「回顧」カテゴリーアーカイブ

ジャパンカップ回顧

いつも閲覧ありがとうございます。ふぉんてんです。

遅ればせながらのジャパンカップ回顧。

サトノシュレンが引っ張る展開は意外に厳しい展開だったようです。
1000m通過が59.6。良馬場発表とはいえまだ力のいる馬場状態。
しかもテンの1ハロンを除くと道中のラップは一番ペースが緩んだところでも9ハロン目の12.4。
いわゆる緩みのないペース。

これを番手の内を進んで4馬身突き放してのゴールはエピファネイアの強さばかりが目立つレースとなりました。

私の本命イスラボニータは良いところ無く中団儘の9着。
対抗スピルバーグがよく追い上げて3着に来てくれましたが本線の馬券は綺麗にハズレ(笑)

ただ、ただ、、、、

前の週のマイルチャンピオンシップ。

福永から乗り替わったダノンシャークが福永騎乗のフィエロを抑えて優勝したのを見て、そういえば昔、高松宮記念で福永騎乗のディヴァインライトがゴール前で柴田善臣騎乗のキングヘイローに差されて「この馬にだけは負けたくなかった」と言っていたのを思い出し。。。

つまりは主戦の福永から乗り替わった馬が福永が乗ってるレースでは好成績!というパターンは笑えるなあと買った馬券がコチラ↓

IMG_1079

わずか100円ばかりの購入ですが馬単7800円で救われました。

この馬券の他にもバラバラとイスラボニータとスピルバーグから買っていた分をも上回る回収。
こんなことなら500円位買っておけば良かったと考えたのは当然ですwww

しかし、2週続けてG1で福永から乗り替わった馬が福永を抑えて優勝って偶然にしては出来過ぎている。

今後もこのパターンには十分注意しておきたいと思います。

最近はあまり見掛けないけど横山典のG1で2着という伝統芸に続くパターンじゃないかと密かに思っています。

では今週末のジャパンカップダート、じゃなくてチャンピオンズCも頑張りましょう。

[ジャパンカップ] ブログ村キーワード

東京スポーツ杯2歳S 回顧

東京スポーツ杯2歳Sはハラハラするレースになりました。

事前予想の印は◎1番サトノクラウン、◯2番アヴニールマルシェ、▲7番マイネルシュバリエ、△3番グリュイエール、8番ジャストドゥイング、☆9番クラージュシチーでしたが現地で買ったのはこんな馬券。

TSPO2S

これと同じ3頭の3連単BOXも各100円で持ってました。

ラップは
12.7 – 11.1 – 11.6 – 12.4 – 12.5 – 12.7 – 12.3 – 11.0 – 11.6

マイネルシュバリエが引っ張る流れで1000m通過が60.3。
13頭一団で進む若干スローの展開。

上位人気馬がどれも終い切れるタイプの馬ですし、まだクラシックに向けてレースを覚えさせたい段階だけに積極的に引っ張る馬がいないレースになりました。

そうなると瞬発力に秀でた馬となるわけですが。。。

◎を打ったサトノクラウンも◯アヴニールマルシェも直線見事に前が壁になっていて「これ割ってこれるのか?」と見ていましたが、さすがムーア騎手、北村宏騎手。

先に1頭分空いたスペースから北村騎手が先頭に踊り出るとその後からムーア騎手がやはり1頭分のスペースから鋭く伸びて差し切り勝ち。
3着には外を回して直線入り口で先頭に立ったソールインパクトが人気薄ながら粘り切りました。
すぐ近くまでクラージュシチーも追い上げていたので3着に上がってくれと応援したんですけどねw

アヴニールマルシェは好位の内で、サトノクラウンは更にその後方の内で脚を貯めて瞬発力を活かしました。
対してソールインパクトは終始外を回してきて直線で一旦先頭ですから一番強い競馬をしたように思います。
人気はありませんでしたが今後要チェックかな、と思います。

クラージュシチーは前走の未勝利戦で派手な勝ち方をしていたので人気になりましたがもう少し前の位置取りで競馬ができれば、というレースでした。
注目のハービンジャー産駒。終いは上位の脚を使っていましたので今後に期待したいところです。

3番人気に推されたグリュイエールは序盤に掛かっていました。直線は内から伸びてきているように見えましたが伸び切れなかったのはその分もあるのでしょう。
折り合いが付くようになればまた違うレースも出来そう。

4着にきたエミネスクは終い一手に賭ける後方からの競馬。
直線はしっかり伸びてきていましたからレースのペースがもっと上がりそうなときには要注意だと思います。

この3日間開催は2重賞を両方とも的中できたのでなかなか良かったです。

いよいよジャパンカップ。
枠順が出るのは14時くらいでしたっけ?
またじっくり予想を楽しみます。

[東京スポーツ杯2歳S] ブログ村キーワード

マイルチャンピオンシップ 回顧

ども、遅ればせながらマイルチャンピオンシップの回顧をしようという ふぉんてん です。
もうみんなやってるから今更私のレース解説的な回顧は不要でしょうから私の馬券回顧ということで。

もうね、どうしても絞りきれなくてバラバラ買ってしまいましたよ。

MCS

ちょっと出掛ける用事があったので東京9Rの投票をするときに一緒に買いましたw
東京9Rはハズしてるので買い目は隠します。自信あったんだけどな(笑)

