「日記」カテゴリーアーカイブ

ダイナアクトレス、そしてスクリーンヒーローへ

ども、皐月賞ウィーク、競馬のことばかり考えてしまって仕事が手につかないふぉんてんです。

私、今は種牡馬スクリーンヒーローをイチオシしてるわけですが今回は何故スクリーンヒーロー推しに至ったかについて。

そもそも競馬をよく見るようになったのは小学校4年生の頃。

当時父親が競馬にハマりだして日曜日になると電話で馬券の注文をして午後3時にはテレビで競馬中継を見るというリズムができました。
あの電話で注文してたのはノミ屋に頼んでたのか馬券を買いに行く友人に頼んでいたのかは定かではありませんが。

あの頃の日曜午後のテレビ番組は子供には酷くつまらないもので(今もツマラナイけどw)父親が競馬中継を見るのに特に異を唱える理由もなく家にいた時には一緒に見ていました。

ちょうど世はハイセイコーブーム。
鳴り物入りで大井から中央に移籍し、弥生賞、スプリングS、皐月賞、NHK杯(当時は東京2000mでしたね。ダービートライアル的な位置づけ)と今では考えられないローテーションで勝ち続けダービーへと駒を進めていました。

その注目のダービー。ハイセイコーは残念ながらタケホープの3着に負けるわけですがその時出走していた芦毛のホワイトフォンテンを見て私ははじめて競馬って面白いなと思いました。

灰色の小さな馬体で外から軽快に逃げながら3コーナーでは馬群に飲み込まれて大敗。

足の遅かった自分は運動会の徒競走ではいつも後方儘だったので負けるにしても途中まで先頭で他の馬を引っ張って逃げていたその姿にちょっと羨ましいなという思いと、途中まで先頭でもあんなに負けるんだと驚いたことが競馬って面白いと思わせたのでしょうか。
ハイセイコーが負けたことよりもホワイトフォンテンの負けっぷり、27頭立ての24着という結果にずいぶんと衝撃を受けた記憶があります。

それからいつも最初は飛ばして逃げられるホワイトフォンテンに憧れのような感情を持って応援するようになりました。
なかなか勝てない馬を応援するのは子供には退屈なような気がするのですが何故か応援し続けました。
とは言っても日曜日のメインレースに出走するときにしか応援していなかったわけですが(笑)

だから古馬になってすっかり白い馬体になって登場し、10番人気で日本経済賞を逃げ切った時は偉く嬉しかったものです。

これがキッカケでホワイトフォンテン引退後も何かしら1頭応援する馬をみつけては競馬を見るようになりそれがとても面白かったのが今に続いている、よく飽きもせずに長いこと見ているなあと我ながら呆れますw

前置きが長くなりましたm(__)m

大学卒業から社会人になりたての頃に1頭の牝馬を応援するようになりました。それがダイナアクトレス。
同期には3冠牝馬メジロラモーヌ。4歳(今の3歳)時にはメジロラモーヌを倒すべく4歳牝馬特別、オークスと対戦しましたがいずれも2着、3着と敗戦。
秋には体勢が整わずそのまま4歳シーズンを終え、メジロラモーヌはその年で引退してしまったので遂に打倒メジロラモーヌの念願叶わずにクラシックシーズンを終えました。

それでも古馬になって牡馬を相手に重賞戦線を戦い、中でもニッポーテイオーをライバルとして勝ち負けを続けたのは応援する気持ちを一層強くしました。

そんなダイナアクトレスが引退し、繁殖牝馬となり初仔ステージチャンプは3冠レースにすべて出走し菊花賞2着、古馬になり日経賞、ステイヤーズステークスと重賞2勝し、2番仔プライムステージはサンデーサイレンス産駒初の重賞勝ち馬として名を刻みました。

