根岸S(2018) 回顧

予想を事前にアップする間もなかったが、根岸Sはサンライズノヴァからアキトクレッセント、カフジテイク、キングズガード、サイタスリーレッド、ブルドッグボス、ノンコノユメへの馬連流しを買って的中、シルクロードSは思いっきり穴狙いのロードクエストとキングハートからの馬連流し2本立てで撃沈だった。

ちなみに日曜日は東京開催だったのでさっそく東京競馬場へと向かったが本当に寒かった。
「こんな寒い中に競馬場に来るファンこそ本当にコアなファンだよな」と友人が言っていたが、その理屈だとコアなファンってけっこうたくさんいるぞって話に・・・w
 

それはともかく。

ダートは午前中はまだ不良で、午後から重。
午前中もそれほどひどい不良馬場というふうには見えなかったが、先週はずっと気温が上がらなかったのでなかなか馬場の中で水分がなくならなかったのだろう。

根岸S以前のダートのレースで特に時計が早いという印象はなかったが根岸Sがレコード決着となったように時計の出やすい状態ではあったのだろう。

公式ラップはテンの3Fが33.9、1000m通過57.8。

テンの1Fを除いて最も遅かったのが5F目で12.1、サイタスリーレッド以外に逃げ馬らしい存在もなく、有力馬には後方から運ぶタイプが多かったので緩いペースになるかと思ったが短距離重賞らしいラップになった。
上り3Fが35.8とテンの3Fより1.9も掛かり、人気上位のサンライズノヴァ、カフジテイクにはおあつらえ向きの展開。

もしかしたら逃げ残りもあるんじゃないかと思っていたサイタスリーレッドが最下位に沈んだし、キングズガードは如何にも1400mベストというタイプでかなり有力じゃないかなどと考えていたのだが、これだけ時計が早くなると厳しかったか。馬券は的中したもののやはり競馬は難しいなあと感じた。

勝ったノンコノユメは最後に相手に拾った1頭。

正直なところ去勢後はさっぱりいいところがなかったし、近走わずかに復調の兆しがあるかもしれないと思わせる程度の存在。
軸に取ったサンライズノヴァにハマる展開なら、いい頃に戻りつつあるならノンコノユメももしかしたら追い込んでくるかもしれないと考えただけ。
まさか勝ち切るとは思わなかった。
少頭数でストレスなく4コーナーから追い出すことができたし、追わせるウチパクも手があったのだろう。

2着のサンライズノヴァは完全に勝ちパターンだと思ったが、最後の直線で競り合いになったときになんだか追いづらそうに見えた。
あれがなければ勝てたような気がするが、何か嫌気を差すようなことがあったのだろうか。本番のフェブラリーSでそういうところが出なければ有力な一頭じゃないかと思う。
 
 
 
 

 
 
 
 
3着カフジテイクは1,2着馬にははっきりと差がつけられた。
もう少しスタートダッシュ良くいい位置取りで運べなければこの先は厳しい。前年と同じローテーションでフェブラリーSに向かうが、一連の成績は前年以下であり本番ではそうとうの巻き返しがないと勝ち負けに持ち込むのは難しい印象だ。
 
 
 
フェブラリーSに向けては東海S組との比較ではやはりテイエムジンソクに軍配が上がってしまうか。
何より自分でペースを作れる強みがあるし、早め進出で3着以下を6馬身ちぎった2着のコスモカナディアンともどもそちらを上位に取りたい。
 
その間に根岸Sの1,2馬がどこまで割って入るか、そんなイメージになった。
 
 
 
と今は思っているが、これが本番を迎えると全然違う見解になってたりするから我ながら困るんだよなあ・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

白富士ステークス

土曜日は重賞がない。

ので、

東京メインの白富士Sの予想でもしようか。ところで白富士ってしろふじって読むの?それともしらふじ?

以前、某競馬ユーチューバーが百日草特別を何度も何度も「ひゃくにちぐさとくべつ」って言ってて、百日草をひゃくにちぐさと言う地域もあるのかなどと思っていたが、意外と簡単な漢字の読み方を勘違いして覚えてることは珍しくない。
最近はそのユーチューバーの動画は全然見ないが。動画が長いんだよな。正直、飽きるw
(閑話休題

で、白富士S

お気に入りのハンデキャップホース、トルークマクトが出走する。別定戦だけど。

前走は日経新春杯、52kgの斤量で12頭立て12番人気12着。さすがにもう厳しいか・・・
しかし昨年の大阪城Sでは13番人気単勝オッズ128倍で2着。この時のようなことはないだろうか。
東京の芝2000mは3回走って11番人気6着、5番人気1着、10番人気4着。人気よりは走ってくれるんじゃないかという気もするが。

