「日記」カテゴリーアーカイブ

中山記念

[中山記念] ブログ村キーワード

中山記念、散々言われてますがホントに豪華ですねえ。

ドゥラメンテ、リアルスティール、イスラボニータ、ロゴタイプ。
他にもアンビシャス、フルーキー、ラストインパクトなど重賞勝ち馬多数。

格では二冠馬ドゥラメンテ断然ですが9ヶ月ぶりの骨折休養明け。
単に疲れを取るだけの休養とは違うので以前のような走りができるのか気になるところではあります。

しかし現状、日本競馬を引っ張っていく存在ですからいい競馬をしてほしいかな、と。

馬券的には人気になるでしょうから3着くらいになってくれると嬉しいですが(笑)

登録メンバーを見ると逃げ馬皆無、コンスタントに先行するのもマイネルラクリマ、ロゴタイプくらいで枠順次第でどの馬が逃げ先行に出ても驚けない、そんなメンバーです。

ドゥラメンテが逃げる、なんてこともあるかもしれない(笑)

そんな感じなのでスローは必至でしょう。
中4週の開催とはいえ開幕週なので楽にロスなく先行できそうな枠に入れた馬は多少能力的に見劣ると思ってもマークは必要になりそうです。
 
 
ちなみにルルーシュは阪急杯に回るとか。
藤沢厩舎今年4度目の重賞2頭出しでラビット役になるのかと思ってましたが。
 
 

とりあえず人気はあまり無さそうですが、一昨年・昨年の中山記念で3着2着と好走しているロゴタイプは買いたいなと思ったり。
鞍上がデムーロ兄弟ではないのが心配な点ですが。。。村田一誠を乗せてくれないかな。

 
 
今週はプロトコルが初の中山ダート1800m・総武ステークスに出走するわけですが、父スクリーンヒーローは3歳未勝利と3歳500万下で同コースを2勝しています。
 
その後、スプリングSで5着に負けて再び中山ダート1800mの伏竜Sに出走しています。
 
この時、人気はありませんでしたが内心ここは楽勝だろと思っていました。
 
で単勝をガツンと買ったのですが結果は2着w
馬連も持っていたので馬券的にやられたわけではありませんでしたがこの時のショックは今もよく覚えています。
 
その時のレース

 
 
クライスマイルもデビュー戦は3歳未勝利の中山ダ1800mで勝っていますので血統的には向いているんじゃないかと思うんですがどうでしょうね?
 
ちなみにそのくらいスマイルは昨年の総武ステークスでシンガリ負けしてますけど(笑)
 
 
是非、その雪辱をしてほしいものです(笑)
 
 

除外ラッシュ?

[スクリーンヒーロー] ブログ村キーワード

今週は日曜小倉の巌流島特別にスクリーンヒーロー産駒が2頭登録か、楽しみ楽しみ(^^)と思っていたら、

screenshotshare_20160211_094220

JRAのサイトで確認すると登録馬67頭もいて笑ってしまいました。

巌流島特別登録馬

夕方には出走馬確定しますが、こんなに除外があるとなると厩舎側もなかなか思ったところを使えなくて調子を整えるのも大変だろうなあとつくづく。

ちなみに登録しているスクリーンヒーロー産駒2頭、アイファーマシェリ、コスモラパンともに前走は2ケタ着順と出走できても人気にもならなさそう。

[追記]
アイファーマシェリは登録だけ、コスモラパンは除外となったようです。
ちなみに土曜小倉の3レース未勝利戦にミスズスター、同じく土曜小倉の8レース4歳以上500万下にネオアルカディアが出走。今週のスクリーンヒーロー産駒はこの2頭になりました

実際このクラスではちょっと厳しいのかなという印象もあります。

アイファーマシェリは母父ナリタブライアン、コスモラパンは母父タイキブリザードという血統。

初年度産駒だけに地味な血統ですね。これ以上の出世は厳しいのかなあ。このまま成績が上がらなければ5歳なのでそろそろ繁殖入りということもあるのかもしれません。

でも昨年末、4回中京3日の第2レース牝馬限定の3歳以上500万下に出走したデルマアラレチャン(14番人気1着、単勝13,150円)のように大穴をあけることもありそうなのがスクリーンヒーロー産駒。

