながら応援していました。
なんだか単純に嬉しかったのをよく覚えています。ちょっと感動してた。自分を信じることって大事だなと思いました。

目黒記念

900万下阿寒湖特別以来、2年8ヶ月ぶりの勝利で念願の重賞勝ちを果たしたあともなかなか勝てなかったり失格になったり(笑)
なんとも個性的な馬でした。

そして迎えた引退レースは香港ヴァーズ。
国内で何度も何度も挑戦して跳ね返されてきたG1を香港で迎えた引退レースでとても届かないと思うような位置から差し切って勝つとかどんだけドラマチックな馬だよ!と思ったものです。

香港ヴァーズ

引退後は種牡馬になったけど実績的に果たしていい繁殖が集まるのかなあ~と思ってたけど意外にもと言っては今となっては失礼だけどドリームジャーニーというG1馬を送り出し、そして三冠馬オルフェーヴルを筆頭に母父メジロマックイーンとの黄金配合まで飛び出して、ホントに面白い馬だなあと何度も何度も驚かせてくれた彼。

ステイゴールド

突然の訃報は予想外にショックでしたね。

そう思っている競馬ファンはとても多いと思います。
特に彼が現役で走っている頃から競馬をやっているファンにとっては本当に印象深い存在。

お疲れ様でした。

君の血を繋いでいく仔は何頭もいるはずだから安心して休んでほしいと思います。

面白いレースを現役の時も、そして種牡馬になってもたくさん私達に届けてくれました。

本当にありがとう。

[ステイゴールド] ブログ村キーワード

小倉開催スタート、今週はかささぎ賞に注目だ!

ども、ふぉんてんです。

今週末からまた3場開催、東京・京都・小倉で1日36レース。前日にある程度買えるレースを絞っておかないと慌ただしくなります。
なので金曜日の夜には翌日のレースをちゃんとチェックしておきたいと思うのですが今週は飲み会の予定があり、う~むむむむ・・・(笑)

個人的な今週の注目は日曜小倉の「かささぎ賞」。3歳500万下の芝1200m。
もうねクラシック路線にはまったく関係ない裏開催ならではのレース。こういうの好きですw

で、なぜこのレースに注目してるかというと登録馬にマズイマズイウマイの名前があるから。
デビュー戦は福島の芝1200m。いかにも小田切さんらしいインパクトある馬名で馬柱を見ただけでも強烈な印象。
あまりの名前の面白さに注目して見てたのですが好スタートからしぶとく逃げ切り勝ち!

もうね、この時点で妄想が膨らむわけですよ。

新馬を勝って、この後、特別重賞とポンポンと勝ち上がったりしたら父サクラバクシンオーの後継種牡馬になっちゃたりするんじゃないか?などと。
そうしたら何年か後には「父マズイマズイウマイ」なんて馬が登場しちゃうかもしれないじゃないか、これは楽しい!と。

このマズイマズイウマイのデビュー戦の翌週には競馬場で馬友と馬券を楽しんでいたのでその時にその話で盛り上がっちゃったんです。

次はどこ使うかな、楽しみだななんて思ってたら新馬戦のあとはなかなか出馬してこない。どうしちゃったんだろう?どこか脚元に不安でも出ちゃったのかななんて心配してました。
それがようやく小倉に出てくるとわかってもう楽しみで楽しみで。
名前の印象に違わず裏街道路線をひた走る感じですが、これでジワジワとキャリアを積み重ねてオレハマッテルゼみたいに種牡馬になったりしたら楽しいじゃないですか。
オダギリ馬バンザイですよ。

そんなわけで「かささぎ賞」注目してます。

週刊競馬ブック見てもあまり取り上げられてないみたいですし人気も無さそうなのでここは単複を買って応援したいな、と。

登録だけで出走しないとかありませんように(-人-)

セントポーリア賞観戦記

ども、少々更新が開いてしまいました。ふぉんてんです m(__)m

先週の日曜日、2月1日に今年最初の東京開催2日目に東京競馬場へ行ってきました。
タイトルがセントポーリア賞観戦記となっていますが決してセントポーリア賞を見たくて行ったというわけではありません。
ま、ドゥラメンテが出走しますし、ボルゲーゼが出走しますし、ジェネラルゴジップが出ますし注目の1戦ではありましたが何より待望の東京開催というだけで張り切って出掛けたわけです(笑)