繁殖牝馬としてはメジロラモーヌに勝っていると言ってもいいんじゃないでしょうか(^^)v

そのダイナアクトレスからランニングヒロインを経てスクリーンヒーローが誕生。

2歳時と3歳の前半はダートを使っていたのであまり期待はできないのかなと思いながら見ていましたがラジオNIKKEI賞で2着したときに「ん?菊花賞に行けるか?」と秋を楽しみにしていました。
セントライト記念で3着となり出走権を首尾よく取った時にはガッツポーズをしたものです。
が菊花賞は左前脚の故障で出走を断念。このときはガッカリしたなあ。近親にステージチャンプがいるので意外と有望じゃないかと期待してたんですが。

翌年秋、アルゼンチン共和国杯で重賞初制覇しジャパンカップへ。
そう、あのジャパンカップです。当日は競馬場にはいけなかったので自宅で単勝だけ買って応援していましたが直線で抜け出してきた時は狂喜乱舞!
ディープスカイ、ウオッカ、メイショウサムソンなどを下して9番人気の勝利ですからね。
もうミルコ天才!と思いました(笑)

ついにダイナアクトレスの系統から初の平地G1勝ち馬が誕生。(障害ではダイナアクトレス→トレアンサンブル→マルカラスカルというG1勝ちがあります)
社台の馬だしこれは種牡馬入りしてダイナアクトレスの血も残せるなあと喜びました。

ところが種牡馬入り後は母の父にサンデーの血があるせいかあまり繁殖にも恵まれず、これは早々に種牡馬引退かも・・・などと思っていたら今年のこの活躍です。

これは父グラスワンダーの血がいい影響をもたらしているんでしょう。
非サンデー系の良血牝馬が集まってくればもう一弾の活躍も十分できるだけのポテンシャルを秘めていることは明白じゃないでしょうか。

というわけで、皐月賞はグァンチャーレ、ミュゼエイリアンの単勝を買って応援したいと思っています。
(もちろん他にも馬券は買うわけですがwww)

[スクリーンヒーロー] ブログ村キーワード

皐月賞は17頭立てですか

ども、日曜日の皐月賞は現地観戦予定ですができれば中山グランドジャンプも現地観戦したいものだと思うふぉんてんです。
土曜日は残念ながら仕事ですけどね┐(´д`)┌ヤレヤレ

皐月賞はテイエムオペラオーが勝った1999年以来の17頭立て。
例年だと収得賞金900万円の馬が抽選突破を期待して何頭か登録してくるのでフルゲートにならないことはしばらくなかったのですが、昨年から2歳重賞が増えて(オマケに重賞勝ち馬がコロコロ替わりw)出走ボーダーが上がって500万下勝ちでは優先出走権がないと出走できないと思われていたせいもありそうですね。

桜花賞と違って今回はスピリッツミノルという逃げ馬がいて、コメートやキタサンブラック、ベルラップ、ワンダーアツレッタ、ミュゼエイリアンと先行しそうな馬も多くそこそこペースは流れると思っていますがどうなりますか。

明確な逃げ馬が1頭いると意外とすんなり隊列が決まって他馬は仕掛けどころを探り合うレースになって案外スローになったりすることも珍しくはないところが悩ましいですが(笑)

人気になるのはサトノクラウン、リアルスティール、キタサンブラック、ドゥラメンテといったところでしょうか。
2歳チャンプのダノンプラチナ、札幌2歳S勝ち・弥生賞2着のブライトエンブレムなんかもそこそこ上位人気になりそうな気がします。

個人的にはスクリーンヒーロー産駒のグァンチャーレ、ミュゼエイリアンを応援していますが馬券的には微妙な位置づけなので、2頭の単勝を少しだけ買って(人気もないでしょうしw)、勝負馬券は他から、というパターンになりそうです。

でも、軸は難しいですね。
枠順が確定してからじっくり考えたいと思いますが今から少しずつ出走予定馬の過去走をチェックしていきたいと思います。

願わくば桜花賞のような超スローではなく迫力あるレースになることを期待したいですね。

[皐月賞] ブログ村キーワード

気がつくと枠順も決まってたw 桜花賞

ここ数日花粉が楽だと思ったら今日はけっこうグズグズしているふぉんてんです。
もうスギ花粉はピークを過ぎてる頃だと思うんですけどねえ。早く花粉症シーズン終われ!