出走できたら全力応援です。

ちなみに来週のフェブラリーSにはプロトコルが登録。

おもいっきり除外対象ですが(笑)

根岸Sでは中団からレースを進めて伸び切れず6着。

重賞レベルではまだちょっと力が足りない印象で、もう少し前の位置取りでレースをして欲しかったところ。

出走できたとしてもG1ともなるとさすがに厳しいだろうと思いますが、もし出られるなら現地で応援したいなあ。。。

今週は3重賞、そして3騎手が復帰。キーワードは3か

[福永祐一] ブログ村キーワード

今週は土曜日にクイーンカップ、日曜日に共同通信杯、京都記念と3重賞。

クイーンカップにはメジャーエンブレム、共同通信杯にはスマートオーディン、ハートレー、イモータル、京都記念にはサトノクラウンと楽しみな馬が揃ってます。
 
 

クイーンカップには19頭が登録。Dコース1600mはフルゲート16頭だから3頭が除外ですか。
 
収得賞金400万の12頭のうち9頭が出走できるということでいいのかな?
 
 
この中にはサプルマインドやルフォール、ロッテンマイヤーといった注目馬も含まれるんですね。
まずは出走にこぎつけられないと話しにならないので今はボンヤリ登録馬を眺めてるだけw
 

でも阪神JFの勝ちっぷりだとメジャーエンブレムが強いんだろうなあ。
 
 

共同通信杯の登録は13頭。こちらは全馬出走できますね。
 

ハートレーとスマートオーディンはどちらが強いのか、個人的には新馬戦で強いなあと思ったイモータルに復活してほしいと思ったりしてますが。
 

牝馬のペルソナリテとファイアクリスタルがクイーンカップとのダブル登録ですがこちらに出走ということもあるのでしょうか。
 
除外されたらこちらで使いたい、というこなんでしょうね。
左回りの東京が合ってるからこの後の阪神のトライアルよりはこちら、という陣営の判断でしょうか。

目標はオークス、なのかな?
 
 

京都記念には15頭が登録。
 
個人的にはサトノクラウンに復活してほしいなあと思ってますが、重賞連勝中のヤマカツエース、日経新春杯勝ちのレーヴミストラル、エリザベス女王杯3着のタッチングスピーチといったところが人気上位でしょうか。
 

京都芝外回りは人気薄の逃げ馬には要注意のコースなので、ここは楽に単騎逃げができそうなスズカデヴィアスは忘れずに買い目に入れないとなあなどと思っています。
 
 

 
 
今週はケガで休養していた福永、四位、藤岡佑の3騎手が復帰。
 
 
なんと言ってもG1シーズンを前に福永騎手が復帰してくれるのは嬉しい限り。
 
G1でこんなに頼りになる騎手もいないですよ、ホント。
 
人気を背負ってキッチリ2着という印象がとても強いです。
 
以前はG1で2着というと横ノリのお家芸でしたが、最近は福永に引き継がれたのかと思うほどですよ。
 
ノリと違うのは、ノリは人気薄の時にけっこう2着に持ってきていたと思うのですが(検証してません。完全に思い込みかもw)、福永は上位人気の時にしっかりと2着にするということ。
 
ちなみに昨年のG1では上位3番人気以内に騎乗したのは皐月賞、かしわ記念、ダービー、安田記念、マイルチャンピオンシップ、菊花賞と合計6回あるのですが[1.4.0.1]という成績。
馬券圏外の1回も4着です(ダービー、リアルスティールで4着)
 
人気のない時は人気通りに負けますので、こんなに安心して買いと消しが決められる騎手は他にいないんじゃないかと。
 
ホントに楽しみです、ハイ(笑)
 
 