9時前に家を出て第1レースの30分ほど前にはゴール手前50mほどの一般席を陣取りました。
寒かったので日の当たる席を確保です。最初は日が当たる席だと眩しくてレースが見にくいので日の当たらない上の方の席に座ったのですがやはり寒さには勝てず。
レースを見るときには競馬新聞を帽子のひさしのようにして観戦です。

私が第1レースから的の外れた馬券を勝っているうちにお昼前くらいに推定4歳の男の子と推定6歳の女の子を連れたお父さんお母さん、それにおじいちゃんおばあちゃんという家族連れが私達の席の上の列にやってきました。

子どもたちが賑やかですw
私も娘がまだ小学校に入る前くらいから一緒に競馬場に連れてきた口なのでなんか懐かしいなあ(娘は現在高1で競馬にまったく興味はないようですw)と思いながら見ていました。

そうこうしているうちに迎えた第9Rセントポーリア賞。

私がパドックに向かうとその家族連れの男の子とお父さんがパドックから離れていく様子がありました。
「ああ、人がたくさん来る前に間近で馬を見てたのね」などとその時は思ったのですが・・・

寒さに耐えながらパドックでじっくりと出走馬の気配を見比べ、これはドゥラメンテとボルゲーゼの2頭が断然だなと思いドゥラメンテとボルゲーゼを1着・2着、1着・3着に置きヒモにジェネラルゴジップ、ダイワエキスパート、トゥルッリ、シャインアローの4頭を置いた3連単フォーメーションを購入し陣取っていた席に戻りました。

すると先ほどの推定4歳の男の子が前のレースまではおよそ競馬に興味の無さそうだったのに盛んに「ドゥラちゃ~ん!頑張れ~!」と本馬場入場時に声援を送っています。

ドゥラメンテ、という名前がドラえもんみたいで気に入ったのかな?などと思いながら聞き流してレースを待ちます。

パドックでも抜けてよく見えたドゥラメンテは圧勝。力の違いを見せつけるレースでした。
ただドゥラメンテの次によく見えたボルゲーゼは8着大敗。逃げ先行馬にはキツイ展開だったのかもしれませんが少々ガッカリな結果となりました。

が、ドゥラちゃ~ん!と応援していた男の子はとても喜んでいました。
私の娘も何度も競馬場に来てたけどこんなことはなかったなあ~などと思いながら、男の子のおばあちゃんに「どうしてドゥラメンテをこんなに応援してるんですか?」と聞いてみました。

「主人が一口持ってるんです」

なるほど、、、それで。そりゃ応援にも力入りますね。
この血統だし(父キングカメハメハ、母アドマイヤグルーヴ)クラシックも十分に意識できる馬ですよね。楽しみですね。

などとしばし今後はどこを使うんでしょうねとそのおばあちゃんと話し、子どもたちに「またドゥラちゃんが走るときは応援しようね」と言っていました。

9Rの口取りが終わるとそのご家族は帰ってしまったのですが私と一緒に観戦していた馬友は「サンデーレーシングの一口って幾らぐらいだろう?」と。
確かサンデーレーシングは1頭につき40口くらいしかないはずだし、この血統だからこれは相当の金額だよねとしばし呆然としつつ話していました。

・・・さきほど思い出してドゥラメンテの一口の金額を検索してみましたが、、、
裏は取ってませんがどうやら1億円で募集していた模様。40口だと一口250万円ですか。。。

ふ~~~~。

同じ競馬ファンでもずいぶんと我々とは差があるなあ、と。
羨ましいことです。
が自分もいつかはそんな一口に出資できるようになりたいものだな~と思う今日このごろ。

WIN5でデカイの当たらんかな。。。(笑)

根岸ステークスにロゴタイプ?