今日はけっこう仕事が忙しくて忙殺されていたら桜花賞は今日枠順確定だったんですね。
金曜前売りがあるんでしたっけ?

1枠01番 コンテッサトゥーレ(牝3、栗東・安田 )C.ルメール
1枠02番 ムーンエクスプレス(牝3、栗東・鈴木孝)松山
2枠03番 ノットフォーマル (牝3、美浦・中野 )黛
2枠04番 トーセンラーク  (牝3、美浦・菅原 )吉田隼
3枠05番 ペルフィカ    (牝3、栗東・岡田 )菱田
3枠06番 レッツゴードンキ (牝3、栗東・梅田 )岩田
4枠07番 クルミナル    (牝3、栗東・須貝 )池添
4枠08番 ルージュバック  (牝3、美浦・大竹 )戸崎
5枠09番 アンドリエッテ  (牝3、栗東・牧田 )川田
5枠10番 アースライズ   (牝3、栗東・矢作 )幸
6枠11番 キャットコイン  (牝3、美浦・二ノ宮)柴田善
6枠12番 ローデッド    (牝3、栗東・荒川 )川島
7枠13番 クイーンズリング (牝3、栗東・吉村 )M.デムーロ
7枠14番 テンダリーヴォイス(牝3、美浦・萩原 )福永
7枠15番 ココロノアイ   (牝3、美浦・尾関 )横山典
8枠16番 メイショウメイゲツ(牝3、美浦・小島太)吉田豊
8枠17番 レオパルディナ  (牝3、栗東・高橋康)武豊
8枠18番 クールホタルビ  (牝3、栗東・清水久)小牧

2/3の抽選をくぐり抜けたのがアースライズとローデッドでミッキークイーンが除外。
個人的にはちょっと残念です。

先行しそうなムーンエクスプレスとノットフォーマルが内目のポジションを取りやすい枠になりました。
どちらもハナを主張するタイプでもないですから外から思い切って逃げを打つような馬がいなければ落ち着いたペースになりそう。

ノットフォーマルの黛騎手はG1初騎乗。
今回も人気薄だとは思いますが前走大敗のおかげでマークが甘くなりフェアリーSの時のように楽逃げできれば逃げ残りもなくはないような・・・
10年目でのG1初騎乗ですがチャンスはあるんじゃないでしょうか。水野由加里さんも楽しみにしてるでしょうね。

ルージュバックは後ろからも行けるし先行してもいいし枠順は関係無さそうですが中程のいいところに入ったような気がします。
これは軸は堅いですかねえ・・・穴党としては違う馬から入りたいところですが。

[桜花賞] ブログ村キーワード

今年のクラシックが始まりますねえ

今日はいきなり冬に戻ってしまいましたね。ども、ふぉんてんです。
月曜日から最高気温を示す数字が日を追うごとに半減してて┐(´д`)┌ヤレヤレ

桜花賞のエントリーを書こうと思ってたらTwitterでシャイニングレイが皐月賞回避というニュースが流れてきてちょっと残念。
登録19頭中ただ1頭除外対象だったアンビシャスがこれで出走可能となったわけですね。

と思ったらアンビシャスはNHKマイルCかプリンシパルSに向かうとか。。。

皐月賞がフルゲートにならないとか記憶にありませんが。。。
こんなことなら登録しておくんだったと思っている2勝馬陣営とかいそうだなあ。

桜花賞はルージュバックが人気の中心となりそうですがあまり抜けた人気になるようならヒモに回したいところ。

牡馬を相手にきさらぎ賞で重賞勝ちを決めたことが高く評価されていますが、その時の負かした相手を見るとポルトドートウィユ、アッシュゴールド、グリュイエール。。。
ポルトドートウィユは次走の若葉Sで4着に負けていますし、アッシュゴールドとグリュイエールは毎日杯でそれぞれ6着、15着。
以下、ムーンクレストがアルメリア賞(500万)3着、ネオスターダムがマーガレットS(OP)3着、レガッタが若葉S5着、エメラルヒマワリは平場の500万で14着といずれもパッとしない成績。
正直、牡馬とはいえ負かした相手が弱かったのでは?という疑問を持ってしまいます。