7枠8番という枠順はどうせ後ろから行くタイプだし外枠不利と言われる府中の2000mだがそれほど気になることでもない。
むしろ変に前が詰まったり包まれたりするようなことがなくて良さそうだ。全5勝のうち3勝を挙げている東京コースに替わるのは悪くないし、激走にちょっと期待する。
 

展開的にはこの並びだとマイネルハニーが先手か。
マイネルサージュが行ってマイネルハニーのアシスト、とういのも如何にもありそうな感じはする。

内から包まれるのを嫌ってプラチナムバレットが好位へ、外から叩き2戦目のリアファルが本来の先行策、上がりが切れるとうタイプでもないテオドールもできれば前付けしたいところだろう。

芝の状態がどうかわからないが、開幕週でもあるし前が止まりにくいというイメージの馬場ならば少頭数だが案外にペースは流れるかもしれない。

ならば、実績ある差し馬に注目したくなる。そうなると休み明けのレーヴミストラルか。2000mという距離がちょっと短いような気もするが直線の長い府中は歓迎だろう。
鞍上は今年重賞3連勝でスタートを決めた戸崎だし、OP特別で休み明けが嫌われてさほど人気にならないようならむしろ狙いたいところ。
 

しかし、軸に取るなら同じく休み明けだが1番人気になりそうなプラチナムバレットか。

京都新聞杯こそ中団後ろからの競馬になったが本来は好位で競馬のできるタイプ。1枠1番で先行馬を見ながら内でじっくり脚を溜めていけば、直線であっさり抜け出し後続を突き放す競馬ができそう。

一番有力なのはどれかと言われればこの馬になるのだろう。
あとは人気がどの程度になるか。あまりにも被るようなら馬券は工夫が必要になる。

テオドール、マイネルハニーといった先行馬が上位人気に支持されるなら、この2頭は押さえに回して人気薄の差し馬に期待したいところだ。
 
 
 
 

 
 
 
 
で、その差し馬はどれかって話だが当然相手筆頭は先に挙げたレーヴミストラル、そして昨年の覇者スズカデヴィアス、この2頭が本線ということになるだろう。
 
あとは先行2騎のテオドール、マイネルハニーを押さえて、色気をもってトルークマクトw
 
相手はこの5頭で馬連、3連複流しをしてみたい。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

今年も東京は根岸Sから

今週から東京開催がスタート。

2月の東京開催はとにかく寒いというイメージ。
雪で開催中止、平日の代替開催というのも珍しくはないこの時期だが、今週は平日にどっかと雪が降り、週末は天気に恵まれるリズムになっている。

開催4週のうち半分ほどもまともに開催できず代替開催になったのは何年前だったか。

それに比べると今年はなんとか平穏に行われそうだ。(後半どうなるかは知らんがw)
 

で、今年も吉例によって東京開催の初めを飾る重賞は根岸S。
といっても金杯なんかと違って開催2日目だから最初を飾るなどというイメージは皆無だがw

冬場のダートは良馬場でも凍結防止剤の影響で比較的追い込みも決まりやすい。特に東京は直線も長いし、ダートは基本先行重視というセオリーはいったん忘れたほうがいい。
となると展開読みが重要になるが、今年は果たしてどんな流れになるだろうか。

登録は16頭。

逃げてなんぼ、というタイプはいなさそうだがサイタスリーレッドあたりが引っ張るメンバーか。
といってもサイタスリーレッドが逃げてるのは地方でのレースばかりで中央では逃げたことがない。

となるとニシケンモノノフか、前走大井で逃げているブルドックボスか、はたまた武蔵野Sで逃げてるベストウォーリアか。

いずれにしてもあまりペースが上がるイメージはない。
馬群一団の瞬発力比べか、意外にスローの縦長で行った行ったか。

追い込みが決まりやすい冬のダート、などと言ってて逃げ先行馬決着になりそうなメンバー構成なのが悩ましいw

人気はカフジテイク、サンライズノヴァの2頭が中心になりそう。
カフジテイクが去年のこのレースを勝てたのは冬場のダートだからなのかなあ~などと思ったり。
だとしたら今年も中心に考えたほうがいいだろうか。

いや、サンライズノヴァも似たような脚質で東京4戦3勝だし甲乙つけがたい。
それに上位人気馬が同じく追い込みタイプとなると前に行ける馬に狙いをつけたいよなあ、、、

などと思考は行ったり来たり。

が、毎度言ってるがあれこれ考えてから答え合わせをするのが楽しいのだが。
 
 
 
