「回顧」カテゴリーアーカイブ

祝!スクリーンヒーロー産駒初重賞制覇

シンザン記念、スクリーンヒーロー産駒のグァンチャーレが優勝\(^O^)/

いや、嬉しいです。
ダイナアクトレス系応援隊としてはとてもとても嬉しい勝利。

馬券もしっかりゲット出来ました。

シンザン記念

ありがとうございます m(__)m

メンバー的にはクラシックで勝負になるかというと疑問は感じますが(笑)今後も応援していきたいと思います。

いや~、イイ日だった。

金杯は1勝1敗でスタートでした

・・・と書くとなかなか好スタートの2015年の競馬、と思わせますが。(あ、タイトルのことです)

ども、ふぉんてんです m(__)m

昨日1月4日、朝5時50分に起床し6時25分には家を出て中山に向かいました。
中山競馬場に到着したのは8時15分頃(遠いのよw)
休日に行われる金杯の日はG1があるのかと思うくらい人が集まりますが、このくらいの時間に行けば一般席は確保できます。
中央門に到着した時にはまるで初詣の行列かと思うような人がいましたが特に混乱もなく入場。
JRAからのお年賀のハンドタオルを受け取って地下1階のファーストフードプラザで開門を待ちます。

私は2階直通のエスカレーターの列に並び開門時間(8時50分でした)になり2階まで上がるとスタンドへ走りゴール手前のターフビジョンの前に陣取りました。
それにしても寒いこと。やがて財布の中も寒くなるわけですが・・・(笑)

9時20分頃には馬友も合流して各々戦闘開始w

私は2,5,7,8,9Rと購入しましたがヒモ抜けのレースばかりでなかなか当たらず。

東西の金杯はなんとしても当てるぞ!とじっくり検討しました。
そうして買った馬券はこんな馬券。

010

もうね、節操ないし(笑)
何としても当てたい!という気持ちから中山金杯も京都金杯も馬連の軸を2頭選んでの流し馬券。
当然買い目は増えますがハンデ戦だしそこそこ荒れるでしょうという前提での購入です(笑)

中山金杯

京都金杯

結果、中山金杯は軸に選んだラブリーデイとデウスウルトが1着3着。ヒモには一応押さえた一番人気のロゴタイプ。
15点買いで配当1540円。かろうじてトリガミは回避。
京都金杯は軸に選んだウインフルブルームとフルーキーは1着4着で2着はエキストラエンドで抜け。

う~ん。。。

昨年末からの不調をいまだ引きずるような結果。

どちらも思い切って軸に選んだ2頭を3連複の2頭軸にして買えていれば回収率もそれなりに出来たのに。
当然一日の収支もマイナスのスタートとなりました(ToT)

今日は仕事始めだったので京都メインの万葉ステークスだけ逃げるであろうサトノシュレンからのワイドを3点だけ買いましたが帰宅して結果を見るとサトノシュレンは大差のシンガリ負けw

なんとも不安な2015年の幕開けとなりました。

今週末は3日間開催。
なんとか取り返すぞ!

[金杯] ブログ村キーワード

阪神ジュベナイルフィリーズ 回顧

たぶんスタートはそれほど良くないだろうから内枠入っちゃったしズルズル後ろの位置取りになってしまうかなあとは思ってましたが、あんなに思いっきり出遅れるとは(笑)

期待したロカ。1番人気というのはちょっと「え?」という感じだったけどw

先週末の阪神芝は外回りでも大外ぶん回して差し切るには相当に抜けた力があった上で展開の助けがないと厳しい状態だったと思うのでスタートで終了でしたね。

12.5 – 11.0 – 11.5 – 12.2 – 12.0 – 11.4 – 11.5 – 12.3

テンの4ハロンが47.2、上がり4ハロンが47.2のイーブンペース。
これを最後方から大外回して差し切れるとしたら相当の能力。
デビュー2戦目でそれを期待するのはやはり酷でした。賞金の積み上げもできない8着に終わりましたから来年春のクラシックに向けては仕切り直してしっかりとステップを踏んでいかなくてはいけなくなりました。

それでもデビュー戦で見せた末脚は素晴らしいものでしたから今後に期待して見守りたいと思います。

勝ったショウナンアデラ。
外目の枠がどうかと思い無印にしましたが、他馬から1馬身ゆっくりとスタートすると内に寄せて馬群で折り合わせる競馬。
直線に入ると馬群を縫うように位置取りを上げて残り200mで前が開くとスッと外に持ち出して切れ味を存分に発揮しました。
鞍上の意のままに動けるレースぶりは完成度の高さを感じます。

