「展開」カテゴリーアーカイブ

エプソムC、マーメイドSの印象

ども、ふぉんてんです。m(__)m
週末です。枠順決まりましたね。

エプソムカップは3枠3番に入ったゲシュタルトが競りかけて行ったりしなければ5枠6番エイシンヒカリがすんなりとハナを取れそうな並び。
他に先行しそうなアーデント、フェスティブタローはともにその外側の6枠8番と9番に並びました。
ま、もしかしたら6枠の2頭が好位を取り合って競っているうちにエイシンヒカリとの先行争いにまで発展してしまう、ということもあるかもしれませんが。

サトノアラジンはできればそれら先行馬を内に見ながら進められる真ん中より外目の枠のほうがレースしやすいんじゃないかななんて思ってましたがあいにくの2枠2番。
外から前に前に入られてズルズル後ろに下げて外に持ち出すというロスのある展開が心配な枠になってしまったような・・・
ただ出走頭数は13頭と少なめなのでそれほど悲観することはないかもしれません。

他の人気上位に支持されそうな中ではフルーキーが7枠11番、ディサイファが8枠12番と外枠に入りました。
こちらはもう少し内に入りたかったところでしょうか。
ただこの頭数なので中団から後方に構えるタイプはそれほど枠順は気にもならないのかもしれません。

逃げ先行馬たちの並びがどんな順番かというのが展開を想像する上では一番のポイントで、今回の枠順はハナを切りたいエイシンヒカリにはまずまずの枠順。他の先行馬の騎手たちもこの並びなら無理にハナ争いに持ち込むことはなさそう。
個人的にはガリガリやり合ってほしいところですがw、スムーズに隊列が決まり落ち着いた流れでエイシンヒカリが逃げこみを図るところを外に出したサトノアラジンが逃げ先行馬を掃除して、更に後ろから内々を追走しながら死んだふりしてたヒラボクディープが2着くらいに差し込んでくる、そんな感じの想像してますがどうでしょう。

マーメイドSは4枠8番リラヴァティか5枠10番フェリーチェレガロか、もしくは大外8枠16番ウインプリメーラが強引にハナを取りに行くか。
ハンデ49kg、50kgが2頭ずついるのでそれらの軽ハンデ馬から意外なのが行く可能性もあり。
などと考えると展開予想は難しそうw

基本的に阪神芝2000mは内先行が有利だし、また内枠に入った岩田騎手の1枠1番イリュミナンスは良いところに入った気がする。

今のところの軸候補は4枠8番のリラヴァティでこれより内にはそれほど前に行きそうな馬もいないし、外からハナに行きたいのに行かせてさっと内の好位につけて進めれば一番ロスのないレースができそうな枠に入れたと思う。

人気はたぶん2枠3番バウンスシャッセなんだろうけど脚質的にはもう少し外目の枠が欲しかったか。
でも同じようなコース形態の中山牝馬S(芝1800)をやはり3番枠で勝ってるから案外内で前に壁ができて脚を溜められるほうがいいのかも。
溜めて前が開かなければ仕方がないという割り切った騎乗をミルコがするかどうか。

穴っぽいところでは5枠10番フェリーチェレガロか。
この枠順ならたぶん逃げられそうだし、軽ハンデだし人気薄で軽視されたらそのまま逃げ残りは十分に考えられそう。
特に人気を背負ってるバウンスシャッセは後方からのタイプだけに各馬この馬の仕掛けを待っているうちに逃げ切られてしまうケースは警戒しておきたい。

日曜日の重賞の枠順を見た後の大雑把な印象。
あれこれ考えるよりこの印象のまま馬券組み立てたほうが当たりそうな気がするw

[エプソムカップ] ブログ村キーワード

[マーメイドステークス] ブログ村キーワード

安田記念はモーリスを信じよう

おはようございます。
昨日の鳴尾記念はそんなに外すか?と自分にツッコんでしまう結果に乾いた笑いしか出てこなかったふぉんてんです。
アズマシャトルが馬券になったのがせめてもの救いかな~~~と。
ラブリーデイをまったくシカトしているところでセンスの欠片もないですよねwww

さて安田記念。

馬場状態は良に回復して各馬力は出せる馬場になっていると思います。
昨日のレースはあまり見ていないので雰囲気はイマイチわかってないのですが先週と同様にある程度前の位置にいないと厳しい状態なのかなと。

となるとスタートに不安のあるモーリスにはなかなかタフな状況だと思うのですが、それもあるのか1番人気ではあるものの単勝オッズは4倍台。
ここはモーリスを信じて単勝を買って応援したいと思います。