ども、ふぉんてんです。久しぶりに昼間の更新。

今週から東京開催、楽しみに待ってたホームグラウンドです。
中山までは1時間半くらい掛かりますが府中なら25分ほど。やはりこの差は大きいです。
毎週競馬場に行ってしまいそう(笑)

その東京開催第1週、日曜日は競馬場参戦の予定ですがメインは根岸ステークス。

何が出てくるのかなあと登録を見たらなんと46頭。多過ぎだよw
とりあえず収得賞金順に並べてみると

グレープブランデー、シルクフォーチュン、ロゴタイプ、アドマイヤロイヤル、マルカフリート、ゴールスキー、ワイドバッハ、キョウワダッフィー、ブライトライン、サトノタイガー、エアハリファ、ポアゾンブラック、フリートストリート、マルカプレジオ、キョウエイアシュラ、コスモソーンパーク・・・

ここまでで16頭。
以下、キクノストーム、レーザーバレット、ジョヴァンニ、タイセイファントム、サトノプリンシパル、エアウルフ・・・と続きます。

どの馬が出られるのかさっぱりわかりません。
週刊競馬ブックを見ればある程度わかるのでしょうが今週はちょっと忙しくてまだ見てません。
(忙しいと言いながら昼間にこれ書いてるのもどうかと思いますがwww)

ロゴタイプがダートを試すんですね。しかも1400m戦とは。
好走したら当然フェブラリーSということになるんでしょうか。金杯でもトップハンデを背負って2着と好走してますから復活の兆しは十分ですが果たしてダートは向くんでしょうか?
父ローエングリンは3歳時に500万クラスのダートで1勝を挙げていますが古馬になってJCダートと平安ステークスでは2桁着順に負けていますしどうなんでしょう?
母ステレオタイプは園田で2勝してるのでまったくダメということは無さそうな気もしますがちょっと微妙。
ロゴタイプ自身が芝でスパン!と切れるタイプとはちょっと違うのでいいのかもしれませんが、それ言うとゴールドシップなんてダートの鬼かもしれないし(笑)

登録馬を眺めて良さそうだなと思うのは武蔵野ステークスで鮮やかな差し切りを決めたワイドバッハでしょうか。鞍上武豊だし人気にもなりそうですが。
今度はオッズ的に妙味がありそうなのは武蔵野ステークスで1番人気を背負ってゴール寸前ワイドバッハに差されて2着のエアハリファかな。
今度はロゴタイプ、ワイドバッハがいるのでそれほど人気にはならないと思いますがどうでしょう。

まあ出走馬・枠順の確定を楽しみに。

・・・しかし、ロゴタイプがダートかあ。そういえばアジアエクスプレスってどうしてるんだろう?

[根岸ステークス] ブログ村キーワード

AJCC

早くも第1回開催最終週。

先週の中山の芝コースの直線は内よりも5頭分くらい外寄りの方が伸びているような印象でした。
前の週までは内の先行馬の方が有利だったと思いますがけっこうガラッと馬場状態は変わってきましたね。

18日(日)の最終レースは今週のAJCCと同じ芝2200mでしたが楽な手応えで逃げていたダークサイドはゴール前で4着に沈み、後方で待機していたエルヴィスバローズ、コーラルタワー、中団後ろにつけていたアサクサベルーガが一気に上位に進出していました。

今週も今日はけっこう雨が降っていますしこうした馬場状態の傾向には十分に考慮して軸を考えたいところ。

AJCCには中山得意のG1馬ゴールドシップが参戦しますが馬場状態も脚質を考えると向きそうですね。
抜けた人気になるでしょうから馬券的な妙味はあまり無さそうですが中心視せざるを得ない存在でしょう。

馬券を買うならヒモに人気薄が紛れ込んでくることを期待しての3連単でしょうか。
ゴールドシップを1着固定フォーメーションの軸にして1,2着マルチで願わくばゴールドシップが差し届かず2着に負けてくれて3着に変なのが突っ込んでくれる、そんな妄想をしたいところです(笑)

中山に良績があって人気の無さそうな馬というとマイネルディーンあたりでしょうか。
もちろんクリールカイザーも中山は得意コースのようですがこちらはそこそこ上位人気になりそうだし。

ま、枠順確定を楽しみに♪

[アメリカジョッキークラブカップ] ブログ村キーワード