 

 
 
 
 
京都はシルクロードS、ダンスディレクター3連覇なるか!とか思ったが登録がないw
どうやらダンスディレクターは前走の阪神Cから高松宮記念に直行するらしい。
京都コースでこそのタイプだと思うんだが。
 
ま、出走しない馬についてアレコレ考えても仕方がない。
 
 
ダイアナヘイロー、アレスバローズ、ナックビーナスあたりが人気になりそうだがエース不在の短距離戦線、どの馬にもチャンスはありそうだ。
 
前走こそ8着に敗れているが京都では[2.1.1.1]のキングハートなんかは人気もなさそうで馬券に組み入れたい1頭だと思っているが調子はどうなのだろうか。
 
こちらは登録馬が22頭もいるので出走馬が確定してからじっくり各馬を見比べてみよう。
 
 
 
 
ゴールドアクターは検査の結果脚元に異常はなく、この後は短期放牧に出るらしい。
 
しかし異常がなくてあの様子だと復活は厳しそうだな。。。
 
現役を続けるのならなんとか頑張ってほしいところだが。
 
調教では乗ってるようだし、できればもう一度吉田隼人でレースを走らせてみてほしいという気もするが、二代目のオーナーがいい顔をしないのだろうか。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ノースフライト

ゴールドアクターの惨敗に軽くショックを受けつつ、仕事に忙殺されている間にノースフライトが亡くなっていた。
もう28歳にもなっていたんだな。

現役時のラスト2戦、サクラバクシンオーとの戦いは熱いものがあったっけ。
1400mのスワンSではバクシンオーに後れを取ったものの、続くマイルCSではバクシンオーを負かして引退レースを飾った。
マイルでは無類の強さを見せての現役引退だった印象がある。
 

 

ノースフライトの産駒に競走馬としては重賞を勝つような目立った活躍をしたのはいなかったが、血統を買われて種牡馬となったミスキャストがビートブラックを出し、天皇賞春を制覇している。

石橋脩の初GⅠ制覇。2着トーセンジョーダンとの馬連が6万円超だったっけ。
 

ノースフライトの娘ハウオリからはキロハナ、ハナレイムーン、オハナ(いずれも父ディープインパクト)が出ており、現在3歳のオハナは2戦2勝、今後の活躍が期待されるところ。

 
 
 
 

 
 
 
 
パドックで引いていた女性厩務員さんが綺麗な人でちょっと話題にもなっていたっけ。
 
確かどこかの大学の馬術部にいて、卒業後厩務員になったと記憶している。
彼女がノースフライトのことをフーちゃんと呼んでいたことで、ファンの間にもフーちゃんという愛称が定着していったはず。
 
女性厩務員として初めてGⅠを勝ったのも確かこの女性厩務員。
 
その方も寂しがっていることだろうなあ。
 
冥福を祈る。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ゴールドアクター、最下位に惨敗

AJCCはまさに心配していた結果になった。

ゴールドアクターは勝ったダンビュライトから2.7秒離された最下位。
調教を見て今の状態ではとても勝負にならないとは思ったが掲示板に乗るくらいの格好はつけてくれるんじゃないかと期待していたのだが。

3角で横山典ミッキースワローが動いた時も武豊はまったく動かなかった。
まだ動くタイミングじゃないと思ったのか、既に動けるほどの手応えがなかったのか。
とにかくグランプリホースがこれほどの惨敗をするとはあまりにも悲しすぎる。

このままではあまりにも情けなさすぎるから何とか巻き返し意地を見せてほしいと思うが、もしかしたらアクター自身がもう競馬をしたくないと思っているのかもしれない。

このあとは予定通り大阪杯に向かうのか、また休養に入るのか、はたまた引退か。
陣営としては真剣に考えなくてはいけないだろうな。

レースを見た感想はそんなところ。
一昨年、天皇賞春で12着に負けたときよりもずっと悲しい結果だった。

個人的にはもう引退でいいじゃないかとも思っている。

 
 
 
 

 
 
 
 
東海Sはやはりテイエムジンソク、逃げて圧勝。このメンバーなら負けようがないという結果。
 
本命に期待したクインズサターンは5着。AJCCも東海Sもどちらも本命馬は5着というなんとも微妙な結果だった。
 
ま、どちらも納得の結果ではあったが。
 
 
来週からはホームの東京開催。あっという間に2月になってしまうなあ・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!