2着のレッツゴードンキ。これで[1.2.1.0]
相手なりに走れて確実に馬券圏内に食い込んでくる堅実さは強みですしレースごとに馬体を増やしてきているのも好感が持てます。
何か一つキッカケがあれば相当強くなるような気がします。
来春のクラシックが楽しみ。

3番人気で10着に負けたコートシャルマル。
血統的にはこの馬が来年の桜花賞候補と密かに思っていたのですが見せ場なく直線は下がっていきましたね。不可解。

それにしても・・・
今年の2歳重賞は1番人気馬が勝っていないというジンクスはここでも継続。
このあと朝日杯FSとホープフルSを残していますがこのジンクスはまだ続くのか。
今週末はその点も気にしながらの予想になりそうです。

[阪神ジュベナイルフィリーズ] ブログ村キーワード

予想通りチャンピオンズカップは当たりませんでした。

全然当たらなかったチャンピオンズカップの回顧。
もうね、土曜日から全然当たる気がしてなかったからなあ(笑)

ハロン毎のラップはこう↓
12.6 – 11.7 – 13.2 – 12.9 – 11.9 – 12.2 – 12.4 – 11.7 – 12.4

3ハロン目13.2って。。。
この時点である程度の位置にいないと厳しい展開で後方に控えた馬には出番なし。
外枠だったとはいえ出負けして行けなかったコパノリッキーには辛いレースになりました。

4着に明らかにこのメンバーでは力負けするだろうと思っていたサンビスタが突っ込んできたのを見てもスローの上がり勝負になったことがわかります。
牝馬特有のキレが行きた展開ですね。

勝ったホッコータルマエは2番手でいつでも逃げるクリノスターオーを捕まえられる体勢。おそらく鞍上の幸騎手は2コーナーを曲がったところでかなりの手応えを感じたのではないでしょうか。
レース後のコメントではゴールまで必死に追ったと言ってましたが満点の内容だったと思います。

私の馬券は予想の記事でも書いたようにニホンピロ、ワンダー、ローマン、コパノの3連単4頭BOXと後から追加した4枠2頭からの馬連流しでナムラが抜け(笑)
あとから4枠2頭からの馬連流しを追加したのはそれまで中京で一度も4枠が枠連で出てなかったからです。
(けっこうこうしうの気にしますw)
せっかくナムラに手が回らなかったのは残念だったな。

ま、コパノが行けなかった段階で私の馬券もハズレるんだろうなあと思いながら見てたのでそれほどショックではなかったですけど(マケオシミwww)

この土日の馬券はサッパリな週末でした。

少し切り替えて今週末がんばります。

ではでは。

[チャンピオンズカップ] ブログ村キーワード

ジャパンカップ回顧

いつも閲覧ありがとうございます。ふぉんてんです。

遅ればせながらのジャパンカップ回顧。

サトノシュレンが引っ張る展開は意外に厳しい展開だったようです。
1000m通過が59.6。良馬場発表とはいえまだ力のいる馬場状態。
しかもテンの1ハロンを除くと道中のラップは一番ペースが緩んだところでも9ハロン目の12.4。
いわゆる緩みのないペース。

これを番手の内を進んで4馬身突き放してのゴールはエピファネイアの強さばかりが目立つレースとなりました。

私の本命イスラボニータは良いところ無く中団儘の9着。
対抗スピルバーグがよく追い上げて3着に来てくれましたが本線の馬券は綺麗にハズレ(笑)

ただ、ただ、、、、

前の週のマイルチャンピオンシップ。

福永から乗り替わったダノンシャークが福永騎乗のフィエロを抑えて優勝したのを見て、そういえば昔、高松宮記念で福永騎乗のディヴァインライトがゴール前で柴田善臣騎乗のキングヘイローに差されて「この馬にだけは負けたくなかった」と言っていたのを思い出し。。。

つまりは主戦の福永から乗り替わった馬が福永が乗ってるレースでは好成績!というパターンは笑えるなあと買った馬券がコチラ↓

IMG_1079

わずか100円ばかりの購入ですが馬単7800円で救われました。

この馬券の他にもバラバラとイスラボニータとスピルバーグから買っていた分をも上回る回収。
こんなことなら500円位買っておけば良かったと考えたのは当然ですwww

しかし、2週続けてG1で福永から乗り替わった馬が福永を抑えて優勝って偶然にしては出来過ぎている。

今後もこのパターンには十分注意しておきたいと思います。

最近はあまり見掛けないけど横山典のG1で2着という伝統芸に続くパターンじゃないかと密かに思っています。

では今週末のジャパンカップダート、じゃなくてチャンピオンズCも頑張りましょう。

[ジャパンカップ] ブログ村キーワード