展開派としては予想すると(笑)
とにかくハナを主張したいというタイプは不在のようですがミッキーアイルやカレンブラックヒル、ケイアイエレガントといったしぶとい先行馬が揃っていますのである程度いい位置につけてラストしっかりと脚を伸ばせるタイプじゃないと難しいレースになるかと思います。

一番いいなと思うのはミッキーアイル、続いて内枠のサンラズメジャー、ダノンシャークが上位3頭。
続いてモーリス、フィエロ、サトノギャラントと言ったところをヒモにという予想になりますw
抜けた存在はいませんし下位人気の馬でも自信を持ってこれはいらないと言える馬はいないので本来なら手広く買いたいところ(笑)

ただこういう時は絞ってガツンと狙ってハズレたら仕方が無いと諦められる馬券の買い方をするのが自分のパターン。
人気も割れてますし馬券はミッキーアイルからの馬連流し5点で決めたいところです。

が、今回は私はモーリスの単勝とモーリスからの馬連流しを。
やはり血統的に応援している馬が勝った時は単勝は持っていないと凄く後悔するでしょうからw

今日はスクリーンヒーロー産駒が東京1Rにロッソマドンナ、東京6Rにサンバックスター、東京8Rにノースヒーローと3頭が出走するのでこちらにも期待してます(笑)

みんなガンバレ~!!!

[安田記念] ブログ村キーワード

[モーリス] ブログ村キーワード

京都新聞杯

ども、「東上最終便」という言葉に郷愁を感じるふぉんてんです。

昔は京都4歳特別というレースがありましたっけ。
シルクジャスティスとかヒシマサルとかランドヒリュウとか。クラシック登録はなかったけどオグリキャップなんかもいて勝ち馬にはなかなかおもしろい名前が連なっていました。

去年辺りから関東馬もそこそこ頑張っているけど西高東低と言われて久しい競馬界、ダービーに向けての東上最終便などという言葉はもはや死語ですかねえ。。。

そんな京都4歳特別の後継レースとも言える京都新聞杯。
かつては菊花賞トライアルのレース名だったわけですが、ここをステップに賞金を加算してダービーに出走したい馬もいるわけで。

今年はポルトドートウィユなんかが人気になるんでしょうか。
個人的にはダノンリバティは京都外回りがすごく向いていると思っていますが上位人気に支持されるかな?
他に人気になりそうなところはトーセンバジルやサトノラーゼンといずれも内枠に並んだのが特徴的でこれらの馬たちが固まってお互いに牽制しあうようなケースもありそう。

おそらく出負けしなければスピリッツミノルが逃げることになりそうだけれど、直線の長い京都外回りコース、高速馬場と言われながら差しがそこそこ決まっていた先週の状況を考えると他に逃げ馬がいないだけに楽に行かせたら前で競馬をした馬の行った行ったというのは十分に警戒しなくてはいけないメンバー構成、そして枠順に思えます。

本命はダノンリバティと思っていますが、人気のなさそうなところで和田騎手のゼンノブレーメンや藤岡康太騎手のアルバートドックなんかが思い切ってスピリッツミノルの番手に構えるようなら逃げ先行馬の内の2頭くらいが馬券圏内というのも想定しておきたい印象です。

◎1ダノンリバティ
◯9スピリッツミノル
▲2ポルトドートウィユ
△3トーセンバジル、4サトノラーゼン、13ゼンノブレーメン、15アルバートドック

◎からの馬連流しと◎◯2頭軸3連複流し、そんな感じで面白そうかなあ・・・なんて。

[京都新聞杯] ブログ村キーワード

謹賀新年 金杯当てたいですね

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします m(__)m

有馬記念直前は怒涛の年末進行で記事更新もままならず失礼しました。
30日に何とか年内の仕事を終わらせて大晦日に慌てて大掃除とも言えない掃除を済ませ、その後は倒れこむように寝正月に突入し本日ようやく競馬のことを考えられる状況に戻ってきました。

え?有馬記念ですか?
ジェンティルドンナ自信の切りだったので完敗でした。
いや~強かったですね。もう呆然とレースを見ていました。素晴らしい牝馬でしたね。はい。

さて、明日からまた2015年の競馬が始まります。
またゼロからのスタート。今年は昨年の負けを取り返すべく頑張りたいと思います。
そしてメインは中山金杯と京都金杯。
中山でも京都でもどちらでもいいので当てたい、願わくば両方当てたいそんなレースですね。
まあ実際はいつもどんなレースでも当てたいと思っているわけですが(笑)

そんな当てたい中山金杯w

出走は17頭。え?17頭?フルゲート16頭じゃなかったっけ?と思って2015年度競馬番組一般事項を確認すると中山芝Cコース2000mは17頭と記載されてました。
前からそうでしたっけ?