加えてここまでの3戦はすべて10頭以下の少頭数。
今回はフルゲートになりますし、距離も初の1600m。いくらここまでの勝ち方が鮮やかだったとはいえ相手に恵まれたと考えられなくもない、、、と無理やりこじつけることもできないでしょうか。

ま、そうは言っても2戦目の百日草特別は2歳レコードでその後京成杯を勝つベルーフを0.4秒ちぎってるわけですけどね(笑)

とにかくあまり人気になるようなら嫌う理由はなくはない。(二重否定w)

そういう立ち位置で予想をするとココロノアイとかアンドリエッテ、テンダリーヴォイスなんかに気が行くんだなあ。
これといった逃げ馬も見当たらないのでフェアリーSを逃げ切ったノットフォーマルなんかも前走のフラワーカップで惨敗してるので状態が良いようなら逆に注意が必要だろうと思うし。

もちろんクイーンズリング、キャットコインも十分にチャンスはあるだろうし。

レベルは高いメンバーだと思うので過小評価されている馬をうまいこと拾えれば意外な好配当、そんな桜花賞になるんじゃないかなと思ってますがどうでしょうか。

5戦5勝で桜花賞に進んで断然人気だったイソノルーブルが5着に負けた桜花賞のイメージ。(古いなwww)
その時は4番人気のシスタートウショウが勝って2着に2桁人気だったヤマノカサブランカが2着で枠連が226倍。

とここまで書いた後でGCの今日の調教を見ました。

いや、ルージュバックの走りって他馬とは一段違うように見えましたけどw
なんか逆らうのは無謀な気がしてきました(笑)
どうしよう。。。

[桜花賞] ブログ村キーワード

ミュゼエイリアンを応援したい毎日杯

ようやく近所の桜が少し開きました。開花宣言はホントだったのねw
昨日、近くの桜の樹を見てもまだちょっと蕾は固そうだなあと思ってたのですが今日になって幾つか花が開いていました。春ですね。

IMG_1198

ども、ふぉんてんです。

日経賞ももちろん枠順は確定しているわけで(笑)

JRAのサイトで出馬表を確認しましたがスローな展開になりそうなメンバーですね。

おそらくタマモベストプレイが行って番手にクリールカイザー、並んで外からステラウインドが併せてフェノーメノ、アドマイヤデウスが中団に構えその後ろにサウンズオブアース、ウインバリアシオン、ラブイズブーシェというような隊列でしょうか。

ただスローではあるものの隊列がそれほど長くなるような感じも無さそう。タマモベストプレイが先手としても大きくリードを取って逃げている様子は想像がつきませんw
一団で進んで直線手前からの瞬発力勝負という中山らしからぬ展開になるかも。
そんなこと考えるとクリールカイザー本命にはしにくいんですけどね(笑)

あとでじっくり考えてみます。

毎日杯も意外に好メンバー、と言っては失礼でしょうか(笑)

アッシュゴールドやナヴィオン、ロードフェリーチェ、アンビシャスといったところが人気でしょうか。

ここは私はミュゼエイリアンを全力で応援です。
母父エルコンドルパサーに父スクリーンヒーローですからね。もう血統的に応援したくなります、はい。

繁殖牝馬に恵まれているとは決して言えないスクリーンヒーローがこんなに走る馬を出しているのはひとえに彼のポテンシャルの高さだと思うのですが。

何年か後にステイゴールドのような種牡馬になるんじゃないかと贔屓目で期待しているのですがどうでしょう?(笑)

こんな記事を見つけました。スクリーンヒーロー考。
こうやって数字で説明してくれると期待も高まります。

[スクリーンヒーロー] ブログ村キーワード