白嶺ステークス、クライスマイルは2枠2番

[スクリーンヒーロー] ブログ村キーワード

土曜日の枠順確定、白嶺ステークスに出走のクライスマイルは2枠2番。

田辺くん、包まれずに好位を確保できるだろうか。もしかしたら前走のように逃げる可能性もあるけど、府中のダート1600mを逃げ切るのはなかなか難しいし。

6枠の2頭、特に勝春のアールプロセスなんかが逃げるかなあと思ってるんだけど、そのすぐ後ろの内に位置を取れるといいなと思ったりします。
中団から後ろでは錦秋Sでキレ負けすることがわかったので好位で先行して最後しぶとく差し切る、そんな競馬を希望しますw

 
 
東京5R3歳未勝利芝1800mにはプライムステージ産駒サトノバレットが7枠13番から出走。
 
プライムステージ、もうけっこう高齢だと思うけどまだ3歳の産駒がいたとは!
(と思って調べたら更に下がいたw)
 
ダイナアクトレスの2番仔、サンデーサイレンス初年度産駒でサンデーに一番最初の重賞勝ち(札幌2歳S:当時は1200mでしたね)をプレゼントした孝行娘です。
兄のステージチャンプとは違ってものすごくやんちゃなイメージが強い。
 
産駒ではアブソリュートが東京新聞杯と富士Sを勝ってますね。
 
サトノバレットはその10番目の仔。
 
11月の新馬戦は同じ東京の芝1800mで11番人気で9着。422kgと小柄でまだまだ力が足りないといった感じのレースでした。
 
そこから3ヶ月の間を置いての2戦目。
 
どのくらい成長しているでしょうか。身体、少しは大きくなってるといいんだけどな。
 
 

人気薄の先行馬が目につく東京新聞杯

[東京新聞杯] ブログ村キーワード

東京新聞杯というと一昨年のホエールキャプチャを思い出しますねえ。

雪で代替開催になったレース。
一昨年の2月は毎週のように週末になると雪の心配をさせられて、確か開催8日間の内4日間が中止・平日の代替開催となって、なんだか東京開催があった気がしない年でした。

東京新聞杯はたしか月曜日の代替開催になったはずですが、当然仕事だったので朝早くに会社に行って猛スピードで仕事をやっつけて、なんとか時間を作ってメインまでに東京競馬場に向かうという、そんなことをやった記憶。

もうどんな馬券を買ったかも記憶にありませんがw、覚えているのはノーマークだったホエールキャプチャに勝たれて「お前はホントに府中が好きなんだな」と思ったことだけは鮮明に記憶しています。

さて今年の東京新聞杯出走馬、人気になりそうなダノンプラチナ、ダッシングブレイズは後方からの競馬、前に行きそうなルルーシュ、テイエムタイホー、マイネルアウラートといったところは全然人気にはならなさそうです。

テイエムタイホーなんかは前走の京都金杯は13番人気ながら2着、しかもハンデ戦で背負った斤量は57kg、それが今度は別定戦の57kgで上位人気が差し馬ということを考えるとかなり有利に運べそうな気がします。

本命とは言わないまでも重い印を打ちたいなと思わせる存在です。

ペースの鍵を握りそうなのはダイワリベラルでしょうか。

3走前までは中距離を使ってきましたが前々走からマイルに転じて準オープン、オープンと連勝。
先団の後ろに取り付いて3~4角から早めに押し上げていくレースで勝ち上がってきていますので今回もこの馬が仕掛けるところによって流れが左右されそう。

直線の長い東京、有力馬は差し追込ということもあるので仕掛けはできるだけ待ちたいと考えるのか、早めに先頭に並んで押し切るレースをするのか、鞍上の横山典の判断が大きくレースの結果に影響しそうです。

展開予想、オモシロそうです。

 
 
 
気になっているのがルルーシュです。
 
たぶん人気ないですよね。でもこのメンバーでも実績的には格上の存在じゃないかと。
ダノンプラチナが2歳G1を勝っていますが、他にG2以上のレースを勝っているのはスマートレイアーが牝馬限定G2を勝っているだけです。
 
明けて8歳ですがまだ使われたレースは20戦。
1000万条件ですが府中のマイルで特別レースを勝っていますし、東京コースは[4.2.1.1]。
 
展開的にも楽に先行して後続の追込を封じ込むシーンがないでしょうか。
 
穴はこういうところにあると思うのですがどうでしょう?