平成27年競馬番組一般事項
↑このファイルの11ページ

割りと逃げ先行タイプが揃った気がしますね。
マイネルミラノ、メイショウナルトが行ってクランモンタナ、パッションダンス、ラブリーデイが好位追走ロゴタイプも前目でレースを進めそうな枠順ですしラブイズブーシェも中団追走から早めに上がって行きそうなそんな感じがするメンバー構成・枠順じゃないでしょうか。

ハンデに目を向けると前走から1~1.5kg斤量増の馬は過去10年で[5.2.1.8]と半数が馬券になっているなど前走よりも背負わされている馬の成績が良いのが目立ちます。
逆に斤量が前走比減っている馬は2kg以上軽くなっている馬じゃないと馬券対象にはしにくいデータになっています。
今年はそれに該当するのはヒュウマのみ。

以上から馬券はラブリーデイ、ロゴタイプ、デウスウルト、ヒュウマ、ユールシンギングを中心に展開利のありそうなラブイズブーシェも加えて考えたいと思っています。

軸はラブリーデイかデウスウルトか。この2頭から上げた4頭への馬連流しになるでしょうか。

明日は現地でパドックなども見て決めたいと思います。

そして京都金杯。

こちらはAコースフルゲート18頭。
マイル戦ですが京都外回り、出走メンバーを見ても逃げにこだわるタイプ不在で落ち着いた流れの馬群一団で進んで直線の瞬発力勝負になりそうなメンバー構成ですが。

それならディープインパクト産駒、と思ってみてみると出走は作年の覇者エキストラエンド1頭。
斤量は昨年より2kg増えて57kg。なんか微妙(笑)
京都の馬場状態も木曜・金曜と雪が降りどこまで回復するか。

悩みますね(笑)

4枠のフルーキー、グランデッツァの2頭はこのメンバーなら強力だと思いますがハンデが少々気になるところ。
軽ハンデの馬では8枠のアズマシャトル、ミッキーラブソングあたりは終い確実に上位の脚を使いますし血統的にも少々時計の掛かる重い馬場は向いていそう。
それにエキストラエンドを加えて5頭の馬連BOXくらいでしょうか。

こちらはもう少し検討したいところですが今のところはそんなふうに考えています。

ちなみに金杯の時には必ずチェックしている年男。
未年生まれで金杯に乗っているのは京都金杯に池添、秋山、小牧の3騎手です。
中山金杯にはいないようです。

京都はウインフルブルームも押さえておいたほうがいいでしょうか。う~む。

では皆さん、今年も楽しい競馬が続けられますように良いスタートを切りましょう!

[金杯] ブログ村キーワード
[中山金杯] ブログ村キーワード
[京都金杯] ブログ村キーワード

カペラステークスをぼんやり考えていたら・・・

日曜日の中山メイン、カペラステークスも一応チェックしてみるw

そこそこ逃げ先行タイプが揃っているように見えるけど前走1200mで逃げてる馬が実は不在というメンバー構成。

2枠4番エイシンゴージャスがハナを切るか、外から内を見ながら8枠15番サウンドガガが前付けするか、最内1枠1番ダノンレジェンドが包まれるのを嫌って出していくか。

ダノンが強引にハナを切る展開ならそこそこ流れるペースになりそうだけどエイシンが引っ張る展開ならこのクラスとしてはゆったりとしたペースになりそう。

どちらを想定するのが正解か。。。悩むw

金曜日正午の段階で中山の馬場状態はダート重。
先週に引き続き今週末も寒波到来で気温はグッと下がる予報。どこまで馬場が回復するか。
凍結防止剤が散布されるようだとスピード馬場が維持されて展開によって上がり勝負か時計勝負かのどちらかに賭ける丁半博打になりそうな予感もしますw

今のところ勝負になりそうなのはノーザンリバー、エイシンゴージャス、ダッシャーワン、マルカバッケン、タイセイファントム、サウンドガガ、メイショウノーベル辺りかと思ってますがここからどうやって絞っていくか。

考えますね~www

などと記事の下書きをしていたのですが。

JRA、システム障害で金曜日の夜間発売を中止

ヘタしたら今週の開催中止の可能性もありそうだとネット上では騒がれてますね。

う~ん、もしそうなったら週末がつまらなすぎるから早いところ復旧してくれることを祈ります。

でもね、JRAのサイトでこんなリンク貼ってるから自体はかなり深刻なのかも。
サイト内のページから開催についてのお知らせはこちらで知らせますとトップページのリンク貼ってるんですから相当焦ってる感じしますよね。

どうなることやら・・・

[カペラステークス] ブログ村キーワード