マイルチャンピオンシップは終わってみれば印◎-▲-△で決まったのですからもっと自信を持って◎から買っていればなかなかの儲けになったと思うのに。
土曜日からちょっと予想がズレてる感じだったので思い切っていけませんでした。

惜しいことした(笑)

ただ内にホウライアキコがいたのでミッキーアイルが逃げるにしてもけっこう早めのペースになって消耗戦の展開という予想はまあまあ良いところついてたんじゃないかと思っています。

あまり儲からなかったけど、とりあえず的中は出来たので良しとしましょうw

翌日は東京競馬場に行って東スポ杯2歳Sは現地で観戦してきました。

その回顧はまたのちほど。

後藤騎手の復帰後初勝利も目の前で見られたし楽しい一日でした。
私はそのレースは馬券を買わずに見ていたのですがカボスチャンが先頭に立った時には思わず「そのまま!」と声援を送ってしまいましたw

後藤騎手が先頭でゴールした時の場内のおめでとうという雰囲気、とても良かったと思います。

たまにWebやSNSなどで後藤騎手の初勝利を祝う人たちをdisってる人なんかも見かけますが、素直に良かったなと思えることを良かったと表現できることは素敵だなと思いましたよ。

今日にはジャパンカップの枠順も決まるのかな?楽しみに待ちましょう。

[マイルチャンピオンシップ] ブログ村キーワード

エリザベス女王杯 回顧

サンシャインが引っ張る流れはテンの3Fが35.4、1000m通過が60.3。
このクラスとしては平均からややゆったりとしたペースでしょうか。

勝ったラキシスは内で先行するヌーヴォレコルトを前に見て中団の内でじっと脚を溜める展開。
私の期待したフーラブライドはそのラキシスの後ろでやはり内を回るコース取り。終わってみれば出来ればラキシスの位置を、もっと言うならヌーヴォレコルトの位置を取りたいところでした。

ラキシスもヌーヴォレコルトも最内を回してロスのない競馬をしての抜け出しですから外を回して1・1/4馬身差まで差してきたディアドラマドレまでの3頭はこのレース時に限って言えば力的な差はない状態だったと思います。

フーラブライドは現段階ではやはり上位3頭からは1枚落ちる力量と考えるのが妥当なんでしょうね、残念ですが(笑)

自分の馬券はフーラブライドの単複と馬連流し8点。
なんとか3着の複勝は確保して欲しかったなあ。。。ザンネンwww

パドック中継を見ていた時にはヴィルシーナやホエールキャプチャがやけにイイ雰囲気のような気がしたのですが結果を見ると2頭とも距離適性、コース適正でしょうか。
東京のマイルなら、、、と思ってしまいます。

ま、私の馬見力はまったく当てにはならないんですけど(笑)

今週末もG1、マイルチャンピオンシップ。またまた混戦模様で楽しみです。

そして月曜日にも競馬、府中では東スポ杯がありますね。
なんとか都合をつけて現地観戦に持ち込みたいと思ってますw

第150回天皇賞・秋 回顧

レースラップ
12.9 – 11.7 – 11.8 – 12.2 – 12.1 – 12.1 – 12.3 – 11.4 – 11.3 – 11.9

1000m通過が60.7秒。
天皇賞・秋としてはスローに流れました。
スピルバーグは後方5番手辺りを進んでいましたが3コーナーから外に持ち出すと
そのまま大外を豪快に差し切る勝利。

毎日王冠で前が詰まり脚を余した経験を活かした鞍上の好判断。
いつも確実に上がり33秒台の脚を使えるその能力をフルに発揮できました。

普通スローに流れると後方に位置する馬には展開不利と思われますが、今回は
馬群が一団で進んだことで典型的なキレ味勝負になったこともスピルバーグには
向きました。

ディープインパクト産駒らしいレースぶりでの勝利。
馬券を取れたこともあって何度見ても嬉しいレースになりました(笑)

1番人気に推されたイスラボニータは好位から力を出しきるレースぶりだったと
思いますが、最後わずかにジェンティルドンナに交わされたのは枠順の不利も
あったように思います。
3歳馬の勝ち馬は12年も出ていませんが距離適性を睨んで菊花賞ではなく天皇賞を
選んで上位人気に支持される馬はやはり馬券対象からはハズしてはいけないと
思わせるレースぶりでした。

そしてジェンティルドンナ。
昨年に続いての2着ですがやはり東京コースは走ります。
今年に入ってからの国内2戦は負け過ぎな感じもありましたがまだ能力は衰えていない
ところを見せてくれました。
ジャパンカップは人気になるんでしょうね(笑)

上位人気では見せ場なく惨敗したフェノーメノ。
最終追い切りが軽かったので調子落ちかという話も聞こえてきていましたがその通り
だったのでしょうか。
天皇書春を連覇しているのですから力はあるでしょうし、もしかしたら距離適性なのか
もう少しスタミナを要求されるような展開にならないと合わないのかもしれません。
ジャパンカップに向かった時の取捨にはちょっと悩みそうです。

今週はG1も一休みですが日曜日のアルゼンチン共和国杯はかなり好きなレース。
現場参戦の予定です(^O^)/